Cisco uBR7200 ユニバーサル ブロードバンド ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 12.3BC 12.2BC 12.2CX 12.1EC
イメージのインストールに関する一般 的な問題の対処方法
イメージのインストールに関する一般的な問題の対処方法
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

イメージのインストールに関する一般的な問題の対処方法

準備作業

デフォルト ゲートウェイの問題

ルータ用のデフォルト ゲートウェイの判別

設定へのデフォルト ゲートウェイの追加

TFTP サーバとルータが同一ネットワーク内にあることの確認

ルータでの IP アドレスとマスクの判別

Windows 95 での TFTP サーバの IP アドレスの判別

UNIX ワークステーションでの TFTP サーバの IP アドレスの判別

ソフトウェア転送時の問題のトラブルシューティング

コピー時のエラー メッセージ [Text checksum verification failure]

エラー メッセージ [error opening tftp]

タイムアウト エラー メッセージの表示

エラー メッセージ [Can't open file]

ソフトウェア イメージの確認による問題のトラブルシューティング

show version コマンドが正しいイメージを表示しない場合

Rxboot プロンプト(Router[boot]>)がリロード後表示される場合

関連資料

イメージのインストールに関する一般的な問題の対処方法


) このマニュアルの内容は Cisco IOS Release 11.2 以上に基づいています。


この付録では、Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバまたは remote copy protocol(rcp; リモート コピー プロトコル)サーバ アプリケーションを使用して Cisco IOS ソフトウェア イメージをインストールする際に発生する可能性のある問題の対応方法を説明します。rcp アプリケーションの場合は、手順に記載されている TFTP を rcp に読みかえてください。

準備作業


注意 ブート モードでは何も保存しないでください。保存用のコマンド(write mem または copy run start)の使用は避け、現在の設定を保存するように促すプロンプトに対しては、いずれも no と応答してください。このモードで保存を行うと、設定が一部または全部消去される可能性があります。

デフォルト ゲートウェイの問題

ルータ用のデフォルト ゲートウェイの判別

デフォルト ゲートウェイは常に、パケットが TFTP サーバまたは Telnet セッション ソースあるいはその両方を備えたワークステーションに到達するために通過しなければならないネクスト ホップです。traceroute コマンドの出力では、最初の行にデフォルト ゲートウェイの IP アドレスが示されます。

Router> traceroute 172.17.247.195
 
Type escape sequence to abort.
Tracing the route to 172.17.247.195
 
1 10.200.40.1 4 msec 4 msec 4 msec
2 172.17.247.195 4 msec * 0 msec
 
Router>
 

設定へのデフォルト ゲートウェイの追加

デフォルト ゲートウェイを追加するには、グローバル コンフィギュレーション モードで ip default-gateway コマンドを使用します。

ip default-gateway [ip address]

 
シンタックスの説明

ip address

ルータの IP アドレス

 

TFTP サーバとルータが同一ネットワーク内にあることの確認

TFTP サーバの IP アドレスとマスク、およびルータのイーサネット インターフェイスを比較します。

例 1

TFTP サーバの IP アドレスは 172.17.247.195 で、マスクは 255.255.0.0 です。ルータのインターフェイス Ethernet0 の IP アドレスは 172.17.3.192 で、マスクは 255.255.0.0 です。この例では、TFTP サーバとルータのこのインターフェイスは同一ネットワークにあるので、デフォルト ゲートウェイは必要ありません。

例 2

TFTP サーバの IP アドレスは 172.17.247.195 で、マスクは 255.255.0.0 です。ルータのインターフェイス Ethernet0 の IP アドレスは 172.10.3.192 で、マスクは 255.255.0.0 です。この例では、両者は異なる IP ネットワーク上にあるので、ルータに対してデフォルト ゲートウェイを設定する必要があります。

ルータでの IP アドレスとマスクの判別

設定の中で、interface Ethernet ステートメントの下に表示される IP アドレス コマンドを探します。

Router> en
Password:
Router# show run
Building configuration...
 
Current configuration:
!
version 11.3
service timestamps debug uptime
 
...................
 
interface Ethernet0
ip address 172.17.3.192 255.255.0.0
 

Windows 95 での TFTP サーバの IP アドレスの判別


ステップ 1 ツールバーから、[スタート]、次に[ファイル名を指定して実行]を選択します。

ステップ 2 winipcfg と入力して OK をクリックし、IP コンフィギュレーション ダイアログ ボックスを表示させます。


 

UNIX ワークステーションでの TFTP サーバの IP アドレスの判別


ステップ 1 netstat -in コマンドを入力します。ステーション上のインターフェイスの IP アドレスが表示されます。

ステップ 2 ルータ ネットワークへ接続するインターフェイスの IP アドレスを選択します。


 

ソフトウェア転送時の問題のトラブルシューティング

コピー時のエラー メッセージ [Text checksum verification failure]

コピー時に [ ! ] ではなく [ . ] が多数表示される場合は、次の例のようなメッセージが表示されることがあります。

COPY: Text checksum verification failure
TFTP from 172.17.247.195 failed/aborted
Verifying checksum... invalid (expected 0x62B7,
computed 0x60B9)
 

show flash コマンドを入力した場合は、次の例のようなメッセージが表示されることがあります。

Router# show flash
PCMCIA flash directory:
File Length Name/status
1 3437967 c1600-sy-mz.120-8.0.2.T
2 3489036 c1600-y-l.112-19.P1
3 290304 c1600-y-l.112-18.P [invalid checksum]
 

いずれの場合もチェックサム障害で、ファイルがメモリに正常にコピーされておらず、再度コピーが必要なことを示します。最初に、TFTP サーバにコピーしたファイルのサイズが元のファイルと同じかどうかを確認します(ルータではサイズはバイトで表示され、TFTP サーバではキロバイトで表示されることがあるので注意してください)。ネットワークがきわめてビジーな場合にも、このような現象がみられることがあるので、ネットワーク負荷がそれほど大きくないときに再度コピーするか、TFTP サーバおよびルータとの間でイーサネット直接接続を確立してファイルをダウンロードしてください。

エラー メッセージ [error opening tftp]

エラー メッセージの例を示します。

Router# copy tftp flash
Address or name of remote host [172.17.0.5]?
Source filename [rsp-dsv-mz.112-19.P1.bin]?
Destination filename [rsp-dsv-mz.112-19.P1.bin]?
Accessing tftp://172.17.0.5/rsp-dsv-mz.112-19.P1.bin...
%Error opening tftp://172.17.0.5/rsp-dsv-mz.112-19.P1.bin (No such file or directory)
 

このメッセージが表示された場合は、ファイルが TFTP サーバのルート ディレクトリにあるかどうかを確認し、正しいファイル名を入力したか調べます。間違えやすい文字には [ I ](i の大文字)、
[ l ](L の小文字)、[ 1 ](数字)があります。

タイムアウト エラー メッセージの表示


ステップ 1 PC 上で TFTP サーバがオープンになっていることを確認します。

ステップ 2 ファイルがルート ディレクトリにあるかどうかを確認します(メニューバーから View > Options を選択します)。


 

エラー メッセージ [Can't open file]

PC 上で TFTP サーバが稼働しているかどうかを確認します。正しいファイル名をコピーしたかどうかを確認します。間違えやすい文字には [ I ](i の大文字)、[ l ](L の小文字)、[ 1 ](数字)があります。

RAM から起動インストールの手順


ステップ 1 装置間でシステム イメージをコピーするには、グローバル コンフィギュレーション モードで copy コマンドを使用します。

copy tftp ?
 

ステップ 2 copy コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference 』 Release 12.2 を参照してください。方法はプラットフォームに応じて異なります。


 

この用途での copy コマンドの最も一般的な形式は次の 3 つです。

copy tftp flash
copy rcp flash
copy slot0: slot1:
 

次の例は copy slot0: slot1 コマンドの使用法を示したものです。

router# show slot0:
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------
name
1 .D unknown 5E8B84E6 209D8 11 2392 Jan 22 2000 00:22:42
flashconfig
2 .. image 5E7BAE19 B623C4 22 11802988 Jan 22 2000 00:23:18
rsp-jsv-mz.1
20-8.0.2.T
 
router# show slot1:
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------
name
1 .. unknown 6A2B4BA7 6FA9E0 20 7186784 Jul 30 1999 15:05:19
rsp-jv-mz.11 1-26.CC1
2 .. config 631F0D8B 6FB1EC 6 1929 Oct 19 1999 06:15:49
config
3 .. config 631F0D8B 6FB9F8 7 1929 Oct 19 1999 06:16:03
config1
 
router# copy slot0: slot1:
Source filename []? rsp-jsv-mz.120-8.0.2.T
Destination [slot1]?
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
2392 bytes copied in 0.300 secs

リロード前の手順


ステップ 1 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが適切に保存されているかどうかを確認します。それには、show flash コマンドを使用して、ファイルが保存されており、サイズが正しく、無効なチェックサム メッセージがないことを確認します。

ファイルが表示されないか、ファイルに続けて [invalid checksum] が表示されるか、ファイル サイズが TFTP サーバ上のサイズと一致しない場合は、再度インストールを行う必要があります。ルータではサイズはバイトで表示され、TFTP サーバではキロバイトで表示されることがあるので注意してください。

ステップ 2 設定で boot system コマンドが正しい順序になっているかどうかを確認します。ルータは、コンフィギュレーション ファイルに入力された順序で、boot system コマンドを保存して実行します。リスト内の boot system コマンド エントリが、無効な装置またはファイル名を指定している場合、ルータはそのエントリを省きます。


 

次の例は、コンフィギュレーション ファイルに定義されている boot system コマンドです。

Router> en
Password:
Router# conf t
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
Router(config)#
Router(config)# boot system flash c1600-y-l.112-18.P
Router(config)# boot system flash
 

ソフトウェア イメージの確認による問題のトラブルシューティング

show version コマンドが正しいイメージを表示しない場合

show version コマンドの出力にロードしたばかりの Cisco IOS イメージが表示されない場合は、次の作業を行います。


ステップ 1 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが適切に保存されているかどうかを確認します。それには、show flash コマンドを使用して、ファイルが保存されており、サイズが正しく、無効なチェックサム メッセージがないことを確認します。

ファイルが表示されないか、ファイルに続けて [invalid checksum] が表示されるか、ファイル サイズが TFTP サーバ上のサイズと一致しない場合は、再度インストールを行う必要があります。ルータではサイズはバイトで表示され、TFTP サーバではキロバイトで表示されることがあるので注意してください。

ステップ 2 設定で boot system コマンドが正しい順序になっているかどうかを確認します。ルータは、コンフィギュレーション ファイルに入力された順序で、boot system コマンドを保存して実行します。リスト内の boot system コマンド エントリが、無効な装置またはファイル名を指定している場合、ルータはそのエントリを省きます。


 

Rxboot プロンプト(Router[boot]>)がリロード後表示される場合


ステップ 1 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージが適切に保存されているかどうかを確認します。それには、show flash コマンドを使用して、ファイルが保存されており、サイズが正しく、無効なチェックサム メッセージがないことを確認します。

ファイルが表示されないか、ファイルに続けて [invalid checksum] が表示されるか、ファイル サイズが TFTP サーバ上のサイズと一致しない場合は、再度インストールを行う必要があります。ルータではサイズはバイトで表示され、TFTP サーバではキロバイトで表示されることがあるので注意してください。

ステップ 2 設定で boot system コマンドが正しい順序になっているかどうかを確認します。ルータは、コンフィギュレーション ファイルに入力された順序で、boot system コマンドを保存して実行します。リスト内の boot system コマンド エントリが、無効な装置またはファイル名を指定している場合、ルータはそのエントリを省きます。

ステップ 3 config register 値が正しいかどうかを確認します。最後の数字は 2 です。show version コマンドでこの値について調べることができます。値が正しくない場合は、有効な値に戻してイメージをリロードする必要があります。