Cisco Media Experience Engine 3500 ユーザ ガイド
キャプション抽出プロファイル
キャプション抽出プロファイル
発行日;2012/02/06 | 英語版ドキュメント(2010/12/09 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

キャプション抽出プロファイル

キャプション抽出エンコーダの概要

キャプション抽出の設定について

[Common](キャプション抽出プロファイル)

[Settings](キャプション抽出プロファイル)

キャプション抽出プロファイルの作成

ジョブ プロファイルへのキャプション抽出プロファイルの追加

キャプション抽出プロファイル

キャプション抽出エンコーダの目的は、ビデオ ソースから抽出されたクローズド キャプション データを各種の出力フォーマットに書き込むことにあります。

ここでは、次の内容について説明します。

「キャプション抽出エンコーダの概要」

「キャプション抽出の設定について」

「キャプション抽出プロファイルの作成」

「ジョブ プロファイルへのキャプション抽出プロファイルの追加」

キャプション抽出エンコーダの概要

Cisco MXE 3500 Preprocessor によって、ビデオ ソースからすべてのクローズド キャプション データが抽出されます。キャプション抽出エンコーダの目的は、抽出されたデータを各種の出力フォーマットに書き込むことにあります。この目的を達成するには、キャプション抽出プロファイルを作成し、それをジョブ プロファイルに追加します。「キャプション抽出プロファイルの作成」および「ジョブ プロファイルへのキャプション抽出プロファイルの追加」も参照してください。

「キャプション抽出の設定について」 では、キャプション抽出のエンコーダ プロファイルで使用できる設定について説明します。

キャプション抽出の設定について

各キャプション抽出プロファイルには、次のセクションがあります。

「[Common](キャプション抽出プロファイル)」

「[Settings](キャプション抽出プロファイル)」

[Common](キャプション抽出プロファイル)

図 3-1 に [Common] セクションを示します。 表 3-1 では、その設定について説明します。

図 3-1 キャプション抽出プロファイル:[Common] セクション

 

 

表 3-1 キャプション抽出プロファイル:[Common] の設定と説明

設定
説明

[Profile Enabled]

このボックスをオンにすると、ジョブの処理に対してこのプロファイルが有効になります。

[Task Mode]

このタスクの実行モードを [standard]、[fast start]、または [immediate] から設定します。

[Standard]:Cisco MXE 3500 は、前処理段階の出力として非圧縮の中間ファイル(AVI ファイル)を生成します。

[Fast Start]:[Fast Start] を選択すると、前処理が完了するまで待機するのではなく、十分なイメージが前処理された時点で符号化プロセスが開始されるので、ジョブの処理に必要な合計時間を短縮できます。大きいジョブを送信するときに、この機能を選択できます。

[Fast Start] の符号化には使用可能なコンピュータ処理サイクルが利用されるので、Cisco MXE 3500 では次の場合に限り [Fast Start] の符号化を使用します。

現在符号化されているクリップが他に 1 つしかない場合

続行中の Web 放送ジョブがない場合

前処理プロファイルにバンパーおよびトレーラが指定されていない場合

[Immediate]:[Immediate] の符号化を有効にすると、Cisco MXE 3500 では中間ファイルは使用されず、プリプロセッサとエンコーダ間でメモリベースのインターフェイスが使用されます。この設定は、MPEG や OMF など、データ量の多く、中間ファイルに相当大きなディスク容量を必要とする比較的長い入力クリップやフォーマットに非常に役立ちます。

(注) [Immediate] の符号化では、より多くのメモリ リソースを使用し、エンコーダによってプリプロセッサがデータを提供する速度を制御できるので、ファイル ジョブには適していますが、ライブ キャプチャには適していません。

[User Data]

このフィールドに入力されたデータは、XML で $(user-data) の存在するすべての箇所に表示されます。

例:出力ファイル名に「Nightly News」というタイトルを付けるには、エンコーダ プロファイルの [User Data] を Nightly News に設定します。次に、出力プロファイルの [Output Filename] に $(userdata) が含まれるように設定します。

 

[Settings](キャプション抽出プロファイル)

図 3-2 に [Settings] セクションを示します。 表 3-2 では、その設定について説明します。

図 3-2 キャプション抽出プロファイル:[Settings] セクション

 

表 3-2 キャプション抽出プロファイル:[Settings] の設定と説明

設定
説明

[Output Type]

出力フォーマットを [SCC]、[XML]、または [W3C] から選択します。

キャプション抽出プロファイルの作成

キャプション抽出プロファイルを作成するには、次の手順に従います。

手順


ステップ 1 [Toolbox] から [Profile Management] > [New Profile] をクリックします。

ステップ 2 [New Profile] ポップアップの [Profile Class] ドロップダウンで [Caption Extract] を選択します(図 3-3 を参照)。

図 3-3 キャプション抽出プロファイルの新規作成

 

ステップ 3 [New Profile] ボタンをクリックします。[New Caption Extract Profile] ページが表示されます。

ステップ 4 適切な設定を入力し、[Save] をクリックします。


 

ジョブ プロファイルへのキャプション抽出プロファイルの追加

手順


ステップ 1 [Toolbox] から [Profile Management] > [New Profile] または [Open Profile] をクリックします。

ステップ 2 [Profile Class] ドロップダウンで [Job] を選択し、[New Profile] ボタンまたは [Open Profile] ボタンをクリックします。

ステップ 3 [Encoding] セクションを展開します。

ステップ 4 1 つまたは複数の個々のキャプション抽出プロファイルを強調表示します。選択したエンコーダ プロファイルが上方のペインの [Job Profile] に追加されます(図 3-4 を参照)。

ステップ 5 [Save] をクリックします。

図 3-4 ジョブ プロファイルへのキャプション抽出プロファイルの追加