Cisco コンテンツ デリバリ エンジン 100/200/300/400 ハードウェア インストレーション ガイド
Serverworks チップセット搭載 CDE
Serverworks チップセット搭載 CDE
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Serverworks チップセット搭載 CDE

仕様

CDE100

CDE200

CDE200(IBM)

CDE300

CDE400

コネクタのピン割り当て

Serverworks チップセット搭載 CDE

この付録では、2006 年 12 月 1 日以前に出荷した Serverworks チップセットを搭載したコンテンツ デリバリ エンジン(CDE)の仕様、およびコネクタのピン割り当てについて説明します。

「仕様」

「コネクタのピン割り当て」

仕様

ここでは、Serverworks チップセットを搭載した CDE の技術的な仕様について説明します。

CDE100

 

寸法(高さ×幅×奥行)

1.75(1 U)× 19 × 27.6 インチ(4.45 × 48.26 × 70.10 cm)

重量

完全構成のシャーシ重量(全スロット占有):35 ポンド(15.88 kg)

データベース ストレージ容量

SATA 74 または 320 GB ハード ドライブ× 4

管理インターフェイス

1 ギガビット イーサネット インターフェイス

メモリ

4 ギガバイト RAM

プロセッサ

Pentium 4(3.6 GHz 800 MHz FSB、1 MB キャッシュ)

プロトコル

IP、SNMP、FTP、ギガビット イーサネット、SSH

オペレーティング システム

Red Hat 9.0 ディストリビューション(Linux カーネル 2.4.30 対応)

オペレーティング システム ディスク

60 GB 小型フォーム ファクタ IDE ハード ドライブ

ケーブル長

最大 330 フィート(100 m)(カテゴリ 5E 以上を使用)

パフォーマンス モニタリング

Tandberg と C-COR バック オフィス スイートの両方を統合

電源

ピーク時 350 W(110 および 220 VAC)

ファン アセンブリ

システム監視の動作アラーム付き冗長構成

動作温度

32 ~ 122°F(0 ~ 50°C)

湿度

5 ~ 95%(結露しないこと)

湿度(短期)

5 ~ 98%(96 時間)

高度

-197 ~ 13120 フィート(-60 ~ 4000 m)

CDE200

 

寸法(高さ×幅×奥行)

3.50(2 U)× 17.50 × 28.50 インチ(8.90 × 44.45 × 72.39 cm)

重量

完全構成のシャーシ重量(全スロット占有):53.5 ポンド(24.27 kg)

コンテンツ ストレージ容量

SATA 320、400、または 500 GB ハード ドライブ× 12

管理インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

取り込みインターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

ストリーム インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 3

転送

高密度 MPEG 2 および Advanced Codec、ネットワーク Personal Video Recorder(PVR; パーソナル ビデオ レコーダ)を完全サポート

メモリ

8 ギガバイト RAM

プロセッサ

Dual Xeon(3.2 GHz またはそれ以上)× 2

プロトコル

IP、SNMP、FTP、ギガビット イーサネット、SSH、FSI、DSM-CC、LSCP、RTSP

コントローラ

Marvell SATA

オペレーティング システム

Red Hat 7.3 ディストリビューション(Linux カーネル 2.4.19 対応)

オペレーティング システム ディスク

60 GB 小型フォーム ファクタ IDE ハード ドライブ× 2

ケーブル長

ツイストペア:最大 330 フィート(100 m)(カテゴリ 5E 以上を使用)、4 ペア

光ファイバ SX マルチモード:最大 1640 フィート(500 m)(50/125 mm)、
最大 902 フィート(275 m)(62.5/125 mm)

パフォーマンス モニタリング

Tandberg と C-COR バック オフィス スイートの両方を統合

電源

500 W(110 および 220 VAC または -48 VDC)冗長(ホットスワップ可能) 1

ファン アセンブリ

システム監視の動作アラーム付き冗長構成

動作温度

32 ~ 122°F(0 ~ 50°C)

湿度

5 ~ 95%(結露しないこと)

湿度(短期)

5 ~ 98%(96 時間)

高度

-197 ~ 13120 フィート(-60 ~ 4000 m)

1.CDE200 ISV サーバの電源装置では、ホットスワップ可能か確認できていません。

CDE200(IBM)

 

寸法(高さ×幅×奥行)

3.50(2 U)× 17.50 × 27.48 インチ(8.90 × 44.45 × 69.80 cm)

重量

完全構成のシャーシ重量(全スロット占有):50 ポンド(22.68 kg)

コンテンツ ストレージ容量

SCSI 300 GB ハード ドライブ× 4

管理インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

取り込みインターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

ストリーム インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 3

転送

高密度 MPEG 2 および Advanced Codec

メモリ

8 ギガバイト RAM

プロセッサ

Dual Xeon(3.6 GHz またはそれ以上)× 2

プロトコル

IP、SNMP、FTP、ギガビット イーサネット、SSH、FSI、DSM-CC、LSCP、RTSP

コントローラ

Ultra320 SCSI

オペレーティング システム

Red Hat 7.3 ディストリビューション(Linux カーネル 2.4.19 対応)

オペレーティング システム ディスク

SCSI 73 GB ハード ドライブ× 2

ケーブル長

ツイストペア:最大 330 フィート(100 m)(カテゴリ 5E 以上を使用)、4 ペア

光ファイバ SX マルチモード:最大 1640 フィート(500 m)(50/125 mm)、
最大 902 フィート(275 m)(62.5/125 mm)

パフォーマンス モニタリング

Tandberg と C-COR バック オフィス スイートの両方を統合

電源

625 W(110 および 220 VAC または -48 VDC)冗長(ホットスワップ可能) 2

ファン アセンブリ

システム監視の動作アラーム付き冗長構成

動作温度

高度 0 ~ 3000フィート(914.4 m)では 50 ~ 95°F(10 ~ 35°C)、高度が 1000 フィート上がるごとに 33.35°F システム温度が低下

湿度

8 ~ 80%(結露しないこと)

2.CDE200 ISV サーバの電源装置では、ホットスワップ可能か確認できていません。

CDE300

 

寸法(高さ×幅×奥行)

4.75(3 U)× 17.25 × 27.50 インチ(12.1 × 43.8 × 69.9 cm)

重量

完全構成のシャーシ重量(全スロット占有):12.5 ポンド(56.7 kg)

キャッシュ コンテンツ容量

SCSI 73 GB ハード ドライブ× 16

管理インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

イーサネット インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス(キャッシュおよびストリーム トラフィック用)× 12

転送

高密度 MPEG 2 および Advanced Codec、Pre-encryption およびネットワーク PVR を完全サポート

メモリ

16 ギガバイト RAM

プロセッサ

Dual Xeon(3.2 GHz またはそれ以上)× 2

プロトコル

IP、SNMP、FTP、ギガビット イーサネット、SSH、FSI、DSM-CC、LSCP、RTSP

SCSI コントローラ

Ultra320 SCSI

オペレーティング システム

Enterprise Linux 3

オペレーティング システム ディスク

60 GB 小型フォーム ファクタ IDE ハード ドライブ

ケーブル長

ツイストペア:最大 330 フィート(100 m)(カテゴリ 5E 以上を使用)、4 ペア

光ファイバ SX マルチモード:最大 1640 フィート(500 m)(50/125 mm)、
最大 902 フィート(275 m)(62.5/125 mm)

パフォーマンス モニタリング

Tandberg と C-COR バック オフィス スイートの両方を統合

電源

ピーク時 650 W、通常 506 W(110 および 220 VAC または -48 VDC)冗長(ホットスワップ可能)

ファン アセンブリ

システム監視の動作アラーム付き冗長構成

動作温度

32 ~ 122°F(0 ~ 50°C)

湿度

5 ~ 90%(結露しないこと)

湿度(短期)

5 ~ 98%(96 時間)

高度

-197 ~ 13120 フィート(-60 ~ 4000 m)

CDE400

 

寸法(高さ×幅×奥行)

7.00(4 U)× 17.25 × 26.50 インチ(17.8 × 43.8 × 67.3 cm)

重量

完全構成のシャーシ重量(全スロット占有):150 ポンド(68 kg)

コンテンツ ストレージ容量

SATA 320、400、または 500 GB ハード ドライブ× 24

管理インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

取り込みインターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス× 1

キャッシュ/ストリーム インターフェイス

ギガビット イーサネット インターフェイス(Vault のキャッシュ トラフィック用、ISV のストリーム トラフィック用)× 4 または× 6

転送

高密度 MPEG 2 および Advanced Codec、ネットワーク PVR を完全サポート

メモリ

8 または 16 ギガバイト RAM

プロセッサ

Dual Xeon(3.2 GHz またはそれ以上)× 2

プロトコル

IP、SNMP、FTP、ギガビット イーサネット、SSH、FSI、DSM-CC、LSCP、RTSP

コントローラ

Marvell SATA

オペレーティング システム

Red Hat 7.3 ディストリビューション(Linux カーネル 2.4.19 対応)

オペレーティング システム ディスク

120 GB ATA ハード ドライブ× 2

ケーブル長

ツイストペア:最大 330 フィート(100 m)(カテゴリ 5E 以上を使用)、4 ペア

光ファイバ SX マルチモード:最大 1640 フィート(500 m)(50/125 mm)、
最大 902 フィート(275 m)(62.5/125 mm)

パフォーマンス モニタリング

Tandberg と C-COR バック オフィス スイートの両方を統合

電源

ピーク時 950 W、通常 627 W(110 および 220 VAC または -48 VDC)冗長(ホットスワップ可能)

ファン アセンブリ

システム監視の動作アラーム付き冗長構成

動作温度

32 ~ 122°F(0 ~ 50°C)

湿度

5 ~ 95%(結露しないこと)

湿度(短期)

5 ~ 98%(96 時間)

高度

-197 ~ 13120 フィート(-60 ~ 4000 m)

コネクタのピン割り当て

図C-1 に、CDE100 のコネクタの位置をすべて示します。

図C-1 CDE100 のコネクタの位置

 

1

電源コネクタ

4

シリアル コンソール インターフェイス

2

マウス コネクタ

5

VGA インターフェイス

3

キーボード コネクタ

6

管理インターフェイス(eth0)

図C-2 に、CDE200 のコネクタの位置をすべて示します。

図C-2 CDE200 のコネクタの位置

 

1

電源コネクタ

5

シリアル コンソール インターフェイス

2

マウス コネクタ

6

管理インターフェイス(eth1)

3

キーボード コネクタ

7

ストリーム インターフェイス(eth3、eth4、eth5)

4

VGA インターフェイス

8

取り込みインターフェイス(eth2)


注意 CDE200 シャーシには、ストリーミング インターフェイス NIC がスロット 4 およびスロット 5(左端のスロットから数えて)にインストールされているものもあります。このハードウェア設定では、マザーボードのギガビット イーサネット インターフェイスが、インターフェイス 3/0 および 4/0 として検出されます。NIC のインターフェイスは、1/0、2/0、5/0、および 6/0 として検出されます。インターフェイス番号は、IP アドレスおよびポートチャネルを設定するときに考慮する必要があります。

図C-3 に、CDE200(IBM)のコネクタの位置をすべて示します。

図C-3 CDE200(IBM)のコネクタの位置

 

1

シリアル コンソール インターフェイス

5

取り込みインターフェイス(eth2)

2

マウス コネクタ

6

管理インターフェイス(eth0)

3

キーボード コネクタ

7

ストリーム インターフェイス(eth3、eth4、eth5)

4

VGA インターフェイス

8

電源コネクタ

図C-4 に、CDE300 のコネクタの位置をすべて示します。

図C-4 CDE300 のコネクタの位置

 

1

電源コネクタ

5

VGA インターフェイス

2

マウス コネクタ

6

管理インターフェイス(eth0)

3

キーボード コネクタ

7

キャッシュ/ストリーム インターフェイス(eth2 ~ eth13)

4

シリアル コンソール インターフェイス

図C-5 に、4 つのキャッシュ インターフェイスを搭載した CDE400 のコネクタの位置をすべて示します。

図C-5 4 つのキャッシュ インターフェイスを搭載した CDE400 のコネクタの位置

 

1

電源コネクタ

5

VGA インターフェイス

2

キーボード コネクタ

6

管理インターフェイス(eth2)

3

マウス コネクタ

7

取り込みインターフェイス(eth1)

4

シリアル コンソール インターフェイス

8

キャッシュ/ストリーム インターフェイス(eth3 ~ eth6)

図C-6 に、6 つのキャッシュ インターフェイスを搭載した CDE400 のコネクタの位置をすべて示します。

図C-6 6 つのキャッシュ インターフェイスを搭載した CDE400 のコネクタの位置

 

1

電源コネクタ

5

VGA インターフェイス

2

キーボード コネクタ

6

管理インターフェイス(eth0)

3

マウス コネクタ

7

キャッシュ/ストリーム インターフェイス(eth3 ~ eth8)

4

シリアル コンソール インターフェイス

8

取り込みインターフェイス(eth2)