Cisco RF Gateway 10 ソフトウェア機能および コンフィギュレーション ガイド
GUI モニタリング
GUI モニタリング
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2012/02/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

GUI モニタリング

機能情報の確認

内容

GUI モニタリングの前提条件

GUI モニタリングの制約事項

GUI モニタリングに関する情報

機能の概要

モニタリング ページ

[Summary]

[Inventory]

[Alarms]

[Environment]

[Redundancy]

[QAM]

[Video]

[Performance]

[DTI]

GUI モニタリング ツールを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM のモニタ方法

[GUI Monitoring] ページへのアクセス

Cisco RFGW-10 UEQAM での IOS HTTP サーバのイネーブル化

ローカル ユーザ名とパスワードを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM の設定

その他の参考資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

GUI モニタリングの機能情報

用語集

GUI モニタリング

GUI モニタリングは、Cisco RF ゲートウェイ 10(RFGW-10)Universal Edge Quadrature Amplitude Modulation(UEQAM; ユニバーサル エッジ直交振幅変調)のモニタリングをイネーブルにする Web ベースのツールです。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、このモジュールに記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。本モジュールに記載されている機能についての情報と、各機能がサポートされているリリースの一覧については、「GUI モニタリングの機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートと、Cisco IOS、Catalyst OS、および Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートについては、Cisco Feature Navigator を使用してください。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは不要です。

GUI モニタリングの前提条件

イメージ バンドル ディレクトリに GUI パッケージが組み込まれ、HTTP サーバがイネーブルな Cisco RFGW-10 UEQAM シャーシ

次のいずれかのブラウザがあるクライアント システム:

Internet Explorer バージョン 6.0 以上

Mozilla FireFox バージョン 2.0.0.16 以上

Opera バージョン 9.10 以上

JavaScript 対応ブラウザ

GUI モニタリングの制約事項

Cisco RFGW-10 UEQAM スーパーバイザ カードに対する CPU の影響を減らすために、GUI クライアントを起動して同時に CPU パワーを大量に消費する操作を実行しないでください。

CPU パワーを大量に消費するアプリケーションまたはストレージを大量に使用するアプリケーションは、Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)アプリケーションに置き換える必要があります。

GUI モニタリングに関する情報

GUI モニタリングに関する情報は、次の項にあります。

「機能の概要」

「モニタリング ページ」

機能の概要

GUI モニタリングは、Cisco RFGW-10 UEQAM シャーシに存在する組み込み Web アプリケーションです。この Web ブラウザ ツールには、IP でシャーシに接続できる Web ブラウザを使用してアクセスできます。このツールへのアクセス方法については、「[GUI Monitoring] ページへのアクセス」を参照してください。

モニタリング ページ

GUI モニタリング ツールには、次のモニタリング ページが含まれます。

「[Summary]」

「[Inventory]」

「[Alarms]」

「[Environment]」

「[Redundancy]」

「[QAM]」

「[Video]」

「[Performance]」

「[DTI]」

[Summary]

[Summary] ページには、Cisco RFGW-10 UEQAM の次のシステム レベル概要が示されます。

選択されたカードの QAM チャネル使用率、シャーシに存在する各 QAM カードとそのステータス、および QAM チャネルとギガビット イーサネット インターフェイスの、選択されたカードの帯域幅使用率を視覚的に表示します。次の 2 つの表示モードがあります。

帯域幅:帯域幅モードは QAM チャネルの帯域幅使用率情報を視覚的に表示します。バーは、帯域幅の値(現在の QAM 帯域幅使用率)を示します。

セッション:セッション モードは、QAM チャネルごとに設定されたビデオ セッションとデータ セッションの数を表示します。

RF ポートの各セッションの詳細を参照するには、[Summary] ページの [Display Mode as Sessions] から [No. of sessions] をクリックします。

設定または使用率とパフォーマンスの詳細を参照するには、画面でラベルまたは帯域幅使用率の値をクリックします。

シャーシの(スーパーバイザ カード)ギガビット イーサネット インターフェイスおよび 10 ギガビット イーサネット インターフェイスの帯域幅使用率を表示します。

スーパーバイザ カードの各ギガビット イーサネットおよび 10 ギガビット イーサネット インターフェイスの入出力バイト数、送受信エラー パケット数、ユニキャスト パケット数、マルチキャスト パケット数、ブロードキャスト パケット数などの送受信統計情報を表示します。

生成された最後の 5 つの主要なアラームを表示します。

[Inventory]

[Inventory] レポートは、次のような Cisco RFGW-10 UEQAM の主要なすべてのハードウェア コンポーネントに関する簡単な概要を出力します。

シャーシ

スーパーバイザ カード

ラインカード

TCC カード

電源装置

ファン トレイ

ハードウェア コンポーネントの概要は、show inventory コマンドと show version コマンドを実行して取得できます。

ツリー ベースのナビゲーションを使用して次の項目を選択できます。

ハードウェアの説明:「タイミング クロック カード(2 個の DTI ポート)」などのハードウェア コンポーネントの説明。

製品 ID:show inventory CLI の PID または ENTITY-MIB の entPhysicalModelName(「RFGW-TCC1」など)。

ハードウェア リビジョン:ベンダー固有のハードウェア リビジョン文字列。

シリアル番号:ハードウェアのシリアル番号。

IOS Ver @ アクティブ スーパーバイザ:現在実行されている IOS バージョン。

IP アドレス

IP アドレス マスク

上記のすべてのインベントリ情報は、Cisco RFGW-10 UEQAM シャーシから取得された show inventory コマンド出力に一致します。

[Alarms]

Cisco IOS Syslog で記録されたアラームは Web ページ形式で参照できます。これは、Cisco IOS Syslog で表示されるログに基づき、自動更新される報告ツールです。

タイム スタンプがあるアラーム ログへのアクセス:Cisco IOS で設定されたログ機能のレベルに基づいてさまざまな重要度のアラームとイベントがログに記録されます。アラームは、重要度(緊急、アラート、重要、警告、通知、情報、またはデバッグ)に基づいて異なる色で表示されます。[Latest Alarms] ページには、シャーシの最後 15 個の主要なアラームだけが表示されます。

[Alarm] ページの自動更新がサポートされます。

主要なアラームに影響を与えるサービスは強調表示されます。

[Environment]

[Environment] ページは、Cisco RFGW-10 UEQAM の全体的な正常性を保つのに重要な環境条件をモニタして報告します。次の情報を出力します。

シャーシ タイプ

スイッチ帯域幅使用率

ファン トレイ ステータス

温度

センサー

測定値

しきい値

ステータス

電力

システムに必要な電力供給

現在利用可能な電力供給

電力供給の詳細:モデル、タイプ、ステータス、およびファン センサー情報

この情報は、show environment コマンドおよび show power コマンドを実行して取得できます。上記の情報は CISCO-ENVMON-MIB の ciscoEnvMonTemperatureStatusTable で提供されたものと一致します。

[Redundancy]

[Redundancy] は、冗長性が設定された次のような各コンポーネントの現在の High Availability(HA; ハイ アベイラビリティ)ステータスを提供します。

スーパーバイザ カード

ラインカード

TCC カード

電源装置

[Redundancy] ページには、冗長システムの情報と現在アクティブなプロセッサの情報が表示されます。また、ラインカードの冗長性、そのグループ、および TCC カード冗長性の情報も提供されます。

このモジュールでは、次の詳細情報がモニタされます。

利用可能なシステム アップタイム

システムが経験したスイッチオーバー数

スタンバイ失敗数

最後のスイッチオーバーの理由

ハードウェア モード

設定された冗長性モード

稼動している冗長性モード

保守モード

通信

この情報は、show redundancy コマンド、show redundancy linecard all コマンド、および show redundancy tcc all コマンドを実行して取得できます。

[QAM]

[QAM] には、RF チャネルの現在の設定が表示されます。シャーシに存在する各 QAM カードが、そのスロット、説明、および LED ステータス情報とともに一覧表示されます。各 QAM カード ページは、インターフェイスに関する情報を表示します。この情報は show ip interface brief コマンドの出力から取得できます。各 RF チャネルの次の情報が出力されます。

Annex タイプ

周波数

RF 電力

変調

スループット

インターリーバ

スタッキング

この情報は、show run interface qam slot/port.channel コマンド、show controllers qam slot/port.channel downstream コマンド、および show interface qam slot/port.channel controller コマンドを実行して取得できます。

[Video]

[Video] には、現在のビデオ プロビジョンとアクティブなビデオ セッションが表示されます。次の情報を出力します。

ビデオ プロビジョニング情報:

CLI または SNMP から設定された UDP ポート マッピングに関するテーブルベースのマッピング情報。

Digital Network Control System(DNCS)/Generic QAM Interface(GQI)を使用したビデオ セッション プロビジョニングに関するセッションベースのマッピング情報。


) このリリースでは、GQI はサポートされません。


すべてのアクティブなビデオ セッションに関する詳細な MPEG 固有情報(トランスポート ストリームの情報、トランスポート ストリーム内のプログラム、関連する基本ストリーム情報など)。

すべてのアクティブなビデオ セッションの統計情報と使用率。

表示されるデータは大きい場合があるため、表の見出しに基づいたソートが行われます。

[Performance]

[Performance] では、すべてのギガビット イーサネットと 10 ギガビット イーサネットのパフォーマンスが入力として分類され、各 QAM チャネルのパフォーマンス情報が出力として分類されます。

インターフェイスの [Performance] レポートには、次の情報が含まれます。

入力保持キュー内のパケット数

入力キューからドロップされたパケット数

出力保持キュー内のパケット数

出力キューからドロップされたパケット数

受信レート(ビット/秒単位)

受信レート(パケット/秒単位)

送信レート(ビット/秒単位)

送信レート(パケット/秒単位)

スロットル数

この情報は、show interface summary コマンドを実行して取得できます。

このインターフェイス パフォーマンス情報以外に、各 [QAM RF Port] には、総帯域幅キャパシティ、シンボル レート、および MTU 情報が一覧表示されます。

[DTI]

[DTI] は、DTI クロックに関する情報と DTI クライアントの統計情報を報告します。この情報は、show cable clock コマンドを実行して取得できます。

DTI メイン画面には、すべての DTI クライアント ステータスが表示されます。また、各 TCC カードの DTI クライアント情報と DTI クライアント ポート ステータス情報も表示されます。

GUI モニタリング ツールを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM のモニタ方法

この項では、GUI モニタリング ツールを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM のモニタ方法について説明します。

「[GUI Monitoring] ページへのアクセス」

「Cisco RFGW-10 UEQAM での IOS HTTP サーバのイネーブル化」

「ローカル ユーザ名とパスワードを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM の設定」

[GUI Monitoring] ページへのアクセス

[GUI Monitoring] Web ページにアクセスするには、次の手順に従います。


ステップ 1 http://<rfgw-ip-address>/ URL に移動して Cisco RFGW-10 UEQAM IOS ホーム ページを表示します。

ステップ 2 [Cisco RFGW-10 GUI] リンクをクリックして Cisco RFGW-10 UEQAM GUI を起動します。

シャーシの詳細は、Cisco RFGW-10 UEQAM シャーシに IP で接続できるどのリモート ホストからでも参照できます。


) [GUI Monitoring] ページへのアクセスに使用されるブラウザでは、JavaScript がイネーブルになっている必要があります。



 

Cisco RFGW-10 UEQAM での IOS HTTP サーバのイネーブル化

Cisco RFGW-10 UEQAM で IOS HTTP サーバをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

Router(config)# ip http server
Router(config)# ip http authentication local

ローカル ユーザ名とパスワードを使用した Cisco RFGW-10 UEQAM の設定

ローカル ユーザ名とパスワードを使用して Cisco RFGW-10 UEQAM を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

Router(config)# username name [privilege level] password encryption-type password
 

level は、ユーザの権限レベルを指定する 0 ~ 15 の数字です。0 ~ 15 の数字を使用して最大 16 個の権限レベルを指定できます。レベル 1 は通常の EXEC モード ユーザ権限であり、15 はイネーブル特権です。

encryption-type は、後続するテキストを暗号化するかどうかと、どの暗号化タイプを使用するか(暗号化する場合)を定義する 1 桁の数字です。現在定義されている暗号化タイプは 0(後続するテキストは暗号化されません)と 7(テキストはシスコにより定義された暗号化アルゴリズムを使用して暗号化されます)です。

HTTP サーバが Cisco RFGW-10 UEQAM シャーシでイネーブルでない場合は、シャーシとの通信が存在しないため、GUI にはどんな情報も表示されません。

その他の参考資料

ここでは、GUI モニタリング機能に関連する参考資料を示します。

関連資料

関連項目
ドキュメント名

Cisco RFGW-10 コマンド

『Cisco RF Gateway 10 Command Reference』

http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/command/reference/RFGW-10_Book.html

Cisco IOS Release 12.2SQ の新しいソフトウェア機能

『Cisco RF Gateway 10 Software Feature and Configuration Guide』

(http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/feature/guide/rfgw_scg.html)

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

MIB
MIB のリンク

この機能でサポートされる新規の MIB または変更された MIB はありません。また、既存の MIB のサポートは変更されていません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能でサポートされる新規の RFC または変更された RFC はありません。また、既存の RFC のサポートは変更されていません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールに記載された機能で導入または変更されました。これらのコマンドについては、『 Cisco RF Gateway 10 Command Reference 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/command/reference/RFGW-10_Book.html )を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )を参照してください。

ip http server

ip http authentication local

username name [privilege level] password encryption-type password

GUI モニタリングの機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、一部のコマンドを使用できない場合があります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS、Catalyst OS、および Cisco IOS XE ソフトウェア イメージを調べることができます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは不要です。


表 1 は、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの特定の機能がサポートされた Cisco IOS ソフトウェア リリースだけを示しています。特に明記しない限り、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでも、その機能がサポートされています。


 

表 1 GUI モニタリングの機能情報

機能名
リリース
機能情報

GUI モニタリング

12.2(44)SQ

この機能は、Cisco RF ゲートウェイ 10 をサポートするために Cisco IOS Release 12.2(44)SQ で導入されました。

次のコマンドが導入または変更されました。

ip http server

ip http authentication local

username name [privilege level] password encryption-type password

用語集

CLI:Command Line Interface(コマンドライン インターフェイス)

DOCSIS:Data Over Cable Service Interface Specifications(データオーバーケーブル サービス インターフェイス仕様)

EQAM:Edge Quadrature Amplitude Modulation(エッジ直交振幅変調)。デジタル ビデオまたはデータのパケットを受信するケーブル ヘッドエンドまたはハブ デバイス。ビデオまたはデータを MPEG トランスポート ストリームに再パケット化し、Quadrate Amplitude Modulation(QAM)を使用してデジタル トランスポート ストリームをダウンストリーム RF キャリアにデジタル変調します。

HA:High Availability(ハイ アベイラビリティ)

HTTP:Hypertext Transfer Protocol(ハイパーテキスト転送プロトコル)

HTTPS:Hypertext Transfer Protocol, Secure

M-CMTS:Modular CMTS

NMS:Network Management System(ネットワーク管理システム)

RFGW:Radio Frequency Gateway(無線周波数ゲートウェイ)

URL:Universal Resource Locator(ユニバーサル リソース ロケータ)