Cisco Unified Videoconferencing Manager コン フィギュレーション ガイド リリース 7.0
Network Manager での MCU の管理
Network Manager での MCU の管理
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2009/10/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Network Manager での MCU の管理

接続ルーティング デバイスの設定

登録済みマルチポイント プロセッサの表示

でサポートされているサービスの表示

の設定内容のバックアップおよび復元方法

の設定内容のバックアップ

の設定内容の復元

設定ファイル情報の変更

設定ファイルの削除

のユニット タイプとアドレス指定の設定

接続ルーティング デバイスの設定

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Protocols] を選択します。

ステップ 4 [Use H.323 Gatekeeper] または [Use SIP Server] を選択し、MCU 接続ルーティング デバイスを決定します。

ステップ 5 対応するフィールドに IP アドレス ポート値を入力します。

ステップ 6 [Upload] をクリックし、変更内容を保存します。


 

登録済みマルチポイント プロセッサの表示

用語「マルチポイント プロセッサ」(MP)は MCU と EMP を指します。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Registered MPs] を選択し、MCU に現在登録されている MP のリストを表示します。

表 25-1 は、[Registered MPs] タブに表示される情報の説明です。

 

表 25-1 登録済み MP タブのパラメータ

パラメータ

説明

Type

現在の MCU に登録された MP ユニットのタイプが表示されます。サポートされている MP ユニットのタイプは次のとおりです。

MP

現在の MCU または MP 専用モードで使用中の MCU のローカル MP コンポーネント。オーディオ トランスコーディング、ビデオ処理、ビデオ切替など、基本的なメディア処理が実行されます。

EMP

ビデオ処理、ビデオ切替など、高度なメディア処理を実行するユニット。

Address

MP ユニットのアドレス。MP が現在のユニットのメディア処理コンポーネントの場合は、現在の MCU と同じになります。

Description

バージョン番号およびタイプ。


 

MCU でサポートされているサービスの表示

[Services] タブには、選択されている MCU によってサポートされているサービスのリストが表示されます。サービスは、サービス表の上にある MCU エレメント マネージャへのリンクをクリックすると編集できます。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Services] を選択します。


 

MCU の設定内容のバックアップおよび復元方法

この機能を使用できるのは、Cisco Unified Videoconferencing 5000 MCU ではなく、Cisco Unified Videoconferencing 5000 MCU です。

「MCU の設定内容のバックアップ」

「MCU の設定内容の復元」

「MCU 設定ファイル情報の変更」

「設定ファイルの削除」

MCU の設定内容のバックアップ

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Backup & Restore] を選択します。

ステップ 4 [Backup] を選択します。

ステップ 5 [Retrieve Configuration File] ウィンドウに MCU の設定ファイルの説明を入力し、[OK] をクリックします。

ステップ 6 [Configuration file backup successful] メッセージ ウィンドウで [OK] をクリックし、バックアップ手順を完了します。


 

MCU の設定内容の復元

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Backup & Restore] を選択します。

ステップ 4 リストから設定ファイルを選択します。

ステップ 5 [Restore] を選択します。

ステップ 6 [Are you sure you want to restore ...?] というメッセージがプロンプト表示されたら、[Yes] をクリックします。


 

MCU 設定ファイル情報の変更

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Backup & Restore] を選択します。

ステップ 4 リストから設定ファイルを選択します。

ステップ 5 [Edit] をクリックします。

ステップ 6 必要に応じて、設定ファイルの名前と説明を変更します。

ステップ 7 [OK] をクリックします。


 

設定ファイルの削除

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Backup & Restore] を選択します。

ステップ 4 リストから設定ファイルを選択します。

ステップ 5 [Delete] をクリックします。

ステップ 6 [OK] をクリックします。


 

MCU のユニット タイプとアドレス指定の設定

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Network Tree] を選択します。

ステップ 2 必要な MCU をツリーで選択します。

ステップ 3 [Configure] を選択します。

表 25-2 は、[Configure] タブに表示される情報の説明です。


 

 

表 25-2 [Configure] タブのパラメータ

パラメータ

説明

Unit Type

MCU:ユニット内の MCU と MP コンポーネントが連携して、接続のセットアップ、会議制御、およびメディア処理を実現します。

MP のみ:MP(マルチポイント プロセッサ)ユニットは各 MCU の制御下で操作されるクラスタ化された配置で動作します。

Location

MCU デバイスの物理的な場所を示す文字列を入力します。

MCU IP Address

MCUIP アドレス。MP ユニットのみで設定可能です。

Port

MCU 通信ポート。MP ユニットのみで設定可能です。