Cisco Unified Communications Manager および IM and Presence サービス リリース 10.0(1) の IP アドレスとホスト名の変更
変更前タスクとシステム ヘルス チェック
変更前タスクとシステム ヘルス チェック

変更前タスクとシステム ヘルス チェック

Cisco Unified Communications Manager ノードの変更前タスク リスト

次の表は、Cisco Unified Communications Manager ノードの IP アドレスとホスト名を変更する前に実行するタスクを示しています。 これらの手順は、スケジュールしたメンテナンス時間内に実行する必要があります。 変更前のセットアップ タスクを行う前に、システム ヘルス チェックすべてを実行してください。

示されているタスクの詳細については、各関連トピック(ノードにおけるシステム ヘルス チェックや変更前セットアップ)を参照してください。


注意    


これらのタスクを実行する際、期待する結果が得られない場合は、その問題が解決されるまで次の手順へ進まないでください。


表 1 Cisco Unified Communications Manager ノードの変更前タスク リスト

項目

作業

システム ヘルス チェック

1

Cisco Unified Communications Manager サーバ内で DNS が設定されている場合、正引きおよび逆レコード(A レコードと PTR レコードなど) が設定されていて、DNS が到達可能で作動していることを確認します。

2

クラスタにあるすべてのサーバが正常に稼働し、利用可能であること、また、ServerDown 警告が発生していないことを確認します。

3

クラスタにあるすべての Cisco Unified Communications Manager ノードでデータベース レプリケーションのステータスを調べ、すべてのサーバがデータベースの変更内容を正常に複製していることを確認します。

4

ネットワーク接続と DNS サーバ設定を確認します。

変更前設定タスク

5

Cisco Unified Communications Manager の管理インターフェースを使って、クラスタ内の全ノードのリストを収集します。 後で使用するため、この情報を保持してください。

6

手動でディザスタ リカバリ システムのバック アップを実行し、すべてのノードとアクティブなサービスが正しくバック アップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。

7

変更されるパブリッシャ/サブスクライバ ノードがクラスタ間ピアであるクラスタの場合、そのクラスタを各クラスタ間ピアのリストから削除します。

たとえば、ClusterA、ClusterB および ClusterC はすべてクラスタ間ピアです。 ここでは、ClusterA のパブリッシャ ノードでホスト名を変更します。 まず、ClusterB および ClusterC の両方のクラスタ間ピアのリストから、ClusterA のパブリッシャ ノードを削除する必要があります。

8

セキュリティが有効なクラスタ(クラスタ セキュリティ モード 1 - 混合)について、証明書信頼リスト(CTL)ファイルを更新します。 既存の CTL ファイルへの新しい TFTP サーバの追加など、CTL ファイルの更新と管理の方法の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』を参照してください。

セキュリティをサポートしているすべての IP 電話では、CTL ファイルが必ずダウンロードされます。このファイルには、その電話からの通信が許可されている TFTP サーバの IP アドレスが記述されています。 TFTP サーバの IP アドレスを変更した場合は、その新しい IP アドレスを CTL ファイルに追加する必要があります。これにより、該当の電話からその TFTP サーバと通信できるようになります。

注意       

通信不可能な時間が無駄に発生しないように、TFTP サーバの新しい IP アドレスで CTL ファイルを更新してから、TFTP サーバの IP アドレスを変更するようにします。 この手順を実行しない場合は、セキュリティが有効なすべての IP 電話を手動で更新する必要があります。

IM and Presence Service ノードの変更前タスク リスト

次の表に、IM and Presence Service ノードの IP アドレス、ホスト名、ドメイン名、またはノード名の変更に進む前に実行するタスクを示します。 これらの手順は、スケジュールしたメンテナンス時間内に実行する必要があります。 変更前のセットアップ タスクを行う前に、システム ヘルス チェックすべてを実行してください。

示されているタスクの詳細については、ノードにおけるシステム ヘルス チェックと変更前セットアップの実行に関連するトピックを参照してください。


注意    


これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。


表 2 IM and Presence Service ノードの変更前タスク リスト

項目

作業

システム ヘルス チェック

1

データベース レプリケーションのステータスを調べ、導入に複数の IM and Presence Service ノードがある場合に、すべてのノードでデータベースの変更内容が正常に複製されることを確認します。

2

ネットワーク接続と DNS サーバ設定を確認します。

変更前設定タスク

3

手動でディザスタ リカバリ システムのバック アップを実行し、すべてのノードが正しくバック アップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。

4

すべてのプレゼンス冗長グループでハイ アベイラビリティ(HA)を無効にします。 HA を無効にする方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

5

ホスト名を変更する場合、シングル サインオン(SSO)を無効にします。 SSO の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。

6

現在ノードでアクティブなすべてのサービスのリストをまとめます。

7

ノードに対するすべての機能サービスを停止します。

8

指定された順序で、ノードに対する IM and Presence Service ネットワーク サービスを停止します。 停止するネットワーク サービスの詳細なリスト、およびそれらを停止する順序については、IM and Presence Service ノードの変更前設定タスクを実行する手順を参照してください。

9

IM and Presence Service のノード名とドメイン名を変更する場合、Cisco AXL Web Service が Cisco Unified Communications Manager パブリッシャ ノードで起動していることを確認します。

10

IM and Presence Service のノード名とドメイン名を変更する場合、Cisco Sync Agent サービスが起動している IM and Presence データベース パブリッシャ ノードであること、また Cisco Unified Serviceability GUI または Cisco Unified CM IM and Presence 管理のいずれかを使用して同期を完了していることを確認します。

システム ヘルス チェック

システム ヘルスのチェック

導入環境にあるノードにおいて、変更前セットアップの一部として、および何らかのネットワーク識別子を変更した後に実行する必要がある変更後タスクの一部として、該当するシステム ヘルス チェックを行います。


注意    


これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。


この手順に記されている確認の中には、変更後の検証でのみ必要とされるものもあります。 実行するシステム ヘルス チェックに関する完全なリストについては、変更後タスク リストを参照してください。


(注)  


変更前セットアップの一部としてシステム ヘルス チェックを実行する場合、変更後タスクを実行するときにのみ必要となる以下のステップはとばすことができます。
  • Cisco Unified Communications Manager サーバ リストに新しいホスト名または IP アドレスがあることを確認します。

  • IP アドレス、ホスト名、またはその両方に加えられた変更がネットワーク上で確実に実装されていることを確認します。

  • ホスト名に対する変更内容がネットワークで完全に実装されていることを確認します。


手順
    ステップ 1   Cisco Unified Communications Manager サーバ内で DNS が設定されている場合、正引きおよび逆引き参照ゾーンが設定され、DNS が到達可能で作動していることを確認します。
    ステップ 2   アクティブな ServerDown 警告が出ていないことを確認し、クラスタ内のすべてのサーバが稼働していて利用可能であることを確かめます。 最初のノードで、Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool (RTMT) またはコマンド ライン インターフェイス(CLI)のいずれかを使用します。
    1. Unified RTMT を使用して確認するには、Alert Central にアクセスし、ServerDown 警告が発生していないか調べます。
    2. 最初のノードで CLI を使用して確認するには、次の CLI コマンドを入力してアプリケーションのイベント ログを調べます。
      file search activelog syslog/CiscoSyslog ServerDown
      
    ステップ 3   クラスタにあるすべてのノードでデータベース レプリケーションのステータスを調べ、すべてのサーバがデータベースの変更内容を正常に複製していることを確認します。

    IM and Presence Service の場合、導入環境に複数のノードがあるときにはデータベース パブリッシャ ノードでデータベース レプリケーションのステータスを調べます。

    Unified RTMT または CLI を使用します。 すべてのノードで 2 のステータスが表示される必要があります。

    1. RTMT を使用して確認するには、Database Summary にアクセスしてレプリケーションのステータスを調べます。
    2. CLI を使用して確認するには、utils dbreplication runtimestate と入力します。 出力例については、データベース レプリケーションの出力例に関するトピックを参照してください。 詳細な手順およびトラブルシューティングについては、データベース レプリケーションおよびデータベース レプリケーションのトラブルシューティングについてのトピックを参照してください。
    ステップ 4   次の例に示されているように CLI コマンド utils diagnose を入力し、ネットワーク接続と DNS サーバの設定を確認してください。

    例:
    admin: utils diagnose module validate_network
    Log file: /var/log/active/platform/log/diag1.log
    
    Starting diagnostic test(s)
    ===========================
    test - validate_network    : Passed                      
    
    Diagnostics Completed
    admin:
    

    変更前のシステム ヘルス チェックを行っている場合には、これで完了です。そうでない場合には、変更後の確認手順を続行してください。

    ステップ 5   Cisco Unified Communications Manager サーバ リストに新しいホスト名または IP アドレスがあることを確認します。 [Cisco Unified CM の管理(Cisco Unified Communications Manager Administration)] で、[システム(System)] > [サーバ (Server)] を選択します。
    (注)     

    このステップは、変更後タスクの一部としてのみ実行します。

    ステップ 6   IP アドレス、ホスト名、またはその両方に加えられた変更がネットワーク上で確実に実装されていることを確認します。 クラスタ内の各ノードで CLI コマンド show network cluster を入力します。
    (注)     

    このステップは、変更後タスクの一部としてのみ実行します。

    出力には、ノードの新しい IP アドレスまたはホスト名が含まれている必要があります。



    例:
    admin:show network cluster
    10.63.70.125 hippo2.burren.pst hippo2 Subscriber cups DBPub authenticated
    10.63.70.48 aligator.burren.pst aligator Publisher callmanager DBPub authenticated using TCP since Wed May 29 17:44:48 2013
    ステップ 7   ホスト名に対する変更内容がネットワークで完全に実装されていることを確認します。 クラスタ内の各ノードで CLI コマンド utils network host <new_hostname> を入力します。
    (注)     

    このステップは、変更後タスクの一部としてのみ実行します。

    出力で、新しいホスト名が対象 IP アドレスに外部解決されていることを確認してください。



    例:
    admin:utils network host hippo2
    Local Resolution:
    hippo2.burren.pst resolves locally to 10.63.70.125
    
    External Resolution:
    hippo2.burren.pst has address 10.63.70.125

    変更前セットアップ

    すべての変更前セットアップ作業を実行し、システムで IP アドレス、ホスト名、ドメイン、またはノード名の変更を行う準備ができていることを確認します。 これらのタスクは、スケジュールしたメンテナンス時間内に実行する必要があります。

    変更前セットアップを実行する前に、導入環境でシステム ヘルス チェックを実行する必要があります。

    Cisco Unified Communications Manager ノードの変更前セットアップ タスクの実行

    IP アドレスまたはホスト名を変更する前に、以下の変更前セットアップ タスクを実行します。 これらのタスクは、スケジュールしたメンテナンス時間内に実行する必要があります。 詳細については、変更前のタスク リストを参照してください。


    注意    


    これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。


    はじめる前に

    導入でシステム ヘルス チェックを実行します。

    手順
      ステップ 1   最初のノードの Cisco Unified CM の管理から、[システム(System)] > [サーバ(Server)] の順に選択し、[検索(Find)] をクリックします。 クラスタにあるすべてのサーバが一覧表示されます。 後で参照できるように、サーバのこのリストを保持します。 クラスタ内のノードごとに、ホスト名と IP アドレスの両方のインベントリが保存されていることを確認します。
      ステップ 2   手動でディザスタ リカバリ システムのバック アップを実行し、すべてのノードとアクティブなサービスが正しくバック アップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。
      ステップ 3   セキュリティが有効なクラスタ(クラスタ セキュリティ モード 1 - 混合)について、証明書信頼リスト(CTL)ファイルを更新します。 既存の CTL ファイルへの新しい TFTP サーバの追加など、CTL ファイルの更新と管理の方法の詳細については、『Cisco Unified Communications Manager Security Guide』を参照してください。
      (注)     

      セキュリティをサポートしているすべての IP 電話では、CTL ファイルが必ずダウンロードされます。このファイルには、その電話からの通信が許可されている TFTP サーバの IP アドレスが記述されています。 TFTP サーバの IP アドレスを変更した場合は、その新しい IP アドレスを CTL ファイルに追加する必要があります。これにより、該当の電話からその TFTP サーバと通信できるようになります。

      注意       

      通信不可能な時間が無駄に発生しないように、TFTP サーバの新しい IP アドレスで CTL ファイルを更新してから、TFTP サーバの IP アドレスを変更するようにします。 この手順を実行しない場合は、セキュリティが有効なすべての IP 電話を手動で更新する必要があります。


      IM and Presence Service ノードの変更前セットアップ タスクの実行

      該当する変更前セットアップ タスクを実行して IP アドレス、ホスト名、ドメイン、またはノード名が正常に変更されるようにシステムが準備されていることを確認します。 これらのタスクは、スケジュールしたメンテナンス時間内に実行する必要があります。 詳細については、変更前のタスク リストを参照してください。


      注意    


      これらのタスクを実行しても期待する結果が得られない場合は、問題が解決されるまで続行しないでください。



      (注)  


      ドメイン名またはノード名を変更しない限り、Cisco AXL Web サービス、および IM and Presence Cisco Sync Agent サービスが起動していることを確認する手順を実行する必要はありません。 実行するタスクの完全な一覧については、変更前のタスク リストを参照してください。


      はじめる前に

      導入でシステム ヘルス チェックを実行します。

      手順
        ステップ 1   手動でディザスタ リカバリ システムのバック アップを実行し、すべてのノードとアクティブなサービスが正しくバック アップされていることを確認します。 詳細については、ご使用のリリースの『Disaster Recovery System Administration Guide』を参照してください。
        ステップ 2   すべてのプレゼンス冗長グループでハイ アベイラビリティ(HA)を無効にします。 HA を無効にする方法の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。
        ステップ 3   ホスト名を変更する場合、OpenAM シングル サインオン(SSO)を無効にします。 OpenAM SSO の詳細については、『Deployment Guide for IM and Presence Service on Cisco Unified Communications Manager』を参照してください。
        ステップ 4   現在アクティブなすべてのサービスのリストをまとめます。 後で参照できるように、これらのリストを保持します。
        1. Cisco Unified Serviceability を使用してアクティブなネットワーク サービスのリストを表示するには、[ツール(Tools)] > [コントロール センター ネットワーク サービス(Control Center - Network Services)] を選択します。
        2. Cisco Unified Serviceability を使用してアクティブな機能サービスのリストを表示するには、[ツール(Tools)] > [コントロール センター機能サービス(Control Center - Feature Services)]を選択します。
        ステップ 5   Cisco Unified Serviceability を使用してすべての機能サービスを停止するには、[ツール(Tools)] > [コントロール センター機能サービス(Control Center - Feature Services)]を選択します。 機能サービスを停止する順序は重要ではありません。
        ヒント   

        IP アドレス、ホスト名、または IP アドレスとホスト名の両方を変更する場合、この手順を実行する必要はありません。 これらの名前の変更に対して、機能サービスは自動的に停止します。

        ステップ 6   [ツール(Tools)] > [コントロール センター機能サービス(Control Center - Services)] を選択するときに、Cisco Unified Serviceability を使用して IM and Presence Service サービス グループの下にリストされる以下のネットワーク サービスを停止します。 次の順序で、これらの IM and Presence Service ネットワーク サービスを停止する必要があります。
        1. Cisco Config Agent
        2. Cisco Intercluster Sync Agent
        3. Cisco Client Profile Agent
        4. Cisco OAM Agent
        5. Cisco XCP Config Manager
        6. Cisco XCP Router
        7. Cisco Presence Datastore
        8. Cisco SIP Registration Datastore
        9. Cisco Login Datastore
        10. Cisco Route Datastore
        11. Cisco Server Recovery Manager
        12. Cisco IM and Presence Data Monitor
        ステップ 7   Cisco Unified Serviceability([ツール(Tools)] > [コントロール センターの機能サービス(Control Center - Feature Services)])を使用して、Cisco AXL Web Service が Cisco Unified Communications Manager パブリッシャ ノードで起動していることを確認します。
        (注)     

        ドメイン名またはノード名を変更する場合にのみ、この手順を実行します。

        ステップ 8   IM and Presence Cisco Sync Agent サービスが開始し、同期が完了したことを確認します。
        (注)     

        ドメイン名またはノード名を変更する場合にのみ、この手順を実行します。

        1. Cisco Unified Serviceability を使用して確認するには、以下の手順を実行します。
          1. [ツール(Tools)] > [コントロール センターのネットワーク サービス(Control Center - Network Services)] を選択します。

          2. IM and Presence データベース パブリッシャ ノードを選択します。

          3. [IM and Presence Service サービス(IM and Presence Service Services)] を選択します。

          4. Cisco Sync Agent サービスが開始していることを確認します。

          5. Cisco Unified CM IM and Presence の管理 GUI から、[診断(Diagnostics)] > [システム ダッシュボード(System Dashboard)] > [同期ステータス(Sync Status)] を選択します。

          6. 同期が完了し、同期ステータス領域にエラーが表示されていないことを確認します。

        2. IM and Presence データベース パブリッシャ ノードで Cisco Unified CM IM and Presence の管理 GUI を使用して確認するには、[診断(Diagnostics)] > [システム ダッシュボード(System Dashboard)] を選択します。