Cisco RF Gateway 10 ソフトウェア機能および コンフィギュレーション ガイド
バンドル イメージ アップグレード
バンドル イメージ アップグレード
発行日;2012/05/10 | 英語版ドキュメント(2012/02/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

バンドル イメージ アップグレード

機能情報の確認

内容

自動バンドル イメージ アップグレード

バンドル イメージからのラインカード イメージのアップグレード方法

ラインカードのアップグレード ステータスの表示

すべてのデバイス イメージ バージョンの表示

スーパーバイザ上の全デバイスのアップグレードされたイメージの表示

その他の参考資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

コマンド リファレンス

バンドル イメージ アップグレードに関する機能情報

用語集

バンドル イメージ アップグレード

Cisco RF ゲートウェイ 10(RFGW-10)は、ラインカード、Field-Programmable Gate Array(FPGA)、Complex Programmable Logic Device(CPLD)、およびスーパーバイザ カードをサポートするキャリア クラスの Universal Edge Quadrature Amplitude Modulation(UEQAM; ユニバーサル エッジ直交振幅変調)シャーシです。これらのデバイスは、より新しいソフトウェアまたはファームウェアのバージョンにアップグレードできます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースによっては、このモジュールに記載されている機能の中に、一部サポートされていないものがあります。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。本モジュールに記載されている機能についての情報と、各機能がサポートされているリリースの一覧については、「バンドル イメージ アップグレードに関する機能情報」を参照してください。

プラットフォームのサポートと、Cisco IOS、Catalyst OS、および Cisco IOS XE ソフトウェア イメージのサポートについては、Cisco Feature Navigator を使用してください。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは不要です。

自動バンドル イメージ アップグレード

すべてのデバイス イメージと一緒にバンドルされたスーパーバイザ イメージを使用してシステムがブートする際に、スーパーバイザ カードは、すべてのラインカード デバイス上のソフトウェアとファームウェアの最新バージョンを自動的に比較します。イメージ内にバンドルされているものと異なるデバイス バージョンをスーパーバイザが発見した場合、スーパーバイザはそのデバイス イメージをラインカードに送信し、ラインカードがそのデバイスをアップグレードします。ユーザはアップグレード操作を実行する必要はありません。

バンドル イメージからのラインカード イメージのアップグレード方法

個々のラインカード上のイメージ アップグレードを手動で実行するには、最初に「service internal」を設定する必要があります。service internal モードでは、アップグレードを実行し、次の手順でアップグレード ステータスを調べることができます。

「ラインカードのアップグレード ステータスの表示」

「すべてのデバイス イメージ バージョンの表示」

「スーパーバイザ上の全デバイスのアップグレードされたイメージの表示」

ラインカードのアップグレード ステータスの表示

ラインカードのアップグレード ステータス(転送されたバイト数など)を表示するには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

Router# show cable image-upgrade status [slot]
 

次に、スロット 12 のラインカードのアップグレード ステータスを表示する例を示します。

Router# show cable image-upgrade status 12
No current image upgrade is occurring on slot 12

すべてのデバイス イメージ バージョンの表示

ラインカードのフラッシュにプログラムされたすべてのデバイス イメージ バージョンを表示するには、特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

Router# show cable image-upgrade version [slot]
 

次に、特権 EXEC モードでの cable image-upgrade version 3 コマンドの出力例を示します。

Router# show cable image-upgrade version 3
Image Name Id Date Time
================================== == ==================
MV_APP_00000011_20080811-00144650 11 20080811 00144650
MV_ROM_00000012_20080605-00074654 12 20080605 00074654
MV_DIS_00000013_20080603-00151016 13 20080603 00151016
MV_COB_00000014_20080609-00205712 14 20080609 00205712
MV_YEL_00000015_20080609-00205659 15 20080609 00205659
MV_GWT_00000016_20080717-00162446 16 20080717 00162446

スーパーバイザ上の全デバイスのアップグレードされたイメージの表示

すべてのデバイスのバンドル イメージを表示するには、ユーザ EXEC モードまたは特権 EXEC モードで次のコマンドを使用します。

Router# show cable image-upgrade bundle
 

次に、特権 EXEC モードでの show cable image-upgrade bundle コマンドの出力例を示します。

Router# show cable image-upgrade bundle
Image Name Id Date Time
================================== == ==================
TCC_APP_00000000_20080811-00144654 00 20080811 00144654
TCC_ROM_00000001_20080317-00170141 01 20080317 00170141
TCC_GEN_00000002_20080612-00140709 02 20080612 00140709
TCC_DTI_00000003_20080428-00094708 03 20080428 00094708
TCC_RST_00000004_20080612-00140712 04 20080612 00140712
RFS_CPL_00000005_20080428-00105357 05 20080428 00105357
MV_APP_00000011_20080811-00144650 11 20080811 00144650
MV_ROM_00000012_20080605-00074654 12 20080605 00074654
MV_DIS_00000013_20080603-00151016 13 20080603 00151016
MV_COB_00000014_20080609-00205712 14 20080609 00205712
MV_YEL_00000015_20080609-00205659 15 20080609 00205659
MV_GWT_00000016_20080717-00162446 16 20080717 00162446
RFGW_GUI_00000017_20080603-00114822 17 20080603 00114822

その他の参考資料

ここでは、バンドル イメージ アップグレード機能に関連する参考資料を示します。

関連資料

関連項目
ドキュメント名

Cisco RFGW-10 コマンド

『Cisco RF Gateway 10 Command Reference』

http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/command/reference/RFGW-10_Book.html

Cisco IOS Release 12.2SQ の新しいソフトウェア機能

『Cisco RF Gateway 10 Software Feature and Configuration Guide』

http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/feature/guide/rfgw_scg.html

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

MIB
MIB のリンク

この機能でサポートされる新規の MIB または変更された MIB はありません。また、既存の MIB のサポートは変更されていません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、および機能セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

RFC

RFC
タイトル

この機能でサポートされる新規の RFC または変更された RFC はありません。また、既存の RFC のサポートは変更されていません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。

以下を含むさまざまな作業にこの Web サイトが役立ちます。
・テクニカル サポートを受ける
・ソフトウェアをダウンロードする
・セキュリティの脆弱性を報告する、またはシスコ製品のセキュリティ問題に対する支援を受ける
・ツールおよびリソースへアクセスする
- Product Alert の受信登録
- Field Notice の受信登録
- Bug Toolkit を使用した既知の問題の検索
・Networking Professionals(NetPro)コミュニティで、技術関連のディスカッションに参加する
・トレーニング リソースへアクセスする
・TAC Case Collection ツールを使用して、ハードウェアや設定、パフォーマンスに関する一般的な問題をインタラクティブに特定および解決する

この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html

コマンド リファレンス

次のコマンドは、このモジュールに記載された機能で導入または変更されました。これらのコマンドについては、『Cisco RF Gateway 10 Command Reference』( http://www.cisco.com/en/US/docs/cable/rf_gateway/command/reference/RFGW-10_Book.html )を参照してください。すべての Cisco IOS コマンドについては、Command Lookup Tool( http://tools.cisco.com/Support/CLILookup )を使用するか、『 Cisco IOS Master Command List, All Releases 』( http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/mcl/allreleasemcl/all_book.html )を参照してください。

show cable image-upgrade status [ slot ]

show cable image-upgrade version [ slot ]

show cable image-upgrade bundle

バンドル イメージ アップグレードに関する機能情報

表 1 に、この機能のリリース履歴を示します。

ご使用の Cisco IOS ソフトウェア リリースによっては、一部のコマンドを使用できない場合があります。特定のコマンドのリリース情報については、コマンド リファレンス マニュアルを参照してください。

プラットフォームおよびソフトウェア イメージのサポートに関する情報を参照するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator を使用すると、特定のソフトウェア リリース、機能セット、またはプラットフォームをサポートする Cisco IOS、Catalyst OS、および Cisco IOS XE ソフトウェア イメージを調べることができます。Cisco Feature Navigator にアクセスするには、 http://www.cisco.com/go/cfn に移動します。Cisco.com のアカウントは不要です。


表 1 は、特定の Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの特定の機能がサポートされた Cisco IOS ソフトウェア リリースだけを示しています。特に明記しない限り、その Cisco IOS ソフトウェア リリース トレインの以降のリリースでも、その機能がサポートされています。


 

表 1 バンドル イメージ アップグレードに関する機能情報

機能名
リリース
機能情報

バンドル イメージ アップグレード

12.2(44)SQ

この機能は、Cisco RF ゲートウェイ 10 をサポートするために Cisco IOS Release 12.2(44)SQ で導入されました。

次のコマンドが導入または変更されました。

show cable image-upgrade status [ slot ]

show cable image-upgrade version [ slot]

show cable image-upgrade bundle

用語集

CPLD:Complex Programmable Logic Device

EQAM:Edge Quadrature Amplitude Modulation(エッジ直交振幅変調)。イーサネットなどのネットワーク インターフェイス経由で MPEG-TS フレームを受信し、それらを HFC プラントで使用するために QAM キャリアに変調するネットワーク要素。

FPGA:Field-Programmable Gate Array