ユーティリティ関数
ユーティリティ関数

ユーティリティ関数

この章では、他のシステムに対する ping やリモート サポートの設定など、このオペレーティング システムで使用可能なユーティリティ機能について説明します。

ping

[ping ユーティリティ(Ping Utility)] ウィンドウを使用して、ネットワーク内の別のサーバに ping を送信します。

別のシステムに ping を送信するには、次の手順を実行します。

手順
    ステップ 1   [Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] ウィンドウで、[サービス(Services)] > [Ping] を選択します。 [リモートの ping(Ping Remote)] ウィンドウが表示されます。
    ステップ 2   ping の送信先となるシステムの IP アドレスまたはネットワーク名を入力します。
    ステップ 3   ping 間隔を秒単位で入力します。
    ステップ 4   パケット サイズを入力します。
    ステップ 5   ping 回数(システムに ping を送信する回数)を入力します。
    (注)     

    複数回の ping を指定した場合は、ping コマンドを入力しても ping の日時が瞬時に表示されません。 ping コマンドでデータが表示されるのは、指定した回数の ping を送信した後です。

    ステップ 6   IPSec を検証するかどうかを選択します。
    ステップ 7   [Ping] をクリックします。

    [リモートの ping(Ping Remote)] ウィンドウに ping の統計情報が表示されます。


    リモート アカウントのサポート

    [リモート アクセスの設定(Remote Access Configuration)] ウィンドウで、シスコのサポート担当者が指定日時にシステムにアクセスするために使用できるリモート アカウントを設定できます。

    リモート サポートは次の手順で行われます。
    1. ユーザがリモート サポート アカウントを設定します。 このアカウントには、シスコの担当者がアクセスできる制限時間があります。 この制限時間は、さまざまな値に設定できます。
    2. リモート サポート アカウントを設定すると、パス フレーズが生成されます。
    3. ユーザはシスコのサポートに電話し、リモート サポート アカウント名とパス フレーズを伝えます。
    4. シスコのサポート担当者はパスフレーズをデコーダ プログラムに入力し、パス フレーズからパスワードを生成します。
    5. シスコのサポート担当者はデコードしたパスワードを使用して、お客様のシステムにリモート サポート アカウントでログインします。
    6. アカウントの制限時間が経過すると、シスコのサポート担当者はリモート サポート アカウントにアクセスできなくなります。

    リモート サポートを設定するには、次の手順を実行します。

    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] ウィンドウで、[サービス(Services)] > [リモート サポート(Remote Support)] を選択します。 [リモート アクセスの設定(Remote Access Configuration)] ウィンドウが表示されます。
      ステップ 2   [アカウント名(Account Name)] フィールドにリモート アカウントのアカウント名を入力します。

      アカウント名は 6 文字以上にする必要があり、すべてアルファベットの小文字を使用します。

      注意       

      "uccx" または "UCCX" から始まるリモート アカウント名を作成することは避けてください。そのようなユーザ名は Unified CCX サーバ内で内部的に使用されるシステム アカウント名と競合する場合があるためです。

      ステップ 3   [アカウントの有効期限(Account Duration)] フィールドにアカウントの有効期間を日数で入力します。

      デフォルトのアカウントの有効期限は 30 日です。

      ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。
      次の表のフィールドは、[リモートアクセスアカウント情報(Remote Access Account Information)] 領域に表示されます。
      表 1 [リモートアクセスアカウント情報(Remote Access Account Information)] フィールドと説明
      フィールド 説明
      アカウント名(Account name) リモート サポート アカウントの名前が表示されます。
      有効期限 リモート アカウントへのアクセスが期限切れになる日時が表示されます。
      パス フレーズ(Passphrase) 生成されたパス フレーズが表示されます。
      デコード バージョン(Decode version) 使用中のデコーダのバージョンが示されます。
      ステップ 5   生成されたパス フレーズを使用してシステムにアクセスする方法については、シスコの担当者にお問い合わせください。
      ステップ 6   リモート アクセス サポート アカウントを削除するには、[削除(Delete)] をクリックします。