IBM Lotus Sametime と連携して Cisco Unified Videoconferencing Desktop Connector プラグイ ン リリース 7.0 を使用するためのユーザ ガイド
会議の作成と接続
会議の作成と接続
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/09/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

会議の作成と接続

会議の作成

会議への参加方法

会議の主催者として会議に参加

招待者として会議に参加

チャット セッションからの会議参加者の追加

会議の作成

Sametime Web ユーザ インターフェイスから Cisco Unified Videoconferencing Connector 会議を設定します。

 

作業
手順

Sametime ウィンドウから会議を作成する

Sametime 連絡先リストから 1 つ以上の項目を選択して、[ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコンをクリックします。(図 3-1)を参照してください。

Sametime 連絡先リストで 1 つ以上の項目を右クリックして、[Video Meeting] を選択します。

リストから 1 つ以上の連絡先を選択して、[Tools] メニューから [Invite to Video Meeting] を選択します。

キーボード ショートカット(CTRL キーを押した状態で O キーを押す)を使用します。

既存のチャット セッション内から会議を作成する

セッションを退席した後で、新規セッションを確立できます。

[ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコンをクリックします。

図 3-1 [ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコン

 

 

すべての場合

会議の開始者は自動的に会議に参加します。

それぞれの招待者が、会議に接続するための招待を受信します。

Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインをインストールしていないユーザは、Web ページを使用して会議に参加するための URL が記載された Sametime インスタント メッセージを受信します。

IBM Lotus Sametime Gateway を使用する他のインスタント メッセンジャを使うユーザは、Web ページを使用して会議に参加するための URL が記載された Sametime インスタント メッセージを受信します。

会議への参加方法

「会議の主催者として会議に参加」

「招待者として会議に参加」

会議の主催者として会議に参加

表 3-1 では、会議の主催者として会議に参加する方法について説明します。

 

表 3-1 会議の主催者として会議に参加

作業
手順

[Video Meeting] 画面で [Embed the Cisco Unified Videoconferencing video meeting in Sametime client] オプションまたは [Call the specified number] オプションを選択した場合に、会議の主催者として会議に参加する

必ず [Video Meeting] プリファレンス ページで [Server] フィールドと [Room Number] フィールドに入力した後で、次のいずれかのアクションを実行してください。

Sametime 連絡先リストから 1 つ以上の項目を選択して、[ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコンをクリックします。

Sametime 連絡先リストで 1 つ以上の項目を右クリックして、[Video Meeting] を選択します。

リストから 1 つ以上の連絡先を選択して、[Tools] メニューから [Invite to Video Meeting] を選択します。または、キーボード ショートカット(CTRL キーを押した状態で O キーを押す)を使用します。

既存のチャット セッション内から [ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコンをクリックします。

[Video Meeting] 画面で [Launch the Cisco Unified Videoconferencing video meeting in separate window] オプションを選択した場合に、会議の主催者として会議に参加する

Sametime Connect ユーザ インターフェイスの下部ペインに表示される [Join Meeting] タブで名前と会議 ID を入力して、[Participate Now] を選択します。

関連トピック

「Cisco Unified Videoconferencing Connector 接続の設定」

「チャット セッションからの会議参加者の追加」

招待者として会議に参加

はじめに

Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインがインストールされていることを確認します。部屋番号と会議の主催者の名前を通知するインスタント メッセージング セッションから招待を受信したら、メッセージの下部にある [Connect] を選択します。


Cisco Unified Videoconferencing Connector 会議から接続を解除されても、インスタント メッセージング セッションが開いたままになっている場合は、同じ招待メッセージを使用して会議に戻ることができます。


チャット セッションからの会議参加者の追加

[Invite others] オプションを使用して、チャット セッションから会議参加者を追加します。このオプションは何回でも使用できます。新規ユーザは、毎回ビデオ会議への招待を受信します。

手順


ステップ 1 まだビデオ コール中ではない場合は、既存のチャット セッション内から [ Cisco Unified Videoconferencing Connector ] アイコンをクリックします。

ステップ 2 [Invite others] アイコン(図 3-2)をクリックします。

図 3-2 [Invite Others] アイコン

 

ステップ 3 [Invite Others] ダイアログボックスから招待者を選択します。

ステップ 4 [Send] を選択します。

チャット セッションで Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインを使用する場合は、招待者は Cisco Unified Videoconferencing Connector の招待を受信します。使用しない場合は、招待者はチャット アプリケーションから招待を受信します。