Cisco Unified Communications Manager アドミニストレーション ガイド リリース 10.0(1)
Cisco Unified Communications Manager グループの設定
Cisco Unified Communications Manager グループの設定

Cisco Unified Communications Manager グループの設定

この章では、Cisco Unified CM グループを設定するための情報を提供します。

Cisco Unified Communications Manager グループの設定の概要

Cisco Unified Communications Manager の管理ページで、[システム(System)] > [Cisco Unified CMグループ(Cisco Unified Communications Manager Group)] メニュー パスを使用して、Cisco Unified CM グループを設定します。

Cisco Unified CM グループでは、最高 3 つの Cisco Unified Communications Manager の優先順位をリストで指定しています。 リストの最初の Cisco Unified Communications Manager がそのグループのプライマリ Cisco Unified Communications Manager として機能し、その他はセカンダリおよびターシャリ(バックアップ)Cisco Unified Communications Manager として機能します。

各デバイス プールには、Cisco Unified CM グループが 1 つずつ割り当てられています。 デバイスが登録されると、そのデバイスは、デバイス プールに割り当てられているグループの中のプライマリ Cisco Unified Communications Manager に接続しようとします。 プライマリ Cisco Unified Communications Manager が使用できない場合、デバイスはそのグループにリストされている次の Cisco Unified Communications Manager へと順次接続を試行します。

Cisco Unified CM グループは、システムに次の重要な機能を提供します。

  • 冗長性:この機能により、グループごとにプライマリおよびバックアップ Cisco Unified Communications Manager を指定できます。

  • コール処理のロード バランシング:この機能により、複数の Cisco Unified Communications Manager にデバイスの制御を振り分けることができます。

ほとんどのシステムでは、負荷分散と冗長性を向上させるために、複数のグループを用意して 1 つの Cisco Unified Communications Manager を複数のグループに割り当てる必要があります。

Cisco Unified CM グループの設定上の考慮事項

Cisco Unified CM グループを設定する場合は、事前に、そのグループのメンバとして割り当てる Cisco Unified Communications Manager を設定しておく必要があります。

Cisco Unified CM グループの設定後は、そのグループを使用してデバイス プールを設定できます。 デバイスは、割り当てられているデバイス プールから Cisco Unified CM グループ リストの設定値を取得します。

Cisco Unified Communications Manager グループの削除


(注)  


Cisco Unified CM グループがデバイス プールまたは MGCP ゲートウェイに割り当てられている場合、あるいはクラスタの現在の自動登録 Cisco Unified CM グループである場合は、そのグループを削除できません。


Cisco Unified CM グループを使用しているデバイスを検索するには、[Cisco Unified CMグループの設定(Cisco Unified Communications Manager Group Configuration)] ウィンドウの [関連リンク(Related Links)] ドロップダウン リスト ボックスから [依存関係レコード(Dependency Records)] を選択し、[移動(Go)] をクリックします。

システムで依存関係レコード機能が有効になっていない場合は、レコードの [依存関係レコード要約(Dependency Records Summary)] ウィンドウに、依存関係レコードを有効にするためのアクションを示すメッセージが表示されます。また、依存関係レコード機能を使用すると、CPU 使用率が高くなるという情報も表示されます。

使用中の Cisco Unified CM グループを削除しようとすると、メッセージが表示されます。 現在使用中の Cisco Unified CM グループを削除する場合は、事前に、次の作業の一部またはすべてを実行しておく必要があります。

  • この Cisco Unified CM グループを現在使用しているデバイス プールまたは MGCP ゲートウェイに、別の Cisco Unified CM グループを割り当てます。

  • 自動登録 Cisco Unified CM グループにする別の Cisco Unified CM グループを作成または選択します。

Cisco Unified Communications Manager グループの設定値

次の表に、Cisco Unified Communications Manager グループの設定値を示します。

表 1 Cisco Unified Communications Manager グループの設定値

フィールド

説明

Cisco Unified Communications Manager グループの設定値

[名前(Name)]

新しいグループの名前を入力します。

[自動登録Cisco Unified CMグループ(Auto-registration Cisco Unified Communications Manager Group)]

自動登録が使用可能であるときに、この Cisco Unified CM グループをデフォルトの Cisco Unified CM グループにする場合は、[自動登録Cisco Unified CMグループ(Auto-registration Cisco Unified Communications Manager group)] チェックボックスをオンにします。

デバイスをこの Cisco Unified CM グループに自動登録しない場合は、このチェックボックスをオフのままにしてください。

ヒント    Cisco Unified Communications Manager クラスタには、1 つのデフォルト自動登録グループだけを指定できます。 別の Cisco Unified CM グループをデフォルト自動登録グループとして選択した場合、つまり、別の Cisco Unified CM グループに対して [自動登録Cisco Unified CMグループ(Auto-registration Cisco Unified Communications Manager group)] チェックボックスをオンにした場合は、以前に選択されていた自動登録グループが、そのクラスタのデフォルトではなくなります。以前に選択されていたグループ(元のデフォルト)の [自動登録Cisco Unified Communications Manager(Auto-registration Cisco Unified Communications Manager)] チェックボックスが表示され、現在デフォルトとして使用されているグループのチェックボックスは無効になります。

[Cisco Unified CMグループのメンバ(Cisco Unified Communications Manager Group Members)]

[使用可能なCisco Unified CM(Available Cisco Unified Communications Managers)]

このフィールドは、Cisco Unified CM グループに属していない使用可能な Cisco Unified Communications Manager をリストで表示します。

Cisco Unified Communications Manager の名前を選択し、上矢印と下矢印を使用して、Cisco Unified Communications Manager を選択済みリストと使用可能リストの間で移動させます。

[選択済みのCisco Unified CM(Selected Cisco Unified Communications Managers)]

このフィールドは、Cisco Unified CM グループに属する Cisco Unified Communications Manager を表示します。 選択済みリストには、最大 3 つの Cisco Unified Communications Manager を含めることができ、Cisco Unified Communications Manager が優先順位の高い順にリストされます。 [保存(Save)] をクリックすると、選択済みリスト内にある Cisco Unified Communications Manager が、そのグループのメンバになります。

Cisco Unified Communications Manager の名前を選択し、上矢印と下矢印を使用して、Cisco Unified Communications Manager を選択済みリストと使用可能リストの間で移動させます。

選択済みリストでは、上下の矢印を使用して、選択済みリスト内のグループを希望する順序に配列します。

Cisco Unified Communications Manager グループの設定値とデバイスの同期化

最近設定の変更を実行した Cisco Unified CM グループを、関連する登録済みデバイスに同期させる手順は、次のとおりです。この手順によって、中断を最小限に抑えた方法で未処理の設定が適用されます (たとえば、影響を受けるデバイスの一部は、リセットまたはリスタートが不要な場合があります)。

手順
    ステップ 1   [メディアリソース(Media Resources)] > [Cisco Unified CMグループ(Cisco Unified CM Group)] の順に選択します。

    [Cisco Unified CMグループの検索/一覧表示(Find and List Cisco Unified CM Groups)] ウィンドウが表示されます。

    ステップ 2   使用する検索条件を選択します。
    ステップ 3   [検索(Find)] をクリックします。

    検索条件に一致する Cisco Unified CM グループがウィンドウに表示されます。

    ステップ 4   影響を受けるデバイスと同期する Cisco Unified CM グループをクリックします。 [Cisco Unified CMグループの設定(Cisco Unified CM Group Configuration)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 5   他の設定変更を行います。
    ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。
    ステップ 7   [設定の適用(Apply Config)] をクリックします。

    [設定の適用情報(Apply Configuration Information)] ダイアログが表示されます。

    ステップ 8   [OK] をクリックします。