変更後のタスクと検証
変更後のタスクと検証

変更後のタスクと検証

Cisco Unified Communications Manager ノードの変更後タスク リスト

次の表は、クラスタ内の Cisco Unified Communications Manager ノードの IP アドレスまたはホスト名を変更した後に実行するタスクを示しています。

導入環境に適用するこれらのタスクは、タスク リストに示されている順序で実行してください。 システム ヘルス チェックまたは ITL 証明書の作成方法の詳細については、関連トピックを参照してください。


注意    


これらのタスクを実行する際、期待する結果が得られない場合は、その問題が解決されるまで次の手順へ進まないでください。


表 1 Cisco Unified Communications Manager ノードの変更後タスク リスト

項目

作業

システム ヘルス チェック

1

クラスタにあるすべてのサーバが正常に稼働し、利用可能であること、また、ServerDown 警告が発生していないことを確認します。

(注)     

変更プロセス中は、syslog に ServerDown 警告が示されても問題ではありませんが、変更完了後に表示されないようにしなければなりません。

2

クラスタにあるすべての Cisco Unified Communications Manager ノードでデータベース レプリケーションのステータスを調べ、すべてのサーバがデータベースの変更内容を正常に複製していることを確認します。

3

CLI コマンド utils diagnose module validate_network を使用して、ネットワーク接続と、変更されたノードの DNS サーバ設定を確認します。

4

Cisco Unified レポート ツールで Unified CM Database Status レポートを生成します。 そのレポートにエラーや警告が記録されていないか確認します。

5

Cisco Unified レポート ツールで Unified CM Cluster Overview レポートを生成します。 そのレポートにエラーや警告が記録されていないか確認します。

セキュリティを有効にしたクラスタ タスク

6

セキュリティが有効になっているクラスタ(クラスタ セキュリティ モード 1 - 混合)の場合、CTL ファイルを更新し、クラスタ内のすべてのノードを再起動してから、システム ヘルス チェックと他の変更後タスクを実行します。

既存の CTL ファイルへの新しい TFTP サーバの追加など、CTL ファイルの更新と管理の方法の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』を参照してください。

7

証明書信頼リスト(CTL)ファイルと USB eToken を使用してクラスタ セキュリティを有効にした場合、リリース 8.0 以降のノードの IP アドレスまたはホスト名を変更した際は、Initial Trust List(ITL; 初期信頼リスト)ファイルと ITL の証明書を再生成する必要があります。

クラスタ セキュリティの有効化に証明書信頼リスト(CTL)ファイルと USB eToken を使用していない場合は、このステップをスキップしてください。

変更後のタスク

8

手動で DRS バックアップを実行し、すべてのノードとアクティブなすべてのサービスが正しくバックアップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。

(注)     

ノードの IP アドレスを変更した後は手動で DRS バックアップを実行する必要があります。これは、DRS ファイルでノードを復元するには、DRS ファイルとノードで IP アドレスとホスト名が一致している必要があるからです。 変更後の DRS ファイルには、新しい IP アドレスや新しいホスト名が記録されています。

9

関連する IP フォンの URL パラメータをすべて更新します。

10

Cisco Unified Communications Manager の管理インターフェースを使って、関連するすべての IP フォン サービスを更新します。 

11

Unified RTMT カスタム警告と保存済みプロファイルを更新します。

12

Cisco Unified Communications Manager で動作する統合 DHCP サーバを使用している場合は、DHCP サーバを更新します。

13

Cisco Unity Connection、Cisco Unified MeetingPlace Express などの他の関連する Cisco Unified Communications コンポーネントの設定を確認し、必要に応じて変更します。

(注)     

必要に応じて設定を変更する方法については、ご使用の製品のマニュアルを参照してください。

14

電話機の DNS IP アドレスの変更後、更新された情報を反映するため電話機をリセットします。 電話機をリセットすると、電話機のキャッシュがクリアされます。

IM and Presence サービス ノードの変更後タスク リスト

次の表に、クラスタ内にある IM and Presence サービス ノードの IP アドレス、ホスト名、ドメイン名、またはノード名を変更した後で実行するタスクを示します。

これらのタスクは、タスク リストに示されている順序どおりに実行してください。


注意    


これらのタスクを実行する際、期待する結果が得られない場合は、その問題が解決されるまで次の手順へ進まないでください。


表 2 IM and Presence サービス ノードの変更後タスク リスト

項目

作業

システム ヘルス チェック

1

ホスト名または IP アドレスに対する変更内容が、Cisco Unified Communications Manager サーバ上で更新されていることを確認します。

2

変更したノードのネットワーク接続と DNS サーバの設定を確認してください。

(注)     

異なるサブネットに IP アドレスを変更した場合は、ネットワーク アダプタが正しい VLAN に接続されていることを確認します。 また、IP アドレスの変更後に IM and Presence サービス ノードが別のサブネットに属している場合、Cisco XCP Router サービス パラメータの [ルーティング通信タイプ(Routing Communication Type)] フィールドが [ルータ間(Router to Router)] に設定されていることを確認してください。 その他の場合には、[ルーティング通信タイプ(Routing Communication Type)] フィールドは [マルチキャスト DNS(Multicast DNS)] に設定する必要があります。

3

IP アドレス、ホスト名、またはその両方への変更がネットワークで完全に実装されていることを確認してください。

4

ホスト名を変更した場合は、ネットワークでホスト名の変更が確実に実装されていることを確認します。

5

データベース レプリケーションが正常に確立されたことを確認します。 すべてのノードのスタータスが 2 で、[接続済み(Connected)] になっている必要があります。 レプリケーションがセットアップされていない場合、データベース レプリケーションのトラブルシューティングに関するトピックを参照してください。

変更後のタスク

6

手順を実行する前に OpenAM SSO を無効にした場合、この時点で有効にできます。 OpenAM SSO を有効にする方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

7

CUP、CUP-xmpp、Tomcat の証明書に新しいホスト名が含まれていることを確認します。

8

ノードの IP アドレスを変更した場合、Unified RTMT カスタム警告と保存済みプロファイルを更新します。

9

その他の関連する Cisco Unified Communications のコンポーネント(たとえば Cisco Unified Communications Manager の SIP トランクなど)の設定を確認し、必要に応じて変更します。

10

CUP サービス グループの下にリストされているすべてのネットワーク サービスを開始します。 所定の順序で CUP サービスのネットワーク サービスを開始する必要があります。

(注)     

IP アドレス、ホスト名、または IP アドレスとホスト名の両方を変更する場合、この手順を実行する必要はありません。 これらの名前を変更する場合、ネットワーク サービスは自動的に開始します。 しかし、変更後に一部のサービスが自動的に開始されない場合には、この手順を実行して、すべてのネットワーク サービスが確実に開始されるようにしてください。

11

すべての機能サービスを開始します。 機能サービスを開始する順序は重要ではありません。

(注)     

IP アドレス、ホスト名、または IP アドレスとホスト名の両方を変更する場合、この手順を実行する必要はありません。 これらの名前を変更する場合、機能サービスは自動的に開始します。 しかし、変更後に一部のサービスが自動的に開始されない場合には、この手順を実行して、すべての機能サービスが確実に開始されるようにしてください。

12

変更前のセットアップ中にハイ アベイラビリティ(HA)を無効にした場合、すべてのプレゼンス冗長グループの HA を有効にします。 HA を有効にする方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

13

IM and Presence サービスが変更後に正しく機能していることを確認します。

14

ノードの IP アドレスまたはホスト名の変更後、ディザスタ リカバリ システムのバックアップを手動で実行します。

Cisco Unified Communications Manager ノードの変更後タスクの実行

変更後タスクすべてを実行し、導入環境に変更が適切に実装されていることを確認してください。

これらのタスクは、タスク リストに示されている順序どおりに実行してください。


注意    


これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。


はじめる前に
  • 導入環境に加えられた変更内容を確認するための、該当するシステム ヘルス チェックすべてを実行します。

  • 導入環境でクラスタ セキュリティが有効になっている場合、セキュリティを有効にしたクラスタ タスクを実行します。

手順
    ステップ 1   手動で DRS バックアップを実行し、すべてのノードとアクティブなすべてのサービスが正しくバックアップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。
    (注)     

    ノードの IP アドレスを変更した後は手動で DRS バックアップを実行する必要があります。これは、DRS ファイルでノードを復元するには、DRS ファイルとノードで IP アドレスとホスト名が一致している必要があるからです。 変更後の DRS ファイルには、新しい IP アドレスや新しいホスト名が記録されています。

    ステップ 2   関連する IP フォンの URL パラメータをすべて更新します。
    ステップ 3   [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] を使用して、関連するすべての IP フォン サービスを更新します。 [システム(System)] > [エンタープライズ パラメータ(Enterprise Parameters)] と選択します。
    ステップ 4   Unified RTMT カスタム警告と保存済みプロファイルを更新します。
    • パフォーマンス カウンタから得られた Unified RTMT カスタム警告には、サーバの IP アドレスがハードコードで記録されています。 これらのカスタム警告を削除し、再設定する必要があります。

    • パフォーマンス カウンタを備えた Unified RTMT 保存済みプロファイルには、サーバの IP アドレスがハードコードで記録されています。 これらのカウンタをいったん削除してから追加し直した後、プロファイルを保存して新しい IP アドレスで更新する必要があります。

    ステップ 5   Cisco Unified Communications Manager で動作する統合 DHCP サーバを使用している場合は、DHCP サーバを更新します。
    ステップ 6   その他の関連する Cisco Unified Communications コンポーネントに対して、必要な設定変更を検査して実行します。 検査対象のコンポーネントの一部を次に示します。
    • Cisco Unity

    • Cisco Unity Connection

    • Cisco Unity Express

    • SIP/H.323 トランク

    • IOS Gatekeeper

    • Cisco Unified MeetingPlace

    • Cisco Unified MeetingPlace Express

    • Cisco Unified Contact Center Enterprise

    • Cisco Unified Contact Center Express

    • IP 電話向け DHCP Scopes

    • CDR エクスポート用の Cisco Unified Communications Manager のトレース収集、または DRS バックアップの保存先として使用する SFTP サーバ

    • Cisco Unified Communications Manager に登録されている IOS ハードウェア リソース(会議ブリッジ、メディア ターミネーション ポイント、トランスコーダ、RSVP エージェント)

    • Cisco Unified Communications Manager に登録または統合した IPVC ビデオ MCU

    • Cisco Emergency Responder

    • Cisco Unified Application Environment

    • Cisco Unified Presence

    • Cisco Unified Personal Communicator

    • 関連するルータおよびゲートウェイ

    (注)     

    必要に応じて設定を変更する方法については、ご使用の製品のマニュアルを参照してください。


    Cisco Unified Communications Manager ノードのセキュリティを有効にしたクラスタ タスク

    初期信頼リストおよび証明書の再生成

    Cisco Unified Communications Manager リリース 8.0 リリース以降のクラスタでサーバの IP アドレスまたはホスト名を変更すると、ITL の初期信頼リスト(ITL)ファイルと証明書が再生成されます。 再生されたファイルは、電話機に保存されたファイルと一致しません。


    (注)  


    証明書信頼リスト(CTL)ファイルと USB eToken を使用してクラスタ セキュリティを有効にする場合は、eToken によって信頼が保持され、eToken は変更されないため、次の手順を実行する必要はありません。

    クラスタ セキュリティが有効になっていない場合は、シングルサーバ クラスタまたはマルチサーバ クラスタでこの手順を実行して電話をリセットします。


    シングルサーバ クラスタ電話機の証明書と ITL の再生成

    Cisco Unified Communications Manager リリース 8.0 以降のシングルサーバ クラスタでサーバの IP アドレスまたはホスト名を変更する際に、ITL ファイルを使用する場合、以下の手順を実行して電話機をリセットします。

    サーバの IP アドレスまたはホスト名を変更する前に、ロールバックを有効にします。

    手順
      ステップ 1   更新された ITL を処理できるようにすべての電話機が登録され、オンラインであることを確認します。 この手順を実行するときに電話機がオンラインでない場合は、ITL を手動で削除する必要があります。
      ステップ 2   Prepare Cluster for Rollback to pre-8.0 エンタープライズ パラメータを True に設定します。 すべての電話機は自動的にリセットされ、空の信頼検証サービス(TVS)と TFTP 証明書セクションを含む ITL ファイルがダウンロードされます。
      ステップ 3   電話機で、[設定(Settings)] > [セキュリティ(Security)] > [信頼リスト(Trust List)] > [ITL ファイル(ITL File)] の順に選択し、ITL ファイルの TVS および TFTP 証明書セクションが空であることを確認します。
      ステップ 4   サーバの IP アドレスまたはホスト名を変更し、クラスタへの登録がロールバックされるように電話機を設定します。
      ステップ 5   すべての電話機がクラスタに正常に登録されたら、エンタープライズ パラメータ Prepare Cluster for Rollback to pre-8.0 を False に設定します。

      次の作業

      CTL ファイルまたはトークンを使用する場合は、サーバの IP アドレスまたはホスト名を変更した後、または DNS ドメイン名を変更した後に、CTL クライアントを再実行します。

      マルチサーバ クラスタ電話機の証明書と ITL の再生成

      マルチサーバ クラスタでは、電話機が、再生成された ITL ファイルおよび証明書を確認するためのプライマリおよびセカンダリ TVS サーバを持つ必要があります。 電話機がプライマリ TVS サーバに(最近の設定変更により)接続できない場合は、セカンダリ サーバにフォール バックされます。 TVS サーバは、電話機に割り当てられた CM グループによって識別されます。

      マルチサーバ クラスタでは、一度に 1 つのサーバだけで IP アドレスまたはホスト名を変更するようにしてください。 CTL ファイルまたはトークンを使用する場合は、サーバの IP アドレスまたはホスト名を変更した後、または DNS ドメイン名を変更した後に、CTL クライアントまたは CLI コマンド set utils ctl を再実行します。

      IM and Presence Service ノードの変更後タスクの実行

      変更後タスクすべてを実行し、導入環境に変更が適切に実装されていることを確認してください。


      注意    


      これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。


      はじめる前に

      該当するすべての検証システム ヘルス チェックを実行し、導入に対して加えられた変更を確認します。

      手順
        ステップ 1   OpenAM シングル サインオン(SSO)を無効にした場合、ここで有効にできます。 OpenAM SSO の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。
        ステップ 2   ホスト名を変更した場合、cup、cup-xmpp、および Tomcat の証明書に新しいホスト名が含まれていることを確認する必要があります。
        1. Cisco Unified OS 管理 GUI から、[セキュリティ(Security)] > [証明書の管理(Certificate Management)] を選択します。
        2. 信頼証明書の名前に新しいホスト名が含まれていることを確認します。
        3. 証明書に新しいホスト名が含まれない場合、証明書を再生成します。 詳細については、『Cisco Unified Communications Operating System Administration Guide』を参照してください。
        ステップ 3   ノードの IP アドレスを変更したら、Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool(RTMT)のカスタム アラートと保存済みプロファイルを更新してください。
        • パフォーマンス カウンタから得られた RTMT カスタム警告には、サーバのアドレスがハードコードで記録されています。 これらのカスタム警告を削除し、再設定する必要があります。

        • パフォーマンス カウンタを備えた RTMT 保存済みプロファイルには、サーバのアドレスがハードコードで記録されています。 これらのカウンタをいったん削除してから追加し直した後、プロファイルを保存して新しいアドレスで更新する必要があります。

        ステップ 4   その他の関連する Cisco Unified Communications のコンポーネント(たとえば Cisco Unified Communications Manager の SIP トランクなど)に必要な設定変更を確認し、変更を行ってください。
        ステップ 5   Cisco Unified Serviceability を使用して CUP サービス グループの下にリストされるすべてのネットワーク サービスを開始するには、[ツール(Tools)] > [コントロール センターのネットワーク サービス(Control Center - Network Services)] を選択します。
        ヒント   

        IP アドレス、ホスト名、または IP アドレスとホスト名の両方を変更する場合、この手順を実行する必要はありません。 これらの名前を変更した場合、ネットワーク サービスは自動的に開始します。 しかし、変更後に一部のサービスが自動的に開始されない場合には、この手順を実行して、すべてのネットワーク サービスが確実に開始されるようにしてください。

        次の順序で CUP サービスのネットワーク サービスを開始する必要があります。
        1. Cisco IM and Presence Data Monitor
        2. Cisco Server Recovery Manager
        3. Cisco Route Datastore
        4. Cisco Login Datastore
        5. Cisco SIP Registration Datastore
        6. Cisco Presence Datastore
        7. Cisco XCP Router
        8. Cisco XCP Config Manager
        9. Cisco OAM Agent
        10. Cisco Client Profile Agent
        11. Cisco Intercluster Sync Agent
        12. Cisco Config Agent
        ステップ 6   Cisco Unified Serviceability を使用してすべての機能サービスを開始するには、[ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)] を選択します。 機能サービスを開始する順序は重要ではありません。
        ヒント   

        IP アドレス、ホスト名、または IP アドレスとホスト名の両方を変更する場合、この手順を実行する必要はありません。 これらの名前を変更した場合、機能サービスは自動的に開始します。 しかし、変更後に一部のサービスが自動的に開始されない場合には、この手順を実行して、すべての機能サービスが確実に開始されるようにしてください。

        ステップ 7   変更前のセットアップ中にハイ アベイラビリティ(HA)を無効にした場合、すべてのプレゼンス冗長グループの HA を有効にします。 HA を有効にする方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。
        ステップ 8   IM and Presence Service が変更後に正しく機能していることを確認します。
        1. Cisco Unified Serviceability GUI から、[システム(System)] > [プレゼンス トポロジ(Presence Topology)] を選択します。
          • HA がイネーブルの場合は、すべての HA ノードが [正常(Normal)] 状態であることを確認します。

          • すべてのサービスが開始されていることを確認します。

        2. Cisco Unified CM IM and Presence の管理 GUI からシステム トラブルシュータを実行し、失敗したテストがないことを確認します。 [診断(Diagnostics)] > [システム トラブルシュータ(System Troubleshooter)] を選択します。
        ステップ 9   ノードの IP アドレスまたはホスト名を変更した後は、手動でディザスタ リカバリ システム バックアップを実行する必要があります。これは、DRS ファイルでノードを復元するには、DRS ファイルとノードで IP アドレスとホスト名が一致している必要があるからです。 変更後の DRS ファイルには、新しい IP アドレスや新しいホスト名が記録されています。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。