Cisco uBR7200 ユニバーサル ブロードバンド ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 12.3BC 12.2BC 12.2CX 12.1EC
Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータのコンフィギュ レーション レジスタ情報
Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータのコンフィギュレーション レジスタ情報
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータのコンフィギュレーション レジスタ情報

コンフィギュレーション ビットの意味

ビット 0 ~ 3

ビット 6

ビット 7

ビット 8

ビット 10 およびビット 14

ビット 11 およびビット 12

ビット 13

ビット 15

Cisco IOS 稼働中のコンフィギュレーション レジスタの表示

ROM モニタ稼働中のコンフィギュレーション レジスタの表示

Cisco IOS 稼働中のコンフィギュレーション レジスタの設定

ROM モニタ稼働中のコンフィギュレーション レジスタの設定

コンフィギュレーション ビットの意味

この付録で説明するプロセッサ コンフィギュレーション レジスタ情報が必要になるのは、次のことを行う場合です。

コンフィギュレーション レジスタ値の設定および表示

システムでのブートストラップ プログラムの実行

ブート ソースとデフォルト ブート ファイル名の選択

ブレーク機能のイネーブル化/ディセーブル化

ブロードキャスト アドレスの制御

コンソール端末のボー レートの設定

ROM からのオペレーティング ソフトウェアのロード

TFTP サーバからのブートのイネーブル化

表E-1 に、各コンフィギュレーション メモリ ビットの意味を示します。表の次に、各設定の詳細な説明を示します。

 

表E-1 コンフィギュレーション レジスタ ビットの設定

ビット番号
16 進数
意味

00 ~ 03

0x0000 ~ 0x000F

ブート フィールド

06

0x0040

システム ソフトウェアで NVRAM(不揮発性 RAM)の内容を無視します。

07

0x0080

OEM ビットをイネーブルにします。

08

0x0100

ブレークをディセーブルにします。

10

0x0400

IP ブロードキャストをオール 0 に設定します。

11 ~ 12

0x800 ~ 0x1000

コンソールの回線速度

13

0x2000

初期ブートに失敗したら、デフォルト ROM ソフトウェアをブートします。

14

0x4000

IP ブロードキャストにネットワーク番号を設定しません。

15

0x8000

診断メッセージをイネーブルにし、NVRAM の内容を無視します。

ビット 0 ~ 3

ブート フィールドのプロセッサ コンフィギュレーション レジスタの下位 4 ビット(ビット 3、2、1、および 0)。 表E-2 に、このビット設定に関する説明を示します。

 

表E-2 ビット 0 ~ 3 の設定

ブート
フィールド
意味

0

リロードまたは電源の再投入時に、システム ブートストラップ プロンプト(ROM モニタ)で止まります。

1

ブート ヘルパー イメージをシステム イメージとしてブートします。

2

Cisco IOS イメージをフラッシュ メモリにロードする、完全なブート プロセス。

2 ~ F

TFTP サーバからネットワーク上でブートするためのデフォルトのファイル名を指定します。

ブート フィールドには、バイナリで数字を指定します。ブート フィールドの値を 0 に設定した場合、コンソール ポート アクセスを行って、オペレーティング システムを手動でブートする必要があります。次のように、ブートストラップ プロンプトで b コマンドを入力して、オペレーティング システムをブートします。

> b [tftp] flash filename
 

各コマンド オプションの定義は、次のとおりです。

b ― デフォルト システム ソフトウェアを ROM からブートします。

b flash ― フラッシュ メモリの最初のファイルをブートします。

b filename [host] ― TFTP を使用してネットワーク上でブートします。

b flash filename ― ファイル(filename)をフラッシュ メモリからブートします。

ブート フィールドの値を 2 ~ F に設定して、コンフィギュレーション ファイルに有効なシステム ブート コマンドが記述されている場合、値で指示されたとおりにルータでシステム ソフトウェアがブートされます( 表E-3 を参照)。ブート フィールドをこれ以外のビット パターンに設定した場合、ルータはその数字に基づいてネットブートのためのデフォルトのブート ファイル名を作成します。

コンフィギュレーション ファイルに boot コマンドが記述されていない場合、ルータはシステムのフラッシュ メモリにある最初のファイルをブートします。システムのフラッシュ メモリにファイルがない場合、ルータは、ブート フィールドの値から導出された名前でデフォルト ファイルをネットブートします(例:cisco2-7200)。ネットブートに失敗すると、ブート フラッシュ メモリ内のブート ヘルパー イメージがブートされます。

boot コマンドがコンフィギュレーション ファイルに記述されている場合、ルータ ソフトウェアは、処理が正常に終了するか、またはリストの最後に達するまで、それぞれの boot コマンドを順に実行します。リストの最後に達してもファイルが正常にブートされない場合、コンフィギュレーション レジスタのビット 13 が設定されていれば、ルータは netboot コマンドを最大 6 回再試行します。それ以外の場合、ROMmon にあるオペレーティング システム ソフトウェアをロードします。ビット 13 が設定されていない場合、ルータは無限にイメージのネットブートを続行します。ビット 13 のデフォルト設定は 0 です。ビット 13 が設定されている場合、ブート フラッシュ メモリにあるブート ヘルパー イメージを、再試行なしでブートします。

サーバは、自動コンフィギュレーション プロセスの過程で、デフォルト ファイル名を作成します。サーバで作成されるブート ファイル名は、Cisco のあとに、ブート ビールド番号に該当する 8 進数の値、ダッシュ、イメージ名が続きます。 表E-3 に、デフォルト ブート ファイル名またはアクションの一覧を示します。


) NVRAM のルータ コンフィギュレーション内の boot system configuration コマンドは、デフォルト ネットブート ファイル名への上書きを行います。


 

表E-3 デフォルト ブート ファイル名

アクション/ファイル名
ビット 3
ビット 2
ビット 1
ビット 0

ブートストラップ モード

0

0

0

0

ROM ソフトウェア

0

0

0

1

フラッシュ ソフトウェア

0

0

1

0

cisco3-< image-name1>

0

0

1

1

cisco4-<image-name2>

0

1

0

0

cisco5-<image-name3>

0

1

0

1

cisco6-<image-name4>

0

1

1

0

cisco7-<image-name5>

0

1

1

1

cisco10-<image-name6>

1

0

0

0

cisco11-<image-name7>

1

0

0

1

cisco12-<image-name8>

1

0

1

0

cisco13-<image-name9>

1

0

1

1

cisco14-<image-name10>

1

1

0

0

cisco15-<image-name11>

1

1

0

1

cisco16-<image-name12>

1

1

1

0

cisco17-<image-name13>

1

1

1

1

ビット 6

ビット 6 を設定すると、システム ソフトウェアで NVRAM の内容を無視します。

ビット 7

ビット 7 は、OEM ビットをイネーブルにするためのビットです。起動時のブートストラップ メッセージをディセーブルにします。

ビット 8

ビット 8 は、コンソールのブレーク キーを制御するためのビットです。ビット 8を設定(出荷時のデフォルト設定)すると、プロセッサでコンソールのブレーク キーが無視されます。ビット 8 をクリアすると、プロセッサではブレーク キーがシステムをブートストラップ モニタに強制的に設定し、通常動作を停止させるコマンドとして解釈されます。ブレークは、設定状態に関係なく、システムリブート中の最初の 60 秒間に送信可能です。

ビット 10 およびビット 14

ビット 10 は、インターネット IP ブロードキャスト アドレスのホスト部分を制御するビットです。ビット 10 を設定すると、プロセッサはオール 0 を使用し、ビット 10 をクリア(工場出荷時のデフォルト設定)するとプロセッサはオール 1 を使用します。ビット 10 は、IP ブロードキャスト アドレスのネットワークとサブネット部分を制御するビット 14 と、相互に作用します。 表E-4 に、ビット 10 とビット 14 が連動した動作を示します。

 

表E-4 ビット 10 とビット 14 の設定

ビット 14
ビット 10
IP アドレス(<net> <host>)

オフ

オフ

<オール 1><オール 1>

オフ

オン

<オール 0><オール 0>

オン

オン

<ネット><オール 0>

オン

オフ

<ネット><オール 1>

 


) シスコ ユニバーサル ブロードバンド ルータのコンソール ライン レートは、9600 に固定されていて変更できません。ボー レートの設定の詳細については、Cisco.com にある次の資料を参照してください。

『Cisco Broadband Cable Command Reference Guide』の「Using the ROM Monitor on the Cisco CMTS」

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_command_reference_chapter09186a0080187230.html

 

ビット 11 およびビット 12

コンフィギュレーション レジスタのビット 11 とビット 12 は、コンソール端末のボー レートを決めるビットです。 表E-5 に、利用可能な 4 種類のボー レートのビット設定を示します(工場出荷時のボー レートのデフォルト設定は 9600 です)。

 

表E-5 ビット 11 とビット 12 の設定

ボー レート
ビット 12
ビット 11

9600

0

0

4800

0

1

2400

1

1

1200

1

0

 


) シスコ ユニバーサル ブロードバンド ルータのコンソール ライン レートは、9600 に固定されていて変更できません。ボー レートの設定の詳細については、Cisco.com にある次の資料を参照してください。

『Cisco Broadband Cable Command Reference Guide』の「Using the ROM Monitor on the Cisco CMTS」

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/cable/ps2217/products_command_reference_chapter09186a0080187230.html

 

ビット 13

ビット 13 は、ブートロード失敗時のサーバの応答を決めるビットです。boot コマンドがコンフィギュレーション ファイルに記述されている場合、ルータ ソフトウェアは、処理が正常に終了するか、またはリストの最後に達するまで、それぞれの boot コマンドを順に実行します。リストの最後に達してもファイルが正常にブートされない場合、コンフィギュレーション レジスタのビット 13 が設定されていれば、ルータは netboot コマンドを最大 6 回再試行します。それ以外の場合、ROMmon にあるオペレーティング システム ソフトウェアをロードします。ビット 13 が設定されていない場合、ルータは無限にイメージのネットブートを続行します。ビット 13 のデフォルト設定は 0 です。ビット 13 が設定されている場合、ブート フラッシュ メモリにあるブート ヘルパー イメージを、再試行なしでブートします。

ビット 15

ビット 15 は、診断メッセージをイネーブルにし、NVRAM の内容を無視するためのビットです。

Cisco IOS 稼働中のコンフィギュレーション レジスタの表示

コンフィギュレーション レジスタを表示するには、show version コマンドまたは show hardware コマンドを使用します。

次の例では、ケーブル クロック カードがインストールされた Cisco uBR7246VXR ルータで show version コマンドを使用した場合の出力を示します。

Router# show version
 
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 7200 Software (UBR7200-P-M), Version 12.1(10)EC, RELEASE SOFTWARE
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 02-Feb-00 16:49 by ccai
Image text-base:0x60008900, data-base:0x61192000
 
ROM:System Bootstrap, Version 12.0(15)SC, RELEASE SOFTWARE
 
VXR1 uptime is 2 days, 1 hour, 24 minutes
System returned to ROM by power-on at 10:54:38 PST Sat Feb 5 2000
System restarted at 11:01:08 PST Sat Feb 5 2000
System image file is "slot1:ubr7200-p-mz.121-0.8.T"
 
cisco uBR7246VXR (NPE300) processor (revision B) with 122880K/40960K bytes of memory.
Processor board ID SAB0329005N
R7000 CPU at 262Mhz, Implementation 39, Rev 1.0, 256KB L2, 2048KB L3 Cache
6 slot VXR midplane, Version 2.0
 
Last reset from power-on
X.25 software, Version 3.0.0.
National clock card with T1 controller
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Cable Modem network interface(s)
125K bytes of non-volatile configuration memory.
 
16384K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 1 (Sector size 128K).
4096K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x0
 
Router#
 

ROM モニタ稼働中のコンフィギュレーション レジスタの表示

ブートストラップ プロンプト「>」で o コマンドを実行すると、現在有効な仮想コンフィギュレーション レジスタが表示されます。ここには、ビットの説明も表示されます。次のサンプル出力を参照してください。

>o
Configuration register + 02x100 at last boot
Bit# Configuration register option settings:
15 Diagnostic mode disabled
14 IP broadcasts do not have network numbers
13 Boot default ROM software if network boot fails
12-11 Console speed is 9600 baud
10 IP broadcasts with ones
09 Do not use secondary bootstrap
08 Break disabled
07 OEM disabled
06 Ignore configuration disabled
05 Fast boot disabled
04 Fan boot disabled
03-00 Boot to ROM monitor
 

プロンプトが「rommon1」の場合、confreg コマンドを実行すると、現在有効な仮想コンフィギュレーション レジスタが表示されます。ここには、ビットの説明も表示されます。次のサンプル出力を参照してください。

rommon 1 > confreg
 
Configuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
console baud: 9600
boot: the ROM Monitor
 
Do you wish to change the configuration? y/n [n]

Cisco IOS 稼働中のコンフィギュレーション レジスタの設定

コンフィギュレーション レジスタを設定するには、コンフィギュレーション モードで config-register 0x<value> コマンドを実行します。次のサンプル出力を参照してください。

Router# config t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTRL/Z.
Router(config)#config-register 0x2142
Router(config)#end
Router#
%SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 

ROM モニタ稼働中のコンフィギュレーション レジスタの設定

プロンプトが「>」の場合、or0x<value> コマンドを実行するとコンフィギュレーション レジスタが設定されます。次のサンプル出力を参照してください。

>o/r 0x2102
>
 

プロンプトが「rommon1」の場合、confreg コマンドを実行するとコンフィギュレーション レジスタが設定されます。プロンプトにより、ビットごとに設定を求められます。次のサンプル出力を参照してください。

rommon 1 > confreg
 
Confiuration Summary
enabled are:
load rom after netboot fails
console baud: 9600
boot: the ROM Monitor
 
do you wish to change the configuration y/n [n]: y
enable “diagnostic mode”? y/n [n]: n
enable “use net in IP bcast address”? y/n [n]: n
disable “use rom after netboot fails”? y/n [n]: n
enable “use all zero broadcast”? y/n [n]: n
enable “break/abort has effect”? y/n [n]: n
enable “ignore system config info”? y/n [n]: n
change console baud rate? y/n [n]: n
change the boot characteristics? y/n [n]:y
enter to boot:
0 = ROM Monitor
1 = the boot helper image
2 - 15 = boot system
[0]: 2
 
Configuration Summary:
enabled are:
load rom after netboot fails
console baud: 9600
boot: image sepcified by the boot system commands or default to: cisco2-c7200
 
do you wish to change the configuration? y/n [n] n
 
You must reset or power cycle for new config to take effect
rommon 2 >