Cisco Unified Videoconferencing Manager コン フィギュレーション ガイド リリース 7.0
Cisco Unified Videoconferencing Desktop での Resource Manager プロファ イルの設定
Cisco Unified Videoconferencing Desktop での Resource Manager プロファイルの設定
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/10/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Videoconferencing Desktop での Resource Manager プロファイルの設定

プロファイルの作成または変更

プロファイルの削除

プロファイルの検索

による会議のストリーミング方法

でのストリーミングの有効化

仮想ルームのストリーミングの有効化

指定したロールによる記録の許可

指定したユーザによる記録の許可

指定した仮想ルームの記録の有効化

Desktop プロファイルの作成または変更

Desktop は、設定が終了すると、Resource Manager がリソースをスケジュールできるように、自動的にオンライン状態になります。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [CUVC Desktop] を選択します。

ステップ 3 該当する Desktop の [Name] 列でリンクをクリックするか、[Add] をクリックして新しい Desktop プロファイルを作成します。

ステップ 4 Desktop の名前と IP アドレスを、該当するフィールドに入力します。

ステップ 5 Desktop を使用して会議に参加するために参加者が使用する URL を、[Web Access URL] フィールドに入力します。

その URL は、http://<web URL>:<port number>/cuvm という形式でなければなりません。

ステップ 6 MCU 会議で Desktop から接続を特定するために使用する H.323 ID を、[H.323 ID ] フィールドに入力します。

同じ H.323 ID が、Desktop 管理者 Web インターフェイスで設定されていることを確認します。

このフィールドを設定すると、Resource Manager は、この Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server からのコールを、定義済みの IP トポロジに基づいてルーティングできます。

ステップ 7 トポロジの設定を、[Location] ドロップダウン リストから選択します。デフォルト値は Home です。

[Location] フィールドが表示されるのは、Resource Manager Configuration Tool の [System Configuration] > [UI Settings] で [IP Topology] タブがアクティブな場合だけです。

ステップ 8 Web アクセス URL に関連付けるテキストを、[Description Text] フィールドに入力します。

この説明テキストは、会議の参加者に送信される電子メールによる招待状に組み込まれます。

ステップ 9 Desktop のライセンスによって許可されている最大の容量を、[Maximum Capacity] フィールドに入力します。

ステップ 10 (オプション)Cisco Unified Videoconferencing Manager ~ Desktop 間のトランスポート リンクのセキュリティを確立するために、Secure Sockets Layer(SSL)プロトコルを使用する [Secure XML interface (SSL)] を選択します。

ステップ 11 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

Desktop プロファイルの削除

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [CUVC Desktop] を選択します。

ステップ 3 削除する Desktop のエントリを、[Name] 列で選択します。

ステップ 4 [Delete]、[OK] の順にクリックします。

Desktop プロファイルがスケジューラから削除され、該当する Desktop の情報がデータベースから削除されます。


 

Desktop プロファイルの検索

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Resource Management] を選択します。

ステップ 2 [CUVC Desktop] を選択します。

ステップ 3 Desktop の名前を一部または全部、[Name] フィールドに入力します。

ステップ 4 [Search] をクリックします。

検索結果が一覧表示されます。

ステップ 5 Desktop の全リストに戻るには、[Name] フィールドをクリアし、[Search] を選択します。


 

Cisco Unified Videoconferencing Desktop による会議のストリーミング方法

「Desktop プロファイルの作成または変更」

「Desktop プロファイルの削除」

「Desktop プロファイルの検索」

「Cisco Unified Videoconferencing Desktop による会議のストリーミング方法」

Desktop でのストリーミングの有効化

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Advanced Settings] を選択します。

ステップ 2 [Look and Feel] を選択します。

ステップ 3 [Streaming] を [Visible] に設定します。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

仮想ルームのストリーミングの有効化

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [User Management] を選択します。

ステップ 2 該当するユーザの [Name] 列のリンクをクリックするか、[Add] をクリックして新しいユーザ プロファイルを作成します。

ステップ 3 [Virtual Room Setting] を選択します。

ステップ 4 [Streaming] を [Enabled] に設定します。

ステップ 5 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

指定したロールによる記録の許可

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Advanced Settings] を選択します。

ステップ 2 [Default User Settings] を選択します。

ステップ 3 会議の記録を許可するユーザの種類を、[Default Recording Permissions] セクションのリストから選択します。

ステップ 4 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

指定したユーザによる記録の許可

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [User Management] を選択します。

ステップ 2 [Users] を選択します。

ステップ 3 該当するユーザの [Name] 列でリンクをクリックします。

ステップ 4 [Advanced] をクリックします。

ステップ 5 (オプション)[Allow user to record meetings] を選択し、グローバル ポリシーとは無関係に、該当ユーザによる会議の記録を有効にします。

ステップ 6 [OK] をクリックして変更内容を保存します。


 

指定した仮想ルームの記録の有効化

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [User Management] を選択します。

ステップ 2 [Users] を選択します。

ステップ 3 該当するユーザの [Name] 列でリンクをクリックします。

ステップ 4 [Virtual Room Setting] を選択します。

ステップ 5 [Record the meeting when meeting starts] を選択します。

このオプションは次の場合に利用できます。

記録ポリシーに従って、記録が現在のユーザに許可されている場合。

[Record Meeting] フィールドが、[Enabled under Admin] > [Advanced Settings] > [Look and Feel] に設定されている場合。

会議のスケジュール時、利用可能な記録用ポートが Desktop に十分にないと、会議は記録されません。

ステップ 6 [OK] をクリックして変更内容を保存します。