Cisco RF Gateway 10 ソフトウェア機能および コンフィギュレーション ガイド
索引
Index
発行日;2012/05/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

Index

C

Cable Modem Termination System(CMTS)

コンフィギュレーション モードによる設定 1-29

cable コマンド

cable downstream if-output 1-40

cable downstream interleave-depth コマンド 1-42

cable downstream modulation コマンド 1-43

Cisco 12.2(44)SQ リリース トレインとイメージ 1-5

Cisco IOS

Cisco IOS ソフトウェア リリースの特定 1-4

新しいソフトウェア リリースへのアップグレード 1-5

機能 1-13

動作の概要 1-4

場所 1-4

Cisco RF ゲートウェイ 10 1-7

Cisco RF ゲートウェイ 10 コンフィギュレーション ツール 1-14

Cisco RF ゲートウェイ 10 シャーシの概要 1-6

config terminal コマンド 1-26

copy コマンド

copy running-config startup-config コマンド 1-24, 1-29

D

DOCSIS

Annex B 1-44

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)

事前設定のサーバ 1-20

E

enable コマンド 1-26

EXEC モード 1-21

I

interface コマンド 1-26

Inventory レポート 2-36

IP

スタティック ルートの設定 1-27

デフォルト ゲートウェイの設定 1-27

M

Management Information Base(MIB)の変更と機能強化 1-17

MPEG、ダウンストリーム フレーミング フォーマット 1-44

N

Nonvolatile Random-Access Memory(NVRAM)、内容の保存と表示 1-29

R

RFGW-10 の設定 1-25

S

show コマンド

show コマンドの応答について 2-4

T

Time-of-Day(ToD)サーバ 1-20

Trivial File Transfer Protocol(TFTP)

TFTP サーバ 1-20

アラーム レポーティング 2-36

イネーブル シークレット パスワード 1-21

イネーブル パスワード 1-21

インターリーブ深度、ダウンストリーム 1-41, 1-42

記号、定義 xiv

ケーブル インターフェイス

ケーブル インターフェイス機能の設定 1-37

ダウンストリーム、設定 1-39

ゲートウェイ

「デフォルト ゲートウェイ」を参照

コンフィギュレーションの設定値 1-30

コンフィギュレーション ファイル

変更の確認 1-30

保存 1-29

コンフィギュレーション モード 1-14

CMTS の設定 1-29

自動インストール

ファシリティの概要 1-14

スーパーバイザ エンジン

スタティック ルート 1-27

デフォルト ゲートウェイ 1-27

スタティック ルート

設定 1-27

セキュリティ

パスワード保護の設定 1-21

忘失パスワードの置換または回復 1-21

設定の準備 1-19

短縮形と用語 xv

短縮形、リスト xv

ダウンストリーム

CM インターフェイス、設定 1-39

MPEG フレーミング フォーマット 1-44

インターリーブ深度 1-41, 1-42

ダウンストリーム変調 1-43

ヘルパー アドレス 1-41

ポート 1-40

デフォルト ゲートウェイ

設定 1-27

特権コマンド レベル 1-21

ハイ アベイラビリティ 1-14

パスワード 1-21

イネーブル シークレット パスワードの設定 1-28

イネーブル パスワードの設定 1-28

回線パスワードの設定 1-29

コマンド構文と強調の表記法 xiv

フレーミング フォーマット、MPEG 1-44

ヘルパー アドレス、ダウンストリーム 1-41

変調

ダウンストリーム 1-43

ポート、ダウンストリーム 1-40

用語と短縮形 xv

ラインカード冗長性情報の表示 3-31

ワンポイントアドバイス記号、定義 xiv