IBM Lotus Sametime と連携して Cisco Unified Videoconferencing Desktop Connector プラグイ ン リリース 7.0 を使用するためのユーザ ガイド
Cisco Unified Videoconferencing Connector のプリファレンスの設定
Cisco Unified Videoconferencing Connector のプリファレンスの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/09/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

接続の設定

会議室の設定方法

永続的な会議室の設定

部屋番号なしの会議室の設定

Sametime での会議の表示方法の選択

Cisco Unified Videoconferencing Connector のプリファレンスの設定

Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインは、Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server および IBM Lotus Sametime と連携して動作します。新しい参加者を Cisco Unified Videoconferencing Connector 会議に招待できるようにするには、 Cisco Unified Videoconferencing Connector の設定を行う必要があります。ただし、受信した会議の招待を受け入れたり、他のユーザが作成した会議に参加したりする場合は、これらの設定を行う必要はありません。

ユーザまたはシステム管理者が Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインをインストールすると、Sametime ユーザ インターフェイスに Cisco Unified Videoconferencing Connector の [Preferences] ページが表示されます。[Preferences] ページを使用して、Cisco Unified Videoconferencing Connector の設定を行います。

「Cisco Unified Videoconferencing Connector 接続の設定」

「永続的な会議室の設定」

「Sametime での会議の表示方法の選択」

Cisco Unified Videoconferencing Connector プラグインのインストールについては、『Installing and Configuring the Cisco Unified Videoconferencing Desktop Connector Plug-In』を参照してください。

Cisco Unified Videoconferencing Connector 接続の設定

ここでは、Sametime と Cisco Unified Videoconferencing Connector 間の接続を設定する方法について説明します。

手順


ステップ 1 Sametime Connect ユーザ インターフェイスで [File] > [Preferences] を選択します。

ステップ 2 左側のパネルで [Video Meeting] リンクを選択します。

ステップ 3 [Server] フィールドに デスクトップ アドレスを入力します。

このサーバは、ユーザが開始する Cisco Unified Videoconferencing Connector 会議をホストします。

ステップ 4 セキュア会議のために HTTPS を指定して デスクトップ が設定されている場合は、[Use a Secure Connection (https)] を選択します。

ステップ 5 [Test Server] を選択してメッセージを デスクトップ に送信し、サーバが実行中であること、および設定が正しいことを確認します。

ステップ 6 (任意)IBM Lotus Sametime Connect がプロキシ サーバと連動して動作するように設定されている場合に、その設定を変更するには、次の手順を実行します。

a. [Proxy Settings] リンクを選択します。

b. [Use the Sametime default community proxy settings] を選択します。

または

[Use custom proxy settings] を選択してプロキシ ホスト、ポート、セキュア接続、および認証情報を入力します。

c. [OK] を選択して、[Video Meeting] 画面に戻ります。

ステップ 7 [OK] を選択して、プリファレンスを保存します。


 

関連トピック

「永続的な会議室の設定」

「部屋番号なしの会議室の設定」

会議室の設定方法

Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server では、作成する Cisco Unified Videoconferencing Connector 会議用に設定した会議室が使用されます。会議を退席しても、すべての会議参加者がこの会議を退席するまで、会議は会議室で引き続き実行されます。

「永続的な会議室の設定」

「部屋番号なしの会議室の設定」

永続的な会議室の設定

同じ仮想の部屋番号を常に使用するよう Cisco Unified Videoconferencing Connector を設定することで、永続的な会議室を設定できます。部屋番号は、会議に使用されるサービス プレフィクスと、その後に Cisco Unified Videoconferencing Connector で使用されるメッセージ ID が続きます。

はじめに

システム管理者からサービスアクセス プレフィクスを取得します。

ご使用の Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server が動作するよう設定されているサーバに関する情報についてシステム管理者に問い合わせます。

手順


ステップ 1 Sametime Connect ユーザ インターフェイスで [File] > [Preferences] を選択します。

ステップ 2 左側のパネルで [Video Meeting] リンクを選択します。

ステップ 3 [Use your virtual room number] を選択します。

ステップ 4 この会議に使用する会議室を [Room Number] フィールドに入力します。

ステップ 5 (任意)部屋が PIN で保護されている場合は、[Meeting PIN] フィールドに会議の PIN を入力します。

ステップ 6 [OK] を選択して、プリファレンスを保存します。


 

部屋番号なしの会議室の設定

部屋番号なしの会議室を設定すると、 Cisco Unified Videoconferencing Connector によって、デスクトップ 会議に使用する会議 ID を入力するよう求められます。 Cisco Unified Videoconferencing Connector を起動するたびに、会議室番号を設定するよう求める [Meeting ID] ダイアログボックスが開きます。

手順


ステップ 1 Sametime Connect ユーザ インターフェイスで [File] > [Preferences] を選択します。

ステップ 2 左側のパネルで [Video Meeting] リンクを選択します。

ステップ 3 [Always prompt for a meeting ID] を選択します。

ステップ 4 [OK] を選択して、プリファレンスを保存します。


 

Sametime での会議の表示方法の選択

次のいずれかの表示オプションを選択できます。

[Embed the Cisco Unified Videoconferencing video meeting in Sametime client]:会議インターフェイスを Sametime クライアント内に表示します。

[Launch the Cisco Unified Videoconferencing video meeting in separate window]:会議インターフェイスを別のウィンドウで開くことができるようにします。別のウィンドウ モードを使用して、部屋システムのアプリケーション共有とチャットに デスクトップ を使用します。

[Call the specified number]:部屋システムを会議デバイスとして使用します。会議に招待するサードパーティの部屋システムのアドレスを設定します。IP アドレス、E.164、または SIP URL を部屋システム アドレスとして使用できます。部屋システム アドレスは、MCU で有効でなければなりません。

手順


ステップ 1 Sametime Connect ユーザ インターフェイスで [File] > [Preferences] を選択します。

ステップ 2 左側のパネルで [Video Meeting] リンクを選択します。

ステップ 3 関連するオプションを選択します。

ステップ 4 [Call the specified number] オプションを選択した場合は、有効なアドレスを入力します。

ステップ 5 [OK] を選択して、プリファレンスを保存します。