Cisco Unified Videoconferencing Manager コン フィギュレーション ガイド リリース 7.0
Resource Manager CDR XML タグとアトリ ビュート
Resource Manager CDR XML タグとアトリビュート
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/10/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Resource Manager CDR XML タグとアトリビュート

CDR XML ファイルへのアクセス

CDR XML タグの索引

CDR XML タグの概要

Resource Manager CDR XML タグとアトリビュート

Resource Manager のコール データ レコード(CDR)の作成と格納は、Resource Manager 設定ツールを使用して有効化されます。CDR ファイルは、デフォルトでは毎日生成されます。

CDR レコードは、XML 形式で保存され、コールごとの包括的なレコードを提供します。このレコードは、診断のためのシステムの分析や請求の目的に使用できます。

この項では、保存された CDR .xml ファイルのデータにラベル付けするために使用する XML タグ、各設定タグのアトリビュート、およびタグが配置される順序について詳しく説明します。

「CDR XML ファイルへのアクセス」

「CDR XML タグの索引」

「CDR XML タグの概要」


) この項で「VCS」と表記する内容は、すべて「Resource Manager」に相当します。


CDR XML ファイルへのアクセス

手順


ステップ 1 Windows の [Start] メニューから、[Programs] > [Cisco Unified Videoconferencing Manager] > [CDR files] を選択します。

ステップ 2 該当する CDR ファイルを開きます。

表示のために設定された情報がタグ内に列記されています。CDR 内に表示可能な XML タグの一覧については、「CDR XML タグの索引」を参照してください。


 

CDR XML タグの索引

この項では CDR のすべての XML タグの一覧を示し、互いに階層的な関係をリストします。


) タグ内で、「conference」は「meeting」と同等、「service」は「meeting type」と同等です。


 

表 18-1 CDR XML タグの索引

<conferences>

<ConferenceData>

<Event>

<Scheduling-Data>

<Conference>

<Basic-Information>

<Conference-ID />

<Virtual-Conference-ID />

<Master-Conference-ID />

<Slave-Conference-ID-List>

<Slave-Conference-ID />

<Slave-Conference-ID-List />

<Subject />

<Reference-Code />

<Description />

<MultiPoint-PointToPoint />

<Scheduled-Adhoc />

<Start-Time />

<Duration />

<Server-TimeZone />

<Auto-Extend />

<Bill-To/>

<Billing-Code/>

<Basic-Information/>

<Advanced-Information>

<Extra-Ports-Reserved>

<Priority />

<DateTime-Scheduled />

<DateTime-Cancelled />

<Streaming-Recording-Activated/>

<Export-Upon-Completion/>

<Streaming-Target-File-Name/>

<Streaming-Recording-View/>

<Advanced-Information/>

<Conference-Lifecycle-Summary>

<Resources-Scheduled>

<DateTime-Modified />

<Total-IP-Bandwidth />

<Total-ISDN-Bandwidth />

<Total-MCU-Connections-Number />

<Total-GW-Connections-Number />

</Resources-Scheduled>

</Conference-Lifecycle-Summary>

</Conference>

<Resources>

<Conference-Service>

<Service-Id />

<MCU-Service-Prefix />

<Min-Video-Layout />

<Max-Video-Layout />

<Max-Bit-Rate-In />

<Max-Bit-Rate-Out />

<Max-Frame-Rate-In />

<Max-Frame-Rate-Out />

<Max-Picture-Format-In />

<Max-Picture-Format-Out />

<Max-T120-Ports-Reserved />

<Max-Subconferences />

</Conference-Service>

<Resources-Scheduled-At-Time-Of-Conference>

<Total-IP-Bandwidth />

<Total-ISDN-Bandwidth />

<Total-MCU-Connections-Number />

<Total-GW-Connections-Number />

</Resources-Scheduled-At-Time-Of-Conference>

<Resources>

<Attendees-Terminals>

<Host>

<User-Id />

<Login-Id />

<First-Name />

<Last-Name />

<Email />

<Customer-Id />

<Company-Name />

<Customer-Profile-Type />

<Customer-Billing-Phone />

<Is-Controller />

</Host>

<Organizer>

<User-Id />

<Login-Id />

<First-Name />

<Last-Name />

<Email />

<Customer-Id />

<Company-Name />

<Customer-Profile-Type />

<Customer-Billing-Phone />

<Is-Controller />

</Organizer>

<Predefined-Attendees>

<Predefined-Attendee>

<User-Id />

<Login-Id />

<First-Name />

<Last-Name />

<Email />

<Customer-Id />

<Company-Name />

<Customer-Billing-Phone />

<Is-Controller />

</Predefined-Attendee>

</Predefined-Attendees>

<External-Attendees>

<External-Attendee>

<Email />

<First-Name />

<Last-Name />

</External-Attendee>

</External-Attendees>

<Predefined-Terminals>

<Predefined-Terminal>

<Terminal-Id />

<Alias />

<Dial-String />

<IP-ISDN-SIP />

<Dial-in-Dial-out />

<MCU />

<Gateway />

<Room />

<Gatekeeper />

<Zone-Prefix />

</Predefined-Terminal>

</Predefined-Terminals>

<External-Terminals>

<External-Terminal>

<Party-ID/>

<Name />

<Dial-String />

<IP-ISDN-SIP />

<Dial-in-Dial-out />

<MCU />

<Gateway />

<Room />

<Gatekeeper />

<Zone-Prefix />

<Desktop-Client/>

<Desktop-Server/>

<External-Terminal>

<External-Terminals>

<Attendees-Terminals-Association>

<Association />

</Attendees-Terminals-Association>

</Attendees-Terminals>

<Network-Devices>

<GKs>

<GK-Proxy-Information>

<ID />

<Name />

<Model />

<IP-Address />

<Zone-Prefix />

<SIP-Domain />

<GK-Device-Association>

<Association />

</GK-Device-Association>

</GK-Proxy-Information>

</GKs>

<MCUs>

<MCU-Information>

<ID />

<Alias />

<Model />

<Master-Slave />

<Zone-Prefix />

<Gatekeeper />

<Service-Prefix />

<List-of-Assigned-Terminals>

<Terminal />

</List-of-Assigned-Terminals>

</MCU-Information>

</MCUs>

<GateWays>

<Gateway-Information>

<ID />

<Phone-Number />

<Service-Prefix />

<Service-Bandwidth />

<Country-Code />

<Area-Code />

<Zone-Prefix />

<Terminal-Gateway-Association>

<Association />

</Terminal-Gateway-Association>

</Gateway-Information>

</GateWays>

<Rooms>

<Room-Information>

<ID />

<Name />

<Terminal-Room-Association>

<Terminal />

</Terminal-Room-Association>

<Room-Information>

<Rooms>

</Network-Devices>

</Scheduling-Data>

<Completed-Conference-Data>

<Conference-Status />

<Reason-Failed />

<Actual-Start-Time />

<Actual-End-Time />

<Actual-Predefined-Terminals>

<Actual-Predefined-Terminal>

<Terminal-Id />

<Alias />

<Dial-String />

<IP-ISDN-SIP />

<Source-IP-Address />

<Total-Connection-Time />

<Failing-Attempts />

<Last-Failure-Cause />

<List-of-Connection-Records />

<Connection />

<List-of-Connection-Records />

</Actual-Predefined-Terminal>

</Actual-Predefined-Terminals>

<Actual-External-Terminals>

<Actual-External-Terminal>

<Party-ID />

<Name />

<Dial-String />

<IP-ISDN-SIP />

<Desktop-Client />

<Desktop-Server />

<Total-Connection-Time />

<Failing-Attempts />

<Last-Failure-Cause />

<List-of-Connection-Records />

<Connection />

</List-of-Connection-Records >

</Actual-External-Terminal>

</Actual-External-Terminals>

<Connected-MCUs>

<MCU-Information>

<ID />

<Alias />

<Model />

<Master-Slave />

<Zone-Prefix />

<Gatekeeper />

<Service-Prefix />

</List-of-Assigned-Terminals>

</MCU-information>

<ConnectedMCUs>

<Connected-GWs>

<Gateway-Information>

<ID />

<Phone-Number />

<Service-Prefix />

<Service-Bandwidth />

<Country-Code />

<Area-Code />

<Zone-Prefix />

<Terminal-Gateway-Association>

<Association />

</Terminal-Gateway-Association>

</Gateway-information>

</Connected-GWs>

</Completed-Conference-Data>

</Conference-Data>

</ conferences>

CDR XML タグの概要

表 18-2 に、それぞれの CDR タグの詳細と、CDR でのタグ設定についての情報への参照を示します。


) タグ内で、「conference」は「meeting」と同等、「service」は「meeting type」と同等です。


 

表 18-2 CDR XML タグの詳細

タグ

説明

アトリビュート

種類

<conferences> </conferences>

すべての会議データの開始を定義します。設定に応じて、終日の会議または 1 つの会議のデータが含まれます。

<ConferenceData></ConferenceData>

会議インスタンスに対しデータ記録の開始を定義します。

<Event></Event>

レコード タイプを定義します。

スケジュール/再スケジュール/キャンセル/完了

<Scheduling-Data></Scheduling-Data>

会議スケジューリングの一部として、予約済みのリソースや招待されている参加者および/または端末などの、会議スケジュールに直接関係するデータが含まれます。

<Conference> </Conference>

基本的な会議スケジュール情報が含まれます。

<Basic-Information></Basic-Information>

基本的な会議スケジュール情報が含まれます。

<Conference-ID />

特定の会議の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<Conference-ID value="1307" />

<Virtual-Conference-ID />

特定の会議の仮想会議 ID 番号が含まれます。

文字列

<Virtual-Conference-ID value="1307" />

<Master-Conference-ID />

マスター MCU で会議を識別するために使用する ID が含まれます。

文字列

<Master-Conference-ID value="N/A" />

<Slave-Conference-ID-List></Slave-Conference-ID-List>

単一のスレーブ MCU の会議 ID が含まれます。

<Slave-Conference-ID />

単一のスレーブ MCU の会議 ID が含まれます。

ゾーン番号 + サービス接頭辞 ID + 物理会議 ID

<Slave- Conference-ID value="175-80-4417" />

<Subject />

会議スケジュール中に入力された会議の件名が含まれます。

文字列

<Subject value="Monthly Update" />

<Reference-Code />

会議のスケジュール中に入力され、会社内でのリソース使用を追跡するために使用される内部部門、課金、クライアント、またはアカウント番号が含まれます。

文字列

<Reference-Code value="A112" />

<Description />

会議のスケジュール中に入力される会議の説明が含まれます。

文字列

<Description value="N/A" />

<MultiPoint-PointToPoint />

マルチポイント会議またはポイントツーポイント会議がスケジュールされているかどうかを示します。可能な値:Multipoint、PointToPoint

文字列

<MultiPoint-PointToPoint value="MultiPoint" />

<Scheduled-Adhoc />

会議が将来の日時に開始されるようにスケジュールされているか、または Resource Manager やエンドポイントを使用して、即時(アドホック)に作成されるかを表示します。可能な値:Scheduled、Ad Hoc、Endpoint Initiated Ad Hoc

文字列

<Scheduled-Adhoc value="Ad Hoc" />

<Start-Time />

スケジュールされた会議の開始時間が含まれます。

yyyy-mm-ddThh-mm-ssZ

<Start-Time value="2003-03-29 T11:35:47Z" />

<Duration />

スケジュールされた会議の期間が含まれます。

文字列

<Duration value="30 Minutes"/>

<Server-TimeZone />

Resource Manager サーバのタイムゾーン情報が含まれます。

GMT+/-XX:XX(整数 +「分」)

<Server-Time Zone value="GMT+08:00"/>

<Auto-Extend />

会議のスケジュール中に Auto Extend が選択されているかどうかを設定します。

ブール値

<AutoExtend value="true"/>

<Bill-To />

会議の請求先の情報が含まれます。可能な値:BILL_ALL_PARTICIPANTS、BILL_ORGANIZER、BILL_HOST、BILL_CONTROLLERS

文字列

<Bill-To value="BILL_HOST"/

<Billing-Code />

会議の請求の課金コードが含まれます。

文字列

<Billing-Code value="1234" />

<Advanced-Information/></Advanced-Information>

詳細な会議スケジュール情報が含まれます。

<Extra-Ports-reserved/>

会議のスケジュール時に会議に対し予約された追加ポートの数が含まれます。

整数

<Priority />

会議のスケジュール中に選択された優先順位オプションを表示します。可能な値:Unspecified、Bandwidth、Delay

文字列

<Priority value="Delay" />

<DateTime-Scheduled/>

Resource Manager を使用して会議がスケジュールされている日付と時刻が含まれます。

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ

<DateTime-Scheduled value="2003-03-29T11:35:47Z" />

<DateTime-Cancelled/>

スケジュールされた開始時刻の前に会議がキャンセルされた場合、キャンセルの日付と時刻がタグに含まれます。

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ

<DateTime-Cancelled value="N/A" />

<Streaming-Recording-Activated/>

ストリーミング記録が有効かどうかを示します。

ブール値

<Streaming-Recording-Activated value="false"/>

<Export-Upon-Completion-Activated/>

記録されたファイルを会議の完了時にエクスポートするかどうかを示します。

ブール値

<Export-Upon-Completion-Activated value="false"/>

<Streaming-Target-File-Name/>

ユーザに指定された場合、記録されたファイルの名称が含まれます。

文字列

<Streaming-Target-File-Name value="N/A"/>

<Streaming-Recording-View/>

記録対象に選択されたビューが含まれます。

文字列

<Streaming-Recording-View value="N/A"/>

<Conference-Lifecycle-Summary><Conference-LifeCycle-Summary/>

スケジュールされた会議の 1 つのインスタンスのライフサイクル情報(会議のスケジュール時にキャプチャされた基本統計、実際の会議の前の変更のレコードなど)が含まれます。

<Resources-Scheduled/>

会議の作成時または変更時にスケジュールされたリソースのリストが含まれます。

<DateTime-Modified/>

スケジュールされた会議の変更日付と時刻が含まれます。

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ

<DateTime- Modified value="2003-03-30 T10:20:25Z" />

<Total-IP-Bandwidth/>

会議にスケジュールされた IP 帯域幅の合計値(Kbps)が含まれます。

整数

<Total-IP-Bandwidth value="768" />

<Total-ISDN-Bandwidth/>

会議にスケジュールされた ISDN 帯域幅の合計値(Kbps)が含まれます。

整数

<Total-ISDN-Bandwidth value="192"/>

<Total-MCU-Connections-Number/>

会議にスケジュールされた MCU 接続の合計数が含まれます(端末数、追加ポート数、およびカスケード接続された MCU 数)。

整数

<Total-MCU-Connections-Number value="1" />

<Total-GW-Connections-Number/>

会議に対してスケジュールされた ゲートウェイ 接続の合計数が含まれます(端末数と予約された ISDN ポート数)。

整数

<Total-GW-Connections-Number value="1" />

<Resources></Resources>

会議に対して予約済みまたは必要なリソースのリストが含まれます。

<Conference-Service></Conference-Service>

使用のためにスケジュールされた会議タイプのリストが含まれます。

<Service-Id/>

会議中に使用するために選択されたサービスの Resource Manager ID(名前)がリストされます。

文字列

<Service-Id value="10045" />

<MCU-Service-Prefix />

会議中に使用するために選択されたマスター MCU の MCU サービスのプレフィックスが含まれます。

文字列

<MCU-Service-Prefix value="80"/>

<Min-Video-Layout/>

スケジュールされた会議タイプに関連するすべてのスキームの最小(最短)のビデオ レイアウトを示します。

整数

<Min-Video-Layout value="1" />

<Max-Video-Layout/>

スケジュールされた会議タイプに関連するすべてのスキームの最大(最長)のビデオ レイアウトを示します。

整数

<Max-Video- Layout value="1" />

<Max-Bit-Rate-In/>

会議タイプに使用可能な最大の受信ビデオ ビット レート(Kbps)を示します。

整数

<Max-Bit-Rate-In value="384" />

<Max-Bit-Rate-Out/>

その会議タイプに使用可能な最大送信ビデオ ビット レート(Kbps)を示します。

整数

<Max-Bit-Rate-Out value="0" />

<Max-Frame-Rate-In/>

その会議タイプに使用可能な最大受信フレーム レートを示します。

整数

<Max-Frame-Rate- In value="30" />

<Max-Frame-Rate-Out/>

その会議タイプに使用可能なすべてのスキーム間の最大送信フレーム レートを示します。可能な値:NONE、5、7.5、10、15、25、30、50、60

文字列

<Max-Frame-Rate-Out value="30" />

<Max-Picture-Format-In/>

その会議タイプに使用可能な最大受信画像書式を示します。可能な値:NONE、SQCIF、QCIF、SIF、CIF、VGA、4SIF、4CIF、SVGA、XGA、SXG A、16CIF、UXGA、4XGA

文字列

<Max-Picture- Format-In value="4SIF" />

<Max-Picture-Format-Out/>

その会議タイプに使用可能な最大送信画像書式を示します。可能な値:NONE、SQCIF、QCIF、SIF、CIF、VGA、4SIF、4CIF、SVGA、XGA、SXG A、16CIF、UXGA、4XGA

文字列

<Max-Picture- Format-Out value="4SIF" />

<Max-T120-Ports-Reserved />

会議に予約されている T120 ポートの合計数が含まれます。

整数

<Max-T120-Ports- Reserved value="0"/>

<Max-Subconferences/>

選択した会議タイプの一部であるブレークアウト会議(サブ会議)の数が含まれます。

整数

<Max- Subconferences value="0" />

<Resources-Scheduled-At-Time-Of-Conference></Resources-Scheduled-At-Time-Of-Conference>

会議が始まる時点のリソース リスト(会議開始前に会議予約に加えた変更内容を含む)が含まれます。

<Total-IP-Bandwidth/>

会議の時点でスケジュールされている IP 帯域幅の合計値が含まれます。

整数

<Total-IP-Bandwidth value="768" />

<Total-ISDN-Bandwidth/>

会議の時点でスケジュールされている ISDN 帯域幅の合計値が含まれます。

整数

<Total-ISDN-Bandwidth value="192"/>

<Total-MCU-Connection-Number/>

会議の時点でスケジュールされている MCU 接続の合計数が含まれます。

整数

<Total-MCU-Connections-Number value="5"/>

<Total-GW-Connections-Number/>

会議の時点でスケジュールされている ゲートウェイ 接続の合計数が含まれます。

整数

<Total-GW-Connections-Number value="5"/>

<Attendees-Terminals></Attendees-Terminals>

会議にスケジュールされている出席者と端末のリストが含まれます。

<Host></Host>

スケジュールされた会議中に割り当てられている会議ホストについての情報が含まれます。

<User-Id/>

会議ホストの Resource Manager ID 番号が含まれます。

文字列

<User-Id value="75" />

<Login-Id />

会議ホストの Resource Manager ログイン ID が含まれます。

文字列

<Login-Id value="Jsmith" />

<First-Name />

会議ホストの名前が含まれます。

文字列

<First-Name value="Jennifer" />

<Last-Name />

会議ホストの姓が含まれます。

文字列

<Last-Name value="Smith" />

<Email />

会議ホストの電子メールアドレスが含まれます。

文字列

<Email value=jsmith@testco.com/>

<Customer-ID />

会議ホストの Resource Manager カスタマー ID が含まれます。

文字列

<Customer-Id value="67" />

<Company-Name />

カスタマー ID と関連付けられた会議ホストの会社名が含まれます。

文字列

<Company-Name value="Testco" />

<Customer-Profile-Type />

会議ホストが所属する会社のカスタマー プロファイル タイプが含まれます。現在は使用していません。

文字列

<Customer-Billing-Phone/>

会議ホストの請求連絡先の電話番号が含まれます。

文字列

<Customer-Billing-Phone value="8499551"/>

<Is-Controller/>

企画構成者が会議スケジュール中に会議ホストに会議を制御する許可を与えたかどうかを示します。

ブール値

<Organizer></Organizer>

会議主催者についての情報が含まれます。

<User-Id/>

会議主催者の Resource Manager ID 番号が含まれます。

文字列

<User-Id value="75" />

<Login-Id />

会議主催者の Resource Manager ログイン ID が含まれます。

文字列

<Login-Id value="Jsmith" />

<First-Name />

会議主催者の名が含まれます。

文字列

<First-Name value="Jennifer" />

<Last-Name />

会議主催者の姓が含まれます。

文字列

<Last-Name value="Smith" />

<Email />

会議主催者の電子メールアドレスが含まれます。

文字列

<Email value="jsmith@testco.com"/>

<Customer-ID />

会議主催者の Resource Manager カスタマー ID が含まれます。

文字列

<Customer-Id value="67" />

<Company-Name />

カスタマー ID と関連付けられた会議主催者の会社名が含まれます。

文字列

<Company-Name value="Testco" />

<Customer-Profile-Type />

会議主催者が所属する会社のカスタマー プロファイル タイプが含まれます。現在は使用していません。

文字列

<Customer-Billing-Phone/>

会議主催者の請求連絡先の電話番号が含まれます。

文字列

<Customer-Billing-Phone value="8499551"/>

<Is-Controller/>

会議を管理する権利が企画構成者にあるかどうかを示します。

ブール値

<Predefined-Attendees></Predefined-Attendees>

Resource Manager に登録されている会議出席者についての情報が含まれます。

<Predefined-Attendee />

Resource Manager に登録されている会議出席者についての情報が含まれます。

<User-Id/>

参加者の Resource Manager ID 番号が含まれます。

文字列

<User-Id value="75" />

<Login-Id />

参加者の Resource Manager ログイン ID が含まれます。

文字列

<Login-Id value="SPerkins" />

<First-Name />

参加者の名が含まれます。

文字列

<First-Name value="Sam" />

<Last-Name />

参加者の姓が含まれます。

文字列

<Last-Name value="Perkins" />

<Email />

参加者の電子メール アドレスが含まれます。

文字列

<Email value="sperkins@testco.com"/>

<Customer-ID />

参加者の Resource Manager カスタマー ID が含まれます。

文字列

<Customer-Id value="73" />

<Company-Name />

カスタマー ID と関連付けられた参加者の会社名が含まれます。

文字列

<Company-Name value="Testco" />

<Is-Controller/>

企画構成者が会議スケジュール中に参加者に会議を制御する許可を与えたかどうかを示します。

ブール値

<External-Attendees></External-Attendees>

外部会議参加者(Resource Manager に登録されていない参加者)のリストが含まれます

<External-Attendee></External-Attendee>

Resource Manager に登録されていない外部会議参加者の情報が含まれます。

<Email />

外部会議参加者の電子メール アドレスが含まれます。

文字列

<Email value="BJones@ externalco.co/" >

<First-Name />

外部会議参加者の名が含まれます。

文字列

<First-Name value="Bill"/>

<Last-Name />

外部会議参加者の姓が含まれます。

文字列

<Last-Name value="Jones"/>

<Predefined-Terminals></Predefined-Terminals>

Resource Manager に登録された、会議に予定されている全端末のリストが含まれます。

<Predefined-Terminal/>

Resource Manager に登録された、会議に予定されている 1 つの端末の情報が含まれます。

<Terminal-ID />

端末の Resource Manager 内部 ID の文字列が含まれます。

文字列

<Terminal-Id value="0001-PARTY-10007" />

<Alias />

端末の Resource Manager 内部名またはエイリアスが含まれます。

文字列

<Alias value="T1"/>

<Dial-String />

端末のダイヤル文字列情報が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

文字列

<Dial-String value="812518" />

<IP-ISDN-SIP />

端末タイプを指定します。可能な値:IP、ISDN、SIP

文字列

<IP-ISDN-SIP value="IP" />

<Dial-in-Dial-out />

端末のダイヤル モードが含まれます。可能な値:Dial-in、Dial-out

文字列

<Dial-in-Dial-out value="Dial-out" />

<MCU />

Resource Manager に登録された個別の端末の MCU 情報が含まれます。

文字列

<MCU value="0001-MCU-10001" />

<Gateway />

Resource Manager に登録された個別の端末の ゲートウェイ 情報が含まれます。

文字列

<Gateway value="N/A" />

<Room />

端末が Resource Manager のルームに関連する場合、Resource Manager に登録された端末のルーム情報が含まれます。

文字列

<Room value="0001-ROOM-10001" />

<Gatekeeper />

Resource Manager に登録された個別の端末のゲートキーパー情報が含まれます。

文字列

<Gatekeeper value="001-GK-10001"/>

<Zone-Prefix />

Resource Manager に登録された個別の端末のゾーン プレフィックスが含まれます。

文字列

<Zone-Prefix value="81" />

<External-Terminals></External-Terminals>

会議がスケジュールされた外部端末(Resource Manager に登録されていない端末)のリストが含まれます。

<External-Terminal></External-Terminal>

会議がスケジュールされた個別の端末の情報が含まれます。

<Party-ID/>

外部端末に指定された Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<Party-Id value="EXTRA:2222" />

<Name/>

会議のスケジュール中に入力された外部端末の名前が含まれます。

文字列

<Name value="Bob Baxton Mobile"/>

<Dial-String />

外部端末のダイヤル文字列情報が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

文字列

<Dial-String value="8125199" />

<IP-ISDN-SIP />

端末タイプを指定します。可能な値:IP、ISDN、SIP

文字列

<IP-ISDN-SIP value="IP" />

<Dial-in-Dial-out/>

端末のダイヤル モードが含まれます。可能な値:Dial-in、Dial-out

文字列

<Dial-in-Dial-out value="Dial-out" />

<MCU />

外部端末の MCU 情報が含まれます。

文字列

<MCU value="0001-MCU-10001" />

<Gateway />

外部端末の ゲートウェイ 情報が含まれます。

文字列

<Gateway value="N/A" />

<Room />

外部端末のルーム情報が含まれます(関連する場合)。

文字列

<Room value="N/A" />

<Gatekeeper />

外部端末のゲートキーパー情報が含まれます。

文字列

<Gatekeeper value="0001-GK-10001"/>

<Zone-Prefix />

外部端末のゾーン プレフィックスが含まれます。

文字列

<Zone-Prefix value="81" />

<Desktop-Client />

この外部端末が Desktop クライアントかどうかを示します。値が True の場合だけ表示されます。

ブール値

<Desktop-Client value="true" />

<Desktop-Server />

この端末と関連付けられている Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<Desktop-Server value="0001-SDG-10002" />

<Attendees-Terminals-Association></Attendees-Terminals-Association />

管理者が個別の会議でユーザが使用する端末を設定することを可能にする、参加者と端末の関係のリストが含まれます。

<Association />

参加者と、端末、ログイン ID、電子メール アドレス、および端末/ダイヤル 文字列を関連付けます。

ダイヤル文字列、電子メール、ログイン ID

文字列

<Association Dial-String = "812518" Email = "Mjones@te stco.com" LoginId = "Mjones"/>

<Network-Devices> </Network-Devices>

リソース割り当て中に会議での使用がスケジュールされたネットワーク デバイスについての情報が含まれます。

<GKs></GKs>

会議中の使用が予約されたすべてのゲートキーパーのリストが含まれます。

<GK-Proxy-Information></GK-Proxy-Information />

会議中の使用が予約されている個別のゲートキーパーについての情報が含まれます。

<ID />

Resource Manager のゲートキーパー内部 ID が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-GK-10001"/>

<Name />

Resource Manager のゲートキーパーの名前が含まれます。

文字列

<Name value = "GK 58" />

<Model />

ゲートキーパーのモデル情報が含まれます。

文字列

<Model value = " Cisco IOS H.323 Gatekeeper">

<IP-Address />

ゲートキーパーの IP アドレスが含まれます。

文字列

<IP-Address value = "192.168.1.58"

<Zone-Prefix />

ゲートキーパーのゾーン プレフィックスが含まれます。

文字列

<Zone-Prefix value = "58"/>

<SIP-Domain />

ゲートキーパーの SIP ドメインが含まれます。

文字列

<SIP-Domain = "N/A" />

<GK-Device-Association></GK-Device-Association>

ゲートキーパーに登録されたすべてのデバイス(端末、MCU、および ゲートウェイ)を含め、ゲートキーパーとデバイスのリストが含まれます。

<Association />

個別のゲートキーパーを、ゲートキーパーに登録されているデバイスと関連付けます。

エイリアス、E.164、デバイス アドレス、デバイス タイプ

文字列

<Association Alias="2509" E.164="2509" device-Address="N/A" device-Type="Terminal" />

<MCUs></MCUs>

会議中の使用が予約されているすべての MCU のリストが含まれます。

<MCU-Information></MCU-Information>

会議中の使用が予約されている個別の MCU についての情報が含まれます。

<ID />

MCU の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-MCU-10002" />

<Alias />

Resource Manager の MCU の名前が含まれます。

文字列

<Alias value="MCU 82" />

<Model />

会議の使用がスケジュールされている個別の MCU のモデル情報が含まれます。

文字列

<Model value="Cisco MCU 3.0+" />

<Master-Slave />

会議がカスケード接続でスケジュールされている場合、この MCU がマスターかスレーブかを指定します(MCU がカスケード接続された会議でマスターとして機能する場合は True に設定)。

文字列

<Master-Slave value="false" />

<Zone-Prefix />

MCU のゾーン プレフィックスを指定します。

文字列

<Zone-Prefix value="58" />

<Gatekeeper />

MCU が登録されているゲートキーパーを指定します。

文字列

<Gatekeeper value="0001-GK-10001" />

<Service-Prefix />

MCU のサービス プレフィックスを指定します。

文字列

<Service-Prefix value="80" />

<List-of-Assigned-Terminals></List-of-Assigned-Terminals>

会議の MCU に割り当てられている端末のリストが含まれます。

<Terminal />

会議の MCU に割り当てられている 1 つの端末についての情報が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

エイリアス、ダイヤル文字列、IP-ISDN-SIP

文字列

<Terminal Alias="2518" Dial-String="812518" IP-ISDN-SIP="IP"/>

<Gateways></Gateways>

会議中の使用が予約されているすべての ゲートウェイ のリストが含まれます。

<Gateway-Information></Gateway-Information>

会議中の使用が予約されている個別の ゲートウェイ についての情報が含まれます。

<ID />

ゲートウェイ の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-GW-10006" />

<Phone-Number />

ゲートウェイ の電話番号が含まれます。

文字列

<Phone-Number value="88372361" />

<Service-Prefix />

要求されたサービスのプレフィックスが含まれます。

文字列

<Service-Prefix value="9384" />

<Service-Bandwidth />

ゲートウェイ に設定されている要求サービスに関連付けられた帯域幅を指定します。

文字列

<Service- Bandwidth value="384" />

<Country-Code />

ゲートウェイ の国コードを指定します。

文字列

<Country-Code value="86" />

<Area-Code />

ゲートウェイ の市外局番を指定します。

文字列

<Area-Code value="10" />

<Zone-Prefix />

ゲートウェイ のゾーン プレフィックスを指定します。

文字列

<Zone-Prefix value="58" />

<Terminal-Gateway-Association></Terminal-Gateway-Association>

会議の ゲートウェイ に割り当てられているエンドポイント(端末)のリストが含まれます。

<Association />

ISDN 端末を会議に使用する ゲートウェイ と関連付けます。

エイリアス、ISDN-Phone-Number、Scheduled-Service-Bandwidth、Scheduled-Service-Prefix

文字列、文字列、整数、文字列

<Association Alias="ISDN002" ISDN-Phone-Number="22-55-88" Scheduled-Service-Bandwidth="64" Scheduled-Service-Prefix="9064" />

<Rooms></Rooms>

会議中の使用が予約されているすべてのルームのリストが含まれます。

<Room-Information></Room-Information>

会議中の使用が予約されている個別のルームについての情報が含まれます。

<ID />

ルームの Resource Manager ID 番号が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-ROO M-10003" />

<Name />

Resource Manager のルーム名が含まれます。

文字列

<Name value="Conference Room" />

<Terminal-Room-Association/></Terminal-Room-Association>

会議に割り当てられている端末とルームのリストが含まれます。

<Terminal />

会議のためにルームに位置付けられている端末とルームを関連付けます。

エイリアス、ダイヤル文字列、IP-ISDN-SIP

文字列

<Terminal Alias="ISDN001" Dial-String="44-55-66" IP-ISDN-SIP="ISDN"/>

<Completed-Conference-Data/></Completed-Conference-Data>

会議の過程および会議の完了時に収集された実際の会議データが含まれます。

<Conference-Status />

会議の結果に関する情報が含まれます(会議がスケジュールされた開始時刻よりも前にキャンセルされたか、正常に開始されたかなど)。可能な値:STARTED、CANCELLED-BY-SERVER、CANCELLED-BY-USER、FAILED-TO-START

文字列

<Conference-Status value="STARTED"/>

<Reason-Failed />

会議が開始できない理由を記述します。

文字列

<Reason-Failed value="N/A" />

<Actual-Start-Time />

会議の(スケジュールされた時刻ではなく)実際の開始時刻が含まれます。

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ

<Actual-Start-Time value = "2003-03-29T11:35:49Z" />

<Actual-End-Time />

会議の(スケジュールされた時刻ではなく)実際の終了時刻が含まれます。

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ

<Actual-End-Time value="2003-03-29T11:47:43Z" />

<Actual-Predefined-Terminals></Actual-Predefined-Terminals>

会議に実際に参加した、Resource Manager に登録された端末のリストが含まれます。

<Actual-Predefined-Terminal></Actual-Predefined-Terminal/>

会議に実際に参加した、Resource Manager に登録された個別の端末の情報が含まれます。

<Terminal-ID />

会議に参加した端末の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<Terminal-Id value="0001- PARTY-10005" />

<Alias />

会議に参加した端末の Resource Manager エイリアスが含まれます。

文字列

<Alias value="2518" />

<Dial-String />

会議に参加した端末のダイヤル文字列が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

文字列

<Dial-String value="812518" />

<IP-ISDN-SIP />

会議に参加した端末のタイプを定義します。

文字列

<IP-ISDN-SIP value="IP" />

<Source-IP-Address />

会議に参加した端末の IP アドレスを定義します。

文字列

<Source-IP-Address value="192.168.223.23" />

<Total-Connection-Time />

会議に参加した端末の合計接続時間(秒)が含まれます。

文字列(整数 +「秒」)

<Total-Connection-Time value="600s"/>

<Failing-Attempts />

この端末が会議への参加を試行して失敗した回数が含まれます。

整数

<Failing-Attempts value="2" />

<Last-Failure-Cause />

最後に失敗した試行の原因が含まれます。

文字列

<Last-Failure-Cause value="" />

<List-of-Connection-Records></List-of-Connection-Records />

会議に参加した端末が会議に接続し、会議から切断される度に記録されたレコードのリストが含まれます。

<Connection />

特定の端末の接続レコードが含まれます。

接続時間:Dialin-Dialout、Disconnection-Time、Over-GW-port-limit、Over-MCU-port-limit、Reason-Disconnection

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ; Dial-in/Dial-out; yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ; ブール値; ブール値; 文字列

<Connection ConnectionTime="2003-03-29T11:35:51Z" Dialin-Dialout="Dial-out" Disconnection-Time="2003-03-29T11:43:45Z" Over-GW-port-limit="false" Over-MCU-port-limit="true" Reason-Disconnection="Disconnect"/>

<Actual-External-Terminals></Actual-External-Terminals />

実際に会議に参加した外部端末のリストが含まれます。

<Actual-External-Terminal></Actual-External-Terminal/>

実際に会議に参加した個別の外部端末の情報が含まれます。

<Party-ID />

外部端末に指定された Resource Manager 内部 ID の 文字列が含まれます。

文字列

<Party-Id value="EXTRA:2222" />

<Name />

外部端末の名前が含まれます。

文字列

<Name value="Bob Baxton Mobile"/>

<Dial-String />

外部端末のダイヤル文字列情報が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

文字列

<Dial-String value="8125199" />

<IP-ISDN-SIP />

端末タイプを指定します。可能な値:IP、ISDN、SIP

文字列

<IP-ISDN-SIP value="IP" />

<Desktop-Client />

この外部端末が Desktop クライアントかどうかを示します。値が True の場合だけ表示されます。

ブール値

<Desktop-Client value="true" />

<Desktop-Server />

この端末と関連付けられている Cisco Unified Videoconferencing Desktop Server の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<Desktop-Server value="0001-SDG-10002" />

<Total-Connection-Time />

会議で外部端末が接続された合計時間(秒)が含まれます。

文字列(整数 +「秒」)

<Total-Connection-Time value="600s"/>

<Failing-Attempts />

この端末が会議への参加を試行して失敗した回数が含まれます。

整数

<Failing-Attempts value="0" />

<Last-Failure-Cause />

最後に失敗した試行の原因が含まれます。

文字列

<Last-Failure-Cause value="N/A" />

<List-of-Connection-Records></List-of-Connection-Records>

会議に参加した端末が会議に接続し、会議から切断される度に記録されたレコードのリストが含まれます。

<Connection />

特定の端末の接続レコードが含まれます。

接続時間:Dialin-Dialout、Disconnection-Time、Over-GW-port-limit、Over-MCU-port-limit、Reason-Disconnection

yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ; Dial-in/Dial-out; yyyy-mm-ddThh-m m-ssZ; ブール値; ブール値; 文字列

<Connection ConnectionTime="2003-03-29T11:35:51Z" Dialin-Dialout="Dial-out" Disconnection-Time="2003-03-29T11:43:45Z" Over-GW-port-limit="false" Over-MCU-port-limit="true" Reason-Disconnection="Disconnect" />

<Connected-MCUs></Connected-MCUs>

会議中に実際に使用されたすべての MCU のリストが含まれます。

<MCU-Information></MCU-Information>

会議中に使用された個別の MCU についての情報が含まれます。

<ID />

MCU の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-MCU-10002" />

<Alias />

Resource Manager の MCU の名前が含まれます。

文字列

<Alias value="MCU 82" />

<Model />

会議の使用がスケジュールされている個別の MCU のモデル情報が含まれます。

文字列

<Model value="Cisco MCU 3.0+" />

<Master-Slave />

会議がカスケード接続でスケジュールされている場合、この MCU がマスターかスレーブかを指定します(MCU がカスケード接続された会議でマスターとして機能する場合は True に設定)。

文字列

<Master-Slave value="false" />

<Zone-Prefix />

MCU のゾーン プレフィックスを指定します。

文字列

<Zone-Prefix value="58" />

<Gatekeeper />

MCU が登録されているゲートキーパーを指定します。

文字列

<Gatekeeper value="0001-GK-10001" />

<Service-Prefix />

MCU のサービス プレフィックスを指定します。

文字列

<Service-Prefix value="80" />

<List-of-Assigned-Terminals></List-of-Assigned-Terminals>

会議の MCU に割り当てられている端末のリストが含まれます。

<Terminal />

会議の MCU に割り当てられている 1 つの端末についての情報が含まれます。ISDN 電話番号の場合、書式は「国コード - 市外局番 - 電話番号」です。

エイリアス、ダイヤル文字列、IP-ISDN-SIP

文字列

<Terminal Alias="2518" Dial-String="812518" IP-ISDN-SIP="IP"/>

<ConnectedGWs></ConnectedGWs>

会議に実際に関与したすべての ゲートウェイ のリストが含まれます。

<Gateway-Information></Gateway-Information>

会議中に使用された個別の ゲートウェイ についての情報が含まれます。

<ID />

ゲートウェイ の Resource Manager 内部 ID が含まれます。

文字列

<ID value = "0001-GW-10006" />

<Phone-Number />

ゲートウェイ の電話番号が含まれます。

文字列

<Phone-Number value="88372361" />

<Service-Prefix />

要求されたサービスのプレフィックスが含まれます。

文字列

<Service-Prefix value="9384" />

<Service-Bandwidth />

ゲートウェイ に設定されている要求サービスに関連付けられた帯域幅を指定します。

文字列

<Service- Bandwidth value="384" />

<Country-Code />

ゲートウェイ の国コードを指定します。

文字列

<Country-Code value="86" />

<Area-Code />

ゲートウェイ の市外局番を指定します。

文字列

<Area-Code value="10" />

<Zone-Prefix />

ゲートウェイ のゾーン プレフィックスを指定します。

文字列

<Zone-Prefix value="58" />

<Terminal-Gateway-Association></Terminal-Gateway-Association>

会議の ゲートウェイ に割り当てられている端末のリストが含まれます。

<Association />

ISDN 端末を会議に使用する ゲートウェイ と関連付けます。

エイリアス、ISDN-Phone-Number、Scheduled-Service-Bandwidth、Scheduled-Service-Prefix

文字列、文字列、整数、文字列

<Association Alias="ISDN002" ISDN-Phone-Number="22-55-88" Scheduled-Service-Bandwidth="64" Scheduled-Service-Prefix="9064" />