Cisco Unified Videoconferencing Manager コン フィギュレーション ガイド リリース 7.0
Resource Manager でのゲートウェイ プロ ファイルの設定
Resource Manager でのゲートウェイ プロファイルの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/10/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Resource Manager でのゲートウェイ プロファイルの設定

ゲートウェイ プロファイルの作成または変更

ゲートウェイのオフライン化

ゲートウェイ プロファイルの削除

ゲートウェイ プロファイルの検索

ゲートウェイ プロファイルの作成または変更

ネットワーク内でゲートウェイを設定することにより、PSTN/ISDN/モバイル端末が会議に参加できるようにします。Resource Manager は、ゲートウェイ情報を使用することにより、適切なダイヤル情報を会議の参加者に提供したり、端末にダイヤルしてそれらの参加者を会議に招待したりできます。また、Resource Manager はゲートウェイ リソースの管理により、ネットワーク ゲートウェイを使用したコールのスケジュールを成功させることもできます。

ゲートウェイを追加する際、Resource Manager での設定は実際のゲートウェイ設定と矛盾していてはなりません。次の点を推奨します。

ゲートウェイに対して変更を実施する際は、Resource Manager で IVR および DID 番号を維持してください。

スケジュールされたコールおよびアド ホック コールに使用可能なゲートウェイ ポートが存在しないことを保証するには、容量情報を維持してください。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [Gateway] を選択します。

ステップ 3 該当するゲートウェイの [Name] 列でリンクをクリックするか、[Add] をクリックして新しいゲートウェイ プロファイルを作成します。

ステップ 4 ゲートウェイの名前を [Name] フィールドに入力します。

ステップ 5 ゲートウェイ モデルを選択し、対応するフィールドに IP アドレスを入力します。


) 同一のアクセス電話番号を持つローカル ネットワーク内で複数のゲートウェイがプールされている場合は、複数の IP アドレスを [IP Address] フィールドに入力して、ゲートウェイ プール内の一連のゲートウェイを指定することができます。IP アドレス同士は、コロン(:)で区切ります。


ステップ 6 ゲートキーパーを、ゲートウェイの登録先である [Registered To] リストから選択します。

ステップ 7 ゲートウェイの属すデバイス アイランドを、[Location] リストから選択します。

[Location] フィールドが表示されるのは、Resource Manager Configuration Tool の [System Configuration] > [UI Settings] で [IP Topology] タブがアクティブな場合だけです。

ステップ 8 [Add Service] を選択し、ゲートウェイまたはゲートウェイ プールの帯域幅を選択します。たとえば、E1 回線の場合、帯域幅は B チャネル 30 個分(3940 Kbps)になります。

ステップ 9 ゲートウェイの電話番号を入力します。

a. ゲートウェイの電話番号の説明を、[Description] フィールドに入力します。

b. 国際長距離電話をかけるのに必要な数字のプレフィックスを、[International Access Code] フィールドに入力します。

c. 同じ国内で長距離電話をかけるのに必要な数字のプレフィックスを、[Domestic Long Distance Prefix] フィールドに入力します。

d. ゲートウェイの電話番号の国番号を、[Country Code] フィールドに入力します。このプレフィックスは、このゲートウェイが存在する国とは異なる国に存在する端末に対して、このゲートウェイからダイヤルアウトが実行される場合に Resource Manager によって付加されます。

e. [Allow Out of Area Calls] が選択されていない場合は、該当ゲートウェイと同じ市外局番のエンドポイントだけが、該当ゲートウェイを使用して Resource Manager に到達できます。

f. [Allow Out of Area Calls] を選択すると、該当するゲートウェイは、市外局番が該当ゲートウェイと異なる端末から Resource Manager への着信コールを受け入れます。

g. ゲートウェイ番号の国内市外局番を、[Area Code] フィールドに入力します。

h. 特定のポートに割り当てるローカルな電話番号を、[Telephone Number] フィールドで指定します。

i. ローカル コールの場合に外線に直接アクセスしないゲートウェイの番号を、[To access an outside line for local calls, dial] フィールドに入力します。

j. 長距離電話の場合に外線に直接アクセスしないゲートウェイの番号を、[To access an outside line for long distance calls, dial] フィールドに入力します。

k. ゲートウェイまたはゲートウェイ プールが属す ISDN デバイス アイランドを割り当てます。[ISDN Topology] が非表示の場合は、このフィールドも非表示になります。

ステップ 10 [Add Service] を選択して、ゲートウェイ サービスの追加または変更を実行します。


) [Bandwidth] セクションで [Restricted Mode] を選択すると、[Kbps] リストに [56] が表示されます。その場合は、64 の倍数の代わりに、56 Kbps の倍数が使用されます。Resource Manager では、帯域幅が「auto」に設定されているゲートウェイ サービスをサポートしていません。Resource Manager では、リソースの予約を実行する際、特殊な帯域幅が必要なためです。帯域幅が「auto」のゲートウェイ サービスが存在しているとき、そのサービスを Resource Manager で設定する場合は、該当サービスにダイヤルする際にエンドポイントによって使用される平均帯域幅を最もよく近似する帯域幅値を選択してください。


ステップ 11 [Advanced Settings] を設定します。

シグナリングに使用されるゲートウェイ ポートを [Signaling Port] フィールドで設定します。デフォルトでは該当フィールドは空で、信号ポートは適宜、動的にネゴシエートされます。

Resource Manager がゲートウェイとの通信に必要な SNMP コミュニティ名を、[SNMP Get Community] フィールド/[SNMP Set Community] フィールドで設定します。

[Dial-in Only] を選択し、ユーザがダイヤルインする端末専用のゲートウェイにマークを付けます。Resource Manager は、このゲートウェイ上で、ダイヤルアウト コールをスケジュールしません。

ステップ 12 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

ゲートウェイのオフライン化

ゲートウェイは、設定が終了すると、Resource Manager がリソースをスケジュールできるように、自動的にオンライン状態になります。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [Gateway] を選択します。

ステップ 3 該当するゲートウェイの [Name] 列でリンクをクリックします。

ステップ 4 ゲートウェイを一時的にオフライン状態にするには、[Take this gateway offline and reschedule all meetings on this gateway up to this date] を選択した後、ゲートウェイをオンライン状態に戻す日付を設定します。

ステップ 5 ゲートウェイを固定的にオフライン状態にするには、[Take this gateway offline and reschedule all meetings currently on this gateway] を選択します。

ステップ 6 [OK] をクリックして変更内容を保存します。

ゲートウェイをオフライン状態にすると、次のような変化が発生します。

オフライン状態のゲートウェイに対して、Resource Manager で会議をスケジュールできなくなります。

現在実行中のすべての会議が終了します。Resource Manager が、オフライン状態のゲートウェイの新規会議を、利用可能なリソースが十分にあって同じサービスを使用する他のゲートウェイ上で再スケジュールしようとします。ゲートウェイのステータスがオンライン状態に戻ったときに利用可能な代替ゲートウェイがないと、新規会議は消失し、復元されません。

ゲートウェイが一時的にオフライン状態になると、Resource Manager はゲートウェイがオフライン状態になった時点からオンライン状態に戻るよう指定された日付の間で、該当するゲートウェイに対してスケジュールされているすべての会議を再スケジュールしようとします。

ゲートウェイが固定的にオフライン状態になると、Resource Manager は該当するゲートウェイに対してスケジュールされている将来のすべての会議を再スケジュールしようとします。


 

ゲートウェイ プロファイルの削除

ゲートウェイは、オフライン状態にしないと、Cisco Unified Videoconferencing Manager データベースから削除できません。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [Gateway] を選択します。

ステップ 3 削除するゲートウェイのエントリを [Name] 列で選択します。

ステップ 4 [Delete]、[OK] の順にクリックします。

ゲートウェイ プロファイルがスケジューラから削除され、該当するゲートウェイの情報がデータベースから削除されます。


 

ゲートウェイ プロファイルの検索

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [Gateway] を選択します。

ステップ 3 ゲートウェイの名前を一部または全部、[Name] フィールドに入力します。

ステップ 4 [Search] をクリックします。

検索結果が一覧表示されます。

[Status] 列に、ゲートウェイがオンラインかどうかが表示されます。Resource Manager は、会議のスケジュールおよび作成に、オンライン状態のゲートウェイだけを使用します。

[SNMP Connection] 列に、Resource Manager がゲートウェイと SNMP 接続を確立したかどうかが表示されます。

ステップ 5 ゲートウェイの全リストに戻るには、[Name] フィールドをクリアし、[Search] を選択します。