Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence サービス リリース 10.0(1) の IP アドレスとホスト名の変更
IP アドレスおよびホスト名の変更
IP アドレスおよびホスト名の変更

IP アドレスおよびホスト名の変更

IP アドレスとホスト名の変更のタスク リスト

次の表に、Cisco Unified Communications Manager IM and Presence サービス ノードの IP アドレスとホスト名を変更するために実行するタスクを示します。

表 1 IP アドレスとホスト名の変更のタスク リスト

項目

作業

1

変更前タスクおよびシステム ヘルス チェックを行います。

2

コマンド ライン インターフェイス(CLI)または Unified オペレーティング システム GUI を使用してノードの IP アドレスまたはホスト名を変更します。

IM and Presence サービス ノードの場合、次の条件に従ってください。
  • サブスクライバ ノードを変更する前にデータベース パブリッシャ ノードの IP アドレスとホスト名を変更します。

  • すべてのサブスクライバ ノードの IP アドレスとホスト名を同時に変更する、もしくは、一度に 1 つずつ変更することが可能です。

(注)      IM and Presence サービス ノードの IP アドレスまたはホスト名を変更した後、Cisco Unified Communications Manager の SIP パブリッシュ トランクの接続先アドレス値を変更する必要があります。 変更後タスク リストを参照してください。

3

変更後タスクを実行します。

Unified オペレーティング システム GUI を使用して IP アドレスまたはホスト名を変更する

Cisco Unified オペレーティング システムの管理を使用して、導入のホスト名で定義されているパブリッシャおよびサブスクライバ ノードの IP アドレスまたはホスト名を変更することができます。 特に明記されていない限り、この手順の各ステップは、Cisco Unified Communications ManagerIM and Presence Service クラスタのパブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードの両方に適用されます。

ホスト名を変更すると、自己署名証明書が自動的に再生成されます。 これにより、クラスタ内のすべてのデバイスがリセットされ、更新された ITL ファイルをダウンロードできるようになります。 クラスタが CA 署名付き証明書を使用する場合は、証明書に再署名する必要があります。


注意    


  • これらの設定は 1 つずつ変更する必要があります。 ノードの IP アドレスとホスト名の両方を同時に変更しないでください。 両方の設定を同時に変更した場合、Cisco Unified Communications Manager のデータベースにアクセスできなくなります。

  • Cisco Unified Communications Manager のクラスタ セキュリティが混合モードで実行されている場合、ホスト名または IP アドレスを変更すると、 CTL クライアントを実行して CTL ファイルを更新するまではこのノードへのセキュア接続が行えません。


はじめる前に

導入環境で変更前タスクとシステム ヘルス チェックを実行します。

手順
    ステップ 1   Cisco Unified オペレーティング システムの管理から、[設定(Settings)] > [IP] > [イーサネット(Ethernet)] の順に選択します。
    ステップ 2   ホスト名、IP アドレス、また必要に応じてデフォルトのゲートウェイを変更します。
    ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。 ノード サービスが新しい変更内容で自動的に再起動します。 サービスを再起動することで、更新とサービス再起動のシーケンスを適切に実行して、変更を有効にすることができます。

    ホスト名を変更すると、自己署名証明書が自動的に再生成されます。また、更新された ITL ファイルをダウンロードできるように、クラスタ内のすべてのデバイスがリセットされます。


    次の作業

    すべての該当する変更後タスクを実行して、変更が導入に正しく実装されていることを確認します。


    (注)  


    新しいホスト名が正しい IP アドレスに解決されない場合は、次の手順に進まないでください。


    クラスタが CA 署名付き証明書を使用する場合は、証明書に再署名する必要があります。

    Cisco Unified Communications Manager クラスタ セキュリティが混合モードで実行されている場合は、CTL クライアントを実行し、CTL ファイルを更新します。

    CLI による IP アドレスまたはホスト名の変更

    導入環境でホスト名によって定義されているパブリッシャ ノードおよびサブスクライバ ノードの IP アドレスまたはホスト名を変更するには、コマンド ライン インターフェイス(CLI)を使用できます。 特に明記されていない限り、この手順の各ステップは、Cisco Unified Communications ManagerIM and Presence サービス クラスタのパブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードの両方に適用されます。

    ホスト名を変更すると、自己署名証明書が自動的に再生成されます。 これにより、クラスタ内のすべてのデバイスがリセットされ、更新された ITL ファイルをダウンロードできるようになります。 クラスタが CA 署名付き証明書を使用する場合は、証明書に再署名する必要があります。


    注意    


    Cisco Unified Communications Manager のクラスタ セキュリティが混合モードで実行されている場合、ホスト名または IP アドレスを変更すると、 CTL クライアントを実行して CTL ファイルを更新するまではこのノードへのセキュア接続が行えません。


    はじめる前に

    導入環境で変更前タスクとシステム ヘルス チェックを実行します。

    手順
      ステップ 1   変更するノードの CLI にログインします。
      ステップ 2   set network hostname と入力します。
      ステップ 3   ホスト名、IP アドレス、またはデフォルト ゲートウェイを変更するためのプロンプトに従います。
      1. 新しいホスト名を入力し、Enter キーを押します。
      2. IP アドレスも変更する場合は、yes と入力します。その他の場合は、ステップ 4 に進みます。
      3. 新しい IP アドレスを入力します。
      4. サブネット マスクを入力します。
      5. ゲートウェイのアドレスを入力します。
      ステップ 4   入力内容がすべて正しいことを確認し、yes と入力して、プロセスを開始します。
      ステップ 5   サブスクライバ ノードを変更した場合、ノードを再起動します。

      次の作業

      該当する変更後タスクをすべて実行し、変更が導入に正しく実装されていることを確認します。


      (注)  


      新しいホスト名が正しい IP アドレスに解決されない場合は、次の手順に進まないでください。


      クラスタが CA 署名付き証明書を使用する場合は、証明書に再署名する必要があります。

      Cisco Unified Communications Manager クラスタ セキュリティが混合モードで実行されている場合は、CTL クライアントを実行し、CTL ファイルを更新します。

      Set Network Hostname の CLI 出力例

       admin:set network hostname 
      
      ctrl-c: To quit the input.
      
               ***   W A R N I N G   ***
      Do not close this window without first canceling the command.
      
      This command will automatically restart system services.
      The command should not be issued during normal operating 
      hours.
      
      =======================================================
       Note: Please verify that the new hostname is a unique 
             name across the cluster and, if DNS services are 
             utilized, any DNS configuration is completed 
             before proceeding.
      =======================================================
      
      Security Warning : This operation will regenerate
             all CUCM Certificates including any third party
             signed Certificates that have been uploaded. 
          
      Enter the hostname:: newHostname
      
      Would you like to change the network ip address at this time [yes]:: 
      
      
      Warning: Do not close this window until command finishes.
      
          
      
      ctrl-c: To quit the input.
      
      
      
                 ***   W A R N I N G   ***
      =======================================================
       Note: Please verify that the new ip address is unique 
             across the cluster.
      =======================================================
          
      Enter the ip address:: 10.10.10.28
      Enter the ip subnet mask:: 255.255.255.0
      Enter the ip address of the gateway:: 10.10.10.1
      Hostname:       newHostname				
      IP Address:     10.10.10.28
      IP Subnet Mask: 255.255.255.0
      Gateway:        10.10.10.1
      
      Do you want to continue [yes/no]? yes 
      
      
      
      calling 1 of 5 component notification script: ahostname_callback.sh		
      Info(0): Processnode query returned =
      name       
      ========== 
      bldr-vcm18 
      updating server table from:'oldHostname', to: 'newHostname'
      Rows: 1
      updating database, please wait 90 seconds
      updating database, please wait 60 seconds
      updating database, please wait 30 seconds
      Going to trigger /usr/local/cm/bin/dbl updatefiles --remote=newHostname,oldHostname 
      calling 2 of 5 component notification script: clm_notify_hostname.sh		notification
      Verifying update across cluster nodes...
      platformConfig.xml is up-to-date: bldr-vcm21
      
      cluster update successfull
      calling 3 of 5 component notification script: drf_notify_hostname_change.py 	
      calling 4 of 5 component notification script: regenerate_all_certs.sh		
      calling 5 of 5 component notification script: update_idsenv.sh 		
      calling 1 of 2 component notification script: ahostname_callback.sh 		
      Info(0): Processnode query returned =
      name 
      ==== 
      Going to trigger /usr/local/cm/bin/dbl updatefiles --remote=10.10.10.28,10.67.142.24
      calling 2 of 2 component notification script: clm_notify_hostname.sh		 
      Verifying update across cluster nodes...
      Shutting down interface eth0: 
      

      IP アドレスのみの変更

      コマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して IM and Presence データベース パブリッシャ ノードとサブスクライバ ノードの IP アドレスを変更できます。 ノード名が IP アドレスに設定されていない場合は、この手順を実行しないでください。


      (注)  


      • 最初に IM and Presence データベース パブリッシャ ノードを変更して確認します。

      • IM and Presence Service サブスクライバ ノードは、同時にまたは 1 つずつ変更できます。

      はじめる前に

      導入環境で変更前タスクとシステム ヘルス チェックを実行します。

      手順
        ステップ 1   変更するノードの CLI にログインします。
        ステップ 2   set network ip eth0 new-ip_address new_netmask new_gateway を入力して、ノードの IP アドレスを変更します。

        ここで、new_ip_address は新しいサーバ IP アドレスを指定し、new_netmask は新しいサーバ ネットワーク マスクを指定します。また、new_gateway はゲートウェイ アドレスを指定します。

        次の出力が表示されます。

        admin:set network ip eth0 10.53.57.101 255.255.255.224 10.53.56.1 
        
        WARNING: Changing this setting will invalidate software license 
        on this server. The license will have to be re-hosted. 
        
        Continue (y/n)?
        ステップ 3   CLI コマンドの出力を確認します。 yes を入力してから、Enter を押して処理を開始します。

        次の作業

        すべての該当する変更後タスクを実行して、変更が導入に正しく実装されていることを確認します。