Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU リ リース 7.0.1 コンフィギュレーション ガイド
Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU のプロトコルの設定
Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU のプロトコルの設定
発行日;2012/02/05 | 英語版ドキュメント(2009/12/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU のプロトコルの設定

H.323 ゲートキーパー プロトコル設定の構成

SIP プロキシ設定の構成

Cisco Unified Videoconferencing 5100 MCU のプロトコルの設定

「H.323 ゲートキーパー プロトコル設定の構成」

「SIP プロキシ設定の構成」

H.323 ゲートキーパー プロトコル設定の構成

H.323 ゲートキーパーのプロトコル設定を構成し、MCU とゲートキーパーの対話方法を設定できます。


) • ゲートキーパーの設定を変更しても MCU はリセットされませんが、アクティブ コールは接続解除されます。

H.323 プロトコルのサポートを無効にする場合は、必ず MCU をリセットする必要があります。


 

手順


ステップ 1 [Configuration] を選択します。

ステップ 2 [Protocols] を選択します。

ステップ 3 H.323 セクションを見つけます。

ステップ 4 [H.323] を選択し、MCU が H.323 プロトコルを使用して動作できるようにします。

ステップ 5 ゲートキーパーの IP アドレスとポート番号を入力します。

デフォルトのポートは 1719 です。

ステップ 6 [Apply] をクリックします。


 

SIP プロキシ設定の構成

SIP レジストラ プロファイルの設定を構成し、MCU とレジストラの対話方法を設定できます。

手順


ステップ 1 [Configuration] を選択します。

ステップ 2 [Protocols] を選択します。

ステップ 3 [SIP] セクションを見つけます。

ステップ 4 [SIP] を選択し、MCU が SIP プロキシを使用して通信できるようにします。

ステップ 5 [Default SIP domain] フィールドに、MCU の SIP ドメインを SIP サーバで定義されているとおりに入力します。

SIP ドメインの例:company.com。

ステップ 6 [Locate automatically] を選択し、MCU がドメイン内に存在するいずれかの SIP プロキシ サーバを自動的に見つけるように指示します。

または、次の手順を実行します。

[Specify] を選択し、次の情報を入力します。

SIP プロキシの IP アドレスまたはホスト名(例:proxy.company.com)。

SIP プロキシ アドレスの通信ポート番号。デフォルトのポートは 5060 です。

SIP プロキシへのメッセージ送信に使用する転送接続タイプ。SIP プロキシでサポートされるタイプ(UDP または TCP)を設定してください。

このフィールドは必須です。デフォルトは UDP です。


) [Locate automatically] オプションは、[Configuration] > [Setup] > [Network] > [DNS server1] または [DNS server2] で有効な IP アドレスを設定している場合にだけ機能します。


ステップ 7 [Use registrar] を選択し、SIP レジストラに登録してサービス情報をレジストラに送信するよう MCU に指示します。

ステップ 8 次の情報を入力します。

[IP address] フィールドの SIP レジストラの IP アドレスまたはホスト名。

このフィールドは必須です。

SIP レジストラ アドレスの通信ポート番号。

レジストラへの登録要求の送信に使用する転送接続タイプ。SIP レジストラでサポートされるタイプ(UDP または TCP)を設定してください。

このフィールドは必須です。デフォルトは UDP です。

ステップ 9 [More] をクリックします。

ステップ 10 MCU が SIP プロキシと通信するシグナリング ポートの番号を入力します。

デフォルトは 5060 です。

ステップ 11 [Use proxy digest authentication] を選択し、MCU がユーザ名とパスワードを使用して SIP プロキシ サーバに対して認証できるようにします。

認証は RFC 2617 の定義にしたがって実行されます。このフィールドは、デフォルトでは無効です。

ステップ 12 MCU ユーザ名とパスワードを入力します。

このユーザ名とパスワードは、SIP プロキシ サーバで定義されている名前とパスワードに一致する必要があります。

ステップ 13 [Use registrar digest authentication] を選択し、MCU がユーザ名とパスワードを使用して SIP レジストラに対して認証できるようにします。

認証は RFC 2617 の定義にしたがって実行されます。このフィールドは、デフォルトでは無効です。

ステップ 14 [Use 'Empty Invite' when sending Invite messages to endpoints] を選択し、リモート エンドポイントを有効にして、優先する音声チャネルとビデオ チャネルを指定します。

ステップ 15 [Using Microsoft OCS] を選択して、MCU と Microsoft Office Communications Server(OCS)と連携できるようにします。

ステップ 16 [Apply] をクリックします。