IBM Lotus Sametime と連携して Cisco Unified Videoconferencing Desktop Connector プラグイ ン リリース 7.0 を使用するためのユーザ ガイド
会議への参加
会議への参加
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/09/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

会議への参加

共通の会議タスク

発言するアクセス権の要求

会議情報の表示

共通の会議タスク

次のタスクは、司会者と参加者の両方に共通しています。

マイクのミュート

スピーカーのミュート

ビデオ会議の退席

ビデオ チャネルのアクティブ化と非アクティブ化

ビデオ レイアウトの変更

関連トピック

「ビデオ会議タスクの実行」 表 4-1

「ビデオ レイアウトの変更」

発言するアクセス権の要求

司会者によってミュートにされた後で発言するには、[Raise Hand] オプションを使用して発言を要求します。


) 司会者によってミュートにされた場合は、[Speakers] アイコンの選択時に「You have been muted by the Moderator of the meeting.」というメッセージが表示されます。


[Actions] メニューから [Raise Hand] を選択します。

司会者は、発言する権限を付与するか、要求を拒否できます。

会議情報の表示

Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server 管理者が設定する会議に接続するかダイヤルするための手順を確認できます。この情報を他の招待者に送信することもできます。

手順


ステップ 1 図 5-1 に示すように、上部のツールバーにある [Display video meeting information] アイコンをクリックします。

図 5-1 [Display Meeting Information] アイコン

 

[Meeting Information] 画面が表示されます。