ビデオ : Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ

Cisco CMTSのアドミッション制御

Cisco CMTSのアドミッション制御
発行日;2011/12/22 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco CMTSのアドミッション制御

内容

Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件

Cisco CMTSにおけるアドミッション制御の制限事項

注意事項

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御に関する注意事項

Cisco CMTSアドミッション制御機能の概要

アドミッション制御およびCiscoユニバーサル ブロードバンド ルータ

Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータ上のアドミッション制御

Cisco uBR7246VXRユニバーサル ブロードバンド ルータ上のアドミッション制御

Cisco CMTSのアドミッション制御およびメモリ要件

アドミッション制御およびCisco CMTSリソース

アドミッション制御およびCPU使用率

アドミッション制御およびメモリ使用率

アドミッション制御およびアップストリームまたはダウンストリーム帯域利用率

アップストリームまたはダウンストリーム帯域のスレッシュホールド

専用帯域および共有帯域スレッシュホールド

アドミッション制御およびダウンストリーム帯域

アドミッション制御およびアップストリーム帯域

コンフィギュレーション コマンドの優先順位

Cisco CMTSのアドミッション制御およびその他の機能

アドミッション制御およびハイ アベイラビリティ機能

アドミッション制御およびロードバランシング

アドミッション制御およびスペクトル管理

Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法

イベント タイプのアドミッション制御設定

前提条件

次の作業

CPUの使用率に基づいたアドミッション制御の設定

前提条件

メモリ リソースに基づいたアドミッション制御の設定

前提条件

帯域アドミッション制御の妥当性検査

ダウンストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定

前提条件

ダウンストリーム トラフィックのアドミッション制御例

アップストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定

前提条件

アップストリーム トラフィック タイプでのアドミッション制御例

次の作業

アップストリームおよびダウンストリーム帯域利用率の計算

Cisco CMTSアドミッション制御のトラブルシューティング方法

イベント タイプ別アドミッション制御のトラブルシューティング

CPUリソースに関するアドミッション制御のデバッグ

メモリ リソースに関するアドミッション制御のデバッグ

ダウンストリーム帯域に関するアドミッション制御のデバッグ

アップストリーム スループットに関するアドミッション制御のデバッグ

Cisco CMTSアドミッション制御の設定例

共有しない設定のアドミッション制御例

ベストエフォート型トラフィックと共有する設定のアドミッション制御例

ベストエフォート型トラフィックのない共有設定のアドミッション制御例

Cisco CMTSアドミッション制御のコマンド リファレンス

cable admission-control

cable admission-control event

cable admission-control ds-bandwidth

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

clear cable admission control counters

debug cable admission-control

show cable admission-control

Cisco CMTSアドミッション制御のMIB仕様

アドミッション制御の準拠規格、適合性、および機能に関する情報

アドミッション制御の適合性

アドミッション制御の適合性に関するMIBユニット

Cisco CMTSにおけるアドミッション制御用のMIB機能

アドミッション制御MIBのオブジェクト識別子

アドミッション制御MIBの表記規則

アドミッション制御グループのMIBオブジェクト

アドミッション制御に関する通知

CISCO-CABLE-ADMISSION-CTRL-MIB

ciscoCableAdmCtrlMIBモジュール

MIBモジュールの制約

アドミッション制御におけるPacketCableおよびPCMMのMIBおよびMIBオブジェクト

CISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIB

CISCO-DOCS-EXT-MIB

CISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIBモジュール

Cisco DOCSIS PacketCable MIB通知

PacketCableに関するアドミッション制御適合ステートメント オブジェクト識別子

CPUおよびメモリ リソースの設定に関するMIBオブジェクト

アップストリーム チャネル使用率の設定に関するMIBオブジェクト

ダウンストリーム帯域利用率の設定に関するMIBオブジェクト

アドミッション制御イベント ヒストリの設定に関するMIBオブジェクト

CPUおよびメモリ使用率のモニタに関するMIBオブジェクト

アップストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト

ダウンストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト

アドミッション制御方式

CPUおよびメモリ リソースのアドミッション制御ダンプニング

アドミッション制御の真理表

関連資料

関連資料

MIB

テクニカル サポート

用語集

Cisco CMTSのアドミッション制御

Cisco Cable Modem Termination System(CMTS;ケーブル モデム終端システム)のアドミッション制御は、CMTSヘッドエンド上でQuality of Service(QoS;サービス品質)ポリシーを多機能に実装します。アドミッション制御により、従来のCisco IOSリリースでは不可能だった方法で、リソースと帯域を効率的に活用できます。

アドミッション制御は、Cisco CMTS上の複数のシステムレベル リソースをモニタし、サービス要求ごとに自動リソース割り当てを実行します。アドミッション制御は、Cisco CMTS全体のパフォーマンスを低下させるようなリソース消費を防ぐことによって、システムレベルで最適な動作を維持します。さらに、アドミッション制御は特定のDOCSISトラフィック タイプにアップストリームまたはダウンストリームの帯域リソースを割り当てることができるので、非常に動的なトラフィック状態でも、優先順位は維持されます。

システムレベルまたは帯域レベルで、リソースがクリティカルな消費レベルに近づくと、アドミッション制御が計画的かつ適切にサービス レベルを引き下げます。アドミッション制御は、トラフィックおよびリソース モニタ用に複数の新しいコマンドをサポートします。このマニュアルでは、Cisco IOS Release 12.3(13)BCが稼働しているCisco CMTSにおけるアドミッション制御の概要、設定、動作などについて説明します。

Cisco CMTS用アドミッション制御機能の履歴

 

リリース
変更

12.3(13)BC

ユニバーサル ブロードバンド ルータのCisco uBR10012およびCisco uBR7246VXRにこの機能が組み込まれました。


アドミッション制御はよく使用される用語であり、他のシスコ製品やシスコのテクノロジーに対応する類似した名称の機能にも適用されます。Cisco IOS 12.1 ECソフトウェアが稼働しているCisco uBR7114ユニバーサル ブロードバンド ルータでは、独自のアドミッション制御がサポートされます。

この旧式のアドミッション制御機能は、所定のアップストリームで許容されるアップストリーム チャネル容量の割合を設定します。詳細については、『Cisco uBR7100 Series Software Configuration Guide』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2211/products_configuration_guide_book09186a008007ca9a.html

 

プラットフォームおよびCisco IOSソフトウェア イメージのサポート情報

プラットフォームおよびCisco IOSソフトウェア イメージのサポート情報を調べるには、Cisco Feature Navigatorを使用します。Cisco Feature Navigatorは、 http://www.cisco.com/go/fn からアクセスできます。Feature Navigatorにアクセスするには、Cisc.comのアカウントが必要です。アカウントを登録していない場合、またはユーザ名とパスワードを忘れた場合には、ログイン ダイアログ ボックスで Cancel をクリックして表示される手順に従います。

Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件

Cisco CMTSのアドミッション制御には、Cisco IOS Release 12.3(13)BC以上が必要です。また、次の条件を満たす必要があります。

Cisco uBR10012ルータ

Cisco uBR10012ルータにPerformance Routing Engine 1または2(PRE1またはPRE2)モジュールが搭載されていて、動作可能でなければなりません。

Cisco uBR10012ルータにCisco uBR10-MC5X20U Broadband Processing Engines(BPE)が搭載されていて、動作可能でなければなりません。

Cisco uBR7246VXRルータ

Cisco uBR7246VXRルータにCisco uBR-MC28U Broadband Processing Engine(BPE)またはCisco MC16/MC28ケーブル インターフェイス ライン カードが搭載されていて、動作可能でなければなりません。

Cisco CMTSにおけるアドミッション制御の制限事項

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御機能は、Cisco CMTS上で次のリソース モニタをサポートします。

Cisco CMTS上のアップストリームおよびダウンストリーム帯域

Cisco uBR10012およびCisco uBR7246VXRルータ シャーシ(Cisco uBR10-MC5X20UおよびCisco uBR-MC28U BPE)上のCPU使用率およびメモリ リソース

今後のCisco IOSリリースでは、Cisco CMTS上のアドミッション制御に関連するリソースが拡張される予定です。

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御に適用される一般的な制限事項は、次のとおりです。

アドミッション制御は、Cisco uBR10012ルータのWAN帯域モニタをサポートしません。

注意事項

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御に関する注意事項

 

表1 Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御に関する注意事項

DDTS ID番号
説明

リリース ノートを参照

米国の予約値は同じ音声コールとは異なる増え方になる

値が1%の精度で出力されることが原因で、このような明確な相違が生じる場合があります。1%未満は出力されません。したがって、実際の値が4.6%の場合は4%、5.2%の場合は5%のように出力されます。そのため、最初のコールは帯域の4%を消費し、次のコールは5%を消費したように見え、相違が実際以上に目立つ可能性があります。

リリース ノートを参照

サービス クラスのスケジューリング タイプがサービス クラス名に対して正しくない

特定のサービス クラス名に対応するスケジューリング タイプがCMコンフィギュレーション ファイルおよびルータ コンフィギュレーションの指定と異なる場合、ルータ コンフィギュレーションのタイプが優先されます。

リリース ノートを参照

音声コール時のスレッシュホールド カウンタが矛盾する

アドミッション制御によるチェックは、DSA要求またはDSC要求のたびに実行されます。同じ音声コールに対して、MTAデバイスが複数のDSC要求メッセージを送信することがあります。このようなメッセージの一部は、追加の帯域幅を要求しない可能性があります。新しい帯域が要求されず、そのときの使用率がメジャーまたはマイナー スレッシュホールドを超えていても、アラームが生成され、カウンタが増えます。

CSCsb27203

妥当性検査

アドミッション制御は、妥当性検査で帯域スレッシュホールドを検証しますが、検証はこの機能が設定されているトラフィック タイプに限定されます。それ以外のトラフィック タイプに関して、アドミッション制御はCisco CMTS上のリソース設定を検証しません。

たとえば、CIRデータに対して、ダウンストリーム(DS)帯域のアドミッション制御を40%の専用帯域スレッシュホールドに設定した場合、音声データの帯域使用は結果的に、設定可能な総帯域の60%に制限されます。この例では、専用帯域スレッシュホールドと共有帯域スレッシュホールドの合計が使用可能な総帯域の60%未満になるように、音声帯域スレッシュホールドが設定されます。

この例ではさらに、音声データによる使用が暗黙的に設定された限度である60%の帯域を超過し、データ専用として予約された40%の帯域を使用する可能性があります。この問題を回避するには、所定の方向(USまたはDS)のあらゆるトラフィック タイプにアドミッション制御を設定します。

音声にアドミッション制御のスレッシュホールドを設定しなかった場合、音声に関するアドミッション制御チェックは実行されません。したがって、新しいコールはアドミッション制御チェックなしで受け入れられます。

Cisco CMTSアドミッション制御機能の概要

Cisco CMTSのアドミッション制御は、着信サービス要求の処理やサポートに1つ以上のリソースが使用できなかった場合に、サービス フロー要求を適切に管理するメカニズムです。このようなメカニズムがないと、新しい要求が予想外の動作でエラーになるだけではなく、処理中のフローに品質面で問題が生じる可能性があります。アドミッション制御は、このようなリソースをたえずモニタし、リソースを使用できるかどうかに応じて、要求を受け付けまたは廃棄します。

アドミッション制御によって、コール アドミッション時に加入者に対して妥当なQoSを保証できます。また、リソースの消費量がクリティカル レベルに近づいた場合は、無理のないサービス引き下げが可能です。アドミッション制御によって、通常であれば加入者に対するQoSが低下するような状況でも、予測不能なトラフィック需要の影響が軽減されます。

アドミッション制御では、リソース モニタとリソース管理に2種類のイベント タイプを使用します。ケーブル モデム レジストレーション要求とダイナミック サービス(音声コール)要求です。Cisco CMTS上でこの2つのうち、どちらかのイベントが発生すると、サービス コール要求を承認してサポートする前に、関連リソースが設定限度に適合しているかどうかをアドミッション制御が検証します。

アドミッション制御は、トラフィック フローにQoSを適用するためのメカニズムではありません。スケジューリングとキューイングは、QoSの実装に使用するメカニズムです。QoSはパケット単位で適用されます。アドミッション制御チェックは、フローのコミット前に実行されます。

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御機能は、Cisco CMTS上の次のリソースをモニタします。

CPU使用率 ― アドミッション制御は、Cisco CMTS上のCPU使用率をモニタし、新しいトラフィックがCisco CMTSのCPUリソースに悪影響を与える場合に、既存のサービス フローに対するQoSを維持します。

メモリ リソースの使用率(入出力、プロセッサ、および合計) ― アドミッション制御は、一方または両方のメモリ リソースとその消費量をモニタし、CPU使用率の場合と同様にQoSを維持します。

アップストリームおよびダウンストリームの帯域利用率 ― アドミッション制御は、アップストリームおよびダウンストリームの帯域利用率、対応するサービス クラス、データ トラフィックなのかダイナミック サービス トラフィックなのかをモニタします。


「アドミッション制御およびCisco CMTSリソース」も参照してください。



) アドミッション制御は、モニタ対象のリソースに応じて、クリティカル スレッシュホールドを超えたとき、またはCisco CMTS上で帯域がほぼ使い果たされた時点で、適切にサービス レベルを引き下げます。


アドミッション制御を使用すると、Cisco CMTS上の各リソースにメジャー スレッシュホールドおよびマイナー スレッシュホールドを設定できます。このスレッシュホールドは、許容されるリソース最大使用率(%)で表します。所定のリソースについて、マイナー スレッシュホールドまたはメジャー スレッシュホールドを超えるたびに、アラーム トラップが送信される可能性があります。

CPU、メモリなど、システムレベルのリソースの使用率に関しては、メジャー スレッシュホールドおよびマイナー スレッシュホールドのほかにクリティカル スレッシュホールドを設定できます。クリティカル スレッシュホールドを超えると、関連リソースが低いスレッシュホールド レベルに戻るまで、それ以後のサービス要求は適切に拒否されます。

アップストリーム(US)チャネルおよびダウンストリーム(DS)チャネルには、専用帯域スレッシュホールドおよび共有帯域スレッシュホールドで帯域割り当てを設定できます。これらのスレッシュホールドは、DOCSISトラフィック タイプを指定して設定できます。

専用帯域とは、指定されたトラフィック タイプ専用に割り当てる帯域の割合です。この帯域は、他のトラフィック タイプと共有できません。

共有帯域とは、専用帯域のほかに設定する帯域の割合です。共有帯域は、DOCSISトラフィック タイプごとにも設定します。共有帯域は保証されません。他のトラフィック タイプと共有可能です。

専用帯域スレッシュホールドと共有帯域スレッシュホールドの合計は、特定のトラフィック タイプが使用できる最大帯域を示します。

ここでは、その他のアドミッション制御情報を取り上げます。

「アドミッション制御およびCiscoユニバーサル ブロードバンド ルータ」

「アドミッション制御およびCisco CMTSリソース」

「アドミッション制御およびCPU使用率」

「アドミッション制御およびメモリ使用率」

「アドミッション制御およびアップストリームまたはダウンストリーム帯域利用率」

「コンフィギュレーション コマンドの優先順位」

「Cisco CMTSのアドミッション制御およびその他の機能」

アドミッション制御およびCiscoユニバーサル ブロードバンド ルータ

Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータ上のアドミッション制御

Cisco IOS Release 12.3(13)BCは、Cisco uBR10012ルータおよびあらゆるBPE上でアドミッション制御をサポートします。

Cisco uBR7246VXRユニバーサル ブロードバンド ルータ上のアドミッション制御

Cisco IOS Release 12.2(13)BCは、Cisco uBR7246VXRルータ上でアドミッション制御をサポートします。

Cisco CMTSのアドミッション制御およびメモリ要件

Cisco CMTSのアドミッション制御は、Cisco CMTS上でQoSを維持し、消費量が供給可能なリソースを超過する場合には適切にサービス レベルを引き下げる、有力な機能です。

各種スケジューリング タイプ、アップストリームまたはダウンストリーム トラフィックの分配、および関連するリソース チェック プロセスの情報を維持して保管するために、Ciscoユニバーサル ブロードバンド ルータにメモリを追加する必要があります。メモリ要件およびCisco IOS Release 12.3(13)BCの詳細については、製品に対応するリリース ノートを参照してください。

『Release Notes for Cisco uBR10012 Universal Broadband Router for Cisco IOS Release 12.3 BC』

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps5413/prod_release_note09186a0080326360.html

『Release Notes for Cisco uBR7200 Series for Cisco IOS Release 12.3 BC』

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps5413/prod_release_note09186a00803265f8.html

アドミッション制御およびCisco CMTSリソース

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御機能は、Cisco CMTSの次のリソースに適切なQoSポリシーを実装します。

システムレベル リソース ― すべてのCisco CMTS機能に影響

Route Processor(RP;ルート プロセッサ)またはBPEモジュールのCPU使用率

RPまたはBPE モジュール上の入出力メモリ

プロセッサ メモリ

帯域レベル リソース ― インターフェイス単位またはポート単位のトラフィックに影響

Ciscoケーブル インターフェイス ライン カードまたはBPE上のダウンストリームDOCSIS 1.1帯域およびQoSサポート

Ciscoケーブル インターフェイス ライン カードまたはBPE上のアップストリームDOCSIS 1.1帯域およびQoSサポート

Cisco IOS Release 12.3(13)BCは、次のCisco CMTSルータで次のリソースをサポートします。

Cisco uBR10012ルータ リソース

Cisco uBR RP

CPU使用率

プロセッサ メモリ

入出力メモリ

Cisco uBRケーブル インターフェイス ライン カード

ダウンストリーム帯域

アップストリーム帯域

Cisco MC28U搭載のCisco uBR7246VXR RP

Cisco uBR RP

CPU使用率

プロセッサ メモリ

入出力メモリ

Cisco uBRケーブル インターフェイス ライン カード

ダウンストリーム帯域

アップストリーム帯域

Cisco MC28U未搭載のCisco uBR7246VXR RP

Network Processing Engine(NPE;ネットワーク処理エンジン)

CPU使用率

プロセッサ メモリ

入出力メモリ

ダウンストリーム帯域

アップストリーム帯域

詳細については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

アドミッション制御およびCPU使用率

CPU使用率は5秒間の平均または1分間の平均として定義し、モニタします。どのリソースの場合も、同時に2種類の平均を設定することはできません。CPU使用率に関しては、マイナー、メジャー、およびクリティカルのスレッシュホールド レベルを設定できます。

詳細については、「CPUの使用率に基づいたアドミッション制御の設定」を参照してください。

アドミッション制御およびメモリ使用率

アドミッション制御では、Cisco CMTS上に最大3種類のメモリ オプションを定義できます。

入出力メモリ ― 現在使用可能な(空き)入出力メモリ

プロセッサ メモリ ― 現在使用可能なプロセッサ メモリ

両方 ― ルータ上で使用可能な合計(入出力およびプロセッサ)メモリ

メモリ リソースはCPU使用率と同様、マイナー、メジャー、およびクリティカルのスレッシュホールド レベルを設定できます。Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、メモリ ベースのアドミッション制御は、メインCPUのメモリでサポートされます。BPEライン カード メモリではサポートされません。

詳細については、「メモリ リソースに基づいたアドミッション制御の設定」を参照してください。

アドミッション制御およびアップストリームまたはダウンストリーム帯域利用率

アドミッション制御を使用すると、各種DOCSISトラフィック タイプの帯域使用量を制御できます。


) このマニュアル全体を通じて、帯域はアップストリームまたはダウンストリームでの実際のスループットを意味します。


ケーブル モデムのレジストレーション要求であるか、ダイナミック サービス要求(PacketCable音声コール)であるかを問わず、新しいイベントが発生するたびに、アドミッション制御が設定されたスレッシュホールドに基づいて帯域を使用できるかどうかを調べます。新しい音声コール(またはその他のダイナミック サービス)の場合、スレッシュホールドを超えると、新しいサービス要求が適切に拒否されます。

ケーブル モデム レジストレーションに関しては、Constant Bit Rate(CBR;固定ビット レート)帯域要求でサービス フロー要求が開始され、帯域が使用できなかった場合、要求は処理されますが、アラームが生成されます。アドミッション制御に設定されたスレッシュホールドを超えても、アドミッション制御がケーブル モデムのオンライン化を妨げることはありません。

したがって、スレッシュホールドを超過したときにアドミッション制御が拒否できるサービス要求は、緊急ではない911音声コールだけです。

詳細については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

アップストリームまたはダウンストリーム帯域のスレッシュホールド

アドミッション制御は、マイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドでアップストリームまたはダウンストリームの帯域消費量をモニタします。アドミッション制御は、帯域消費量がマイナーおよびメジャー スレッシュホールドを超過した時点で、アラーム トラップを生成します。詳細については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

専用帯域および共有帯域スレッシュホールド

マイナーおよびメジャー スレッシュホールドのほかに、アドミッション制御では専用帯域または共有帯域スレッシュホールドを設定できます。

専用 帯域スレッシュホールドでは、アップストリーム帯域またはダウンストリーム帯域に関して、総帯域(100%)に占める割合を定義し、その帯域を特定のトラフィック タイプ専用にします。

共有 帯域スレッシュホールドは、複数のトラフィック タイプで共有できます。共有帯域は通常、ベストエフォート型トラフィックが使用しますが、必要に応じて他のトラフィック タイプでも使用できます。

トラフィックの使用量が専用帯域スレッシュホールドを超過すると、アドミッション制御機能が使用可能な共有帯域がないかを調べます。十分な共有帯域が使用できる場合に限り、新しいサービス要求が許容されます。

アドミッション制御およびダウンストリーム帯域

ダウンストリーム帯域に関するアドミッション制御では、データ トラフィックとPacketCable音声がサポートされます。

フローがPacketCableゲートと対応付けられている場合、トラフィックは音声に分類されます。

ゼロ以外の最低予約レートが設定されている他のサービス フローはすべて、データ トラフィックに分類されます。最低予約レートがゼロのサービス フローは、ベストエフォート型トラフィックに分類されます。ベストエフォート型トラフィックは、共有帯域または未設定帯域を使用できます。ベストエフォート型フローが作成された場合、アドミッション制御チェックは実行されません。

アドミッション制御およびアップストリーム帯域

アップストリーム帯域に基づいたアドミッション制御を使用すると、DOCSIS仕様の定義に従い、各種スケジューリング サービスの帯域使用率を制御できます。アドミッション制御チェックは、ケーブル モデムのレジストレーション時または音声コールなどのダイナミック サービス イベントが発生したときに実行されます。

DOCSIS仕様では、アップストリーム チャネルのサービス フローにQoSパラメータを結合するスケジューリング サービスが定義されています。定義されているスケジューリング サービスまたはスケジューリング タイプは、次のとおりです。

Best Effort(BE;ベストエフォート)

Non-Real-Time Polling Service(NRTPS;非リアルタイム ポーリング サービス)

Real-Time Polling Service(RTPS;リアルタイム ポーリング サービス)

Unsolicited Grant Service with Activity Detection(UGS-AD;非送信請求認可サービス アクティビティ検出)

Unsolicited Grant Service(UGS;非送信請求認可サービス)


) この場合、BEトラフィックはゼロ以外の最小予約レートが設定されたBEトラフィックです。DOCSISの用語では、これをCommitted Information Rate(CIR;認定情報速度)トラフィックといいます。このマニュアルでは、ゼロの最低予約レートが設定されたBEトラフィックを「未分類BE」トラフィックといいます。この未分類BEトラフィックは、あらゆる専用帯域または未使用帯域を使用できます。


アップストリームのスケジューリング タイプごとに、次の指定が可能です。

所定のスケジューリング タイプのすべてのセッション用に残しておく(専用)合計スループットの割合

所定のスケジューリング タイプのすべてのセッションに割り当てられる(共有)合計スループットの割合

サービス フローはサービス クラス テンプレートとして定義し、サービス クラス名を対応付けます。これは通常、DOCSISコンフィギュレーション ファイルで定義します。特定のサービス クラスにアドミッション制御スレッシュホールドを設定することもできます。サービス クラスのスレッシュホールドは、所属先スケジューリング タイプのスレッシュホールドの範囲内です。したがって、所定のスケジューリング タイプのすべてのサービス クラスについて、専用帯域スレッシュホールドの合計は、そのスケジューリング タイプの専用帯域スレッシュホールド未満でなければなりません。


) アップストリームのDOCSISサービス クラスは、アドミッション制御を設定する前にCisco CMTS上で定義する必要があります。


詳細については、「アップストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定」を参照してください。

コンフィギュレーション コマンドの優先順位

帯域に基づいたアドミッション制御は、インターフェイス レベルまたはグローバル レベルで設定できます。アップストリームの帯域では、アップストリーム レベル単位でもアドミッション制御を設定できます。

インターフェイス レベルとグローバル レベルの両方でアドミッション制御を設定し、その後、インターフェイス レベルの設定を削除した場合、グローバル設定のスレッシュホールドがそのインターフェイスで有効になります。

グローバルに設定した場合は、すべてのインターフェイス(DSまたはUS)に同じグローバル設定が適用されます。グローバル設定のほかに、またはグローバル設定の代わりに、インターフェイスに帯域を設定した場合は、そのインターフェイスに設定されたスレッシュホールドによってグローバルなスレッシュホールド値が上書きされます。また、アップストリーム帯域では、個別のアップストリームを設定した場合、その設定値によってインターフェイス レベルの設定またはグローバル設定の値が上書きされます。


) USまたはDS帯域に適用されるスレッシュホールドは、物理インターフェイスに適用されます。アドミッション制御のコンフィギュレーション コマンドは、サブインターフェイス、バンドリング インターフェイスといった仮想インターフェイスには適用されません。


Cisco CMTSのアドミッション制御およびその他の機能

アドミッション制御およびハイ アベイラビリティ機能

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、HCCP N+1冗長性およびRPスイッチオーバー イベントに関して、アドミッション制御の設定は次のように、ハイ アベイラビリティ機能と相互に作用します。

Cisco CMTSのアドミッション制御およびHCCP N+1冗長性

Cisco uBR10012ルータ上でHCCP N+1冗長性が設定されている場合、HCCP実行インターフェイスと保護インターフェイス間で予定されたスイッチオーバーまたは予定外のスイッチオーバー イベントが発生しても、アドミッション制御の設定は維持されます。このようなスイッチオーバー イベントが生じたトラフィックおよびサービスでは、緊急911音声コールの優先順位を含め、アドミッション制御リソースの割り当てが自動的に維持されます。

設定については、『 N+1 Redundancy for the Cisco Cable Modem Termination System 』を参照してください。

Cisco uBR10012ルータのアドミッション制御およびRPR+

Cisco uBR10012ルータ上でRoute Processor Redundancy Plus(RPR+)が設定されている場合、PREモジュールがプライマリRPからセカンダリRPに切り替わっても、設定されたパラメータが維持されます。CLI(コマンドライン インターフェイス)の設定は、スイッチオーバー時にRP間で同期してサポートされますが、次のカウンタと統計情報に注意する必要があります。

CPUおよびメモリ リソースに関するアドミッション制御のカウンタおよび統計情報は、PREのスイッチオーバー イベントが発生すると失われます。

アドミッション制御の帯域リソース(DS/USカウンタおよび統計情報)は、ライン カードで維持され、そのまま使用されます。

RPR+の総合的な設定については、Cisco.comにアクセスして『 Route Processor Redundancy Plus on the Cisco uBR10012 Universal Broadband Router 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2209/products_feature_guide09186a00801a24e0.html

アドミッション制御およびロードバランシング

Cisco CMTSのロードバランシング機能によって、アップストリームとダウンストリームの帯域を効率的に使用できます。アドミッション制御との相互作用で、ロードバランシングは次の利点をもたらします。

スタティック サポート ― ケーブル モデムのレジストレーション時にアップストリーム チャネルとダウンストリーム チャネルの均衡を図ります。

ダイナミック サポート ― 稼働中にチャネルの負荷をリアルタイムでモニタして分散させます。

ダイナミック ロードバランシングの一部としてアップストリームまたはダウンストリーム間を移動するケーブル モデムには、任意の一時点でアクティブな音声コールが存在している可能性があります。したがって、Upstream Channel Change(UCC;アップストリーム チャネル変更)およびDownstream Channel Change(DCC;ダウンストリーム チャネル変更)では、リソースがアドミッション制御によって損なわれないことを次のように検証します。

CPUの使用率に関しては、メインCPUプロセッサ リソースだけが考慮されるので、ケーブル モデムが別のアップストリームまたはダウンストリームに移動するときに、CMTSの実効CPUは影響を受けません。したがって、CPU使用率に関するアドミッション制御が設定されている場合でも、CPUではアドミッション制御が実行されません。

メモリもCPUの使用率と同様、メインCPUメモリ リソースだけが規制の対象です。したがって、ケーブル モデムの移動の影響は無視できる程度であり、アドミッション制御チェックは不要です。

アップストリームのDOCSIS帯域に関しては、ケーブル モデムが新しいアップストリーム チャネルに移行したときに、新しいチャネルのアドミッション制御条件と異なってはなりません。したがって、ロードバランシング イベントの発生時にアドミッション制御チェックが実行されます。新しいチャネルのスレッシュホールド要件を満たさない場合、チャネル変更は禁止されます。

たとえば、総負荷70%のアップストリーム チャネルUpstream1から負荷がわずか20%の別のチャネルUpstream2に、UGSフローの設定されたケーブル モデムが移動する場合について考えてみます。Upstream2で、UGSフローにアドミッション制御スレッシュホールドの18%だけが設定されている場合、移行は失敗します。

ダウンストリームDOCSIS帯域でも、アップストリームの場合と同様、使用可能な帯域が不足している新しいダウンストリーム チャネルにケーブル モデムを移動させようとすると、意図したロードバランシングが妨害される可能性があります。

Cisco CMTSにおけるロードバランシングの詳細については、Cisco.comにアクセスして次のマニュアルを参照してください。

『Load Balancing for the Cisco CMTS』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_feature_guide09186a00801b17f2.html

アドミッション制御およびスペクトル管理

Cisco IOS Release 12.3(13)BCのアドミッション制御は、シスコのルータ上で設定されているスペクトル管理および周波数ホッピングとも連動します。このような帯域はパーセンテージとして割り当てられ、この割合および対応するスレッシュホールドが周波数ホッピング後も維持されます。帯域利用率が専用帯域と共有帯域の合計を下回っているときに音声コールが廃棄されると、アドミッション制御がアラームを生成します。

アドミッション制御によるスペクトル管理および周波数ホッピングのサポートは限定的です。これらの機能では、あるチャネル上のすべてのトラフィックを別の周波数に移動させることがありますが、新しいチャネルの実効データ レートが元のチャネルを下回る可能性もあります。アドミッション制御のスレッシュホールド限度は、この移行時にも維持されますが、その結果、各種トラフィック タイプの帯域割り当てに矛盾が生じる可能性があります。したがって、アドミッション制御が有効な場合、周波数ホッピング時には、新しいチャネルと元のチャネルの実効データ レートを一致させることを推奨します。

Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法

シスコのルータにアドミッション制御はデフォルトでは設定されません。サポートする具体的なリソースとトラフィック タイプに基づいて、アドミッション制御を設定し、イネーブルにする必要があります。ここでは、Cisco CMTS上でアドミッション制御を設定する手順について、推奨する順番に従って説明します。アドミッション制御はすべてのリソース タイプを設定しなくても動作しますが、最初にアドミッション制御イベント タイプを設定する必要があります。

「イベント タイプのアドミッション制御設定」

Cisco CMTS上でアドミッション制御チェックを発生させるイベントを設定します。

「CPUの使用率に基づいたアドミッション制御の設定」

CPU使用率のスレッシュホールド レベルを設定します。アドミッション制御チェック時にスレッシュホールド レベルを超過していると、超過したレベルに応じて、アラームが生成されるか、またはサービス要求が適切に拒否されます。

「メモリ リソースに基づいたアドミッション制御の設定」

Cisco CMTS上のアドミッション制御に対応するメモリ リソース タイプと関連スレッシュホールド レベルを設定します。

「帯域アドミッション制御の妥当性検査」

アドミッション制御の設定が矛盾しないように、最初にアドミッション制御機能で設定が検証され、エラーが見つかった場合は、エラー メッセージが出力されます。その場合、その設定は実行されません。

「ダウンストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定」

グローバル レベルまたはインターフェイス レベルで、専用または共有ダウンストリーム帯域割り当てを設定します。最適化されたダウンストリームQoSサポートに必要な、マイナースレッシュホールドおよびメジャー スレッシュホールドも設定します。

「アップストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定」

専用または共有アップストリーム帯域割り当てを設定します。これはグローバル レベル、インターフェイス レベル、またはアップストリーム単位のレベルで設定できます。この手順ではアップストリーム トラフィックについて、最適化されたDOCSIS QoSをモニタして維持するためのマイナー スレッシュホールドおよびメジャー スレッシュホールドも設定します。

「アップストリームおよびダウンストリーム帯域利用率の計算」

アップストリームまたはダウンストリーム帯域の実際の消費量を計算するガイドラインを示します。

イベント タイプのアドミッション制御設定

次の1つまたは複数のイベントに対して、アドミッション制御をイネーブルに設定できます。Cisco CMTS上でこれらのイベントの1つ以上をアドミッション制御対象として設定してから、他の値を設定する必要があります。

ケーブル モデムのレジストレーション

音声コール要求(PacketCable音声コールまたはその他のダイナミック サービス)

次の手順で、一方または両方のイベント タイプをCisco CMTS上で設定します。

前提条件

アドミッション制御機能を使用するには、Cisco CMTS上でイベント タイプ、トラフィック タイプ、およびCMTSリソース スレッシュホールドを設定してイネーブルにする必要があります。「Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件」も参照してください。

ステップの概略

1. enable

2. configure terminal

3. cable admission-control event { cm-registration | dynamic-service }

4. Ctrl-Z

ステップの詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

cable admission-control event { cm-registration | dynamic-service }

 

Router(config)# cable admission-control event cm-registration

Router(config)# cable admission-control event dynamic-service

 

アドミッション制御機能にリソース モニタおよび管理を実行させるCisco CMTS上でイベント タイプを設定します。最低限、次のキーワードのどちらか一方を使用する必要があります。両方設定してもかまいません。

cm-registration ― ケーブル モデムのレジストレーション時にアドミッション制御チェックを実行することを設定します。レジストレーション時にリソースが不足していた場合、ケーブル モデムをオンラインにすることはできますが、ケーブル モデムからのコールは拒否されます。

dynamic-service ― 音声コールの要求時にアドミッション制御チェックを実行するよう設定します。

ステップ 4

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。

グローバル コンフィギュレーション モードから、Cisco CMTS上で両方のイベント タイプをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# cable admission-control event cm-registration

Router(config)# cable admission-control event dynamic-service

 

次の作業

設定後は、次の2つのコマンドを使用すると、Cisco CMTS上のイベント タイプとアドミッション制御トラフィック イベント アクティビティを調べることができます。

debug cable admission-control

show cable admission-control

アドミッション制御によるモニタおよび管理対象のリソースがCisco CMTS上でまだ設定されていない場合は、この節で該当する設定手順を参照してください。

CPUの使用率に基づいたアドミッション制御の設定

アドミッション制御を使用すると、CPU使用率のマイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドを設定できます。これらのスレッシュホールドは、CPU使用率の割合として指定します。ケーブル モデムのレジストレーション、ダイナミック サービスなどのイベントが発生したときに、CPU使用率がメジャー スレッシュホールドまたはマイナー スレッシュホールドを超過していた場合は、アラームが生成されます。クリティカル スレッシュホールドを超過していた場合は、新しいサービス要求が適切に拒否されます。

アドミッション制御は、次のいずれかの方法でスレッシュホールド レベルを実施します。Cisco CMTSは、両方の実施方式をサポートしますが、両方を同時に設定することはできません。

cpu-5sec ― 細かいレベルの設定であり、cpu-5secの使用率が設定されたクリティカル スレッシュホールドを超過している場合に、新しい要求を拒否するようにCisco CMTSを設定します。この設定によって、ルータ上の、急ぎのアクティビティが保護されます。アドミッション制御機能がルータ上で動作するのは、新しい要求を受け付け、設定されたCPUスレッシュホールド レベルを超過する場合です。

cpu-avg ― この標準レベルの設定は、CPU使用率の平均であり、CPU使用率をはるかに下位の周波数でサンプリングし、指数の重み付き平均値を計算することで実行されます。アドミッション制御機能がルータ上で動作するのは、新しいサービス要求を受け付けると、設定されたCPU最高スレッシュホールド レベルを超過する場合です。

前提条件

「Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件」を参照してください。

ステップの概略

1. enable

2. configure terminal

3. cable admission-control { cpu-5sec | cpu-avg } minor < num1 > major < num2 > critical < num3 >

4. Ctrl-Z

ステップの詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

[ no ] cable admission-control { cpu-5sec | cpu-avg } minor < num1 > major < num2 > critical < num3 >

 

Router# cable admission-control cpu-avg minor 60 major 70 critical 80

Cisco CMTS上でアドミッション制御のためのCPUメモリ スレッシュホールドを設定します。

cpu-5sec ― 5秒間の平均CPU使用率です。

cpu-avg ― 1分間の平均CPU使用率です。

minor < num1 > ― マイナー スレッシュホールド レベルを指定します。 num1 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

major < num2 > ― メジャー スレッシュホールド レベルを指定します。 num2 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

critical < num3 > ― クリティカル スレッシュホールド レベルを指定します。 num3 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

このコマンドのデフォルト値はありません。


cpu-5secおよびcpu-avgを同時に指定することはできません。


ステップ 4

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。


) マイナー値(num1)を超えると、アラーム(トラップ)が送信されます。メジャー値(num2)を超えると、もう一度、アラーム(トラップ)が送信されます。クリティカル値(num3)を超えると、要求が適切に拒否されます。



) リソースが再設定されると、スレッシュホールド カウンタがゼロに設定されます。



) マイナー スレッシュホールドはメジャー スレッシュホールド未満でなければなりません。また、メジャー スレッシュホールドはクリティカル スレッシュホールド未満でなければなりません。


メモリ リソースに基づいたアドミッション制御の設定

Cisco CMTS上では、3種類のメモリ リソース オプションを設定できます。

入出力メモリ ― 現在使用可能な(空き)入出力メモリ

プロセッサ メモリ ― 現在使用可能なプロセッサ メモリ

両方 ― ルータ上で使用可能な合計(入出力およびプロセッサ)メモリ

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、メモリに基づいたアドミッション制御は、メインCPUのメモリに関してサポートされます。BPEライン カード メモリに関してはサポートされません。CPU使用率の場合と同様、マイナー、メジャー、およびクリティカルのスレッシュホールド レベルを設定できます。

前提条件

「Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件」を参照してください。

ステップの概略

1. enable

2. configure terminal

3. cable admission-control { io-mem | proc-mem | total-memory } minor < num1 > major < num2 > critical < num3 >

4. Ctrl-Z

ステップの詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

[ no ] cable admission-control { io-mem | proc-mem | total-memory } minor < num1 > major < num2 > critical < num3 >

 

Router# need two new examples

Cisco ルータ上でCPUメモリ スレッシュホールドを設定します。

io-mem ― シスコ ルータ上の入出力メモリ

proc-mem ― シスコ ルータ上のプロセッサ メモリ

total-memory ― CMTS上の入出力メモリとプロセッサ メモリの合計

minor < num1 > ― マイナー スレッシュホールド レベルを指定します。 num1 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

major < num2 > ― メジャー スレッシュホールド レベルを指定します。 num2 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

critical < num3 > ― クリティカル スレッシュホールド レベルを指定します。 num3 は、1~100の整数で指定する割合(%)です。

このコマンドのデフォルト値はありません。


) 3種類すべてのメモリ スレッシュホールド レベルを設定できます。また、3種類すべてを設定する必要があります。


ステップ 4

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。


) マイナー値(num1)を超えると、アラーム(トラップ)が送信されます。メジャー値(num2)を超えると、もう一度、アラーム(トラップ)が送信されます。クリティカル値(num3)を超えると、要求が適切に拒否されます。



) リソースが再設定されると、スレッシュホールド カウンタがゼロに設定されます。


帯域アドミッション制御の妥当性検査

アドミッション制御はCisco CMTS上の複数のリソースに基づいて行われ、複数のリソースがモニタされます。各種のトラフィック タイプにメジャー、マイナー、専用、および共有スレッシュホールドを設定できます。アドミッション制御の設定が矛盾しないように、最初にアドミッション制御機能で設定が検証され、エラーが見つかった場合は、エラー メッセージが出力されます。その場合、その設定は実行されません。

Cisco CMTS上の特定のリソースにスレッシュホールド限度を設定する前に、アドミッション制御の設定が次の重要なガイドラインに従っていることを確認し、有効な設定を確保する必要があります。

1. それぞれのリソースについて、マイナー スレッシュホールドはメジャー スレッシュホールド未満、メジャー スレッシュホールドは専用帯域スレッシュホールドまたはクリティカル スレッシュホールド未満でなければなりません。たとえば、マイナー スレッシュホールドが45%で、メジャー スレッシュホールドが65%、クリティカル スレッシュホールドが85%になるようにします。

2. ダウンストリーム帯域およびアップストリーム帯域では、専用帯域スレッシュホールドと設定されている最大の共有帯域スレッシュホールドの合計が100%未満でなければなりません。たとえば、スケジューリング タイプにUS帯域を設定する場合について考えてみます。UGS、UGS-AD、RTPS、およびnRTPSトラフィックの専用帯域スレッシュホールドがそれぞれ15%に設定されていた場合、合計60%の帯域がこれらのUSスケジューリング タイプ用に確保されます。共有帯域は、40%だけになります。したがって、この場合、任意のスケジューリング タイプが使用できる最大の共有帯域スレッシュホールドは40%であり(100% - 60%)、40%未満にする必要があります。

3. アップストリーム帯域の場合、(所定のスケジューリング タイプの)すべてのサービス クラスについて、専用帯域スレッシュホールドの合計は、そのスケジューリング タイプの専用帯域スレッシュホールド未満でなければなりません。たとえば、UGSサービス クラスのスケジューリング タイプugs_class1およびugs_class2が設定されている場合について考えてみます。スケジューリング タイプUGSの専用帯域スレッシュホールドが50%に設定されている場合、ugs_class1とugs_class2のスレッシュホールドの合計が50%を超えてはなりません。したがって、スケジューリング タイプの専用帯域には、そのスケジューリング タイプのサービス クラスに割り当てられた専用帯域が含まれます。

4. アップストリーム帯域の場合、特定のスケジューリング タイプの共有帯域は、そのスケジューリング タイプの中で設定されているすべてのサービス クラスで最大の共有帯域より大きく設定する必要があります。したがって、UGSスケジューリング タイプの共有帯域スレッシュホールドを20%に設定した場合、サービス クラスugs_class1またはugs_class2の共有帯域スレッシュホールドが20%を超えてはなりません。


注意 アドミッション制御は、妥当性検査で帯域スレッシュホールドを検証しますが、検証は設定されているトラフィック タイプに限定されます。それ以外、アドミッション制御機能はリソースの設定を検証しません。たとえば、DS帯域のCIRデータに関するアドミッション制御を40%の専用帯域スレッシュホールドに設定しているとします。この帯域の音声利用は、結果的に60%に制限されます。しかし、音声にスレッシュホールドをまったく設定しなかった場合、音声のアドミッション制御チェックは実行されません。したがって、新しいコールはアドミッション制御チェックをせずに受け入れられます。この例では、音声による使用が暗黙の限度である60%の帯域を超過し、データ用に予約された40%の帯域を使用する可能性が潜在的にあります。この問題を回避するには、所定の方向(USまたはDS)のあらゆるトラフィック タイプにアドミッション制御を設定します。この例では、専用帯域スレッシュホールドと共有帯域スレッシュホールドの和が使用可能な総リソースの60%未満になるように、音声スレッシュホールドを設定します。

詳細については、「ダウンストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定」を参照してください。

ダウンストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定

ダウンストリーム帯域に基づいたアドミッション制御を使用すると、音声トラフィックまたはデータ トラフィックの帯域利用率を制御できます。アドミッション制御チェックは、ケーブル モデムのレジストレーション時または音声コールなどのダイナミック サービス イベントが発生したときに実行されます。


) アップストリームの場合のようなスケジューリング タイプは、ダウンストリームにはありません。


アドミッション制御機能は、使用可能な総ダウンストリームDOCSISスループットと比較した、使用されている総ダウンストリームDOCSISスループットに基づいて決定を下します。

ダウンストリーム ストリームは、次のどちらの方法も設定できます。

グローバル コンフィギュレーション モードでは、シスコ ルータ上のすべてのダウンストリーム ケーブル インターフェイスをアドミッション制御の対象として一度に設定できます。

インターフェイス コンフィギュレーション モードでは、選択したケーブル インターフェイスごとに、すべてのダウンストリーム ポートをアドミッション制御の対象として設定できます。

次の手順で、Cisco CMTS上でダウンストリーム スレッシュホールド レベルを設定し、イネーブルにします。

前提条件

「Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件」を参照してください。

ステップの概略

1. enable

2. configure terminal

3. (任意) interface cable { slot | subslot } { slot / subslot / port }

4. [no] cable admission-control ds-bandwidth < traffic-type> minor <minor-threshold> major < major-threshold > exclusive < exclusive-percentag e> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]

5. Ctrl-Z

ステップの詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface cable {slot | subslot} {slot/subslot/port}

 

Router(config)# interface c8/0/1

(任意)インターフェイス コンフィギュレーション モードでこの機能が実装されるのは、指定したインターフェイスに限定されます。グローバルに設定するには、ステップ4でグローバル コンフィギュレーション モードを使用してください。

インターフェイスにダウンストリーム スレッシュホールドを設定すると、その設定値でグローバルな設定が上書きされます。

ステップ 4

[no] cable admission-control ds-bandwidth < traffic-type>
minor <minor-threshold>
major < major-threshold >
exclusive < exclusive-percentag e> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]

 

Router(config)# cable admission-control ds-bandwidth voice minor 15 major 25 exclusive 30 non-exclusive 15

 

グローバル コンフィギュレーション モードでは、Cisco CMTS上のすべてのインターフェイスについて、ダウンストリームの音声またはデータ帯域にマイナー、メジャー、および専用帯域スレッシュホールドを設定します。音声とデータの両方に帯域を設定する場合は、この手順を繰り返します。

グローバル コンフィギュレーション モードの場合、Cisco CMTS全体にこの機能が実装されます。グローバル コンフィギュレーション モードで設定しない場合は、ステップ3と同様、インターフェイス コンフィギュレーション モードでこのコマンドを使用します。帯域値は次のとおりです。

ds-bandwidth ― ダウンストリームのスループット スレッシュホールドを設定します。

traffic-type ― 次のキーワードのいずれかで、アドミッション制御を適用するトラフィック タイプを設定します。両方の設定値をCisco CMTSに設定できます。

voice ― ダウンストリームの音声トラフィックにスレッシュホールドを適用します。

data ― ダウンストリームのデータ トラフィックにスレッシュホールドを適用します。

minor <minor-threshold> ― マイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。minor-thresholdの値は、1~100(%)です。

major <major-threshold> ― メジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。major-thresholdの値は、1~100(%)です。

exclusive < exclusive-percentage > ― このクラス(音声またはデータ)専用に確保するスループットの割合(%)を指定します。 exclusive-percentage の値は、1~100の整数です。他のクラスはこのスループットを使用できません。

non-exclusive < non-exclusive-percentage > ― (任意)このクラスが専用帯域のほかに使用できるスループットの割合(%)を指定します。non-exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。このスループットは専用ではないので、指定されている他のクラスでも使用できます。

このコマンドのno形式を使用すると、Cisco CMTSからダウンストリーム帯域が削除されます。

no cable admission-control ds-bandwidth

ステップ 5

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。

ダウンストリーム トラフィックのアドミッション制御例

ダウンストリーム トラフィックに対するアドミッション制御の設定例を示します。この例では、音声トラフィックの帯域消費量が30%を超えると、その後の音声フローが拒否されます。

30%のダウンストリーム スループットが音声トラフィック専用に確保されます。

音声トラフィックのマイナー アラームおよびメジャー アラームは、それぞれ15%および25%で生成されます。

この設定には、次のCisco IOSコマンドを使用します。

Router(config)# cable admission-control ds-bandwidth voice minor 15 major 25 exclusive 30
 

この例では、音声コールの帯域使用量が30%を超えると、音声コールが拒否されます。さらに、音声フローが専用帯域を超過し、総ダウンストリーム スループットの50%(30% + 20%)まで使用できるようにして、ある程度の柔軟性を持たせることができます。この場合は、次のコマンドを使用します。

Router(config)# cable admission control downstream voice minor 15 major 25 exclusive 30 non-exclusive 20
 

上記の例では、音声の使用量が50%(30% + 20%)を超えたときに、音声コールが拒否されます。

データ スレッシュホールドも同様に設定できます。

Router(config)# cable admission control downstream data minor 15 major 25 exclusive 50 non-exclusive 10
 

上記のコンフィギュレーション コマンドを使用し、複数のトラフィック クラスが存在する場合に、スループットの貸し借りを行う方法をマルチステージのシナリオで示します。

ステージ1 ― 最初のスループット割り当て

ダウンストリーム スループットを次のように配分するものとします。

ダウンストリームの音声スレッシュホールドが30%に設定されていて、現在の使用量は20%です。

ダウンストリームのデータ スレッシュホールドが50%に設定されていて、現在の使用量は40%です。

表 1 に、このスループットの配分を示します。

 

表 1 ステージ1のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

音声

30%

20%

10%

データ

50%

40%

10%

ベストエフォート
(未分類)

0%

40%(100% -20% - 40%)

ステージ2 ― 音声トラフィックが専用スループットの30%を超過

今度は条件が次のように変化したものとします。

音声スループットが40%に増加します。音声は共有帯域から10%を使用します。

データ(ベストエフォートCIR)のスループット使用量が50%に増加し、専用データ スループットをすべて消費します。

ベストエフォートは使用可能な共有スループットのうちの10%を音声トラフィックに使用させます。

表 2 に、このスループットの配分を示します。

 

表 2 ステージ2のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

音声

30%

40%(30% + 10%)

0%

データ

50%

50%

0%

ベストエフォート
(未分類)

0%

10%(100% - 40% - 50%)

ステップ3 ― データ スループットの消費が10%増加

今度は、データ スループットの消費量が10%増加し、消費量の新しい合計が60%になり、音声の使用量は変わらないものとします。その結果、ベストエフォートに残っている共有帯域をすべて消費することになります。

表 3 に、このスループットの配分をまとめておきます。

 

表 3 ステージ3のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

音声

30%

40%(30% + 10%)

0%

データ

50%

60%(50% + 10%)

0%

ベストエフォート
(未分類)

0%(100%-40%-60%)


) このマルチステージの例で初めて、Cisco CMTS上のスループット消費量が100%に達しました。ステージ3のイベント発生後は、他のトラフィックに使用できるスループットはありません。


ステージ4 ― 音声のスループット消費量がさらに10%増加

今度は別の音声コールが着信し、Cisco CMTS上の共有(ベストエフォート型)スループット(20%)すべてが音声データに必要です。音声データはデータ トラフィックを使用できるので、データが使用している共有スループットのうちの10%を取り、すべての共有スループットを音声データが使用します。その結果、新しい合計は50%になります。データ スループットの消費量は、60%から50%に減ります。

表 4 に、このスループットの配分を示します。

 

表 4 ステージ4のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

音声

30%

50%(30% + 20%)

0%

データ

50%

50%

0%

ベストエフォート
(未分類)

20%

0%

0%

音声がCisco CMTS上の専用帯域と共有帯域を使い果たしたので、許可されない音声コールが増えることに注意してください。

アップストリーム帯域に基づいたアドミッション制御の設定

アップストリーム帯域ベースのアドミッション制御を使用すると、DOCSISで定義されている各種スケジューリング サービスの帯域使用率を制御できます。アドミッション制御チェックは、ケーブル モデムのレジストレーション時または音声コールなどのダイナミック サービス イベントが発生したときに実行されます。

DOCSISでは、アップストリーム チャネルのサービス フローにQoSパラメータを結合する、サービス フロー スケジューリング サービスが定義されています。定義されているスケジューリング サービスまたはスケジューリング タイプは、次のとおりです。

Best Effort(BE;ベストエフォート)

Non-Real-Time Polling Service(NRTPS;非リアルタイム ポーリング サービス)

Real-Time Polling Service(RTPS;リアルタイム ポーリング サービス)

Unsolicited Grant Service with Activity Detection(UGS-AD;非送信請求認可サービス アクティビティ検出)

Unsolicited Grant Service(UGS;非送信請求認可サービス)

一部のサービス フローには、サービス クラス名が対応付けられている場合があります。

所定のスケジューリング タイプのすべてのセッション用に残しておく(専用)合計スループットの割合

所定のスケジューリング タイプのすべてのセッションに割り当てることのできる(共有)合計スループットの割合

サービス フローはサービス クラス テンプレートとして定義し、サービス クラス名を対応付けます。これは通常、DOCSISコンフィギュレーション ファイルで定義します。特定のサービス クラスにアドミッション制御スレッシュホールドを設定することもできます。サービス クラスのスレッシュホールドは、所属先スケジューリング タイプのスレッシュホールドの範囲内です。

したがって、所定のスケジューリング タイプのすべてのサービス クラスについて、専用帯域スレッシュホールドの合計は、そのスケジューリング タイプの専用帯域スレッシュホールド未満でなければなりません。アップストリーム スレッシュホールドは、次の3つのレベルで設定できます。

グローバル コンフィギュレーション モード ― グローバル方式(すべてのインターフェイスおよびすべてのアップストリーム)で、スレッシュホールドの設定値がCMTSに適用されます。

インターフェイスを設定するインターフェイス コンフィギュレーション モード ― 指定したインターフェイスに限定してスレッシュホールドが適用されます。両方の値が設定されている場合は、この値でグローバルな設定値が上書きされます。

アップストリーム単位で設定するためのインターフェイス コンフィギュレーション モード ― 指定したアップストリームに限定してスレッシュホールドが適用されます。アップストリーム単位の設定が併用されている場合は、この値によって、上記の設定の両方の値が上書きされます。


) アップストリームのDOCSISサービス クラスは、対応するアドミッション制御を設定する前に、Cisco CMTS上で定義する必要があります。


次の手順で、Cisco CMTS上でアップストリーム スループット スレッシュホールド レベルを設定し、イネーブルにします。

前提条件

「Cisco CMTSアドミッション制御機能の前提条件」を参照してください。

ステップの概略

グローバル コンフィギュレーション

1. enable

2. configure terminal

3. cable admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor < minor-threshold > major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [ non-exclusive < non-exclusive-percentage > ]

4. Ctrl-Z

インターフェイス コンフィギュレーション

1. enable

2. configure terminal

3. interface cable [ slot/port | slot/sublot/port ]

4. cable upstream < n > admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]

5. Ctrl-Z

アップストリーム ポート コンフィギュレーション

1. enable

2. configure terminal

3. interface cable [ slot/port | slot/sublot/port ]

4. cable upstream < port-no > admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]

5. Ctrl-Z

グローバル コンフィギュレーションのステップ詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

cable admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]

 

Router(config)# cable admission-control us-bandwidth scheduling-type RTPS minor 10 major 20 exclusive 30 non-exclusive 10

 

Cisco CMTS上でグローバルなアップストリーム帯域スレッシュホールドおよび排他的または共有リソースを設定します。

us-bandwidth ― このコマンドでアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定することを指定します。

sched <sched-type> ― トラフィック クラスのスケジューリング タイプを指定します。<sched-type>に指定できる値は、次のとおりです。

BE ― ベストエフォート型トラフィックを選択

NRTPS ― 非リアルタイム ポーリング サービスを選択

RTPS ― リアルタイム ポーリング サービスを選択

UGS-AD ― UGS-ADサービスに対応

UGS ― UGSサービスに対応

service <service-class-name> ― 定義済みのサービス クラス名を表す英数字文字列。スケジューリング タイプでクラスを指定する代わりに、サービス クラス名をキーワードとして使用し、サービス クラスを選択できます。


) 『Cisco Broadband Cable Command Reference Guide』のcable service classコマンドを参照してください。


minor <minor-threshold> ― マイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。minor-thresholdの値は、1~100(%)です。

major <major-threshold> ― メジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。major-thresholdの値は、1~100(%)です。

exclusive <exclusive-percentage> ― アップストリーム スループット リソースのクリティカル スレッシュホールドを表します。このクラス専用に確保するスループットの割合(%)を指定します。exclusive-percentageの値は、1~100の範囲です。他のクラスはこの帯域を使用できません。

non-exclusive <non-exclusive-percentage> ― (任意)このクラスが専用帯域以外に使用できる帯域の割合(%)を指定します。non-exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。この帯域は専用帯域ではないので、指定されている他のクラスでも使用できます。

ステップ 4

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。

インターフェイス コンフィギュレーションのステップ詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface cable [ slot/port | slot/sublot/port ]

 

Router(config)# interface c8/0/1

指定したポートのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

Ciscoユニバーサル ブロードバンド ルータは、次のとおり、スロットの選択方式が異なります。

slot/subslot/port ― Cisco uBR10012ルータの場合、slotは5~8の範囲、subslotは0または1、portは(ケーブル インターフェイスに応じて)0~4を指定できます。

slot/port ― Cisco uBR7246VXRルータでは、slotは3~6の範囲、portはケーブル インターフェイスに応じて0または1を指定できます。

ステップ 4

cable admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]
 
 

Router(config-if)# cable admission-control us-bandwidth sched UGS minor 30 major 35 exclusive 40 non-exclusive 10

指定したインターフェイスおよび関連するすべてのアップストリーム上で、アップストリーム スループットのアドミッション制御をイネーブルにします。

us-bandwidth ― このコマンドでアップストリーム スループットスレッシュホールドを設定します。

sched <sched-type> ― トラフィック クラスのスケジューリング タイプを指定します。<sched-type>に指定できる値は、次のとおりです。

BE ― ベストエフォート型トラフィックを選択

NRTPS ― 非リアルタイム ポーリング サービスを選択

RTPS ― リアルタイム ポーリング サービスを選択

UGS-AD ― UGS-ADサービスに対応

UGS ― UGSサービスに対応

service <service-class-name> ― 定義済みのサービス クラスを表す英数字文字列。スケジューリング タイプでクラスを指定する代わりに、サービス クラス名をキーワードとして使用し、service-class-nameでクラスを指定できます。

minor <minor-threshold> ― マイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。

major <major-threshold> ― メジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。

exclusive <exclusive-percentage> ― アップストリーム スループット リソースのクリティカル スレッシュホールドを表します。このクラス専用に確保するスループットの割合(%)を指定します。exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。他のクラスはこのスループットを使用できません。

non-exclusive <non-exclusive-percentage> ― (任意)このクラスが専用帯域以外に使用できるスループットの割合(%)を指定します。non-exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。このスループットは専用帯域ではないので、指定されている他のクラスでも使用できます。

ステップ 5

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。

ポート レベル コンフィギュレーションのステップ詳細

 

コマンドまたは処理
目的

ステップ 1

enable

 

Router> enable

イネーブルEXECモードを開始します。

必要な場合は、パスワードを入力します。

ステップ 2

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

interface cable [ slot/port | slot/sublot/port ]

 

Router(config)# interface c8/0/1

指定したポートのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

シスコ ユニバーサル ブロードバンド ルータは、次のとおり、スロットの選択方式が異なります。

slot/subslot/port ― Cisco uBR10012ルータの場合、slotは5~8の範囲、subslotは0または1、portは(ケーブル インターフェイスに応じて)0~4を指定できます。

slot/port ― Cisco uBR7246VXRルータでは、slotは3~6の範囲、portはケーブル インターフェイスに応じて0または1を指定できます。

ステップ 4

cable upstream < n > admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> [non-exclusive <non-exclusive-percentage>]
 

Router(config-if)# cable upstream admission-control us-bandwidth sched UGS minor 30 major 35 exclusive 40 non-exclusive 10

指定したポート上でアップストリーム スループットのアドミッション制御をイネーブルにします。アップストリームの最適なきめ細かさを実現するには、Cisco CMTSのあらゆるアップストリーム ポート上でこれを設定する必要があります。

upstream ― 指定のアップストリームに設定を適用し、インターフェイスまたはCisco CMTSですでに設定されている可能性のあるスレッシュホールド値を上書きします。

n ― Cisco uBR7246VXRルータでは slot/port 、Cisco uBR10012ルータでは slot/subslot/port

us-bandwidth ― このコマンドでアップストリーム スループットスレッシュホールドを設定することを指定します。

sched <sched-type> ― トラフィック クラスのスケジューリング タイプを指定します。<sched-type>に指定できる値は、次のとおりです。

BE ― ベストエフォート型トラフィックを選択

NRTPS ― 非リアルタイム ポーリング サービスを選択

RTPS ― リアルタイム ポーリング サービスを選択

UGS-AD ― UGS-ADサービスに対応

UGS ― UGSサービスに対応

service <service-class-name> ― 定義済みのサービス クラスを表す英数字文字列。スケジューリング タイプでクラスを指定する代わりに、サービス クラス名をキーワードとして使用し、service-class-nameでクラスを指定できます。

 

minor <minor-threshold> ― マイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。

major <major-threshold> ― メジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。

exclusive <exclusive-percentage> ― アップストリーム帯域リソースのクリティカル スレッシュホールドを設定します。< exclusive-percentage >は、1~100の整数です。他のクラスはこの帯域を使用できません。

non-exclusive <non-exclusive-percentage> ― (任意)このクラスが専用分のほかに使用できる帯域の割合(%)を指定します。<non-exclusive-percentage>は、1~100の整数です。専用帯域ではないので、指定されている他のクラスで使用できます(上記の例を参照)。BEトラフィックの場合、共有帯域の割合はデフォルトで100%です。他クラスで発生したセッションは、BEトラフィックの共有帯域を使用することで処理されます。

ステップ 5

Ctrl-Z

 

Router(config-if)# Ctrl^Z

イネーブルEXECモードに戻ります。

アップストリーム トラフィック タイプでのアドミッション制御例

次のようにアップストリーム帯域(スループット)を指定した設定例を示します。

UGSトラフィック専用として40%を確保します。

RTPSトラフィック専用として15%を確保します。

UGSのマイナー アラームおよびメジャー アラームは、それぞれ30%および35%で生成されます。

RTPSトラフィックのマイナー アラームおよびメジャー アラームは、それぞれ8%および12%で生成されます。

UGSおよびRTPSに設定するには、次の2つのCisco IOSコマンドを使用します。

Router(config)# cable admission-control us-bandwidth scheduling type UGS minor 30 major 35 exclusive 40
Router(config)# cable admission-control us-bandwidth scheduling type RTPS minor 8 major 12 exclusive 15
 

この最初の設定によって、Cisco CMTS上で次のQoSポリシーが実装されます。

UGSトラフィックが40%を超えた場合、以後のUGSフローは拒否されます。

同様に、RTPSトラフィックが15%を超えた場合、以後のRTPSフローは拒否されます。

この場合、未分類のベストエフォート型トラフィックは、(100%から55%を差し引いた)残り45%のスループットを使用できます。また、合計スループットの100%を共有帯域として使用できます。

このシナリオで次のように設定すると、QoSポリシーの柔軟性をさらに高めることができます。UGSクラスおよびRTPSクラス専用として確保した上記の割合以外に、割り当てられた専用帯域を超過して、UGSフローがアップストリーム スループットの50%まで使用できるようにします。

この追加設定には、次の2つのCisco IOSコマンドを使用します。コマンドは、UGSおよびRTPSのそれぞれに適用されます。

Router(config)# cable admission-control us-bandwidth scheduling type UGS minor 30 major 35 exclusive 40 non-exclusive 10
Router(config)# cable admission-control us-bandwidth scheduling type RTPS minor 8 major 12 exclusive 15

次のマルチステージ シナリオで、複数のトラフィック クラスが存在し、時間とともに割合(%)が変化する状況で、スループットを貸し借りする方法を示します。

ステージ1 ― 最初のスループット割り当て

上記コマンドによる定義に従い、最初は次のトラフィックで次のようにスループットが割り当てられています。

UGSフローには40%の専用帯域スループットが割り当てられていて、現在の使用量は30%です。

RTPSフローには15%の専用帯域スループットが割り当てられていて、現在の使用量は15%です。

この場合、未分類のベストエフォート型トラフィックは、(100%から55%を差し引いた)残り45%のスループットを使用できます。未分類のBEトラフィックは、使用されていないかぎり、55%の専用帯域も使用できます。未分類のBEトラフィックは、残り45%の帯域を使用できますが、使用しているのは30%です。

表 5 に、このスループットの配分を示します。

 

表 5 ステージ1のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

UGS

40%

30%

10%

RTPS

15%

15%

0%

ベストエフォート

30%

15%

ステージ2 ― UGSに追加のスループットが必要

今度は、UGSスループットの消費量が合計45%に増加しています。これは、専用帯域の割り当てを5%上回っています。このトラフィック要件の変化に応じて、UGSは共有プールからさらに5%のスループットを使用します。その結果、未分類のベストエフォート型で使用できる合計スループットは、40%に減りました。

それ以外、次の条件は同じです。

RTPSスループットの消費量は15%のままです。

未分類ベストエフォート型スループットの消費量は、30%のままです。

表 6 に、スループット割り当て、消費量、使用できる量から見た変化を示します。

 

表 6 ステージ2のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

UGS

40%

45%(40% + 5%

0%

RTPS

15%

15%

0%

ベストエフォート

30%

10%

ステージ3 ― ベストエフォート型トラフィックが(共有)スループットの超過を試行

今度は、ベストエフォート型データ トラフィックの消費量が共有スループットのすべてに相当する40%に達し、さらにこのスレッシュホールドを超えようとしています。この状況に対し、Cisco CMTSはベストエフォート型トラフィックのその後のコール要求(40%の消費量を超える分)を適切に拒否します。

それ以外、次の条件は同じです。

UGSのスループット消費量は45%のままです(それ以上のスループットは使用不可)。

RTPSのスループット消費量は15%のままです(それ以上のスループットは使用不可)。

表 7 に、スループット割り当て、消費量、使用できる量を示します。

 

表 7 ステージ3のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

UGS

40%

45%(40% + 5%

0%

RTPS

15%

15%

0%

ベストエフォート

40%

0%

ステージ4 ― UGSに追加のスループットが必要

今度は、UGSがさらに5%のスループット追加を要求しています。UGSは、合計50%のスループットを消費することになります。この変化に対応して、UGSは5%に相当するベストエフォートのアクティブ スループットを要求します。その結果、ベストエフォート トラフィックは35%に減りますが、RTPSが消費している帯域は影響を受けません。


) このマルチステージの例で初めて、Cisco CMTS上のスループット消費量が100%に達しました。ステージ4のイベント発生後は、使用できるスループットはこれ以上ありません。


それ以外、次の条件はステージ4の場合と同じです。

RTPSのスループット消費量は15%のままです(それ以上のスループットは使用不可)。

表 8 に、スループット割り当て、消費量、使用できる量を示します。

 

表 8 ステージ4のスループット割り当ておよび消費量

スループット タイプ
設定されている割合(%)
消費された割合(%)
使用可能な割合(%)

UGS

40%

50%(40% + 5% + 5%)

0%

RTPS

15%

15%

0%

ベストエフォート

35%

0%

次の作業

設定後は、次の2つのコマンドを使用すると、Cisco CMTS上のアップストリーム トラフィック アクティビティとイベント タイプを調べることができます。

debug cable admission-control

show cable admission-control

アップストリームおよびダウンストリーム帯域利用率の計算

アドミッション制御機能は、各USおよびDSチャネルのカウンタを維持し、このカウンタに現在の帯域確保量を格納します。新しいサービス フローを作成するサービス要求が発生するたびに、アドミッション制御はその新しいフローに必要な帯域を推定し、カウンタにその値を追加します。推定帯域の計算方法は、次のとおりです。

DSサービス フローの場合、必要な帯域はDOCSISサービス フローQoSパラメータで指定されている最小予約レートです。

USフローの場合、必要な帯域は次のとおりです。

BEフローに必要な帯域はDOCSISサービス フローQoSパラメータで指定されている最小予約レートです。

UGSフローに必要な帯域は、DOCSIS仕様のとおり、認可サイズに認可数/秒を乗じた値です。

RTPおよびRTPSフローに必要な帯域は、DOCSISサービス フローQoSパラメータで指定されている最小予約レートに、スケジューリングされた要求スロットに必要な帯域を加えた合計です。

UGSADフローに必要な帯域は、ペイロードに必要な帯域(UGSフローと同じ)に、スケジューリングされた要求スロットに必要な帯域を加えた合計です。

いずれの計算でも、アドミッション制御機能はPHYオーバーヘッドを考慮しません。DOCSISのオーバーヘッドが考慮されるのは、UGSフローおよびUGS-ADフローの場合だけです。使用可能帯域の端数を推定するために、計算にPHYおよびDOCSISのオーバーヘッドを含め、さらにDOCSISメンテナンス メッセージのスケジューリングで生じるオーバーヘッドを含める必要があります。アドミッション制御機能では、rawデータ レートに80%という修正係数を適用して、使用可能な総帯域を算出します。

次に、US音声コール用の帯域を計算する例を示します。

このUSチャネルは、G711コーデックを使用して生成された音声コールを伝送するものとします。

チャネルは3.2 MHz幅、16 QAMで10.24 MHzのrawデータ レートを達成します。

G711コーデックで64 kbpsの音声トラフィックを生成します。サンプリング レートは20 msです。

したがって、各サンプル ペイロードは160バイトです。RTP、UDP/IP、イーサネット、およびDOCSISオーバーヘッドを加えたパケット サイズは232 バイトになります。これは50サンプル/秒で、92.8 kbpsのデータになります。

したがって、アドミッション制御機能は新しいコールごとに、現在の予約値に92.8 kbpsを追加します。rawデータ レートの80%とした総使用可能帯域は8.192 Mbpsになります。

このチャネルでUGSトラフィックに70%のスレッシュホールドを設定した場合、音声に割り当てられる帯域は8.192 * 0.7、すなわち5.7344 Mbpsになります。1コールが92.8 Kbpsの場合は、62コールが可能です。スレッシュホールドを99%にすると、認められるコール数は87に増えます。

80%の修正係数は、あらゆるオーバーヘッドを考慮した近似値です。正確な修正係数は、rawデータ レート、PHSオプション、FECオプションなど、いくつもの要因によって決まります。

UGSパケットは固定サイズなので、UGSデータ レート要件の計算は単純です。その他のフロー タイプは、可変パケット サイズなので、実際のチャネル使用量を予測することはできません。この例では、スレッシュホールドが99%で、チャネルが音声コールだけを伝送している場合、設定されているアドミッション制御スレッシュホールドより先に、スケジューラ制限がアクティブになり、85コール以後はコールがスケジューリングされない可能性があります。

その結果、アドミッション制御機能は、帯域概算値の正確性を保証できません。

Cisco CMTSアドミッション制御のトラブルシューティング方法

アドミッション制御機能は、QoSポリシーの範囲内で複数のリソースをサポートします。アドミッション制御をモニタしてトラブルシューティングを行うには、最初の手順として、次のリソースの中で必要なものに対して、自動デバッグをイネーブルにします。

「イベント タイプ別アドミッション制御のトラブルシューティング」

「CPUリソースに関するアドミッション制御のデバッグ」

「メモリ リソースに関するアドミッション制御のデバッグ」

「ダウンストリーム帯域に関するアドミッション制御のデバッグ」

「アップストリーム スループットに関するアドミッション制御のデバッグ」

イベント タイプ別アドミッション制御のトラブルシューティング

アドミッション制御のトラブルシューティングをイベント中心に行うには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-control eventコマンドを使用します。

Router# debug cable admission-control event
*Sep 12 23:15:22.867: Entering admission control check on PRE and it's a cm-registration
*Sep 12 23:15:22.867: Admission control event check is TRUE
 

アドミッション制御イベント タイプに関するアドミッション制御チェックが失敗した場合は、イベントおよび設定の詳細について、次の項を参照してください。

debug cable admission-control

show cable admission-control

「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」

CPUリソースに関するアドミッション制御のデバッグ

アドミッション制御のCPUトラブルシューティング プロセスをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-control cpuコマンドを使用します。

Router# debug cable admission-control cpu
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
 

CPUリソースに関するアドミッション制御チェックが失敗した場合は、CPU使用率スレッシュホールド、イベント、および設定の詳細について、次の項を参照してください。

debug cable admission-control

show cable admission-control

「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」

メモリ リソースに関するアドミッション制御のデバッグ

アドミッション制御のメモリ トラブルシューティング プロセスをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-control memoryコマンドを使用します。

Router# debug cable admission-control memory
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
 

メモリ リソースに関するアドミッション制御チェックが失敗した場合は、メモリ スレッシュホールド、イベント、および設定の詳細について、次の項を参照してください。

debug cable admission-control

show cable admission-control

「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」

ダウンストリーム帯域に関するアドミッション制御のデバッグ

アドミッション制御のダウンストリーム スループット トラブルシューティング プロセスをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-control ds-bandwidthコマンドを使用します。

Router# debug cable admission-control ds-bandwidth
Oct 8 23:29:11: Failed to allocate DS bandwidth for
CM 0007.0e01.1db5 in adding a new service entry
 

ダウンストリームに関するアドミッション制御チェックが失敗した場合は、スループット スレッシュホールド、イベント、および設定の詳細について、次の項を参照してください。

debug cable admission-control

show cable admission-control

「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」

アップストリーム スループットに関するアドミッション制御のデバッグ

アドミッション制御のアップストリーム スループット トラブルシューティング プロセスをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-control us-bandwidthコマンドを使用します。

Router# debug cable admission-control us-bandwidth
R7612-ubr10k#
Oct 8 23:29:11: Failed to allocate US bandwidth for
CM 0007.0e01.9b45 in adding a new service entry
 

アップストリームに関するアドミッション制御チェックが失敗した場合は、スループット スレッシュホールド、イベント、および設定の詳細について、次の項を参照してください。

debug cable admission-control

show cable admission-control

「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」

Cisco CMTSアドミッション制御の設定例

Cisco CMTS上で複数のリソースが同じスループットを取り合う状況が考えられます。このような場合、アドミッション制御機能は次のプライオリティを使用します。

ベストエフォート(BE)サービスは、スループットのプライオリティが最下位です。

専用帯域を持つサービスは、ベストエフォート型サービスより優先されますが、それらのサービス相互間のプライオリティは同じです。

したがって、BEトラフィックが他のトラフィックとスループットを競った場合、他のサービス クラスにプライオリティが与えられます。複数の非BEサービス クラスが同じスループットを要求した場合は、先着順でスループットを共有します。次の例で示します。

ここでは、共有方式で複数のリソース間でスループットを共有する、または専用スループットを割り当てて共有しない、アドミッション制御の例を示します。またはそのような例へのリンクを示します。

「ダウンストリーム トラフィックのアドミッション制御例」

「アップストリーム トラフィック タイプでのアドミッション制御例」

「共有しない設定のアドミッション制御例」

「ベストエフォート型トラフィックと共有する設定のアドミッション制御例」

「ベストエフォート型トラフィックのない共有設定のアドミッション制御例」

共有しない設定のアドミッション制御例

このアドミッション制御例では、UGSおよびRTPSが次のように、スループットの専用帯域と共有帯域を維持します。

UGS ― 40%の専用帯域、10%の共有帯域。

RTPS ― 40%の専用帯域、10%の共有帯域。

この例の場合、専用帯域は最大80%になります。したがって、Cisco CMTS上の20%のスループットが両方のクラスで使用可能です。共有帯域はそれぞれ10%に設定されているので、各クラスのセッションが相互に取り合うことはありません。UGSとRTPSの両方に対する要求を同時に満たすことができます。Cisco CMTS上のスループットを共有する必要はありません。

ベストエフォート型トラフィックと共有する設定のアドミッション制御例

次に、UGSとRTPSが相互にリソースを共有し、ベストエフォート型トラフィックとも共有するアドミッション制御例を示します。

UGS ― 40%の専用帯域、20%の共有帯域。

RTPS ― 20%の専用帯域、20%の共有帯域。

BE ― 20%の専用帯域。

この例では、独占スループット割り当ては合計80%になり、20%のスループットが共有される共有スループットとして残ります。UGSとRTPSはどちらも、共有帯域の割合が20%に設定されています。この20%のスループットがUGSとRTPS間で共有されます。これらのクラスのほかに、BEクラスもこのスループットを共有できます。ただし、BEクラスに与えられるのは共有帯域だけなので、UGSまたはRTPSクラスが先着順で同じ20%の帯域を要求した場合、どちらか一方が占有する可能性があります。

ベストエフォート型トラフィックのない共有設定のアドミッション制御例

次に、UGSとRTPSが共有ベストエフォート スループットのあるリソースを共有する例を示します。ベストエフォート型トラフィックまたはスループット消費はありません。

UGS ― 40%の専用帯域、10%の共有帯域。

RTPS ― 50%の専用帯域、10%の共有帯域。

この例では、すべてのクラスの専用スループットを合計すると90%になり、10%のスループットが共有スループットとしてCisco CMTS上に残ります。どちらのクラスも共有帯域は10%に設定されているので、また、UGSとRTPSのプライオリティは同じなので、先着順でこの10%を共有することになります。

Cisco CMTSアドミッション制御のコマンド リファレンス

ここでは、新しいコマンドおよび変更されたコマンドについて説明します。この機能で使用するその他のコマンドについては、シスコ ブロードバンド ケーブル用Cisco IOSソフトウェアのコマンド リファレンスを参照してください。

cable admission-control

cable admission-control event

cable admission-control ds-bandwidth

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

clear cable admission control counters

debug cable admission-control

show cable admission-control

cable admission-control

Cisco CMTSおよびサポートするBPEにCPUスレッシュホールドおよびメモリ スレッシュホールドを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cable admission-control コマンドを使用します。このコマンドを使用して、CPUの平均値測定方式およびメモリ スレッシュホールドを設定します。Cisco CMTSからスレッシュホールドを削除するには、このコマンドのno形式を使用します。

cable admission-control {cpu-5sec | cpu-avg } { io-mem | proc-mem | total-memory } minor <num1> major <num2> critical <num3>

no cable admission control {cpu-5sec | cpu-avg } { io-mem | proc-mem | total-memory } minor <num1> major <num2> critical <num3>

 
 

cpu-5sec

このキーワードを使用して、CPUの平均時間(5秒間)に基づいて、アドミッション制御スレッシュホールドがCisco CMTS上で設定されます。minor、major、criticalのスレッシュホールド 値(%)と組み合わせて設定する必要があります。


) cpu-5secとcpu-avgを組み合わせて設定することはできません。


cpu-avg

このキーワードを使用して、CPUの平均時間(1分間)に基づいて、アドミッション制御スレッシュホールドがCisco CMTS上で設定されます。これはminor、major、criticalのスレッシュホールド値(%)と組み合わせて設定する必要があります。


) cpu-avgとcpu-5secを組み合わせて設定することはできません。


io-mem

このキーワードを使用して、入出力(IO)メモリのアドミッション制御スレッシュホールドがCisco CMTS RPおよびBPEプロセッサ上に設定されます。


) 3種類のメモリ スレッシュホールド(io-proc-、またはtotal-)を任意の組み合わせで使用できます。


proc-mem

このキーワードを使用して、CPUプロセッサ メモリに基づいたアドミッション制御スレッシュホールドがCisco CMTS上で設定されます。


) 3種類のメモリ スレッシュホールド(io-proc-、またはtotal-)を任意の組み合わせで使用できます。


total-memory

このキーワードを使用して、総メモリ割り当てに基づいたアドミッション制御スレッシュホールドがCisco CMTS上で設定されます。


) 3種類のメモリ スレッシュホールド(io-proc-、またはtotal-)を任意の組み合わせで使用できます。


minor num1

このキーワードを使用して、設定するCPUまたはメモリ リソースのマイナー スレッシュホールド レベルが設定されます。Num1は割合(%)です。1~100の整数にする必要があります。


) Num1で設定されたminorスレッシュホールド値を超過すると、Cisco CMTSからアラーム(サポートされている場合はSNMPトラップ)が送信されます。


major num2

このキーワードにより、設定するCPUまたはメモリ リソースのメジャー スレッシュホールド レベルが設定されます。Num2は割合(%)です。1~100の整数にする必要があります。


) Num2で設定されたmajorスレッシュホールド値を超過すると、Cisco CMTSからアラーム(サポートされている場合はSNMPトラップ)が送信されます。


critical num3

このキーワードを使用して、設定するCPUまたはメモリ リソースのクリティカル スレッシュホールド レベルが設定されます。Num3は割合(%)です。1~100の整数にする必要があります。


) Num3で設定されたcriticalスレッシュホールド値を超過すると、コール要求が廃棄されます。


 
 

Cisco CMTSにおいて、アドミッション制御機能はデフォルトでディセーブルであり、CPUまたはメモリ リソースのスレッシュホールド値は設定されません。

 
 

グローバル コンフィギュレーション モード

 
 

リリース
変更

12.3(13)BC

このコマンドは、Cisco uBR10012ルータおよびCisco uBR7246VXRルータ、およびそれぞれのルータがサポートするBPEまたはケーブル インターフェイス ライン カードで採用されました。

 
 

リソースが再設定されると、スレッシュホールド カウンタがゼロに設定されます。

このコマンドで設定するシステム リソース(CPUおよびメモリ)に関して重要な概念は、 dampening (ダンプニング)です。ダンプニングを行わずに、アドミッション制御を初めて設定した場合、現在値がクリティカル スレッシュホールドを超えると、システム リソース チェックが失敗します。この状況では、その後、システム リソース チェックが成功するのは、現在値がメジャー スレッシュホールドを下回った場合に限られます。

このダンプニング方式によって、リソース チェックの結果が大きく変動する事を防止できます。たとえば、クリティカル スレッシュホールドが80%で、現在値が79~81%で変動した場合、ダンプニングを行わないと、成功と失敗が交互に繰り返されます。最初のチェックは成功し、次のチェックで失敗するというような状況が繰り返されます。

詳細については、「アドミッション制御の真理表」を参照してください。

Examples
 

次に、アドミッション制御のダンプニングを含め、QoSポリシーを指定してCisco CMTSを設定する例を示します。条件は次のとおりです。

cpu-avgが60%を超えると、マイナー アラーム(サポートされている場合はSNMPトラップ)が送信されます。

cpu-avgが70%を超えると、メジャー アラーム(サポートされている場合はSNMPトラップ)が送信されます。

cpu-avgが80%を超えると、着信コール要求が拒否され、cpu-avgが60%(マイナー アラーム レベル)を下回るまで、その後のコールは受け付けられません。

Router(config)# cable admission-control cpu-avg minor 60 major 70 critical 80
 

アドミッション制御の他の設定例およびシナリオに基づいた例については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定例」および「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

 
 

コマンド
説明

cable admission-control event

Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプを設定し、イネーブルにします。

cable admission-control ds-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のダウンストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

clear cable admission control counters

Cisco CMTS上ですべてのアドミッション制御リソース カウンタをクリアします。

cable admission-control event

Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプを設定し、Cisco CMTS上ですでに設定されているすべてのリソースに対してアドミッション制御をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードでcable admission-control eventコマンドを使用します。Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプをディセーブルにするには、このコマンドのno形式を使用します。

cable admission-control event [ cm-registration | dynamic-service ]

no cable admission-control event <event_type>

 
 

cm-registration

ケーブル モデムをCisco CMTSヘッドエンドに登録するときに、アドミッション制御チェックを実行します。dynamic-serviceと組み合わせて設定できます。その場合、ケーブル モデムは登録できますが、引き続きCisco CMTS上のQoSポリシーが適用されます。

dynamic-service

音声コールが発生するたびにアドミッション制御チェックを実行し、Cisco CMTS上のQoSポリシーに反する場合は、音声コールを拒否します。cm-registrationと組み合わせて設定できます。

 
 

Cisco CMTS上で、アドミッション制御のイベント タイプはデフォルトでは定義されません。

 
 

グローバル コンフィギュレーション

 
 

リリース
変更

12.3(13)BC

このコマンドは、Cisco uBR10012ルータおよびCisco uBR7246VXRルータで採用されました。

 
 

Cisco CMTS上でアドミッション制御をイネーブルにするには、1つ以上のイベント タイプを設定する必要があります。

Examples
 

次に、Cisco CMTS上で使用できる、cable admission-control eventコマンドの各オプションを設定する例を示します。

Router(config)# cable admission-control event cm-registration
Router(config)# cable admission-control dynamic-service
 

アドミッション制御の他の設定例およびシナリオに基づいた例については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定例」および「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

 
 

コマンド
説明

cable admission-control

Cisco CMTSおよびサポートするBPEにCPUおよびメモリのスレッシュホールドを設定します。

cable admission-control ds-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のダウンストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

clear cable admission control counters

Cisco CMTS上ですべてのアドミッション制御リソース カウンタをクリアします。

cable admission-control ds-bandwidth

Cisco CMTS上のすべてのインターフェイスに、ダウンストリーム音声またはデータ帯域に関するマイナー、メジャー、および専用帯域スレッシュホールドを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで cable-admission ds-bandwidth コマンドを使用します。特定のインターフェイスにこれらの設定値を定義する場合は、代わりにインターフェイス コンフィギュレーション モードを使用します。Cisco CMTSまたは特定のインターフェイスからこの設定を削除する場合は、このコマンドの no 形式を使用します。

cable admission-control ds-bandwidth < traffic-type> minor <minor-threshold> major < major-threshold > exclusive < exclusive-percentag e> non-exclusive <non-exclusive-percentage>

no cable admission-control ds-bandwidth < traffic-type> minor <minor-threshold> major < major-threshold > exclusive < exclusive-percentag e> non-exclusive <non-exclusive-percentage>

 
 

ds-bandwidth

ダウンストリーム スループット スレッシュホールドを設定します。

traffic-type

次のキーワードのいずれかで、アドミッション制御を適用するトラフィック タイプを設定します。両方の設定値をCisco CMTSに設定できます。

voice ― ダウンストリームの音声トラフィックにスレッシュホールドを適用します。

data ― ダウンストリームのデータ トラフィックにスレッシュホールドを適用します。

minor < minor-threshold >

マイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。minor-thresholdの値は、1~100(%)です。

major < major-threshold >

メジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。major-thresholdの値は、1~100(%)です。

exclusive < exclusive-percentage >

このクラス(音声またはデータ)専用に確保するスループットの割合(%)を指定します。exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。他のクラスはこのスループットを使用できません。

non-exclusive < non-exclusive-percentage >

このクラスが専用帯域以外に使用できるスループットの割合(%)を指定します。non-exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。このスループットは専用ではないので、指定されている他のクラスでも使用できます。

 
 

Cisco CMTSでは、アドミッション制御はデフォルトでディセーブルです。

 
 

グローバル コンフィギュレーション モードおよびインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
 

リリース
変更

12.3(13)BC

このコマンドは、Cisco uBR10012ルータおよびCisco uBR7246VXRルータで採用されました。

 
 

グローバル コンフィギュレーション モードで行ったダウンストリーム帯域の設定は、Cisco CMTS上のすべてのインターフェイスをサポートします。

インターフェイス単位またはアップストリーム単位で、さらにきめ細かくダウンストリーム帯域を設定できます。後者の場合、Cisco CMTS上で最適な細かさのダウンストリーム アドミッション制御が実現します。

インターフェイス レベルのダウンストリーム設定とグローバルな設定を組み合わせた場合、インターフェイス レベルの設定によってグローバルな設定が上書きされます。


) Ciscoアドミッション制御機能によるアップストリーム スループット リソース管理にcriticalキーワードはありません。



) minorスレッシュホールド レベルをmajorスレッシュホールド レベルより大きくすることはできません。


Examples
 

次に、グローバル方式でダウンストリーム帯域を設定し、ダウンストリーム帯域の30%を音声トラフィック専用に確保する例を示します。音声トラフィックのマイナー アラームおよびメジャー アラームも、それぞれ15%および25%で生成されるように設定します。

Router(config)# cable admission-control ds-bandwidth voice minor 15 major 25 exclusive 30
 

アドミッション制御の他の設定例およびシナリオに基づいた例については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定例」および「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

 
 

コマンド
説明

cable admission-control

Cisco CMTSおよびサポートするBPEにCPUおよびメモリのスレッシュホールドを設定します。

cable admission-control event

Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプを設定し、イネーブルにします。

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

clear cable admission control counters

Cisco CMTS上ですべてのアドミッション制御リソース カウンタをクリアします。

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードおよびインターフェイス コンフィギュレーション モードでcable upstream admission-control us-bandwidthコマンドを使用します。Cisco CMTSまたは指定したポートでこの設定をディセーブルにする、または削除する場合は、このコマンドのno形式を使用します。

cable admission-control us-bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> non-exclusive <non-exclusive-percentage>

no cable admission-control us bandwidth [sched <sched-type> | service <service-class-name>] minor <minor-threshold> major <major-threshold> exclusive <exclusive-percentage> non-exclusive <non-exclusive-percentage>

アップストリーム単位の設定では、インターフェイス コンフィギュレーション モードで次のコマンドを使用します。

cable upstream <n> admission-control us-bandwidth [sched < sched-type > |
service < service-class-name >] minor < minor-threshold > major < major-threshold >
exclusive < exclusive-percentage > non-exclusive <non-exclusive-percentage>

 
 

n

ルータ インターフェイス上のアップストリーム。

us-bandwidth

このコマンドでアップストリーム スループットスレッシュホールドを設定することを指定します。

sched <sched-type>

トラフィック クラスのスケジューリング タイプを指定します。

<sched-type> ― 次の設定値を使用できます。

BE ― ベストエフォート型トラフィックを選択

NRTPS ― 非リアルタイム ポーリング サービスを選択

RTPS ― リアルタイム ポーリング サービスを選択

UGS-AD ― UGS-ADサービスを選択

UGS ― UGSサービスを選択

service <service-class-name>

定義済みのサービス クラスを表す文字列。スケジューリング タイプでクラスを指定する代わりに、サービス クラス名をキーワードとして使用し、service-class-nameでクラスを指定できます。

minor <minor-threshold>

1~100の値(%)でマイナー アラーム スレッシュホールドを設定します。


) minorスレッシュホールド レベルをmajorスレッシュホールド レベルより大きくすることはできません。


major <major-threshold>

1~100の値(%)でメジャー アラーム スレッシュホールドを設定します。


) majorスレッシュホールド レベルをminorスレッシュホールド レベルより小さくすることはできません。


exclusive <exclusive-percentage>

1~100の値(%)で表した、アップストリーム スループット リソースのクリティカル スレッシュホールド。このクラス専用に確保するスループットの割合を指定します。


) 他のクラスはこのスループットを使用できません。


non-exclusive <non-exclusive-percentage>

このクラスが専用帯域以外に使用できるスループットの割合(%)を指定します。non-exclusive-percentageの値は、1~100の整数です。このスループットは専用帯域ではないので、指定されている他のクラスでも使用できます。

 
 

Cisco CMTSでは、アドミッション制御はデフォルトでディセーブルです。

 
 

グローバル コンフィギュレーション モードおよびインターフェイス コンフィギュレーション モード

 
 

リリース
変更

12.3(13)BC

このコマンドは、Cisco uBR10012ルータおよびCisco uBR7246VXRルータで採用されました。

 
 

グローバル コンフィギュレーション モードで行ったアップストリーム帯域の設定は、Cisco CMTS上のすべてのインターフェイスをサポートします。

インターフェイス単位またはアップストリーム単位で、さらにきめ細かくアップストリーム帯域を設定できます。後者の場合、Cisco CMTS上で最適な細かさのアップストリーム アドミッション制御が実現します。

インターフェイスまたはアップストリーム単位の設定とグローバルな設定を組み合わせた場合、インターフェイスまたはアップストリーム単位の設定によってグローバルな設定が上書きされます。さらに、アップストリーム単位の設定はインターフェイス単位の設定より優先されます。


) Ciscoアドミッション制御機能によるアップストリーム スループット リソース管理にcriticalキーワードはありません。



) minorスレッシュホールド レベルをmajorスレッシュホールド レベルより大きくすることはできません。


Examples
 

アップストリーム帯域設定の詳細およびシナリオに基づいた例については、「Cisco CMTSアドミッション制御の設定例」および「Cisco CMTSアドミッション制御の設定方法」を参照してください。

 
 

コマンド
説明

cable admission-control

Cisco CMTSおよびサポートするBPEにCPUおよびメモリのスレッシュホールドを設定します。

cable admission-control event

Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプを設定し、イネーブルにします。

cable admission-control ds-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のダウンストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

clear cable admission control counters

Cisco CMTS上ですべてのアドミッション制御リソース カウンタをクリアします。

clear cable admission control counters

Cisco CMTS上のすべてのリソース カウンタをゼロにリセットする場合は、イネーブルEXECモードでclear cable admission control countersコマンドを使用します。

clear cable admission control counters

 
 

デフォルトの動作または値はありません。

 
 

イネーブルEXECモード

 
 

カウンタは所定のリソースが再設定された場合にも、ゼロに設定されます。
show cable admission-control コマンドを使用すると、カウンタを表示できます。

Examples
 

次に、グローバル コンフィギュレーション モードで設定されているか、インターフェイス コンフィギュレーション モードで設定されているかにかかわらず、アドミッション制御のカウンタをゼロにリセットする例を示します。

Router# clear cable admission control counters
 

 
 

コマンド
説明

cable admission-control

Cisco CMTSおよびサポートするBPEにCPUおよびメモリのスレッシュホールドを設定します。

cable admission-control event

Cisco CMTS上でアドミッション制御のイベント タイプを設定し、イネーブルにします。

cable admission-control ds-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のダウンストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

cable [upstream] admission-control us-bandwidth

Cisco CMTS上でアドミッション制御のアップストリーム帯域スレッシュホールドを設定します。

debug cable admission-control

Cisco CMTS上で自動アドミッション制御トラブルシューティング プロセスをイネーブルにするには、イネーブルEXECモードでdebug cable admission-controlコマンドを使用します。デバッグ モードをディセーブルにするには、no形式のコマンドを使用します。

debug cable admission-control {cpu | memory | us-bandwidth | ds-bandwidth}

no debug cable admission-control

 
 

cpu

このキーワードを指定すると、CPUデバッグ情報およびプロセスが表示されます。

memory

このキーワードを指定すると、物理メモリ デバッグ情報およびプロセスが表示されます。

us-bandwidth

このキーワードを指定すると、アップストリーム デバッグ情報およびプロセスが表示されます。

ds-bandwidth

このキーワードを指定すると、ダウンストリーム デバッグ情報およびプロセスが表示されます。

 
 

アドミッション制御のデバッグは、デフォルトでディセーブルです。

 
 

イネーブルEXEC

 
 

アドミッション制御のデバッグ プロセスは、Cisco CMTSのリソースにある程度影響を与えます。いずれかのコマンド オプションを使用すると、デバッグを選択し、影響を最小限に抑えることができます。

Examples
 

次に、アドミッション制御によるCPUデバッグの例を示します。

Router# debug cable admission control cpu
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
 

次に、アドミッション制御によるメモリ デバッグの例を示します。

Router# debug cable admission control memory
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: CPU admission control check succeeded
*Sep 12 23:08:53.255: System admission control check succeeded
 

次に、アドミッション制御によるイベント デバッグの例を示します。

Router# debug cable admission control event
*Sep 12 23:15:22.867: Entering admission control check on PRE and it's a cm-registration
*Sep 12 23:15:22.867: Admission control event check is TRUE
 

次に、アドミッション制御によるアップストリーム スループット デバッグの例を示します。

Router# debug cable admission control us-bandwidth
Oct 8 23:29:11: Failed to allocate US bandwidth for CM 0007.0e01.9b45 in adding a new service entry
 

次に、アドミッション制御によるダウンストリーム スループット デバッグの例を示します。

Router# debug cable admission control ds-bandwidth
Oct 8 23:29:11: Failed to allocate DS bandwidth for CM 0007.0e01.1db5 in adding a new service entry
 

 
 

コマンド
説明

show cable admission-control

Cisco CMTS上の実行コンフィギュレーション、トラフィック メモリ、およびアドミッション制御イベントについて、ステータス情報を表示します。

show cable admission-control

Cisco CMTS上または特定のインターフェイス上の現在のアドミッション制御設定およびステータスを表示するには、イネーブルEXECモードでshow cable admission-controlコマンドを使用します。

show cable admission-control [global] [interface slot/port | slot/subslot/port ] [all]

 
 

global

オプション キーワードによって次の情報が表示されます。

アドミッション制御のために設定されているパラメータ

各リソースについて、マイナー、メジャー、およびクリティカル レベルを超えた要求の数

interface slot/port | slot/subslot/port

オプションを指定すると、指定したインターフェイスまたはポートに関するアドミッション制御情報を表示できます。次の情報が含まれます。

USスループット リソースの値

DSスループット リソースの値

シスコ ユニバーサル ブロードバンド ルータは、次のとおり、スロットの選択方式が異なります。

slot/subslot/port ― Cisco uBR10012ルータの場合、slotは5~8の範囲、subslotは0または1、portは(ケーブル インターフェイスに応じて)0~4を指定できます。

slot/port ― Cisco uBR7246VXRルータでは、slotは3~6の範囲、portはケーブル インターフェイスに応じて0または1を指定できます。

all

アドミッション制御対象として設定されている、Cisco CMTS上のすべてのインターフェイスに関する情報が表示されます。

 
 

デフォルトの動作または値はありません。

 
 

イネーブルEXEC

 
 

リリース
変更

12.3(13)BC

このコマンドは、Cisco uBR10012ルータおよびCisco uBR7246VXRルータで採用されました。

 
 

このコマンドの構文は柔軟性があるので、Cisco CMTS上で具体的に設定されているアドミッション制御を表示できます。詳細については、例を参照してください。

Examples
 

次に、指定したケーブル インターフェイスについて、アップストリームおよびダウンストリーム アドミッション制御情報を表示する例を示します。

Router# show cable admission-control interface cslot/subslot/port
 
Resource - Upstream Bandwidth
Sched Class Minor # of Major # of Exclusive # of Non-Excls
Type Name Level Times Level Times Level Times Level
UGS - 25 5 30 4 40 2 5
RTPS - 14 0 18 0 25 0 5
BE - 16 21 18 20 20 100 5
 
Resource - Downstream Bandwidth
Flow Minor # of Major # of Excls # of Non-Excls Curr. Conf
Type Level Times Level Times Level Times Level Reserv Level
voice 35 10 40 8 45 6 0 38 I
 

表 9 で、上記出力の主なフィールドについて説明します。

 

表 9 アップストリームおよびダウンストリーム スループットに関するshow cable admission- controlのフィールド

フィールド
説明
Sched Type

アップストリームに限って使用できます。次の情報が表示されます。

UGS ― 設定されているUGSスレッシュホールドおよびトラフィック レート

RTPS ― 設定されているRTPSスレッシュホールドおよびトラフィック レート

BE ― 設定されているベストエフォート スレッシュホールドおよびトラフィック レート

Flow Type

ダウンストリームに限って使用できます。音声およびデータの情報が表示されます。

音声 ― 設定されている音声スレッシュホールドおよびトラフィック レート

データ ― 設定されているデータ スレッシュホールドおよびトラフィック レート

Class Name

アップストリームに限って使用できます。

Minor Level

Cisco CMTS上では現在、マイナー スレッシュホールド(%)を定義します。

# of Times

Cisco CMTSのカウンタが前回クリアされて以後、トラフィックがこのスレッシュホールドを超過した回数

Major Level

Cisco CMTS上では現在、メジャー スレッシュホールド(%)を定義します。

# of Times

Cisco CMTSのカウンタが前回クリアされて以後、トラフィックがこのスレッシュホールドを超過した回数

Exclusive Level

Cisco CMTS上で対応するトラフィック タイプ用に確保されている、専用帯域スループットの割合(%)。ダウンストリームまたはアップストリーム トラフィックに適用されます。

# of Times

Cisco CMTSのカウンタが前回クリアされて以後、トラフィックがこのスレッシュホールドを超過した回数

Non-Excls Level

Cisco CMTS上で設定されている専用スループットの割合(%)。通常は、最下位プライオリティのベストエフォート トラフィックに使用します。

Curr Reserv

対応するフロー タイプ専用として確保されているスループットの割合(%)

Conf Level

Config Levelは、(グローバル、インターフェイス、またはアップストリームのどのレベルが適用されるかによって)そのUS/DSに実際に適用される設定の範囲を示します。このフィールドの値は、次のとおりです。

U ― アップストリーム

I ― インターフェイス

G ― グローバル

次に、指定したアップストリーム ポートに対応する、すべてのアドミッション制御情報の例を示します。

Router# show cable admission-control interface c8/0/1 upstream all
 
US Sched Class Minor # of Major # of Excls # of Non-Ex Curr. Conf
Port type Name Level Times Level Times Level Times Level Reserv Level
0 UGS - 23 0 27 0 30 0 5 22 U
0 RTPS - 12 0 15 0 20 0 7 10 U
1 UGS name1 30 10 35 10 40 9 5 34 I
 

次に、指定したインターフェイスに対応する、アップストリームおよびダウンストリーム アドミッション制御情報の表示例を示します。

Router# show cable admission-control interface c8/0/1
 
Interface c8/0/1:
 
Resource - Upstream Bandwidth
-------------------------------
Sched Class Minor # of Major # of Exclusive # of Non-Excls
Type Name Level Times Level Times Level Times Level
UGS - 25 5 30 4 40 2 5
RTPS - 14 0 18 0 25 0 5
BE - 16 21 18 20 20 100 5
 
Resource - Downstream Bandwidth
----------------------------------------
Flow Minor # of Major # of Excls # of Non-Excls Curr. Conf
Type Level Times Level Times Level Times Level Reserv Level
voice 35 10 40 8 45 6 0 38 I
 

次に、globalキーワードを指定した場合の、アップストリームおよびダウンストリーム アドミッション制御情報の表示例を示します。

Router# show cable admission-control global
 
Resource Minor # times Major # times Critical # times Current
cpu-5sec 50% 0 70% 0 90% 0 0
proc-mem 50% 0 70% 0 90% 0 0
io-mem 50% 1 60% 1 70% 1 75
total-mem 50% 0 70% 0 90% 0 0
 
Number of Packetcable voice calls = 80/100 (maximum)
 
Resource - Upstream Bandwidth
----------------------------------------
Sched Class Minor # of Major # of Exclusive # of Non-Excls
Type Name Level Times Level Times Level Times Level
UGS - 25 5 30 4 40 2 5
UGS name1 7 2 10 2 15 0 4
UGS name2 10 1 15 1 20 1 4
RTPS - 14 0 18 0 25 0 5
 
Resource - Downstream Bandwidth
----------------------------------------
Flow Minor # of Major # of Exclusive # of Non-Excls
Type Level Times Level Times Level Times Level
voice 35 10 40 8 45 6 0
 

表 10 で、上記の例で使用した global キーワードに対応する、主なフィールドについて説明します。

 

表 10 show cable admission-controlのフィールド(globalキーワードを指定した場合)

フィールド
説明
CM-Registration event

ケーブル モデムがレジストレーション時にスレッシュホールドを超えるたびに、カウンタが1ずつ増えます。たとえば、Cisco CMTS上のマイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドがそれぞれ60%、70%、80%で、現在値が80%のときに、ケーブル モデムが登録を試行した場合、登録は認められますが、マイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドのカウンタがそれぞれ1ずつ増えます。

Voice-Call event

音声コール時にリソース チェックが失敗すると、カウンタが増えます。たとえば、MTAが両方とも同じCisco CMTS上にあり、入出力メモリのマイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドがそれぞれ50%、60%、および70%だとします。さらに、現在の入出力メモリ値が75%だとします。このシナリオでは、ゲートを作成する前に、アドミッション制御機能が入出力メモリ チェックを実行します。その結果、マイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドの各カウンタが1ずつ増え、音声コールが失敗します。音声コールが失敗したので、パケット ケーブル ゲートは作成されません。

 
 

コマンド
説明

debug cable admission-control

Cisco CMTS上でアドミッション制御のデバッグ プロセスをイネーブルにします。

Cisco CMTSアドミッション制御のMIB仕様

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、アドミッション制御用の新しいSNMP MIBおよびオブジェクトが採用されました。Cisco CMTSアドミッション制御のプライマリMIBは、3つのタイプでサポートされます。

設定属性

モニタ属性

SNMP通知

ここでは、Cisco IOS Release 12.3(13)BCにおける、次のアドミッション制御MIB情報について説明します。

アドミッション制御に関する一般MIB情報

「アドミッション制御の準拠規格、適合性、および機能に関する情報」

「アドミッション制御MIBのオブジェクト識別子」

「アドミッション制御MIBの表記規則」

「アドミッション制御グループのMIBオブジェクト」

「アドミッション制御に関する通知」

Cisco CMTSにおけるアドミッション制御用のMIB

「CISCO-CABLE-ADMISSION-CTRL-MIB」

「ciscoCableAdmCtrlMIBモジュール」

「アドミッション制御におけるPacketCableおよびPCMMのMIBおよびMIBオブジェクト」

アドミッション制御設定用のMIBオブジェクト

「CPUおよびメモリ リソースの設定に関するMIBオブジェクト」

「アップストリーム チャネル使用率の設定に関するMIBオブジェクト」

「ダウンストリーム帯域利用率の設定に関するMIBオブジェクト」

「アドミッション制御イベント ヒストリの設定に関するMIBオブジェクト」

アドミッション制御モニタ用のMIBオブジェクト

「CPUおよびメモリ使用率のモニタに関するMIBオブジェクト」

「アップストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト」

「ダウンストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト」

Cisco CMTS用のその他のMIB情報については、Cisco.comにアクセスして、次のリソースを参照してください。

『Cisco CMTS MIB Specifications Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_mib_quick_reference_book09186a00801e8b9c.html

Cisco MIB Web ページ

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

アドミッション制御の準拠規格、適合性、および機能に関する情報

アドミッション制御の適合性

Cisco IOS Release 12.3(13)のアドミッション制御では、次の適合性関連オブジェクトを使用します。

ciscoCableAdmCtrlCompliances オブジェクト識別子

::= { ciscoCableAdmCtrlMIBConform 1 }

ciscoCableAdmCtrlMIBGroups オブジェクト識別子

::= { ciscoCableAdmCtrlMIBConform 2 }

ciscoCableAdmCtrlCompliance module ( ::= {ciscoCableAdmCtrlCompliances 1}) ― 適合性に関するこの情報には、シスコ ケーブル アドミッション制御MIBを実装するエンティティが含まれています。このモジュール内の必須グループは、次のとおりです。

ciscoCableAdmCtrlConfigGroup

ciscoCableAdmCtrlStatGroup

ciscoCableAdmCtrlEventHistGroup

ciscoCableAdmCtrlNotifGroup

ciscoCableAdmCtrlComplianceモジュールには、次のオブジェクトが含まれています。いずれも読み取り専用のMIN-ACCESSが設定されています。書き込みおよび作成アクセスは不要です。

ccacSysRscConfigStatus

ccacSysRscConfigMinorThreshold

ccacSysRscConfigMajorThreshold

ccacSysRscConfigCritThreshold

ccacUsConfigStatus

ccacUsConfigMinorThreshold

ccacUsConfigMajorThreshold

ccacUsConfigExclusivePercent

ccacUsConfigNonExclusivePercent

ccacDsConfigStatus

ccacDsConfigMinorThreshold

ccacDsConfigMajorThreshold

ccacDsConfigExclusivePercent

ccacDsConfigNonExclusivePercent

アドミッション制御の適合性に関するMIBユニット

アドミッション制御用の次のオブジェクト グループおよび関連オブジェクトは、適合性に関するMIBユニットに関連します。

ciscoCableAdmCtrlConfigGroup ( ::= {ciscoCableAdmCtrlMIBGroups 1}) ― このオブジェクト コレクションは、イベント モニタおよび通知の設定を提供します。

ccacNotifyEnable

ccacEventMonitoring

ccacSysRscConfigStatus

ccacSysRscConfigMinorThreshold

ccacSysRscConfigMajorThreshold

ccacSysRscConfigCritThreshold

ccacUsConfigStatus

ccacUsConfigMinorThreshold

ccacUsConfigMajorThreshold

ccacUsConfigExclusivePercent

ccacUsConfigNonExclusivePercent

ccacDsConfigStatus

ccacDsConfigMinorThreshold

ccacDsConfigMajorThreshold

ccacDsConfigExclusivePercent

ccacDsConfigNonExclusivePercent

ciscoCableAdmCtrlStatGroup ( ::= {ciscoCableAdmCtrlMIBGroups 2}) ― このオブジェクト コレクションは、リソースに基づいたアドミッション制御データを提供します。

ccacSysRscUtilization

ccacSysRscMinorCrosses

ccacSysRscMajorCrosses

ccacSysRscCountersDscTime

ccacSysRscCriticalCrosses

ccacUsUtilization

ccacUsMinorCrosses

ccacUsMajorCrosses

ccacUsExclusiveCrosses

ccacUsCountersDscTime

ccacDsUtilization

ccacDsMinorCrosses

ccacDsMajorCrosses

ccacDsExclusiveCrosses

ccacDsCountersDscTime

ciscoCableAdmCtrlEventHistGroup (::= {ciscoCableAdmCtrlMIBGroups 3}) ― このオブジェクト コレクションは、アドミッション制御イベント ログを定義します。

ccacEventHistTableSize

ccacEventHistLastIndex

ccacEventThreshObjectInstance

ccacEventTypeChecked

ccacEventResourceUtilization

ccacEventThreshCrosses

ccacEventTimeStamp

ciscoCableAdmCtrlNotifGroup (::= { ciscoCableAdmCtrlMIBGroups 4 }) ― この通知グループは、アドミッション制御のシステム リソース、アップストリーム チャネル帯域、ダウンストリーム帯域を管理し、モニタします。

ccacNotification

Cisco CMTSにおけるアドミッション制御用のMIB機能

CISCO-CABLE-ADM-C-CAPABILITY は、次のように定義をインポートします。

MODULE-IDENTITY(SNMPv2-SMIから)

AGENT-CAPABILITIES(SNMPv2-CONFから)

ciscoAgentCapability(CISCO-SMIから)

ciscoCableAdmCtrlCapability モジュール (::= { ciscoAgentCapability 427 }) ― この新しいモジュールは、CISCO-CABLE-ADMISSION-CTR-MIB("200412110000Z")にエージェント機能を提供します。

ciscoCableAdmCtrlCapability (::= { ciscoCableAdmCtrlCapability 1 }) ― このV12R00機能エージェントは、アドミッション制御MIB機能を提供します。イベント ヒストリ テーブルの最大サイズは5000に制限されています。このエージェントは、CISCO-CABLE-ADMISSION- CTRL-MIBをサポートし、ciscoCableAdmCtrlEventHistGroup MIBオブジェクト グループが含まれます。

VARIATION ― ccacEventHistTableSize

SYNTAX ― Unsigned32 (0..5000)

ciscoCableAdmCtrlCapabilityV12R00 AGENT-CAPABILITIES ::= { ciscoCableAdmCtrlCapability 1 } ― シスコ ケーブル アドミッション制御MIB機能を提供します。このエージェントはCISCO-CABLE-ADMISSION-CTRL-MIBをサポートし、ciscoCableAdmCtrlEventHistGroup MIBオブジェクト グループが含まれます。

VARIATION ― ccacEventHistTableSize

SYNTAX ― Unsigned32 (0..5000)

説明 ― イベント ヒストリ テーブルの最大サイズは現在、5000に制限されています。

アドミッション制御MIBのオブジェクト識別子

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、対応するMIBオブジェクトに次のアドミッション制御オブジェクト識別子を使用します。

ciscoCableAdmCtrlMIBNotifs ::= { ciscoCableAdmCtrlMIB 0 }

ciscoCableAdmCtrlMIBObjects ::= { ciscoCableAdmCtrlMIB 1 }

ciscoCableAdmCtrlMIBConform ::= { ciscoCableAdmCtrlMIB 2 }

ccacObjects ::= { ciscoCableAdmCtrlMIBObjects 1 }

ccacConfigObjects ::= { ciscoCableAdmCtrlMIBObjects 2 }

ccacStatObjects ::= { ciscoCableAdmCtrlMIBObjects 3 }

ccacEventHistory ::= { ciscoCableAdmCtrlMIBObjects 4 }

アドミッション制御MIBの表記規則

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、アドミッション制御に関して次の表記規則を使用します。

Percent ― 値(%)の範囲内にある整数

SYNTAX ― Unsigned32 (0...100)

NonZeroPercent ― ゼロ以外の値(%)の範囲内にある整数

SYNTAX ― Unsigned32 (1...100)

QoSServiceClassNameOrNull ― ヌル ストリングまたはQoSサービス クラス名を表すストリング。SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.2.3.4を参照してください。

SYNTAX ― OCTET STRING (SIZE(0..15))

CcacMonitoredEvent ― CMTSアドミッション制御でモニタするイベントのタイプ

dynamicSvcFlow ― ダイナミック サービス フローでは、レイヤ2の帯域リソースに関してオンデマンドの予約が可能です。

cmRegistration ― CMからCMTSにレジストレーション要求を送信します。

構文ビットの設定は、次のとおりです。

dynamicSvcFlow = 0

cmRegistration = 1

SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.2.3.3、SP-RFIv2.0-IO2-020617のSection 11.2を参照してください。

CcacSysRscMonitoredType ― CMTSアドミッション制御でモニタするシステム リソースのタイプ

cpu5Sec ― 最後の5秒間のCPU全使用量(%)

cpu1Min ― 最後の1分間のCPU全使用量(%)

procMem ― 使用中のプロセス メモリの割合(%)

ioMem ― 使用中の入出力メモリの割合(%)

totalMem ― 入出力メモリとプロセス メモリが使用しているメモリの割合(%)

構文の整数は、次のとおりです。

cpu5Sec = 1

cpu1Min = 2

procMem = 3

ioMem = 4

totalMem = 5

CcacDSTrafficMonitoredType ― CMTSアドミッション制御でモニタしているダウンストリーム トラフィック タイプ

voice ― ダウンストリーム音声トラフィック

data ― ダウンストリーム データ トラフィック

構文の整数は、次のとおりです。

voice = 1

data = 2

アドミッション制御グループのMIBオブジェクト

ccacNotifyEnable ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、MIB通知の生成を制御します。このオブジェクトが「真」の場合、エージェントはこのMIBで定義された通知を生成します。このオブジェクトが「偽」の場合、エージェントはこのMIBで定義された通知を生成しません。(::= { ccacObjects 1 })

SYNTAX ― TruthValue

MAX-ACCESS ― read-write

DEFVAL ― false

ccacEventMonitoring ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、CMTSアドミッション制御でモニタするイベントを表します。(::= { ccacObjects 2 })

SYNTAX ― CcacMonitoredEvent

MAX-ACCESS ― read-write

アドミッション制御に関する通知

ccacNotification ― (通知タイプ)この通知は、モニタしているスレッシュホールド値を超えた場合に送信されます。(::= { ciscoCableAdmCtrlMIBNotifs 1 })

この通知には、次のオブジェクトが含まれます。

ccacEventThreshObjectInstance

ccacEventTypeChecked

ccacEventResourceUtilization

ccacEventThreshCrosses

CISCO-CABLE-ADMISSION-CTRL-MIB

CISCO-CABLE-ADMISSION-CTRL-MIBでは、他のMIBで定義されている次のオブジェクトを使用します。

MODULE-IDENTITY

OBJECT-TYPE

NOTIFICATION-TYPE

Gauge32

Unsigned32

Counter32(SNMPv2-SMIから)

TEXTUAL-CONVENTION

RowStatus

TruthValue

TimeStamp

VariablePointer(SNMPv2-TCから)

OBJECT-GROUP

NOTIFICATION-GROUP

MODULE-COMPLIANCE(SNMPv2-CONFから)

ifIndex

InterfaceIndexOrZero(IF-MIBから)

SchedulingType(DOCS-QOS-MIB)から

entPhysicalIndex(ENTITY-MIBから)

ciscoMgmt(CISCO-SMIから)

ciscoCableAdmCtrlMIBモジュール

ciscoCableAdmCtrlMIBモジュールでは、Cisco CMTSアドミッション制御の管理対象オブジェクトを定義します。この場合、アドミッション制御とは、Cisco CMTSが次のようなリソースのイベントを割り当てたり、モニタする際の規則のことです。

CPUおよびメモリ使用率 ― メイン プロセッサ、ライン カード、BPEなどの物理エンティティに関する、イベント発生時のデータおよびスレッシュホールド設定

アップストリーム(US)チャネル帯域利用率 ― スケジューリング タイプまたはサービス クラスに基づく

ダウンストリーム(DS)チャネル帯域利用率 ― 音声またはデータに基づく

Cisco CMTSアドミッション制御のモニタ対象イベントには、次のものが含まれます。

ダイナミック サービス フロー作成要求 ― ダイナミック サービス フローは、レイヤ2の帯域リソースについて、オンデマンド予約が可能です。CMTSは、音声コールまたはビデオ セッションの間、ケーブル モデムに特殊なQoSを動的に割り当て、使用可能な帯域をより効率的に活用できるようにします。

ケーブル モデム(CM)レジストレーション時のリソース要求 ― CMレジストレーション時にはCMTSリソースが必要です。CMTSリソースは、CMレジストレーション要求の受信時にチェックされます。

MIBモジュールの制約

このMIBモジュールに制約はありません。

アドミッション制御におけるPacketCableおよびPCMMのMIBおよびMIBオブジェクト

CISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIB

cdxQosCtrlUpTable in CISCO-DOCS-EXT-MIBの実装は、以前のCisco 12.3BCリリースから12.3(13)BCに引き継いで、サポートします。

CISCO-DOCS-EXT-MIB

CISCO-DOCS-EXT-MIBは、以前のCisco IOSリリースから引き継がれていますが、アドミッション制御では次の要素を使用します。

cdxQosCtrlUpAdmissionCtrl

cdxQosCtrlUpMaxRsvdBWPercent

cdxQosCtrlUpAdmissionRejects

cdxQosCtrlUpReservedBW

cdxQosCtrlUpMaxVirtualBW

CISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIBモジュール

Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、以前のCisco IOSリリースでサポートされていたCISCO- CABLE-PACKETCABLE-MIBを引き続きサポートします。Cisco IOS Release 12.3(13)BCでは、このMIBモジュールはアドミッション制御でPacketCable音声トラフィックをサポートするための、基本的な管理オブジェクトを提供します。このMIBモジュールのオブジェクトを使用して、アドミッション制御機能でCisco CMTS上の次のリソースをモニタできます。

CMTSのCPUおよびメモリ使用量

音声コール数

各種アップストリーム スループット スケジューリング タイプ

音声とデータ間のダウンストリーム スループット

超過した各スレッシュホールド値に関して、トラップが送信されます。


) CISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIBのMODULE-IDENTITYはciscoCablePktCMIBです。



) オブジェクト識別子はciscoCablePktCMIBObjects ::= { ciscoCablePktCMIB 1 }です。


表3-8に、Cisco CMTSルータに対応するCISCO-CABLE-PACKETCABLE-MIBのオブジェクトと識別子(OID)を示します。

Cisco DOCSIS PacketCable MIB通知

ciscoCablePktCNotificationsPrefix (ciscoCablePktCMIB 2)

ciscoCablePktCNotifications (ciscoCablePktCNotificationsPrefix 0)

ccpAdmCtrlSysRscNotification ― この通知は、プロセス モニタリング スレッシュホールド値を超えたときに送信されます。(ciscoCablePktCNotifications 1)

OBJECTS

ccpAdmCtrlSysRscPhysicalIndex

ccpAdmCtrlSysRscResourceType

ccpAdmCtrlSysRscCurrentUsage

ccpAdmCtrlSysRscMinorCt

ccpAdmCtrlSysRscMajorCt

ccpAdmCtrlSysRscCriticalCt

ccpAdmCtrlSysRscLastThreshold

TypeCrossed

ccpAdmCtrlUsNotification ― この通知は、アップストリーム関連のスレッシュホールド値を超えたときに送信されます。(ciscoCablePktCNotifications 2)

OBJECTS:

ccpAdmCtrlUsIfIndex

ccpAdmCtrlUsSchedType

ccpAdmCtrlUsSrvClsIdx

ccpAdmCtrlUsSrvClsName

ccpAdmCtrlUsMinorThreshold

ccpAdmCtrlUsMajorThreshold

ccpAdmCtrlUsExclusivePercent

ccpAdmCtrlUsMinorCt

ccpAdmCtrlUsMajorCt

ccpAdmCtrlUsExclusiveCt

ccpAdmCtrlUsLastThresholdTypeCrossed

ccpAdmCtrlDsNotification ― この通知は、ダウンストリーム関連のスレッシュホールド値を超えたときに送信されます。(ciscoCablePktCNotifications 3)

Objects

ccpAdmCtrlDsIfIndex

ccpAdmCtrlDsFlowType

ccpAdmCtrlDsMinorThreshold

ccpAdmCtrlDsMajorThreshold

ccpAdmCtrlDsExclusivePercent

ccpAdmCtrlDsMinorCt

ccpAdmCtrlDsMajorCt

ccpAdmCtrlDsExclusiveCt

ccpAdmCtrlDsLastThresholdTypeCrossed

ccpAdmCtrlMaxVoiceCallsNotification ― この通知は、音声コール数が最大許容数に達したときに送信されます。(ciscoCablePktCNotifications 4)

OBJECTS:

ccpAdmCtrlVoiceCallMaxAllowed

ccpAdmCtrlVoiceCallCurrentNum

PacketCableに関するアドミッション制御適合ステートメント オブジェクト識別子

ciscoCablePktCConformance(ciscoCablePktCMIB 3)

ccpCablePktCGroups(ciscoCablePktCConformance 1)

CPUおよびメモリ リソースの設定に関するMIBオブジェクト

ccacSysRscConfigTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、アドミッション制御でモニタするシステム リソース使用率スレッシュホールドの粗いマトリックスが抽出されます。(::= { ccacConfigObjects 1 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacSysRscConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

entPhysicalIndexは、対応付けられた一連のシステム リソース使用率スレッシュホールドによって、物理エンティティを一意のものとして識別します。ccacSysRscConfigResourceTypeは、モニタ対象のシステム リソースを特定します。

プロセッサ、ライン カードなどの物理エンティティが拡張されます。拡張には、ゼロ組以上のシステム リソース使用率スレッシュホールドが必要です。エージェントは、ローカル コンソールがこの設定を左右するたびに、エントリを作成、廃棄、または変更します。

管理アプリケーションがエントリを作成、破壊、または変更することがあります。

エントリが作成され、ccacSysRscConfigStatusが「active」になると、モニタ対象のさまざまなシステム リソース タイプ、メイン プロセッサ、またはライン カードに対して設定可能なマイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールドに基づいて、CMTSがシステム リソースをモニタします。

ccacSysRscConfigEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリで、モニタ対象の各システム リソース タイプ、メイン プロセッサ、またはライン カードに対して設定可能な一連のスレッシュホールドを定義します。(::= {ccacSysRscConfigTable 1})

SYNTAX ― CcacSysRscConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― {entPhysicalIndex, ccacSysRscConfigResourceType }

CcacSysRscConfigEntry SEQUENCE:

ccacSysRscConfigResourceType ― CcacSysRscMonitoredType

ccacSysRscConfigStatus ― RowStatus

ccacSysRscConfigMinorThreshold ― NonZeroPercent

ccacSysRscConfigMajorThreshold ― NonZeroPercent

ccacSysRscConfigCritThreshold ― NonZeroPercent

ccacSysRscConfigResourceType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、モニタ対象のシステム リソースのタイプを表します。(::= { ccacSysRscConfigEntry 1 })

SYNTAX ― CcacSysRscMonitoredType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacSysRscConfigStatus ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、このテーブルの概念列の作成、変更、廃棄を促します。(::= { ccacSysRscConfigEntry 2 })

SYNTAX ― RowStatus

MAX-ACCESS ― read-create

ccacSysRscConfigMinorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、リソースの使用率に関連するマイナー スレッシュホールドの設定値を表します。
(::= { ccacSysRscConfigEntry 3 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacSysRscConfigMajorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、モニタ対象のリソースの使用率に関連するメジャー スレッシュホールドを表します。メジャー スレッシュホールドはマイナー スレッシュホールドより大きくなければなりません。
(::= { ccacSysRscConfigEntry 4 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacSysRscConfigMajorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、モニタ対象のリソースの使用率に関連するクリティカル スレッシュホールドを表します。クリティカル スレッシュホールドはメジャー スレッシュホールドより大きくなければなりません。モニタ対象のシステム リソースがクリティカル スレッシュホールドを超えた場合、Cisco CMTSはモニタ対象のイベントに対応する要求を適切に拒否します。(::= { ccacSysRscConfigEntry 5 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

アップストリーム チャネル使用率の設定に関するMIBオブジェクト

ccacUSConfigTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、アドミッション制御でモニタするアップストリーム チャネル使用率スレッシュホールドの粗いマトリックスが抽出されます。(::= { ccacConfigObjects 3 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacUsConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ifIndexは、すべてのアップストリーム チャネル、インターフェイスに対応付けられたアップストリーム チャネル、または一連のアップストリーム チャネル使用率スレッシュホールドが対応付けられているアップストリーム チャネルを一意のものとして識別します。

ccacUSConfigSchedTypeは、モニタ対象のスケジューリング タイプを特定します。

ccacUsConfigServiceClassNameは、モニタ対象のケーブル サービス クラスを特定します。エージェントは、ローカル コンソールがこの設定を左右するたびに、エントリを作成、廃棄、または変更します。管理アプリケーションがエントリを作成、破壊、または変更することもあります。エントリが作成され、ccacUsConfigStatusが「active」の場合、マイナー、メジャー、および専用帯域で設定可能なスレッシュホールド(%)に基づき、アップストリーム チャネルのさまざまなスケジューリング タイプまたはサービス クラスについて、CMTSがアップストリーム チャネル帯域利用率をモニタします。

ccacUsConfigEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリで、アップストリーム チャネルのモニタ対象である各スケジューリング サービスに対して、設定可能な一連のスレッシュホールドとパラメータを定義します。スケジューリング サービスは、スケジューリング タイプまたはQoSサービス クラス名で指定できます。一連のスレッシュホールドは、アップストリーム チャネル帯域モニタ プロセスとして、ケーブル アドミッション制御によって適用されます。
(::= {ccacUsConfigTable 1 })

SYNTAX ― CcacUsConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― ccacUsConfigIfIndex、ccacUsConfigSchedType、ccacUsConfigServiceClassName

次のアップストリーム ポリシー クラスを設定できます。

Global ― ccacUsConfigIfIndexが「0」のエントリは、グローバル ポリシーを表します。

Per Interface ― ccacUsConfigIfIndexが指定されていて、ifTypeが「docsCableMaclayer」のエントリは、インターフェイス ポリシーを表します。インターフェイス レベルのスレッシュホールドは、グローバル レベルのスレッシュホールドより優先されます。

Per Upstream Channel ― ccacUsConfigIfIndexが指定されていて、ifTypeが「docsCableUpstream」のエントリは、アップストリーム チャネル ポリシーを表します。アップストリーム レベルのスレッシュホールドは、グローバル レベルとインターフェイス レベルのどちらのスレッシュホールドよりも優先されます。

CcacUsConfigEntry SEQUENCE:

ccacUsConfigIfIndex ― InterfaceIndexOrZero

ccacUsConfigSchedType ― SchedulingType

ccacUsConfigServiceClassName ― QoSServiceClassNameOrNull

ccacUsConfigStatus ― RowStatus

ccacUsConfigMinorThreshold ― NonZeroPercent

ccacUsConfigMajorThreshold ― NonZeroPercent

ccacUsConfigExclusivePercent ― NonZeroPercent

ccacUsConfigNonExclusivePercent ― Percent

ccacUsConfigIfIndex ― (オブジェクト タイプ)(::= { ccacUsConfigEntry 1 })このオブジェクトは、アップストリーム チャネル スレッシュホールドが適用されるインターフェイスを特定します。

「0」の場合は、モニタ対象のすべてのアップストリーム チャネルにポリシーが適用されます。

対応するifTypeが「docsCableMacLayer」の場合、物理インターフェイスが伝送するすべてのアップストリーム チャネルにポリシーが適用されます。

対応するifTypeが「docsCableUpstream」の場合、そのアップストリーム チャネルにポリシーが適用されます。

SYNTAX ― InterfaceIndexOrZero

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsConfigSchedType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム チャネルの分類に使用するスケジューリング タイプを表します。サービス クラス名が指定されている場合、このオブジェクトの値は「undefined」になります。SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.2.6.2を参照してください。(::= { ccacUsConfigEntry 2 })

SYNTAX ― SchedulingType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsConfigServiceClassName ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、QoSサービス クラス名を表します。スケジューリング タイプが指定されている場合、サービス クラス名はヌル ストリングになります。SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.2.3.4を参照してください。(::= { ccacUsConfigEntry 3 })

SYNTAX ― QoSServiceClassNameOrNull

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsConfigStatus ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、このテーブルの概念列の作成、変更、廃棄を促します。(::= { ccacUsConfigEntry 4 })

SYNTAX ― RowStatus

MAX-ACCESS ― read-create

ccacUsConfigMinorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム帯域の使用率に関連するマイナー スレッシュホールドを表します。(::= { ccacUsConfigEntry 5 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacUsConfigMajorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム帯域の使用率に関連するメジャー スレッシュホールドを表します。メジャー スレッシュホールドはマイナー スレッシュホールドより大きくなければなりません。(::= { ccacUsConfigEntry 6 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacUsConfigExclusivePercent ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム帯域を使用する際、専用に確保された帯域を表します。専用帯域(%)は、メジャー スレッシュホールドより大きくなければなりません。このアップストリーム チャネル上のあらゆるスケジューリング サービスで、専用帯域の割合(%)の合計を「100」より大きくすることはできません。(::= { ccacUsConfigEntry 7 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacUsConfigNonExclusivePercent ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、専用帯域を使い果たしたあとで、スケジューリング サービスが専用帯域以外に使用できる帯域の割合(%)を表します。共有帯域なので、設定によっては他のクラスと共有する可能性があります。同じエントリの専用帯域(%)と共有帯域(%)の合計を「100」より大きくすることはできません。(::= { ccacUsConfigEntry 8 })

SYNTAX ― Percent

MAX-ACCESS ― read-create

ダウンストリーム帯域利用率の設定に関するMIBオブジェクト

ccacDSConfigTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、ケーブル アドミッション制御でモニタするダウンストリーム チャネル使用率スレッシュホールドの粗いマトリックスが抽出されます。ifIndexは、すべてのダウンストリーム チャネル、または一連のダウンストリーム チャネル使用率スレッシュホールドが対応付けられているダウンストリーム チャネルを一意のものとして識別します。ccacDSConfigTrafficTypeは、モニタ対象のダウンストリーム トラフィック タイプを特定します。エージェントは、ローカル コンソールがこの設定を左右するたびに、エントリを作成、廃棄、または変更します。管理アプリケーションがエントリを作成、破壊、または変更することがあります。エントリが作成され、ccacDsConfigStatusが「active」の場合、マイナー、メジャー、および専用帯域で設定可能なスレッシュホールド(%)に基づき、ダウンストリームのさまざまなトラフィック タイプについて、CMTSがダウンストリーム帯域利用率をモニタします。(::= { ccacConfigObjects 4 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacDsConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacDsConfigEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリで、ダウンストリームのモニタ対象である各トラフィック タイプに対して、設定可能な一連のスレッシュホールドとパラメータを定義します。一連のスレッシュホールドは、ダウンストリーム帯域モニタ プロセスとして、ケーブル アドミッション制御によって適用されます。(::={ccacDsConfigTable 1})

SYNTAX ― CcacDsConfigEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― ccacDsConfigIfIndex、ccacDsConfigTrafficType

次のダウンストリーム ポリシー クラスを設定できます。

Global ― ccacDsConfigIfIndexが「0」のエントリは、グローバル ポリシーを表します。

Per Downstream Channel ― ccacDsConfigIfIndexが指定されていて、ifTypeが「docsCableDownstream」のエントリは、ダウンストリーム チャネル ポリシーを表します。ダウンストリーム レベルのスレッシュホールドは、グローバル レベルのスレッシュホールドより優先されます。

CcacDsConfigEntry sequence:

ccacDsConfigIfIndex ― InterfaceIndexOrZero

ccacDsConfigTrafficType ― CcacDSTrafficMonitoredType

ccacDsConfigStatus ― RowStatus

ccacDsConfigMinorThreshold ― NonZeroPercent

ccacDsConfigMajorThreshold ― NonZeroPercent

ccacDsConfigExclusivePercent ― NonZeroPercent

ccacDsConfigNonExclusivePercent ― Percent

ccacDsConfigIfIndex ― (オブジェクト タイプ)(::= { ccacDsConfigEntry 1 })このオブジェクトは、ダウンストリーム スレッシュホールドが適用されるインターフェイスを特定します。

「0」の場合は、モニタ対象のすべてのダウンストリーム チャネルにポリシーが適用されます。

対応するifTypeが「docsCableDownstream」の場合、そのダウンストリームにポリシーが適用されます。

SYNTAX ― InterfaceIndexOrZero

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacDsConfigTrafficType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、このポリシーが適用されるトラフィック タイプを表します。(::= { ccacDsConfigEntry 2 })

SYNTAX ― CcacDSTrafficMonitoredType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacDsConfigStatus ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、このテーブルの概念列の作成、変更、廃棄を容易にします。(::= { ccacDsConfigEntry 3 })

SYNTAX ― RowStatus

MAX-ACCESS ― read-create

ccacDsConfigMinorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ダウンストリーム帯域の使用率に関連するマイナー スレッシュホールドを表します。(::= { ccacDsConfigEntry 4 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacDsConfigMajorThreshold ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ダウンストリーム帯域の使用率に関連するメジャー スレッシュホールドを表します。メジャー スレッシュホールドはマイナー スレッシュホールドより大きくなければなりません。(::= { ccacDsConfigEntry 5 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacDsConfigExclusivePercent ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ダウンストリーム帯域を使用する際、専用に確保された帯域を表します。専用帯域(%)は、メジャー スレッシュホールドより大きくなければなりません。このダウンストリーム上のあらゆるトラフィック タイプの、専用帯域の割合(%)の合計を「100」より大きくすることはできません。
(::= { ccacDsConfigEntry 6 })

SYNTAX ― NonZeroPercent

MAX-ACCESS ― read-create

ccacDsConfigNonExclusivePercent ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、専用帯域を使い果たしたあとで、このトラフィック タイプが専用帯域以外に使用できる帯域の割合(%)を表します。共有帯域なので、指定されている他のトラフィック タイプで使用される可能性があります。同じエントリの専用帯域(%)と共有帯域(%)の合計を「100」より大きくすることはできません。(::= { ccacDsConfigEntry 7 })

SYNTAX ― Percent

MAX-ACCESS ― read-create

アドミッション制御イベント ヒストリの設定に関するMIBオブジェクト

ccacEventHistTableSize ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ccacEventHistTableに格納できるエントリ数を表します。ccacEventHistTableの容量がこのオブジェクトで指定された値に達すると、新しいエントリを収容するために、エージェントが最も古いエントリを削除します。値が「0」の場合、ヒストリは維持されません。(::= { ccacEventHistory 1 })

SYNTAX ― Unsigned32

MAX-ACCESS ― read-write

DEFVAL ― 10

ccacEventHistLastIndex ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、エージェントが最後にテーブルに追加したエントリに対応する、ccacEventHistIndexの値を表します。このモジュールで定義された通知を使用する管理クライアントは、このオブジェクトのポーリングによって、エージェントから送られた通知が欠落していないかどうかを判別できます。
(::= { ccacEventHistory 2 })

SYNTAX ― Unsigned32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacEventHistoryTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、設定されたスレッシュホールドを超過した、モニタ対象イベントのヒストリが格納されます。テーブル サイズに基づいて、最近の一連の通知が保存されます。(::= { ccacEventHistory 3 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacEventHistoryEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacEventHistoryEntry ― (オブジェクト タイプ)このデータは、設定されたスレッシュホールドを超過したモニタ対象イベントに対応します。(::= { ccacEventHistoryTable 1 })

SYNTAX ― CcacEventHistoryEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― ccacEventHistoryIndex

CcacEventHistoryEntry sequence:

ccacEventHistoryIndex ― Unsigned32

ccacEventThreshObjectInstance ― VariablePointer

ccacEventTypeChecked ― CcacMonitoredEvent

ccacEventResourceUtilization ― Unsigned32

ccacEventThreshCrosses ― Unsigned32

ccacEventTimeStamp ― TimeStamp

ccacEventHistoryIndex ― (オブジェクト タイプ)テーブル エントリを一意のものとして識別する整数値。このオブジェクトの値は「1」から始まり、エージェントがモニタしている条件が変化するたびに、1ずつ増えます。このオブジェクトの値が「4294967295」の場合、エージェントは次の条件変化をモニタしたときに、「1」にリセットします。(::= { ccacEventHistoryEntry 1 })

SYNTAX ― Unsigned32

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacEventThreshObjectInstance ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、超過したスレッシュホールド オブジェクトのインスタンス識別子を表します。(::= { ccacEventHistoryEntry 2 })

SYNTAX ― VariablePointer

MAX-ACCESS ― read-only

ccacEventTypeChecked ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、スレッシュホールドを超過したときに、モニタ対象イベントのタイプを表します。(::= { ccacEventHistoryEntry 3 })

SYNTAX ― CcacMonitoredEvent

MAX-ACCESS ― read-only

ccacEventResourceUtilization ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、スレッシュホールドを超過したときの、リソース使用率を表します。(::= { ccacEventHistoryEntry 4 })

SYNTAX ― Unsigned32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacEventThreshCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、スレッシュホールドを超過した回数を表します。(::= { ccacEventHistoryEntry 5 })

SYNTAX ― Unsigned32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacEventTimeStamp ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、通知が生成された時点での sysUpTimeオブジェクトの値を表します。(::= { ccacEventHistoryEntry 6 })

SYNTAX ― TimeStamp

MAX-ACCESS ― read-only

CPUおよびメモリ使用率のモニタに関するMIBオブジェクト

ccacSysRscTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、設定されているすべての物理エンティティおよびリソース タイプについて、システム リソースの使用率に関連する統計データが格納されます。(::= { ccacStatObjects 1 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacSysRscEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacSysRscEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリには、物理エンティティのシステム リソース使用率モニタをサポートするオブジェクトが格納されます。(::= {ccacSysRscTable 1})

SYNTAX ― CcacSysRscEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― entPhysicalIndex、ccacSysRscType

CcacSysRscEntry sequence:

ccacSysRscType ― CcacSysRscMonitoredType

ccacSysRscUtilization ― Percent

ccacSysRscMinorCrosses ― Counter32

ccacSysRscMajorCrosses ― Counter32

ccacSysRscCriticalCrosses ― Counter32

ccacSysRscCountersDscTime ― TimeStamp

ccacSysRscType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、モニタ対象のシステム リソースのタイプを表します。(::= { ccacSysRscEntry 1 })

SYNTAX ― CcacSysRscMonitoredType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacSysRscUtilization ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、物理エンティティ上のシステム リソースの使用率を表します。(::= { ccacSysRscEntry 2 })

SYNTAX ― Percent

MAX-ACCESS ― read-only

ccacSysRscMinorCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、物理エンティティ上のシステム リソースの使用率が、ccacSysRscConfigMinorThresholdで指定されたマイナー スレッシュホールドを超過した回数を表します。(::= { ccacSysRscEntry 3 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacSysRscMajorCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、物理エンティティ上のシステム リソースの使用率が、ccacSysRscConfigMajorThresholdで指定されたメジャー スレッシュホールドを超過した回数を表します。(::= { ccacSysRscEntry 4 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacSysRscCriticalCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、物理エンティティ上のシステム リソースの使用率が、ccacSysRscConfigCriticalThresholdで指定されたクリティカル スレッシュホールドを超過した回数を表します。(::= { ccacSysRscEntry 5 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacSysRscCountersDscTime ― (オブジェクト タイプ)最後にすべてのカウンタが不連続だった場合のsysUpTime値。前回、ローカル管理サブシステムを再初期化して以後、このような不連続が生じていない場合は、このオブジェクトに対応するカウンタの作成時刻が格納されます。(::= { ccacSysRscEntry 6 })

SYNTAX ― TimeStamp

MAX-ACCESS ― read-only

アップストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト

ccacUsTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、モニタ対象のあらゆるアップストリーム チャネルについて、アップストリーム チャネル帯域利用率に関連する統計データが格納されます。モニタ対象の、アップストリーム チャネル単位のスケジューリング サービスごとに、このテーブルにエントリが1つずつ作成されます。(::= { ccacStatObjects 3 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacUsEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリには、スケジューリング サービスおよびアップストリーム チャネルについて、アップストリーム チャネル帯域利用率に関連する統計データが格納されます。(::= { ccacUsTable 1 })

SYNTAX ― CcacUsEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX ― ifIndex、ccacUsSchedType、ccacUsServiceClassName

CcacUsEntry sequence:

ccacUsSchedType ― SchedulingType

ccacUsServiceClassName ― QoSServiceClassNameOrNull

ccacUsUtilization ― Percent

ccacUsMinorCrosses ― Counter32

ccacUsMajorCrosses ― Counter32

ccacUsExclusiveCrosses ― Counter32

ccacUsCountersDscTime ― TimeStamp

ccacUsSchedType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム チャネルのスケジューリング タイプを表します。サービス クラス名が使用されている場合、このオブジェクトの値は「undefined」になります。SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.2.6.2を参照してください。( ::= { ccacUsEntry 1 })

SYNTAX ― SchedulingType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsServiceClassName ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、QoSサービス クラス名を表します。スケジューリング タイプが使用されている場合、サービス クラス名はヌル ストリングになります。SP-RFIv1.1-I05-000714のAppendix C.2.20.30.4を参照してください。
( ::= { ccacUsEntry 2 })

SYNTAX ― QoSServiceClassNameOrNull

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacUsUtilization ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、スケジューリング サービスが使用しているアップストリームチャネル帯域を表します。( ::= { ccacUsEntry 3 })

SYNTAX ― Percent

MAX-ACCESS ― read-only

ccacUsMinorCrosses ― (オブジェクト タイプ)前回のサンプリング期間の統計値。このオブジェクトは、アップストリーム チャネル帯域利用率がccacUsConfigMinorThresholdで指定されたマイナー スレッシュホールドを超過した回数を表します。( ::= { ccacUsEntry 4 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacUsMajorCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム チャネル帯域利用率がccacUsConfigMajorThresholdで指定されたメジャー スレッシュホールドを超過した回数を表します。( ::= { ccacUsEntry 5 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacUsExclusiveCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、アップストリーム チャネル帯域利用率がccacUsConfigExclusiveThresholdで指定された専用帯域の割合(%)を超過した回数を表します。( ::= { ccacUsEntry 6 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacUsCountersDscTime ― (オブジェクト タイプ)最後にすべてのカウンタが不連続だった場合のsysUpTime値。前回、ローカル管理サブシステムを再初期化してから、このような不連続が生じていない場合は、このオブジェクトに対応するカウンタの作成時刻が格納されます。
( ::= { ccacUsEntry 7 })

SYNTAX ― TimeStamp

MAX-ACCESS ― read-only

ダウンストリーム チャネル帯域利用率のモニタに関するMIBオブジェクト

ccacDsTable ― (オブジェクト タイプ)このテーブルには、モニタ対象のあらゆるアップストリーム チャネルについて、アップストリーム チャネル帯域利用率に関連する統計データが格納されます。このテーブルには、モニタ対象のダウンロードのトラフィック タイプごとに1つずつ、エントリが作成されます。(::= { ccacStatObjects 4 })

SYNTAX ― SEQUENCE OF CcacDsEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacDsEntry ― (オブジェクト タイプ)各エントリには、トラフィック タイプおよびダウンストリーム別の帯域利用率に関するデータが格納されます。( ::= { ccacDsTable 1 })

SYNTAX ― CcacDsEntry

MAX-ACCESS ― アクセス不可

INDEX { ifIndex, ccacDsTrafficType }

CcacDsEntry sequence:

ccacDsTrafficType ― CcacDSTrafficMonitoredType

ccacDsUtilization ― Percent

ccacDsMinorCrosses ― Counter32

ccacDsMajorCrosses ― Counter32

ccacDsExclusiveCrosses ― Counter32

ccacDsCountersDscTime ― TimeStamp

ccacDsTrafficType ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ダウンストリームの分類に使用するトラフィック タイプを表します。( ::= { ccacDsEntry 1 })

SYNTAX ― CcacDSTrafficMonitoredType

MAX-ACCESS ― アクセス不可

ccacDsUtilization ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、ダウンストリームのトラフィック タイプに関するダウンストリーム帯域利用率を表します。( ::= { ccacDsEntry 2 })

SYNTAX ― Percent

MAX-ACCESS ― read-only

ccacDsMinorCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、マイナー ダウンストリーム帯域スレッシュホールドであるccacDsConfigMinorThresholdを超過した回数を表します。
( ::= { ccacDsEntry 3 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacDsMajorCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、メジャー ダウンストリーム帯域スレッシュホールドであるccacDsConfigMajorThresholdを超過した回数を表します。
( ::= { ccacDsEntry 4 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacDsExclusiveCrosses ― (オブジェクト タイプ)このオブジェクトは、専用帯域の割合(%)であるccacDsConfigExclusivePercentを超過した回数を表します。( ::= { ccacDsEntry 5 })

SYNTAX ― Counter32

MAX-ACCESS ― read-only

ccacDsCountersDscTime ― (オブジェクト タイプ)最後にすべてのカウンタが不連続だった場合のsysUpTime値。前回、ローカル管理サブシステムを再初期化して以後、このような不連続が生じていない場合は、このオブジェクトに対応するカウンタの作成時刻が格納されます。
( ::= { ccacDsEntry 6 })

SYNTAX ― TimeStamp

MAX-ACCESS ― read-only

アドミッション制御方式

CPUおよびメモリ リソースのアドミッション制御ダンプニング

Cisco CMTS上のCPUおよびメモリ リソースには、アドミッション制御ダンプニング方式による、大きな利点があります。ダンプニングは、アドミッション制御をイネーブルにした場合のデフォルト動作です。

アドミッション制御は、マイナー スレッシュホールド値を超えたときにアラーム トラップを送信します。メジャー スレッシュホールド値を超えると、もう一度、アラーム トラップを送信します。さらにクリティカル スレッシュホールド値を超えた場合は、Cisco CMTSが適切にコール要求を拒否します。


) これらのマイナー、メジャー、およびクリティカル スレッシュホールド カウンタは、clear cable admission control countersコマンドでゼロにリセットできます。また、所定のリソースを再設定した場合には、自動的にゼロにリセットされます。


ダンプニングは、システムのCPUおよびメモリ リソースに対して次のように動作します。アドミッション制御の初回設定時にシステム リソース チェックが失敗するのは、クリティカル スレッシュホールドを超えた場合だけです。この状況では、システム リソース チェックが成功するのは、現在値がメジャー スレッシュホールドを下回った場合に限られます。このダンプニング方式は、頻繁な(チェックがクリティカル スレッシュホールド レベルを交互に上下する)トラフィック スパイクの防止に有効です。

たとえば、クリティカル スレッシュホールドが80%に設定されていて、現在のトラフィック チェックで79%と81%が交互に繰り返されている場合、ダンプニングを行わないと、成功と失敗が延々と繰り返されることになります。最初のチェックは成功し、次のチェックで失敗し、3度めのチェックで失敗するという具合です。自動ダンプニングによって、チェックの成功と失敗が頻繁に繰り返されることによる悪影響を防止できます。

次に、インターフェイス コンフィギュレーション モードで、Cisco CMTS上にスレッシュホールド レベルを設定するコマンド例を表します。この比較的標準的な設定でダンプニングが実現します。

Router(config)# cable admission-control cpu-avg minor 60 major 70 critical 80 voice 200
 

この設定により、Cisco CMTS上で次のアドミッション制御ポリシーが実装されます。

cpu-avgスレッシュホールドが60%を超えると、Cisco CMTSがマイナー アラームを送信します。

cpu-avgスレッシュホールドが70%を超えると、Cisco CMTSがメジャー アラームを送信します。

cpu-avgスレッシュホールドが80%を超えると、Cisco CMTSは着信要求を拒否します。再び受け付けるのは、cpu-avgスレッシュホールドが70%(メジャー スレッシュホールド レベル)を下回ってからです。 これがダンプニングの効果です。

アドミッション制御の真理表

表 11 に、新しいサービス要求イベントに対するアドミッション制御の対応を示します。アドミッション制御は、ケーブル モデム レジストレーション(cm-registration)イベントまたはダイナミック サービス(voice-call)イベントに、次のように対応します。

 

表 11 新しいサービス コール イベントに対するアドミッション制御のステート

リソース
以前の決定
(ヒストリ)
超過したスレッシュホールド(1つまたは複数)1
現在の決定

あらゆるシステム リソース(複数可)

受け付け

マイナー、メジャー、およびクリティカル

拒否

あらゆるシステム リソース(複数可)

拒否

マイナー、メジャー、およびクリティカル

拒否

あらゆるシステム リソース(複数可)

受け付け

マイナーおよびメジャーのみ

受け付け

あらゆるシステム リソース(複数可)

拒否

マイナーおよびメジャーのみ

拒否

あらゆるシステム リソース(複数可)

受け付け

マイナーのみ

受け付け

あらゆるシステム リソース(複数可)

拒否

マイナーのみ

受け付け

あらゆるシステム リソース(複数可)

受け付け

なし

受け付け

あらゆるシステム リソース(複数可)

拒否

なし

受け付け

1.ここで示す現在値は、CPUスレッシュホールドまたはメモリ スレッシュホールドをそれぞれ上回っています。

関連資料

ここでは、Cisco CMTSのアドミッション制御の関連資料を紹介します。

関連資料

 

関連項目
資料名

アドミッション制御をサポートするCisco CMTS機能

『Load Balancing for the Cisco CMTS』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_feature_guide09186a00801b17f2.html

『Cisco CMTS MIB Specifications Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_mib_quick_reference_book09186a00801e8b9c.html

『DOCSIS 1.1 for the Cisco CMTS』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_feature_guide_chapter09186a008019b57f.html

『PacketCable and PacketCable MultiMedia for the Cisco CMTS』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_feature_guide_chapter09186a008019b576.html

『Spectrum Management for the Cisco CMTS』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_feature_guide_chapter09186a008019b586.html

シスコ ブロードバンド ケーブルに対応するCisco IOSソフトウェア

『Cisco Broadband Cable Command Reference Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_command_reference_book09186a0080108e88.html

『Cisco uBR10012 Universal Broadband Router Release Notes for Cisco IOS Release 12.3(13)BC』

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps5413/prod_release_note09186a0080326360.html

『Cisco uBR7200 Series Universal Broadband Routers Release Notes for Cisco IOS Release 12.3(13)BC』

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/iosswrel/ps5413/prod_release_note09186a00803265f8.html

MIB

 

MIB
MIBリンク

アドミッション制御に採用されたMIB

Cisco CMTSアドミッション制御のMIB仕様

Cisco IOS MIBツール

選択したプラットフォーム、Cisco IOSリリース、およびフィーチャ セットのMIBを検索してダウンロードするには、次のURLにあるCisco MIB Locatorを使用します。

http://www.cisco.com/go/mibs

テクニカル サポート

 

説明
リンク

TACホームページでは、30,000ページの技術コンテンツを検索可能で、製品、技術、ソリューション、テクニカル チップ、ツールへのリンクが含まれています。Cisco.comにご登録済みのお客様は、このページからログイン後、豊富なコンテンツにアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/support/tac/home.shtml

用語集

BE ― ベストエフォート(DOCSIS スケジューラ タイプ)

BRI ― 基本インターフェイス。Bチャネル×2、Dチャネル×1で構成され、音声、ビデオ、およびデータの回線交換通信に対応するISDNインターフェイス。PRIと対比。

CA ― コール エージェント

CALEA ― Communications Assistance for Law Enforcement Act(米国盗聴法)。PacketCable実装は、この法律に対応する必要があり、法執行機関がケーブル ネットワーク経由の電話を追跡することを認めます。

CLI ― コマンドライン インターフェイス

CM ― ケーブル モデム

CMS ― Call Management Server(コール マネジメント サーバ)

CMTS ― Cable Modem Termination System(ケーブル モデム終端システム)。

COPS ― Common Open Policy Serviceプロトコル。CMSおよびCMTSのゲート制御およびコーディネートに使用されます。

DCS ― Distributed Call Signaling(PacketCable)。PacketCableアーキテクチャにおいて、MTA、CMS、および宛先MTA間で使用されるマルチメディア シグナリング プロトコル。DCSはSIPプロトコルに基づいています。

GC ― Gate Controller(ゲート コントローラ)(PacketCable)。CMSに対するQoSポリシーの実施を実行するネットワーク エンティティ。GCはCMSおよびCMTS間のインターフェイスです。

LIS ― Lawful Intercept Server

MGCP ― Media Gateway Control Protocol。PSTNゲートウェイを制御するプロトコル。

MTA ― Multimedia Terminal Adaptor(マルチメディア ターミナル アダプタ)。ケーブル モデムに接続または組み込み可能なパケット ケーブル クライアント。POTSをサポートします。

NCS ― Network Call Signalling。コール制御に使用される、パケット ケーブルのMGCP拡張機能です。

OIR ― Online Insertion and Removal(ホットスワップ)

PacketCable ― 双方向ケーブル プラントを介して先進的なリアルタイム マルチメディア サービスを提供する、インターオペラビリティを備えたインターフェイス仕様の開発を目指した、CableLabsを中心とするイニシアチブ。優れたケーブル モデム基盤上に構築されたPacketCableネットワークは、IPテクノロジーにより、IP Phone、マルチメディア会議、対話型ゲーム、汎用マルチメディア アプリケーションなど、広範なマルチメディア サービスを実現します。

POTS ― Plain Old Telephone Service

PSTN ― Public Switched Telephone Network(公衆交換電話網)

QoS ― ネットワーク データ配信のためのQuality of Service(サービス品質)

RKS ― Record Keeping Server

RP ― Route Processor(ルート プロセッサ)

UGS ― Unsolicited Grant Service(非送信請求認可サービス)(DOCSISスケジューラ タイプ)

UGS/AD ― 非送信請求およびアクティビティ検出(DOCSISスケジューラ タイプ)

RtPS ― Real time Polling Service(リアルタイム ポーリング サービス)(DOCSISスケジューラ タイプ)

nrtPS ― non real time Polling Service(非リアルタイム ポーリング サービス)(DOCSISスケジューラ タイプ)

SIP ― Session Initiation Protocol。2つのネットワーク エンティティ間でIP Phoneセッションを確立するための、標準化されたプロトコル。

SPM ― Subscriber Policy Manager。GCと共存し、GCに電話加入者に関するQoS関連のパラメータを検索させるコンポーネント

VoIP ― Voice over IP


) この用語集に記載されていない用語については、「Internetworking Terms and Acronyms」を参照してください。