Cisco Business Edition 6000S インストレーション ガイド
インストール前
インストール前

インストール前

はじめる前に

Cisco Business Edition 6000 サーバがラックに取り付けられ、電源およびデータ ネットワークに接続されている必要があります。手順については、サーバに付属する『Quick Start Guide for Cisco Business Edition』を参照してください。次の場所からコピーをダウンロードすることもできます。

http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-installation-guides-list.html

インストール前のタスク フロー

インストールを開始する前に、次のトピックを確認してください。

手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1UC アプリケーションの計画
     

    インストールする UC アプリケーションを計画します。

     
    ステップ 2事前設定アプリケーション
     

    オプション。事前設定アプリケーションを使用する場合は、次のトピックを確認してください。

     
    ステップ 3必要なネットワーク情報の収集
     

    インストールに必要なネットワークの詳細情報を収集します。ソフトウェアをインストールする場合は、IP アドレスや DNS 情報などの情報が必要です。

     

    UC アプリケーションの計画

    インストールを開始する前に、必ずインストールする UC アプリケーションを計画してください。インストールに使用できる UC アプリケーションと Business Edition コラボレーション導入の設計方法については、次のサイトを参照してください。

    • Cisco Business Edition 6000 and Cisco Business Edition 7000 Co-residency Policy Requirements』:このドキュメントは、Cisco Business Edition 6000 システムへのインストールに使用できるシスコの仮想アプリケーションと、Business Edition サーバでこれらのアプリケーションおよびサードパーティ製アプリケーションを実行するために満たす必要がある条件について説明します。

      http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-device-support-tables-list.html

    • Unified Communications in a Virtualized Environment』:この Wiki サイトは、シスコの UC アプリケーションのカタログに関する情報を提供し、展開の設計方法について説明します。

      http:/​/​www.cisco.com/​go/​uc-virtualized

    • Preferred Architecture Guides for Midmarket』:推奨アーキテクチャのドキュメントと CVD ガイドによって、コラボレーションおよび音声導入の規範的なエンドツーエンドのソリューションを提示します。設計概要では、製品の基本知識と推奨アーキテクチャでの各製品の役割を示します。これには、高レベルのベスト プラクティスが含まれます。CVD ガイドでは、推奨アーキテクチャの実装を合理化するのに役立つより詳しい設計と展開の推奨事項を示します。

      http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​solutions/​enterprise/​design-zone-collaboration/​index.html

    • Midmarket Collaboration CVD Guides』:中規模市場向けの CVD では、Cisco Business Edition 6000 上に構築されたコラボレーション ソリューションの詳細な設計と段階的な導入に関する情報を示します。これらの CVD は、推奨アーキテクチャの中核的な推奨事項に基づいており、場合によっては、追加のソリューション設計を推奨アーキテクチャに対する拡張または代替として提案します。

      http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​solutions/​enterprise/​design-zone-collaboration/​index.html

    事前設定アプリケーション

    システムのセットアップ時間を短縮するため、次のコア UC アプリケーションはサーバにプレインストールされ、最も一般的な設定で事前設定されています。

    • Cisco Unified Communications Manager

    • IM and Presence Service

    • Cisco Unity Connection

    • Cisco Prime Collaboration Provisioning

    • Cisco Paging Server

    設定済みの事前設定イメージとそれらが動作するネットワークの詳細については、『Pre-configured Option Reference Guide』(http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-installation-guides-list.html)を参照してください。

    必要に応じて、このガイドの手順に従って追加のアプリケーションをインストールできます。


    (注)  


    事前設定アプリケーションのいずれかを再インストールする必要がある場合、またはすべてを新しいバージョンに更新する必要がある場合は、次の場所から仮想マシン イメージをダウンロードできます www.cisco.com/​go/​software

    (注)  


    www.cisco.com/​go/​software.インストール手順については、ソフトウェアに付属する README ファイルを参照してください。

    必要なネットワーク情報の収集

    インストールを開始する前に、ソリューションに必要な次のネットワーク情報を収集します。

    表 1 新規インストールのために収集するネットワーク設定

    配置

    次の情報を収集します。

    Customized

    インストールのために次のネットワーク設定を収集します。

    • サブネット マスク

    • Gateway IP Address

    • VMware Hypervisor ESXi の IP アドレス

    • Cisco Integrated Management Controller(CIMC)の IP アドレス

    • UC アプリケーションの IP アドレス

    • DNS サーバの IP アドレス

    • UC アプリケーションのホスト名

    • (任意)ドメイン名

    • NTP サーバの IP アドレス

    • タイム ゾーン

    • (任意)SMTP サーバ

    (注)     

    検証済みのネットワーク設計については、『Unified Communications Using Cisco BE6000 Cisco Validated Design (CVD)』(http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​solutions/​enterprise/​design-zone-collaboration/​index.html)を参照してください。

    Pre-configured

    事前設定された展開では、IP アドレッシングと DNS 設定に対して事前設定されたスキームが使用されます。詳細については、『Pre-configured Option Reference Guide』(http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​business-edition-6000/​products-installation-guides-list.html)を参照してください。

    事前設定されたシステムにアプリケーションを追加する場合は、インストールに必要な情報を収集します。次に例を示します。

    • UC アプリケーションの IP アドレス

    • UC アプリケーションのホスト名

    • NTP サーバの IP アドレス

    Config To Order

    Config To Order ポータルで発注したサーバについては、元の注文で指定した設定に従ってネットワークがすでに設定されています。

    事前設定されたシステムにアプリケーションを追加する場合は、インストールに必要な情報を収集します。次に例を示します。

    • UC アプリケーションの IP アドレス

    • UC アプリケーションのホスト名

    • NTP サーバの IP アドレス