Cisco Unified Contact Center Express インストール/アップグレード ガイド、リリース 10.6(1)
インストール後のタスク
インストール後のタスク

インストール後のタスク

Unified CCX をインストールした後に Unified CCX Administration の Web インターフェイスにアクセスし、システムの初期設定を実行します。

最初のノードの設定

はじめる前に
次のユーザが Unified Communications Manager アプリケーションに追加されていることを確認します。
  • Unified CM ユーザ:これらのユーザは、管理者として Unified CCX に割り当てられている Unified Communications Manager のエンド ユーザです。 管理者のクレデンシャルを使用して、Unified CCX の次のコンポーネントにログインできます。
    • Unified CCX Application Administration

    • Cisco Unified CCX Serviceability

    • Cisco Desktop Administrator

    • Cisco Finesse Administration

    • Cisco Unified Intelligence Center Administration

これらのユーザは、Unified CCX と Unified Communications Manager を統合する必要があります。 Unified CM ユーザを追加する詳細については、次の URL で入手できる『Cisco Unified Communications Manager Administration Guide』の「User Management Configuration」の項の「User Group Configuration」のサブセクション内の「Adding Users to a User Group」のトピックを参照してください。

http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​unified-communications/​unified-communications-manager-callmanager/​products-maintenance-guides-list.html

手順
    ステップ 1   次の URL 形式を使用して、設定を開始する最初のノードの [Cisco Unified CCX Administration] ページにログインします。

    http://<servername or IP address>/appadmin

    (注)     

    インストール時に [アプリケーションユーザ名(Application User Name)] と [アプリケーションユーザパスワード(Application User Password)] に入力したクレデンシャルを使用します。

    ステップ 2   [新規インストール(Fresh Install)] を選択し、画面の指示に従って設定を実行します。
    (注)     

    アプリケーション ユーザ(AXL ユーザ)を設定するには、Unified CCX で管理者権限を持つ Unified Communications Manager エンド ユーザのクレデンシャルを使用します。


    次の作業

    Desktop クライアントのインストール

    2 番目のノードの設定

    手順
      ステップ 1   設定を開始するには、2 番目のノードの [Cisco Unified CCX Administration] ページにログインします。
      (注)     

      インストール時に [アプリケーションユーザ名(Application User Name)] と [アプリケーションユーザパスワード(Application User Password)] に入力したクレデンシャルを使用します。

      ステップ 2   [Unified CCXレプリケーションウィザードにようこそ(Welcome to Unified CCX Replication Wizard)] ページで、すべてのフィールドに値を入力し、[次へ(Next)] をクリックします。
      ステップ 3   [コンポーネントのアクティブ化(Component Activation)] ページで、すべてのコンポーネントがアクティブになるまで待機し、[次へ(Next)] をクリックします。

      [ネットワーク展開タイプ(Network Deployment Type)] で LAN を選択した場合は、[Cisco Unified CCX設定結果の情報(Cisco Unified CCX Setup Result Information)] ページが表示されます。

      ステップ 4   [ネットワーク展開タイプ(Network Deployment Type)] で WAN を選択した場合は、[Cisco Unified CMの設定(Cisco Unified CM Configuration)] ページに適切な値を入力します。 画面の指示に従って、設定を実行します。

      次の作業

      Desktop クライアントのインストール

      Desktop クライアントのインストール

      手順
        ステップ 1   Unified CCX のユーザ名とパスワードを使用して、Cisco Unified CCX Administration にログインします。
        ステップ 2   [ツール(Tools)] > [プラグイン(Plug-ins)] を選択します。
        ステップ 3   [Cisco Unified CCX Desktop Suites] を選択します。
        ステップ 4   [Cisco Unified CCX Client Configuration Tool] を選択してダウンロードします。

        クライアント設定ツールの詳細については、次の URL で入手可能な『Cisco CAD Installation Guide』を参照してください。

        http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​support/​customer-collaboration/​agent-desktop/​products-installation-guides-list.html

        (注)      クライアント設定ツールを Unified CCX サーバにアクセスできるデスクトップで 1 回のみ実行します。
        ステップ 5   Cisco Unified CCX Client Configuration Tool を実行し、Unified CCX サーバの IP アドレスが要求されたら、そのアドレスを入力します。
        ステップ 6   [次へ(Next)] を選択し、Cisco Unified CCX Desktop Product Suite をダウンロードします。
        (注)     

        HA 設定の場合、両方のノードが動作可能になった後にのみコールを取得する場合は、Unified CCX Desktop Client Configuration Tool を 1 回のみ実行します。 それ以外の場合は、2 回実行します(最初のノードが動作可能になった後に 1 回、2 番目のノードが動作可能になった場合に 1 回)。

        ステップ 7   Cisco Unified CCX Desktop Administrator をインストールする場合は、[Cisco Unified CCX Desktop Administrator] を選択してダウンロードし、実行します。
        (注)     

        電子メール テンプレートはアップグレードされません。手動で更新する必要があります。

        ステップ 8   Cisco Unified CCX Supervisor Desktop をインストールする場合は、[Cisco Unified CCX Supervisor Desktop] を選択してダウンロードし、実行します。
        (注)     

        すでに Agent Desktop がインストールされている場合は、それをアンインストールし、Supervisor Desktop をインストールします。 Agent Desktop は Supervisor Desktop に付属しています。

        ステップ 9   Cisco Unified CCX Agent Desktop をインストールする場合は、[Cisco Unified CCX Agent Desktop] を選択してダウンロードし、実行します。

        次の作業

        Unified CCX クライアントのインストール

        Unified CCX クライアントのインストール

        手順
          ステップ 1   [ツール(Tools)] > [プラグイン(Plug-ins)] を選択します。
          ステップ 2   [Cisco Unified CCX Editor] を選択し、Unified CCX Editor をインストールします。
          ステップ 3   必要に応じて、[Windows用のCisco Unified Real-Time Monitoring Tool(Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool for Windows)] または [Linux用のCisco Unified Real-Time Monitoring Tool(Cisco Unified Real-Time Monitoring Tool for Linux)] を選択し、Unified RTMT をインストールします。

          次の作業

          ハイ アベイラビリティの場合の2 番目のノードの追加