Cisco VT Advantage アドミニストレーション ガイド Version 1.0(2)
Cisco VT Advantage の概要
Cisco VT Advantage の概要
発行日;2012/02/03 | 英語版ドキュメント(2009/02/14 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco VT Advantage の概要

Cisco VT Advantage の概要

Cisco VT Advantage での通話の動作

通話の発信

通話の受信

Cisco VT Advantage ソフトウェアのコンポーネント

Cisco VT Advantage のハードウェア要件とソフトウェア要件

ハードウェア要件

ソフトウェア要件

Cisco VT Advantage の概要

この項では Cisco VT Advantage の概要を示し、次のトピックについて取り上げます。

Cisco VT Advantage の概要

Cisco VT Advantage での通話の動作

Cisco VT Advantage ソフトウェアのコンポーネント

Cisco VT Advantage のハードウェア要件とソフトウェア要件

Cisco VT Advantage の概要

Cisco VT Advantage は、Cisco IP Phone 7940、7960、7970 の各シリーズにビデオ テレフォニー機能を提供します。Cisco VT Advantage ソフトウェアと Cisco VT Camera(Universal Serial Bus(USB)カメラ)を組み合わせて使用すると、ボタンやマウスを操作しなくても、Cisco IP Phone に接続された PC で、通話時にビデオ機能を利用することができます。Cisco CallManager に登録すると、Cisco VT Advantage 対応の Cisco IP Phone には、IP ビデオ電話の豊富な機能が搭載されます。自動転送、転送、会議、保留、および消音などのコール機能は、ビデオとともに提供され、すべて Cisco IP Phone から開始されます。Cisco VT Advantage は、会議室で使用するための一般的なビデオ会議ソリューションではなく、デスクトップ間の IP ビデオ テレフォニー環境を視野に入れています。

Cisco VT Advantage での通話の動作

Cisco IP Phone は通常の電話と同じように使用できます。Cisco VT Advantage ソフトウェアは、Cisco IP Phone の背面にある、「10/100 PC」というラベルの付いたアクセス ポートに直接接続された PC から制御されます。

次に、Cisco VT Advantage での通話の発信および受信の動作について概要を示します。


) Cisco VT Advantage ソフトウェアの詳細については、『Cisco VT Advantage ユーザ ガイド』を参照してください。


通話の発信

 

状況
動作

Cisco VT Advantage が自分の PC と通話相手の PC で実行されている

通話を発信または受信するときに、PC に 2 つのビデオ ウィンドウが開きます。Local Video ウィンドウに自分が表示され、Remote Video ウィンドウに通話相手が表示されます。

Cisco VT Advantage が自分の PC で受信専用モードに設定されている

通話を発信するときに、Remote Video ウィンドウに通話相手が表示されます。Local Video ウィンドウは表示されません。

通話相手が Cisco VT Advantage を受信専用モードに設定している

通話を発信するときに、Local Video ウィンドウに自分が表示され、Remote Video ウィンドウにブランク イメージが表示されます。

通話の受信

 

状況
動作

Cisco VT Advantage が自分の PC と発呼側の PC で実行されている

通話を受信するときに、PC に 2 つのビデオ ウィンドウが開きます。Local Video ウィンドウに自分が表示され、Remote Video ウィンドウに発呼者が表示されます。

Cisco VT Advantage が自分の PC で受信専用モードに設定されている

通話を受信するときに、Remote Video ウィンドウに発呼者が表示されます。Local Video ウィンドウは表示されません。

発呼者が Cisco VT Advantage を受信専用モードに設定している

通話を受信するときに、Local Video ウィンドウに自分が表示され、Remote Video ウィンドウにブランク イメージが表示されます。


) Cisco VT Advantage が自分の PC または通話相手の PC で実行されていない場合、ビデオのない通常の電話と同じように通話できます。


Cisco VT Advantage ソフトウェアのコンポーネント

Cisco VT Advantage ソフトウェアは、次の主なコンポーネントから構成されています。

 

コンポーネント
説明

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)ドライバ

CDP ドライバは、デバイス情報を送受信して、Cisco VT Advantage ソフトウェアが接続先の Cisco IP Phone の IP アドレスを調べ、電話に関連付けることができるようにします。

Cisco IP Phone ファームウェア

Cisco IP Phone 7940、7960、7970 の各シリーズでビデオをサポートするファームウェアのリリースです。


) 特定の電話モデルとファームウェアのリリースについては、『Cisco VT Advantage Release Notes』を参照してください。
URL:http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/
voice/c_ipphon/index.htm
で入手できます。


Cisco Media Termination ドライバ

Cisco Media Termination ドライバは Windows のカーネル モード ドライバで、ビデオと音声の両方のメディア パケットを迅速に処理します。これは、音声とビデオが正しく出力されるようにリアルタイムで実行されます。

Cisco Media Termination ドライバは、次のような複数のタスクを実行するために、Cisco VT Advantage ソフトウェアで使用されます。

USB キャプチャ デバイスへのインターフェイス(使用可能な場合)

ビデオ RTP パケットの送受信

適切なソフトウェア ビデオ フレーム デコーダへのビデオ ストリーム データのルーティング

Cisco VT Advantage Win32 アプリケーション

このアプリケーションは、次の機能を実行します。

ビデオ ウィンドウ表示を有効にし、管理します。

Cisco Media Termination ドライバおよび CDP ドライバと通信します。

Cisco IP Phone を Skinny Client Control Protocol(SCCP)プロキシとして使用して、Cisco CallManager と通信します。

CDP を使用して、関連付けられた Cisco IP Phone を検出します。

Cisco Audio Session Tunnel(CAST)プロトコルを使用して、Cisco IP Phone に接続します。

Cisco IP Phone に送信された CAST メッセージを通じて、Cisco CallManager およびリモート エンドポイントと間接的に通信します。

Cisco IP Phone からのイベントに対応します。

システム トレイ アイコンを作成し、管理します。

ユーザへのステータス フィードバックのためにシステム トレイ ポップアップ メッセージを作成し、表示します。

ソフトウェア ビデオ デコーダおよびエンコーダ

H.263 および Cisco VT Camera ワイドバンドが含まれます。

Cisco VT Advantage のハードウェア要件とソフトウェア要件

この項では、Cisco VT Advantage のハードウェア要件とソフトウェア要件について説明します。

ハードウェア要件

Cisco VT Advantage では、次のハードウェアが必要です。

Cisco VT Camera

PC

Cisco IP Phone 7940、7960、または 7970 シリーズ

Cisco VT Camera

Cisco VT Advantage ソフトウェアがインストールされている PC に設置および接続する必要があります。Cisco VT Camera の設置の詳細については、「Cisco VT Camera の設置」を参照してください。

Cisco VT Advantage ソフトウェアがインストールされている PC

次の仕様を満たしている必要があります。

PC の機能
要件

オペレーティング システム

Windows 2000 Professional、Service Pack 3.0 以上

Windows XP Professional、Service Pack 1.0 以上

CPU

1.0 GHz 以上の Pentium III または互換プロセッサ(ストリーミング SIMD 拡張のサポートが必要)

1.4 GHz 以上の互換プロセッサを推奨

システム メモリ

256 MB 以上

空きディスク領域

40 MB

USB ポート

1 つ以上の空き USB (1.1 または 2.0 準拠)ポート

ビデオ表示

800 × 600 × 16 ビット以上のビデオ対応グラフィックス カード

ネットワーク

10/100 Mbit イーサネット NIC

Cisco IP Phone 7940、7960、および 7970 シリーズ

Cisco VT Advantage は、Cisco IP Phone 7940、7960、7970 の各シリーズでサポートされています。

特定の電話モデルとファームウェアのリリースについては、『 Cisco VT Advantage Release Notes 』を参照してください。
URL: http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm の Cisco VT Advantage リンクで入手できます。

Cisco VT Advantage 用の電話設定の詳細については、「Cisco VT Advantage 用の Cisco IP Phone の設定」を参照してください。

ソフトウェア要件

Cisco VT Advantage では、次のソフトウェアが必要です。

Cisco VT Advantage ソフトウェア

Cisco CallManager

Cisco VT Advantage ソフトウェア

Cisco IP Phone に直接接続される PC にインストールする必要があります。Cisco VT Advantage のインストールの詳細については、「Cisco VT Advantage アプリケーションのインストール」を参照してください。

Cisco CallManager

Cisco VT Advantage に必要な Cisco CallManager の最低バージョンは、Cisco CallManager バージョン 4.0(1)、サービス リリース 2 です。その他の Cisco CallManager バージョンとの互換性については、次を参照してください。

URL: http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_ipphon/index.htm にある『Cisco VT Advantage Release Notes』

URL: http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/voice/c_callmg/
ccmcomp.htm
にある『 Cisco CallManager Compatibility Matrix

Cisco VT Advantage を使用する場合、Cisco CallManager には、Cisco IP Phone でのビデオ コール処理が必要になります。Cisco VT Advantage 用の Cisco CallManager の設定の詳細については、「Cisco VT Advantage 用の Cisco CallManager の設定」を参照してください。