Cisco Cable Modem Termination System (CMTS) の概要
索引
A
発行日;2012/02/03 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

A

Acterna  18-7, 18-29

C

Cable Manager 2.0  11-5

cable monitor コマンド

概要  4-3

タイムスタンプ  4-14

cable time-server、no コマンド  20-5

cable コマンド

cable dhcp-giaddr コマンド  6-8

ccsHoppingNotification のアトリビュート  18-63

ccsSNRRequestTable  18-60

ccsSpectrumDataTable  18-61

ccsSpectrumRequestTable  18-61

ccsUpSpecMgmtTable  18-62

channel-group  10-15

Cisco Broadband Troubleshooter  18-7

Cisco CMTS の EtherChannel  10-1

Cisco IOS コマンド

cops ip dscp  5-4, 5-14

cops listeners access-list  5-16

cops tcp window-size  5-5, 5-17

hccp group channel-switch member-id  13-39

hccp group lockout member-id  13-49

hccp group protect member-id  13-39

hccp group switch member  13-57

hccp group unlockout member  13-49

hccp group working member-id  13-38

no hccp group {working | protect} member-id  13-50

no shutdown  13-41

ping  13-58

show cable modem ip-address  13-58

show config  13-60

show hccp {group-member} channel-switch  13-52

show hccp brief  13-53

show hccp channel-switch  13-74

show ip interface brief  13-52

show module  13-54, 13-60

shutdown  13-48

switch group-name 0  13-56

telnet  13-56

test module  13-56

ケーブル ダウンストリーム アネックス  13-34, 13-35

ケーブル ダウンストリーム変調  13-34, 13-35

ケーブル ダウンストリーム インターリーブ  13-34, 13-35

Cisco RF スイッチ

N+1 冗長構成  13-14

N+1 の設定  13-21

手動スイッチオーバーのテスト  13-55

モジュール  13-16

モジュール ステータスの表示  13-54

モジュール ビットマップの作成  13-25

Cisco uBR10012 ルータ  13-17, 13-25, 13-47, 13-56, 13-70, 13-74, 13-75, 13-81, 13-97

HCCP を設定  13-37

N+1 冗長構成のコンフィギュレーション  13-10, 13-11, 13-59

N+1 冗長構成の制限事項  13-7

および Cisco RF スイッチ  13-14

シャーシ スロット番号  13-12

スイッチオーバー テスト  13-51

Cisco uBR7246VXR ルータ  13-14, 13-47, 13-88, 13-97

N+1 冗長構成のコンフィギュレーション  13-10, 13-13

N+1 冗長構成の制限事項  13-7

スイッチオーバー テスト  13-51

CLI コマンド  18-57

CNR  18-10, 18-25, 18-26, 18-27, 18-28

cops ip dscp コマンド  5-4, 5-14

cops listeners access-list コマンド  5-16

cops tcp window-size コマンド  5-5, 5-17

COPS エンジン  5-1

COPS TCP ウィンドウ サイズ  5-5

COPS TCP と DSCP マーキング  5-3

show コマンド  5-8

アクセス制御リスト  5-6

概要  5-2

コマンド リファレンス  5-14

制約事項  5-2

設定する  5-3

設定例  5-11

前提条件  5-2

その他の参考資料  5-12

デバッグ  5-9

表示と確認  5-7

COPS(Common Open Policy Service)、RSVP と併用

確認  5-7

CPE

許容最大数の制限  9-3

最大数  12-2

最大数の設定

顧客宅内機器CPE を参照

D

DCMTA  18-7

DHCP  18-3

DHCP giaddr  6-8

DOCSIS コンフィギュレーション ファイル

CMTS で許可される CPE 装置の最大数の設定  12-2

DSP  18-25, 18-26, 18-29

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)、DHCP を参照

E

EtherChannel

FastEtherChannel  10-3

GigabitEtherChannel  10-3

概要  10-3

確認  10-8

コマンド リファレンス  10-15

制約事項  10-2

設定する  10-5

設定例  10-9

F

FEC  18-13, 18-22

Forward Error Correction(FEC; 前方エラー訂正)、FEC を参照

H

HCCP

HCCP インターフェイス スイッチオーバーのロックアウト  13-48

HCCP インターフェイス ステータスの表示  13-53

HCCP グループ ステータスの表示  13-51

HCCP 実行インターフェイスから設定を削除  13-47

HCCP 実行または保護インターフェイスから設定を削除  13-50

HCCP 保護インターフェイスの HCCP 復元をディセーブル化  13-9

HCCP 保護インターフェイスのシャットダウン  13-47

N+1 冗長構成に HCCP グループを設定  13-37

N+1 冗長構成に HCCP 保護インターフェイスを事前設定  13-34

N+1 冗長構成の HCCP 保護インターフェイスをイネーブル化  13-40

手動スイッチオーバーを備えた HCCP グループのテスト  13-57

HCCP 1+1  18-8

I

IF ミューティング

N+1 冗長構成  13-18

制約事項  13-19

前提条件  13-19

interface port-channel コマンド  10-16

M

max-servers no-limit オプション  20-4

MC16S ケーブル インターフェイス ライン カード  18-24

MIB

SNMP サポート  18-60

高度なスペクトル管理  18-26, 18-27

スペクトル管理  18-80

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-24

N

N+1 冗長構成

Cisco RF スイッチ  13-14

Cisco CMTS の制限事項  13-6

Cisco CMTS の設定  13-33

Cisco CMTS の前提条件  13-5

Cisco RF スイッチ  13-14

Cisco RF スイッチの設定  13-21

Cisco uBR10012 ルータ  13-11

Cisco uBR10012 ルータでの制限事項  13-7

Cisco uBR7246VXR ルータ  13-7, 13-13

Cisco uBR7246VXR ルータの制限事項  13-7

Cisco CMTS  13-1

CMTS の事前テスト  13-51

IF ミューティング  13-18

機能履歴  13-2

手動スイッチオーバーを備えた HCCP グループのテスト  13-57

スイッチオーバーのテスト手順  13-55

設定例(表によるまとめ)  13-59

その他の参考資料  13-97

用語  13-10

NTP  6-45, 7-61, 14-65, 20-7

Q

QAM  18-28, 18-29

QPSK  18-29

R

RF トーン ジェネレータ  18-43

RFC

スペクトル管理  18-80

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-24

RSVP(Resource ReSerVation Protocol)

COPS

確認  5-7

機能の説明  5-2

設定する  5-3

S

SBM(Subnetwork Bandwidth Manager)

設定する  5-3

service udp-small-servers コマンド  20-4

set clock コマンド  6-45, 7-61, 14-65, 20-7

show cable modulation-profile コマンド  18-53, 18-73

show cable spectrum-group コマンド  18-68

show cops servers コマンド  5-7

show interface port-channel コマンド  10-17

show inventory コマンド  21-12

show ip rsvp policy cops コマンド  5-7

show ip rsvp policy コマンド  5-7

SNMP

ccsHoppingNotification のアトリビュート  18-63

ccsSNRRequestTable  18-60

ccsSpectrumDataTable  18-61

ccsSpectrumRequestTable  18-61

ccsUpSpecMgmtTable  18-62

MIB オブジェクト、option 11 の使用  9-10

高度なスペクトル管理機能  18-26, 18-27

スペクトル管理のモニタに使用  18-60

利点、高度なスペクトル管理  18-29

SNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)、SNMP を参照

SNR  18-22

SPD、Sevice Provider Descriptor を参照

T

Telco リターン

BPI  19-3

clear cable modem reset コマンド  19-3

Service Provider Descriptor  19-8

show cable flap-list コマンド  19-3

機能の概要  19-3

ケーブル インターフェイス ライン カード  19-2

前提条件  19-2

ダウンストリーム チャネルの分割  19-3

動作  19-5

登録 IP アドレス  19-11

Time-of-Day サーバ  20-3

ToD サーバ  6-8

ToD サービス  6-18, 6-19

ToS  18-19, 18-28

Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)

TFTP サービスの設定  6-20

Type of Service(ToS; サービス タイプ)、ToS を参照

U

uBR-MC16S ケーブル インターフェイス ライン カード  18-5, 18-24, 18-25, 18-26

UCD  18-13

Upstream Channel Descriptor(UCD; アップストリーム チャネル ディスクリプタ)、UCD を参照

V

Voice over IP(VoIP)、VoIP を参照

VoIP  18-7

アクセス リスト  5-16

アクセス制御リスト

COPS  5-6

アップストリーム ポート  18-21

アップストリーム レート制限  18-19

アップストリーム周波数  18-14, 18-17

アップストリーム信号チャネルの概要  18-13

アップストリームのトラフィック シェーピング  18-19

アドミッション制御

Cisco CMTS  1-1

MIB 仕様  1-36

概要  1-5

機能履歴  1-1

制約事項  1-3

設定方法  1-12

設定例  1-34

前提条件  1-2

他の機能とのインターオペラビリティ  1-10

注意事項  1-3

トラブルシューティング  1-32

方式  1-54

イングレス ノイズ  18-24, 18-28

インテリジェント スペクトル管理  18-24

インテリジェント周波数ホッピング  18-29

ガイド型およびスケジュール型スペクトル管理  18-18

ガイド型周波数ホッピング  18-21

概要

cable max-hosts コマンド  12-4

cable modem max-cpe コマンド  12-4

cable modem max-hosts コマンド  12-4

cable monitor コマンド  4-3

Telco リターン  19-3

Time-of-Day サーバ  20-3

最大 CPE またはホスト パラメータ  12-2

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-3

フラップ リスト トラブルシューティング  11-3

ケーブル インターフェイス ライン カード  18-24

ケーブル プラント  18-10, 19-2

高度なスペクトル管理  18-24, 18-25, 18-26

CNR  18-26, 18-27

SNMP  18-26, 18-27

周波数ホッピング  18-24

スペクトル グループの設定  18-44

スペクトル管理の設定確認  18-53

スペクトル管理のモニタ  18-57

設定例  18-74

ダイナミック アップストリーム変調の設定  18-45

ハードウェアベース  18-24

予防的チャネル管理  18-25, 18-26

予防的チャネル管理の設定  18-47, 18-48, 18-50

顧客宅内機器

  12-2

固定アップストリーム周波数  18-14

コマンド

channel-group  10-15

interface port-channel  10-16, 10-17

コマンド、設定

cable max-hosts コマンド  12-11

cable modem max-cpe コマンド  12-9

cable monitor コマンド  4-8

CMTS オンボード TFTP サーバ  9-21

DOCSIS コンフィギュレーション ファイルの作成  9-6

Telco リターン  19-7

Time-of-Day サーバ  20-4

アップストリーム ポートの割り当て  18-36

ガイド型およびスケジュール型スペクトル管理  18-30

高度なスペクトル管理  18-44

高度なスペクトル管理の設定確認  18-53

周波数ホッピングの確認  18-41

スペクトル グループの割り当て  18-36

スペクトル管理  18-30

ダイナミック アップストリーム変調、SNR ベース  18-38

コンバイナ  18-3

コンバイナ グループ  18-14

コンフィギュレーション ファイル エディタ

ファイルの作成、スタンドアロン エディタ  9-3

雑音障害  18-10, 18-16, 18-28

サブバンド  18-14

システム クロック  6-45, 7-61, 14-65, 20-7

周波数アジリティ  18-17, 18-24

周波数管理ポリシー  18-16

周波数ホッピング

RF トーン ジェネレータ  18-43

インテリジェント  18-29

ガイド型  18-21

機能  18-20

スペクトル グループ  18-17

タイム スケジュール型  18-22

ハードウェアベース  18-24

ブラインド周波数ホッピング  18-24

冗長構成サポート  18-8

DOCSIS 双方向構成における LAN パケット アナライザ  4-5

Telco リターン ネットワークの例  19-5

スパース セグメント  18-14

スペクトル アナライザ  18-24

スペクトル グループ  18-17

スペクトル管理  18-10

Telco リターンのサポート  18-21

アップストリーム セグメントおよびコンバイナ グループ  18-14

アップストリーム周波数変化  18-13

アップストリーム信号チャネルの概要  18-13

インテリジェント スペクトル管理  18-24

ガイド型およびスケジュール型スペクトル管理  18-18

ガイド型周波数ホッピング  18-21

高度なスペクトル管理  18-24, 18-25, 18-26

雑音障害  18-16

周波数管理ポリシー  18-16

周波数ホッピング  18-17, 18-20

設定作業  18-30

前提条件  18-3

ソフトウェア アップグレードによる拡張機能  18-25, 18-26

ダイナミック アップストリーム変調  18-22

ダイナミック アップストリーム変調(CNR ベース)  18-26, 18-27

タイム スケジュール型周波数ホッピング  18-22

注意事項  18-17

トラフィック シェーピング  18-18

入力レベル  18-24

スペクトル管理のモニタ

CLI コマンドを使用する場合  18-57

SNMP を使用する場合  18-60

制限事項

cable monitor コマンド  4-2

DCMTA  18-7

HCCP 1+1 冗長構成サポート  18-8

Telco リターン  19-3

Time-of-Day サーバ  20-2

uBR-MC16S ライン カード  18-5

固定周波数スペクトル グループ  18-7

スペクトル管理  18-5

ダイナミック アップストリーム変調  18-5

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-2

フラップ リスト トラブルシューティング  11-2

セグメント、アップストリーム  18-15

設定作業

cable config-file コマンド  9-6

cable max-hosts コマンド  12-11

cable modem max-cpe コマンド  12-9

cable modem max-hosts コマンド  12-12

cable monitor コマンド  4-8

CMTS オンボード TFTP サーバ  9-21

DOCSIS コンフィギュレーション ファイルの作成  9-6

SNMP MIB オブジェクトの指定、option 11  9-10

Telco リターン  19-7

Time-of-Day サーバ  20-4

VSIF の指定、option 43  9-18

アップストリーム ポートの割り当て、ガイド型およびスケジュール型  18-36

アップストリーム レート制限の設定  18-30

ガイド型およびスケジュール型スペクトル管理  18-30

許可 CPE 装置の最大数のリセット  12-9

高度なスペクトル管理  18-44

高度なスペクトル管理の設定確認  18-53

最大 CPE またはホスト パラメータ  12-9

周波数ホッピングの確認  18-41

スペクトル グループの作成、ガイド型およびスケジュール型  18-33

スペクトル グループの割り当て、ガイド型およびスケジュール型  18-36

スペクトル管理  18-30

ダイナミック アップストリーム変調、SNR ベース  18-38

ダウンストリーム レート制限の設定  18-31

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-6

フラップ リスト トラブルシューティング  11-6

設定例

cable max-hosts コマンド  12-13

cable modem max-cpe コマンド  12-13

cable modem max-hosts コマンド  12-13

cable monitor コマンド  4-13

DOCSIS コンフィギュレーション ファイル  9-23

Telco リターン  19-13

Time-of-Day サーバ  20-6

アップストリームのトラフィック シェーピング  18-64

高度なスペクトル管理  18-74

コンバイナ グループ  18-69, 18-70

コンバイナ グループに割り当てられたアップストリーム ポート  18-69

最大 CPE またはホスト パラメータ  12-13

周波数ホッピングの確認  18-41

スペクトル グループ作成の確認  18-68

スペクトル グループの設定確認  18-69

スペクトル管理  18-64, 18-68, 18-71

ダイナミック アップストリーム変調  18-73

ダイナミック アップストリーム変調の設定値の確認  18-73

タイム スケジュール型スペクトル グループ  18-69

ダウンストリームのトラフィック シェーピング  18-68

入力レベル  18-74

フラップ リスト トラブルシューティング  11-22

変調プロファイル  18-73

レート制限  18-64, 18-68

前提条件

Telco リターン  19-2

スペクトル管理  18-3

双方向  19-6

ソフトウェア アップグレードのスペクトル管理機能  18-25, 18-26

ダイナミック アップストリーム変調  18-7, 18-22, 18-28, 18-29

ダイナミック アップストリーム変調(CNR ベース)  18-26, 18-27

ダイナミック アップストリーム変調(SNR ベース)  18-22

タイム スケジュール型周波数ホッピング  18-22

タイムスタンプ  6-8, 20-1

ダウンストリーム レート制限  18-19

ダウンストリームのトラフィック シェーピング  18-19

チャネル管理、予防的  18-25, 18-26

デンス セグメント  18-14

電力レベル  18-24

トークン バケット ポリサー  18-18

トラフィック シェーピング  18-18, 18-28

入力レベル  18-24

認可シェーピング  18-19

認可のバッファリング  18-28

ハードウェアベースのスペクトル管理  18-24

搬送波対雑音比。CNR を参照

光ファイバ ノード  18-15, 18-17

標準規格、MIB、RFC

スペクトル管理  18-80

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-24

ブラインド周波数ホッピング  18-20

フラップ リスト トラブルシューティング  11-3

Cable Manager 2.0  11-5

CLI を使用する場合  11-13, 11-16

SNMP API の使用  11-11, 11-12

SNMP を使用する場合  11-17

出力調整  11-9

振幅の平均化  11-20

トラブルシューティングのヒント  11-17, 11-19

モニタおよびトラブルシューティング  11-13

フラップ リストによる検出  18-10

プロトコル

Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)  6-20

変調プロファイル  18-22, 18-29

ポート  18-21

用語および略語  xxxvii

予防的周波数ホッピング  18-5

予防的チャネル管理  18-29

ライン カード  18-24

利点

cable monitor コマンド  4-7

Telco リターン  19-6

高度なスペクトル管理  18-29

最大 CPE またはホスト パラメータ  12-8

スペクトル管理  18-28

内蔵 DOCSIS コンフィギュレーション ファイル ジェネレータ  9-5

フラップ リスト トラブルシューティング  11-5

略語、リスト  xxxvii

リレー エージェント  6-25, 6-27

リレー エージェント、ケーブルのアクティブ化  6-25, 6-27

例、設定

cable max-hosts コマンド  12-13

cable modem max-cpe コマンド  12-13

cable modem max-hosts コマンド  12-13

cable monitor コマンド  4-13

DOCSIS コンフィギュレーション ファイル  9-23

Telco リターン  19-13

Time-of-Day サーバ  20-6

アップストリームのトラフィック シェーピング  18-64

高度なスペクトル管理  18-74

コンバイナ グループ  18-69, 18-70

コンバイナ グループに割り当てられたアップストリーム ポート  18-69

最大 CPE またはホスト パラメータ  12-13

周波数ホッピングの確認  18-41

スペクトル グループ作成の確認  18-68

スペクトル グループの設定確認  18-69

スペクトル管理  18-64, 18-68, 18-71

ダイナミック アップストリーム変調  18-73

ダイナミック アップストリーム変調の設定値の確認  18-73

タイム スケジュール型スペクトル グループ  18-69

ダウンストリームのトラフィック シェーピング  18-68

入力レベル  18-74

フラップ リスト トラブルシューティング  11-22

変調プロファイル  18-73

レート制限  18-64, 18-68

レート制限  18-18

レート制限、アップストリーム  18-19

レート制限、ダウンストリーム  18-19