Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU リ リース 7.0.1 インストレーション ガイド
準拠および認定
準拠および認定
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2009/12/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 854KB) | フィードバック

目次

準拠および認定

安全性に関する準拠

EMC

FCC Part 15 に関する注意

環境に関する準拠

準拠および認定

このセクションでは、Cisco Unified Videoconferencing 5100 プラットフォームに対して承認された認定について説明します。

「安全性に関する準拠」

「EMC」

「環境に関する準拠」

安全性に関する準拠

このセクションでは、Cisco Unified Videoconferencing 5100 プラットフォームでサポートされる安全基準について示します。

IEC 60950-1 第 2 版

UL 60950-1 第 2 版

CAN/CSA C22.2 No.60950-1 第 2 版

EN 60950-1 第 2 版

AS/NZS 60950-1 第 2 版

EMC

このセクションでは、Cisco Unified Videoconferencing 5100 プラットフォームにおける EMC 準拠について示します。

FCC Part 15、Subpart B、クラス A

ICES-003

EN 55022、クラス A

EN 55024

EN 61000-3-2

EN 61000-3-3

AS/NZS 3548、クラス A

VCCI、クラス A

CISPR22、クラス A


) 本製品はクラス A 製品です。国内環境で本製品を使用すると、電波障害を引き起こす可能性があります。その場合には、ユーザが十分な対策を講じるように求められることがあります。


FCC Part 15 に関する注意

このセクションでは、RF 干渉について説明します。

この装置はテスト済みであり、FCC ルール Part 15 の仕様に従ったクラス B デジタル装置の制限に準拠していることが確認済みです。これらの制限は、商業環境で装置を使用したときに、干渉を防止する適切な保護を規定しています。この装置は、無線周波エネルギーを生成、使用、または放射する可能性があり、この装置のマニュアルに記載された指示に従って設置および使用しなかった場合、ラジオおよびテレビの受信障害が起こることがあります。住宅地でこの装置を使用すると、干渉を引き起こす可能性があります。その場合には、ユーザ側の負担で干渉防止措置を講じる必要があります。


) この装置に対して、準拠性の担当責任者によって承認されていない変更または修正を加えると、ユーザがこのデバイスを使用する権利が無効になります。


環境に関する準拠

Cisco は、次の EU 指令に準拠しています。

有害物質の使用制限(RoHS)指令 2002/95/EC

廃電気電子製品(WEEE)指令 2002/96/EC