システム再起動
システム再起動

システム再起動

バージョンの切り替えと再起動

このオプションは、新しいソフトウェアにアップグレードする場合と、以前のソフトウェアのバージョンにフォール バックする場合の両方で使用します。 アクティブ ディスク パーティションで実行中のシステムをシャットダウンし、その後非アクティブ パーティションのソフトウェア バージョンを使用してシステムを自動的に再起動するには、次の手順に従います。


注意    


この手順を実行すると、システムが再起動し、一時的に使用できない状態になります。


手順
    ステップ 1   [Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] ウィンドウで、[設定(Settings)] > [バージョン(Version)] を選択します。

    [バージョン設定(Version Settings)] ウィンドウが開き、アクティブ パーティションと非アクティブ パーティションの両方のソフトウェア バージョンが表示されます。

    ステップ 2   バージョンを切り替えて再起動するには [バージョンの切り替え(Switch Versions)] をクリックします。 操作を中止する場合は [キャンセル(Cancel)] をクリックします。 [バージョンの切り替え(Switch Versions)] をクリックするとシステムが再起動し、非アクティブのパーティションがアクティブになります。

    現在のバージョンの再起動

    現在のパーティションでバージョンを切り替えずにシステムを再起動するには、次の手順に従います。


    注意    


    この手順を実行すると、システムが再起動し、一時的に使用できない状態になります。


    手順
      ステップ 1   [Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] ウィンドウで、[設定(Settings)] > [バージョン(Version)] を選択します。 [バージョン設定(Version Settings)] ウィンドウが開き、アクティブ パーティションと非アクティブ パーティションの両方のソフトウェア バージョンが表示されます。
      ステップ 2   システムを再起動するには、[再起動(Restart)] を、操作を停止するには、[キャンセル(Cancel)] をクリックします。 [再起動(Restart)] をクリックすると、現在のパーティションのシステムが、バージョンを切り替えずに再起動します。

      システムのシャットダウン


      注意    


      サーバをシャットダウンおよびリブートする場合、サーバの電源ボタンを押さないでください。 電源ボタンを押すと、誤ってファイル システムを破損し、次回のサーバの再起動ができなくなる場合があります



      注意    


      この手順を実行すると、システムがシャットダウンします。


      手順
        ステップ 1   コマンドライン インターフェイスからシステムをシャット ダウンする場合は、ステップ 4 に進みます。 それ以外の場合は、ステップ 2 に進みます。
        ステップ 2   [Cisco Unified Communications オペレーティング システムの管理(Cisco Unified Communications Operating System Administration)] ウィンドウで、[設定(Settings)] > [バージョン(Version)] を選択します。 [バージョン設定(Version Settings)] ウィンドウが開き、アクティブ パーティションと非アクティブ パーティションの両方のソフトウェア バージョンが表示されます。
        ステップ 3   システムをシャット ダウンするには、[シャットダウン(Shutdown)] を、操作を停止するには、[キャンセル(Cancel)] をクリックします。

        [シャットダウン(Shutdown)] をクリックすると、すべてのプロセスが中断され、システムがシャット ダウンします。

        (注)      ハードウェアが停止するまで数分かかる場合があります。
        ステップ 4   コマンド utils system shutdown または utils system restart コマンドを入力します。

        CLI コマンドの詳細については、次の URL にある『Cisco Unified Contact Center Express Operations Guide』を参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​sw/​custcosw/​ps1846/​prod_​maintenance_​guides_​list.html


        ユーザが [Cisco Unified OS の管理(Cisco Unified OS Administration)] Web インターフェイスからバージョンの切り替え、システムの再起動、またはシステムのシャットダウンを開始するとき、その操作は次のシナリオで失敗します。

        • バージョンの切り替えが進行中であることをシステムが検出した場合

        • 以前のバージョンの切り替えが突然終了したことをシステムが検出した場合


        (注)  


        バージョンの切り替えが進行中に電源のリセットまたは強制再起動が Unified CCX システム上で実行されると、その操作は突然終了します。