Cisco Internet Streamer CDS 2.0-2.2 Software コンフィギュレーション ガイド
カバレッジ ゾーン ファイルの作成
カバレッジ ゾーン ファイルの作成
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 5MB) | フィードバック

目次

カバレッジ ゾーン ファイルの作成

概要

カバレッジ ゾーン XML スキーマ

カバレッジ ゾーン ファイルの例

シナリオ 1:クライアント ネットワークのみが指定されたカバレッジ ゾーン

シナリオ 2:データセンターの地理的位置のみが指定されたカバレッジ ゾーン

シナリオ 3:クライアント ネットワークとデータセンターの地理的位置が指定されたカバレッジ ゾーン

カバレッジ ゾーン ファイルの作成

この付録では、カバレッジ ゾーン ファイルについて説明し、カバレッジ ゾーン ファイルの例をいくつか示します。

概要

カバレッジ ゾーン ファイル は、ユーザ定義のカバレッジ ゾーンを指定するための XML ファイルです。カバレッジ ゾーン ファイルは、さまざまなタグをサポートするので、さまざまなタイプのプロキシミティ設定が可能です。

ネットワークおよびサブネット ― IP アドレス範囲を指定

地理的な位置 ― データセンターの緯度と経度を指定

カバレッジ ゾーン情報のほかに、ドキュメンテーション目的でオプションとして、2 種類の要素、カバレッジ ゾーン ファイルのバージョンを指定するリビジョン値とカスタマー名が作成されます。

カバレッジ ゾーン ファイルのインポートまたはアップロードについては、「カバレッジ ゾーン ファイルの登録」を参照してください。

カバレッジ ゾーン ファイルの詳細については、「カバレッジ ゾーン ファイル」を参照してください。

カバレッジ ゾーン ファイルは、任意の ASCII テキスト エディタで作成できます。テキスト形式のカバレッジ ゾーン ファイルを 1 つだけ使用して、Content Delivery System(CDS; コンテント デリバリ システム)ネットワークのあらゆるカバレッジ ゾーンを定義できます。

表C-1 に、カバレッジ ゾーン ファイル要素の定義を示します。

 

表C-1 カバレッジ ゾーン ファイルの要素

タグ
要素
説明

location

latitude

浮動

データセンターの地理的座標(緯度)を示す値

longitude

浮動

データセンターの地理的座標(経度)を示す値

coverageZone

network

IP アドレス

カバレッジ ゾーンの IP アドレス範囲

SE

Service Engine名(ストリング)

ネットワーク要素で指定されたカバレッジ ゾーンを扱うService Engineを指定。1 つまたは複数の要素を指定できます。

metric

整数

エンド ユーザに対するService Engineのプロキシミティを示す値。Service Engineは値が小さいほど、エンド ユーザに近くなります。

location

データセンターの地理的座標(緯度と経度)を示す値

CDNNetwork

revision

1.0

この CDS リリースでは未使用

customerName

カスタマー名

この CDS リリースでは未使用

coverageZone

1 つまたは複数のカバレッジ ゾーンを指定できます。


) デフォルト カバレッジ ゾーンのメトリック値は、20 に設定されます。特定の SE に優先的にユーザ定義カバレッジ ゾーンを使用させる場合は、カバレッジ ゾーン ファイルのメトリック値を 20 より小さい値に設定する必要があります。デフォルト カバレッジ ゾーンを優先させる場合は、カバレッジ ゾーン ファイルのメトリック値を 20 より大きい値に設定する必要があります。


カバレッジ ゾーン XML スキーマ

XML スキーマ ファイルで、XML ファイルの内容を記述します。coveragezone.xsd ファイルに XML スキーマが含まれます。

次のコードは カバレッジ ゾーン XML スキーマです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<xsd:schema xmlns:xsd="http://www.w3.org/2001/XMLSchema">
<xsd:annotation>
<xsd:documentation>Revision: 1.0</xsd:documentation>
</xsd:annotation>
<xsd:annotation>
<xsd:documentation> Schema used to validate Cisco CoverageZone file </xsd:documentation>
</xsd:annotation>
<xsd:simpleType name="ipAddressType">
<!-- IPv4 Address -->
<!-- Snum = 1*3Digit ; representing a decimal integer -->
<!-- ; value in the range 0 through 255 -->
<!-- IPv4-address-literal - Snum 3("." Snum) -->
<xsd:restriction base="xsd:token">
<xsd:pattern value="((1?[0-9]?[0-9]|2[0-4][0-9]|25[0-5])\.){3}(1?[0-9]?[0-9]|2[0-4][0-9]|25[0-5])/[0-9]+"/>
</xsd:restriction>
</xsd:simpleType>
<xsd:simpleType name="SENameType">
<xsd:restriction base="xsd:string">
<xsd:maxLength value="80"/>
</xsd:restriction>
</xsd:simpleType>
<xsd:simpleType name="LatitudeType">
<xsd:restriction base="xsd:float">
<xsd:minInclusive value="90" />
<xsd:maxInclusive value="90" />
</xsd:restriction>
</xsd:simpleType>
<xsd:simpleType name="LongitudeType">
<xsd:restriction base="xsd:float">
<xsd:minInclusive value="180" />
<xsd:maxInclusive value="180" />
</xsd:restriction>
</xsd:simpleType>
<xsd:complexType name="locationType">
<xsd:sequence>
<xsd:element name="latitude" type="LatitudeType">
<xsd:element name="longitude" type="LongitudeType">
</xsd:sequence>
</xsd:complexType>
<xsd:complexType name="coverageZoneType">
<xsd:sequence>
<xsd:choice maxOccurs="1">
<xsd:sequence maxOccurs="2">
<xsd:element name="network" type="ipAddressType"/>
<xsd:element name="location" type="locationType"/>
</xsd:sequence>
<xsd:choice maxOccurs="1">
<xsd:element name="network" type="ipAddressType"/>
<xsd:element name="location" type="locationType"/>
</xsd:choice>
</xsd:choice>
<xsd:element name="SE" type="SENameType" maxOccurs="unbounded" />
<xsd:element name="metric" type="xsd:positiveInteger"maxOccurs="1" />
</xsd:sequence>
</xsd:complexType>
<xsd:element name="CDNNetwork">
<xsd:complexType>
<xsd:sequence>
<xsd:element name="revision" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1" />
<xsd:element name="customerName" type="xsd:string" minOccurs="0" maxOccurs="1" />
<xsd:element name="coverageZone" type="coverageZoneType" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/>
</xsd:sequence>
</xsd:complexType>
</xsd:element>
</xsd:schema>
 

カバレッジ ゾーン ファイルの例

下記に 3 種類のシナリオで、さまざまなカバレッジ ゾーン ファイルの例を示します。

シナリオ 1:クライアント ネットワークのみが指定されたカバレッジ ゾーン

<?xml version=”1.0” ?>
<!-- Coverage Zone data in XML -->
<CDNNetwork>
<revision>1.0</revision>
<customerName>Cisco Systems</customerName>
<!-- San Jose Datacenter -->
<coverageZone>
<network> 192.1.2.0/16 </network>
<SE> CDE-200-SE1 </SE>
<SE> CDE-200-SE2 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- Chicago Datacenter -->
<coverageZone>
<network> 192.1.3.0/24 </network>
<SE> CDE-200-SE3 </SE>
<SE> CDE-200-SE4 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- New York Datacenter -->
<coverageZone>
<network> 192.1.4.0/24 </network>
<SE> CDE-200-SE5 </SE>
<SE> CDE-200-SE6 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
</CDNNetwork>
 

シナリオ 2:データセンターの地理的位置のみが指定されたカバレッジ ゾーン

<?xml version=”1.0” ?>
<!-- Coverage Zone data in XML -->
<CDNNetwork>
<revision>1.0</revision>
<customerName>Cisco Systems</customerName>
<!-- San Jose Datacenter -->
<coverageZone>
<location>
<latitude> 20 </latitude>
<longitude> -120 </longitude>
</location>
<SE> CDE-200-SE1 </SE>
<SE> CDE-200-SE2 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- Chicago Datacenter -->
<coverageZone>
<location>
<latitude> 20 </latitude>
<longitude> -120 </longitude>
</location>
<SE> CDE-200-SE3 </SE>
<SE> CDE-200-SE4 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- New York Datacenter -->
<coverageZone>
<location>
<latitude> 20 </latitude>
<longitude> -120 </longitude>
</location>
<SE> CDE-200-SE5 </SE>
<SE> CDE-200-SE6 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
</CDNNetwork>

シナリオ 3:クライアント ネットワークとデータセンターの地理的位置が指定されたカバレッジ ゾーン

<?xml version=”1.0” ?>
<!-- Coverage Zone data in XML -->
<CDNNetwork>
<revision>1.0</revision>
<customerName>Cisco</customerName>
<!-- San Jose Datacenter -->
<coverageZone>
<network> 192.1.2.0/16 </network>
<SE> CDE-200-SE1 </SE>
<SE> CDE-200-SE2 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- Chicago Datacenter -->
<coverageZone>
<location>
<latitude> 20 </latitude>
<longitude> -120 </longitude>
</location>
<SE> CDE-200-SE3 </SE>
<SE> CDE-200-SE4 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
<!-- New York Datacenter -->
<coverageZone>
<network> 192.1.4.0/24 </network>
<SE> CDE-200-SE5 </SE>
<SE> CDE-200-SE6 </SE>
<metric> 10 </metric>
</coverageZone>
</CDNNetwork>