Cisco Unified Videoconferencing Manager コン フィギュレーション ガイド リリース 7.0
Resource Manager でのリアルタイム会議統 計の表示
Resource Manager でのリアルタイム会議統計の表示
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2009/10/23 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Resource Manager でのリアルタイム会議統計の表示

進行中の会議数およびコール数の表示

ポート使用状況情報の表示

組織の会議とコールの表示

会議の作成ステータスの表示

会議の検索

会議またはコールの監視

レポートの生成

予定された会議の修正

ホスト の表示

会議の終了

進行中の会議数およびコール数の表示

現在進行中の会議、マルチポイント コールおよびポイントツーポイント コールの合計数の他、次の統計を表示することができます。

会議:スケジュール済、アドホック、および記録された会議

マルチポイント コール:音声、ビデオ、および合計帯域幅

ポイントツーポイント コール:音声、ビデオ、および合計帯域幅

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Overall Status] を選択します。

ステップ 3 (オプション)[Ongoing Meetings Status] セクションで、[Number of Meetings] を選択すると、[Ongoing Meetings] タブにジャンプし、現在進行中の全会議の詳細を表示できます。

ステップ 4 (オプション)[Ongoing Point-to-Point Calls Status] セクションで、[Number of Calls] を選択すると、[Ongoing Point-to-Point Calls Status] タブにジャンプし、現在進行中のすべてのポイントツーポイント コールの詳細を表示することができます。


 

ポート使用状況情報の表示

システム内で設定された MCU、ゲートウェイ、および Desktop について、ポート使用状況の情報を表示できます。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Overall Status] を選択します。

ステップ 3 [System Utilization Status] セクションに移動します。


 

組織の会議とコールの表示

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Ongoing Meetings] を選択すると、現在進行中のすべての会議が表示されます。

ステップ 3 [Ongoing Point-to-Point Calls] を選択すると、現在進行中のすべてのポイントツーポイント コールが表示されます。

ステップ 4 [Upcoming] を選択すると、まだ開始されていないすべての会議が表示されます。


 

会議の作成ステータスの表示

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Ongoing Meetings] を選択すると、現在進行中のすべての会議が表示されます。

ステップ 3 [Ongoing Point-to-Point Calls] を選択すると、現在進行中のすべてのポイントツーポイント コールが表示されます。

ステップ 4 [Upcoming] を選択すると、まだ開始されていないすべての会議が表示されます。

表示された会議のそれぞれの作成ステータスが、[Status] 列に表示されます。

緑:成功ステータス

オレンジ:警告ステータス

赤:エラー ステータス

各行に、3 つのステータス インジケータがあります。

1 番目(左)のステータス アイコン:会議の作成ステータスを示します。

デバイスの障害で会議作成に失敗した場合、会議参加者からのダイヤルイン コールを受信すると、Resource Manager は会議の再作成を試行します。これにより、最初の障害の後での会議の作成時に、システムが複数回の試行を行うことが可能になります。

2 番目(中央)のステータス アイコン:参加者/端末のステータスを示します。

2 番目のステータス インジケータが赤の場合、参加者/端末は接続されていません。

2 番目のステータス インジケータがオレンジの場合、参加者/端末は会議を切断中です。

3 番目(右)のステータス アイコン:会議の終了ステータスを示します。

ステップ 5 障害理由のエラー メッセージを表示するには、赤いステータス インジケータを選択します。会議情報を MCU に再送信するには、[Retry] を選択します。


) In-meeting Control インターフェイスを使用して端末が正しく切断されている場合は、赤いステータス インジケータは表示されません。



 

会議の検索

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 必要に応じて、[Ongoing Meetings]、[Ongoing Point-to-Point Calls]、または [Upcoming] を選択します。

ステップ 3 次のいずれかを実行します。

[Subject] フィールドに会議件名の一部または全部を入力します。

会議の件名のいずれかの部分が検索文字列に一致すると、その会議のレコードが検索結果に表示されます。

[E164] フィールドに参加端末の E.164 番号を入力します。

会議の件名のいずれかの部分が検索文字列に一致すると、その会議のレコードが検索結果に表示されます。

[From] フィールドのカレンダ アイコンをクリックし、表示されるウィンドウで日時を選択します。

選択した時刻以降にスケジュールされている会議が一覧表示されます。

[To] フィールドのカレンダ アイコンをクリックし、表示されるウィンドウで日時を選択します。

選択した時刻以前にスケジュールされている会議が一覧表示されます。

[Meeting ID] フィールドに、会議 ID の一部または全部を入力します。

会議の ID のいずれかの部分が検索文字列に一致すると、その会議のレコードが検索結果に表示されます。

ステップ 4 [Search] をクリックします。

検索結果が一覧表示されます。

ステップ 5 全会議のリストに戻るには、各フィールドをクリアします。

ステップ 6 [Search] をクリックします。


 

会議またはコールの監視

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Ongoing Meetings] または [Ongoing Point-to-Point Calls] を選択します。

ステップ 3 監視する会議またはコールの [Subject] フィールド内のリンクをクリックします。

ステップ 4 主催者 PIN がこの会議またはコールに使用されている場合、主催者 PIN を入力します。

ステップ 5 [Become Moderator] アイコンをクリックします。

参加者または企画構成者でない場合、会議またはコールに In-meeting Control インターフェイスは使用できません。


 

レポートの生成

[Upcoming] タブで、選択した日付間([From] と [To] フィールドで指定)にスケジュールされたすべての会議が出力された .xls 形式のレポートを生成できます。レポートを保存すると、Microsoft Excel で表示できます。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Upcoming] を選択します。

ステップ 3 [From] および [To] フィールドでカレンダ アイコンをクリックし、生成したレポートの情報の開始日と終了日を選択します。

ステップ 4 [Generate Report] を選択します。

表 12-1 に、生成されるレポートに出力される情報カテゴリを示します。

 

表 12-1 生成されるレポートの情報カテゴリ

カテゴリ
説明

Virtual Meeting ID

特定の会議にアクセスするユーザが使用する会議 ID を無効化します。

Master Meeting ID

マスター MCU の物理会議 ID に対応します。

Slave Meeting ID

スレーブ MCU の物理会議 ID に対応します。

Cisco Unified Videoconferencing Manager Meeting ID

会議の内部データベース ID です。

Subject

会議スケジュールの [Subject] フィールドに対応します。

Meeting Type

会議スケジュールの [Meeting Type] フィールドに対応します。会議タイプ名が表示されます。

Reference Code

会議スケジュールの [Reference Code] フィールドに対応します。

Start Time

会議スケジュールの [Start Time] フィールドに対応します。

Duration

会議スケジュールの [Duration] フィールドに対応します。

Meeting Room

会議スケジュールに使用する会議室。

Organizer Name

会議スケジュールの [Organizer] フィールドに対応します。

Service Prefix

会議に使用される MCU サービス プレフィックス。

Services

会議に使用される MCU サービス。

MCU Name(s)

会議に使用される MCU。カスケード接続された会議の場合は、MCU 名の後に「(master)」が表示されます。

Terminals

会議に使用される端末数。

Number of Extra IP Ports Reserved

会議スケジュールの [Reserve additional ports] フィールドに対応します。

Dial-in IP Terminals

ダイヤルイン IP 端末数。

Dial-out IP Terminals

ダイヤルアウト IP 端末数。

Dial-in ISDN Terminals

ダイヤルイン PSTN/ISDN 端末数。

Dial-out ISDN Terminals

ダイヤルアウト PSTN/ISDN 端末数。

Gateway List

会議に使用されるゲートウェイ。

Device Failure Cause (Device Name, IP Failure, Cause)

MCU やゲートウェイなどのネットワーク デバイスに関する障害。

Attendee Failure Cause (Name, Number, ISDN, Dial-in, Total Time, Failing Attempts, Last Failure Cause)

参加端末上の障害。

ステップ 5 [Save] をクリックして、任意の場所にレポートを保存します。


 

予定された会議の修正

会議を別の時間に再スケジュールしたり、会議のパラメータを変更したり、会議依頼を削除したりできます。

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Upcoming] を選択します。

ステップ 3 修正する会議の件名を選択します。

ステップ 4 [Meeting Detail] ページに必要な情報を入力します。


 

ホスト MCU の表示

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 必要に応じて、[Ongoing Meetings] または [Upcoming] を選択します。

すべてのホスト MCU は、会議がカスケード接続されているかどうかの識別とともに、[MCU] 列に一覧表示されます。


 

会議の終了

手順


ステップ 1 サイドバー メニューの [Meeting Monitoring] を選択します。

ステップ 2 [Ongoing Meetings] または [Ongoing Point-to-Point Calls] を選択します。

ステップ 3 終了する会議の [Terminate] 列のアイコンをクリックします。