Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence サービス リリース 10.0(1) の IP アドレスとホスト名の変更
はじめに
はじめに

はじめに

目的

このマニュアルでは、Cisco Unified Communications Manager ノードと IM and Presence Service ノードの IP アドレスとホスト名を変更する場合の手順について説明します。 IM and Presence Service ノードのドメイン名とノード名を設定するための追加の手順についても説明します。

対象読者

このマニュアルは、Cisco Unified Communications Manager の導入および IM and Presence Service ソフトウェアの管理を行う管理者を対象としています。

マニュアルの構成

次の表に、このマニュアルの構成を示します。

説明(Description)

第 1 章

"IP アドレス、ホスト名、およびその他のネットワーク識別子の変更"

導入環境でノードの IP アドレスとホスト名を変更する方法、およびネットワーク識別子に対してその他の変更を実行する場合の詳細情報の入手先を提供します。 高レベルのワークフローの図が含まれています。

第 2 章

"変更前タスクとシステム ヘルス チェック"

IP アドレス、ホスト名、または他のネットワーク識別子を変更する前に実行しなければならないタスクを完了する手順を示します。

第 3 章

"IP アドレスおよびホスト名の変更"

導入環境でノードの IP アドレスとホスト名を変更する手順を示します。

第 4 章

"ドメイン名およびノード名の変更"

IM and Presence Service ノードのネットワーク レベルの DNS デフォルト ドメイン名およびノード名を変更する手順を示します。

第 5 章

"変更後のタスクと検証"

IP アドレス、ホスト名、または他のネットワーク識別子を変更した後に実行しなければならない作業を完了する手順を示します。 セキュリティが有効な Cisco Unified Communications Manager クラスタの変更後の作業が含まれています。

第 6 章

"トラブルシューティング"

IP アドレスとホスト名の変更をトラブルシューティングするのに役立つ手順を示します。

関連資料

詳細については、次の資料を参照してください。
  • 『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』

  • 『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』

  • 『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』

  • 『Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool Administration Guide』

  • 『Command Line Interface Guide for Cisco Unified Communications Solutions』

  • 『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』

  • 『Disaster Recovery System Administration Guide for Cisco Unified Communications Manager』

  • 『Installing Cisco Unified Communications Manager

  • IM and Presence Service Administration オンライン ヘルプ

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

表記法

説明(Description)

太字

コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で表記されています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

{ x | y | z }

必ずどれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[ x | y | z ]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

このポインタは、例の中の重要な行を強調しています。

^

^ 記号は、Ctrl キーを表します。たとえば、画面に表示される ^D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

(注)は、次のように表しています。


(注)  


注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


ワンポイント アドバイスは、次のように表しています。


警告


「時間の節約に役立つ操作」です。 記述されている操作を実行すると時間を節約できます。


ヒントは、次のように表しています。


ヒント


役立つ「ヒント」の意味です。


注意は、次のように表しています。


注意    


「要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


警告は、次のように表しています。


警告


「危険」の意味です。 人身事故を予防するための注意事項が記述されています。 機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手、Cisco Bug Search Tool(BST)の使用、サービス要求の送信、追加情報の収集の詳細については、『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。このドキュメントは、http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​td/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html から入手できます。

What's New in Cisco Product Documentation』はシスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧を提供するもので、RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用すると、コンテンツがデスクトップに直接配信されるようになります。 RSS フィードは無料のサービスです。

シスコ製品のセキュリティの概要

本製品には暗号化機能が備わっており、輸入、輸出、配布および使用に適用される米国および他の国での法律を順守するものとします。 シスコの暗号化製品を譲渡された第三者は、その暗号化技術の輸入、輸出、配布、および使用を許可されたわけではありません。 輸入業者、輸出業者、販売業者、およびユーザは、米国および他の国での法律を 順守する責任があります。 本製品を使用するにあたっては、関係法令の順守に同意する必要があります。 米国および他の国の法律を順守できない場合は、 本製品を至急送り返してください。

米国の輸出規制の詳細については、 http://www.access.gpo.gov/bis/ear/ear_data.html で参照できます。