Cisco Show and Share 5.3.x 管理者ガイド
Cisco DME を使用したビデオのトランスコード
Cisco DME を使用したビデオのトランスコード
発行日;2012/06/01 | 英語版ドキュメント(2011/11/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco DME を使用したビデオのトランスコード

Cisco DME でのトランスコーディングについて

手順

トランスコーディングするビデオ ファイルを DME にコピーする

ビデオ ファイルをトランスコードする

トランスコーディングされたビデオ出力を DME からコピーする

参照

UI リファレンス:トランスコーディング

トランスコーディング ジョブのステータスを表す色分けリファレンス

Cisco DME を使用したビデオのトランスコード

[Digital Media Encoders] タブの機能は、AVI ファイルおよび MPEG2 ファイルを WMV ファイルにトランスコードする際に役立ちます。このトランスコーディングにより、Cisco Show and Share サイトと互換性のあるビデオ ファイルを作成できます。

「Cisco DME でのトランスコーディングについて」

「手順」

「参照」

Cisco DME でのトランスコーディングについて

Cisco Show and Share で使用するようにすでに設定されている Cisco DME を使用して、AVI ファイルおよび MPEG2 ファイルを WMV 形式にトランスコードできます。これは手動のプロセスです。DME を自動的に使用してファイルをトランスコードするように、Cisco Show and Share を設定することはできません。この機能では、Cisco MXE を使用する必要があります。詳細については、「ビデオ トランスコーディングおよびパルス ビデオ分析のための Cisco MXE 3500 の統合」を参照してください。

コーデックは通常は損失があるため、トランスコーディングされた出力ファイルの正確さがソース ファイルの正確さほど高くない場合があります。コード変換ジョブは、どのコーデックを使用するかなどの複数の要因によって、時間の長さが変わります。ソース ファイルの時間よりも長くかかることがあります。

手順

「トランスコーディングするビデオ ファイルを DME にコピーする」

「ビデオ ファイルをトランスコードする」

「トランスコーディングされたビデオ出力を DME からコピーする」

トランスコーディングするビデオ ファイルを DME にコピーする

Cisco Show and Share でトランスコードするビデオ ファイルを DME にコピーできます。

手順


ステップ 1 キーボード、マウス、およびモニタを DME に接続します。

ステップ 2 トランスコーディング用のソース ファイルを編成します。

a. ソース ファイルを USB 2.0 で接続されたハード ドライブまたはフラッシュ ドライブに追加します。

b. USB ドライブを DME に接続します。

c. DME で Windows Explorer を使用して、ソース ファイルを USB ドライブから D:¥AVFiles¥In にコピーします。


 

ビデオ ファイルをトランスコードする

DME を使用して、AVI または MPEG2 のビデオ ソース ファイルをトランスコードできます。

作業前の準備

ソース ファイルをエンコーダにコピーします。

Cisco Show and Share に管理者としてログインします。


ヒント トランスコーディング ジョブは、エンコーダの他のタスク(ライブ ビデオの符号化やライブ ストリームのファイルへの保存など)と同時に実行されないようにスケジュールすることをお勧めします。

手順


ステップ 1 グローバル ナビゲーションから [Administration] を選択します。

ステップ 2 [Setup] > [Digital Media Encoders] > [Transcoding] を選択します。

ステップ 3 [Add a New Transcoding Task] をクリックします。

ステップ 4 必要な値を入力または選択して、トランスコーディング ジョブを定義します。トランスコーディングのタスク フィールドの詳細については、「UI リファレンス:トランスコーディング」を参照してください。

ステップ 5 [Save] をクリックします。


 

トランスコーディングされたビデオ出力を DME からコピーする

ビデオをトランスコードした後に、DME から出力ファイルをコピーできます。その後、このファイルを Cisco Show and Share にアップロードできます。

作業前の準備

トランスコーディングするビデオ ファイルを DME にコピーします。

ビデオをトランスコードします。

手順


ステップ 1 Web ブラウザで ftp:// < encoder_IP_address > /AVFiles/Out にアクセスします。

ステップ 2 ディレクトリ リスト内のファイル名を右クリックします。

ステップ 3 ファイルをダウンロードするオプションを選択します。


ヒント Cisco DME に物理的に作業できる場合は、USB メモリを DME に接続し、DME に接続されているキーボード、マウス、およびモニタを使用して D:¥AVFiles¥Out から USB ドライブに出力ファイルをコピーできます。


 

参照

「UI リファレンス:トランスコーディング」

「トランスコーディング ジョブのステータスを表す色分けリファレンス」

UI リファレンス:トランスコーディング

ナビゲーション パス

[Administration] > [Settings] > [Digital Media Encoders] > [Transcoding]

 

表 16-1 [Transcoding] ページ

要素
説明

Transcoding Task Name

意味のある一意の名前を入力します。

Encoder Name

ソース ファイルをトランスコードするエンコーダを選択します。

Start Date/Time

トランスコーディング ジョブを開始する日時を選択します。


入力

Input Encoding Format

ソース ファイルが使用するメディア フォーマット(AVI または MPEG2)を選択します。

Input File Name

ソース ファイル名を入力します。パスを含まないようにしてください。

Input Directory Path

[Input - Local Encoder Drive] を選択します。必要に応じて、次のボタンを使用します。

[Edit]:入力ディレクトリ パスを修正します。

[Clone]:入力ディレクトリ パスをコピーして、修正したりリストに追加できるようにします。

[Add a Path]:新しい入力ディレクトリ パスをリストに追加します。


出力

Output Encoding Format

タイトルに「transcode」という語を含むフォーマットを選択します。

Output Directory Path

[Output - Local Encoder Drive] を選択します。

Output File Name

出力ファイル名を入力します。拡張子には WMV を使用する必要があります。パスを含まないようにしてください。

トランスコーディング ジョブのステータスを表す色分けリファレンス

トランスコーディング タスクのリストで、タスク名の隣にある色分けされたアイコンは、そのステータスを追跡するのに役立ちます。アイコンの色は、次のとおりです。

青色は、トランスコーディングがスケジュール済みか、 または 延期されたことを示します。

アニメーション付きの緑色は、トランスコーディングが進行中であることを示します。

無地の緑色は、トランスコーディングが完了したことを示します。

赤色の場合は、トランスコーディングでエラーが発生し中断したことを示します。


ヒント 詳細については、アイコンの上にマウスを合わせてください。