Cisco uBR7200 ユニバーサル ブロードバンド ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 12.3BC 12.2BC 12.2CX 12.1EC
システムのトラブルシューティング
システムのトラブルシューティング
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

システムのトラブルシューティング

show コマンドの応答

ヘッドエンド CM によるダウンストリーム信号の確認

振幅の平均化

電力調整のイネーブル化およびディセーブル化

電力調整に影響する周波数しきい値の設定

ダウンストリーム テスト信号の設定

無変調テスト信号の設定

PRBS テスト信号の設定

テスト信号出力の確認

応答のない CM への ping の実行

CM に対する ping の実行

ping の確認

ケーブル インターフェイス debug コマンドの使用方法

debug cable arp

debug cable error(MAC プロトコル エラー用)

debug cable keyman(ベースライン プライバシー アクティビティ用)

debug cable mac-messages

debug cable map

debug cable phy

debug cable privacy(ベースライン プライバシー用)

debug cable qos

debug cable range(レンジングメッセージ用)

debug cable receive(アップストリーム メッセージ用)

debug cable reg(モデム登録要求用)

debug cable reset(リセット メッセージ用)

debug cable specmgmt(スペクトル管理用)

debug cable startalloc(チャネル割り当て用)

debug cable transmit(CMTS 伝送用)

debug cable ucc(アップストリーム チャネル変更メッセージ用)

debug cable ucd(アップストリーム チャネル ディスクリプタ メッセージ用)

システムのトラブルシューティング

この章では、Cisco uBR7200 シリーズ Cable Modem Termination System(CMTS; ケーブル モデム ターミネーション システム)の各種機能のトラブルシューティング情報について説明します。内容は次のとおりです。

 

説明

「show コマンドの応答」

システム情報を取得するための show コマンド オプションについて説明します。

「ヘッドエンド CM によるダウンストリーム信号の確認」

Cisco uBR924 ケーブル アクセス モデムを使用して、Cisco uBR7200 シリーズ ルータから発信されたダウンストリーム信号を確認します。

「振幅の平均化」

システムでは、平均化アルゴリズムを使用して、
Carrier-to-Noise Ratio(CNR; 搬送波対雑音比)が小さいために過度の電力調整(フラッピング)が行われている Cable Modem(CM; ケーブルモデム)について、最適なパワーレベルを決定します。ここでは、このような電力調整が、不安定なリターンパス接続を示していると解釈できることについて説明します。

「ダウンストリーム テスト信号の設定」

ダウンストリーム テスト信号を生成できるコンフィギュレーション コマンドについて説明します。

「応答のない CM への ping の実行」

ケーブル システム管理者は、Cisco uBR7200 シリーズ ケーブル インターフェイスと CM 間のチャネルの状態を迅速に診断できます。

「ケーブル インターフェイス debug コマンドの使用方法」

ケーブル インターフェイス ラインカードのトラブルシューティング手順について説明します。


) ケーブル フラップ リストによる CMTS プラットフォームのトラブルシューティングの詳細については、Cisco.com にある『Cisco Cable Modem Termination System Feature Guide』の「Flap List Troubleshooting for the Cisco CMTS」の章を参照してください。


show コマンドの応答

ここでは、ケーブル関連の show コマンドの概要について説明します。このコマンドおよびその他の CMTS コマンドの詳細については、Cisco.com 上の次の資料を参照してください。

『Cisco Broadband Cable Command Reference Guide』

『Cisco Cable Modem Termination System Feature Guide』

 

コマンド
説明

show cable flap-list [sort-interface | sort-flap | sort-time]

Cisco uBR7200 シリーズ ルータのケーブル フラップ リストを表示するには、特権 EXEC モードで show cable flap-list コマンドを使用します。

Cisco uBR7200 シリーズでは、sort オプションは一度に 1 つのラインカードに適用され、その後リストが統合されます。たとえば、フラップ リストはケーブル 7/0 に対してソートされ、コンソールに表示されたあと、ケーブル 7/1 に対してソートされ、コンソールに表示される(以下同様)といった処理が行われます。

show cable flap-list コマンドおよび show cable modem コマンドでは、Cisco uBR7200 シリーズ CMTS が特定のモデムの不安定なリターンパスを検出し、電力調整を行った日時が表示されます。電力調整が行われたモデムは、P-Adj(電力調整)フィールドにアスタリスク(*)が表示されます。モデムの送信パワーが最大値に達し、それ以上パワーレベルを上げることができない場合には、感嘆符(!)が表示されます。

ケーブル フラップ リスト使用の詳細については、『 Cisco Cable Modem Termination System Feature Guide 』の「 Flap List Troubleshooting for the Cisco CMTS 」の章を参照してください。

show cable modem

すべての Data-over-Cable Service Interface Specification(DOCSIS)ステート、およびその他の有益なトラブルシューティング情報、たとえば、最後に受信したアップストリーム Radio Frequency(RF; 無線周波数)パワー レベルやプロビジョニングされた Customer Premises Equipment(CPE; 顧客宅内機器)の最大数などを表示するには、特権 EXEC モードで show cable modem コマンドを使用します。


) DOCSIS CM は、登録およびプロビジョニング時に一連のステート過程を通過することが必要です。この情報を使用することにより、CM がオフラインまたは使用不能になった理由を突き止めることができます。


show cable flap-list コマンドおよび show cable modem コマンドでは、Cisco uBR7200 シリーズ CMTS が特定のモデムの不安定なリターンパスを検出し、電力調整を行った日時が表示されます。電力調整が行われたモデムは、P-Adj(電力調整)フィールドにアスタリスク(*)が表示されます。モデムの送信パワーが最大値に達し、それ以上パワーレベルを上げることができない場合には、感嘆符(!)が表示されます。

show cable modem コマンドを使用すると、RF CPE の IP アドレスまたは MAC アドレスを入力することによって特定された単一モデムのオプション リストが表示されます。

各インターフェイス上の各 CM の Signal-Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比)情報

各アップストリーム チャネルに接続されているモデム総数のサマリー情報

指定したインターフェイスまたはアップストリームの登録済みモデムおよび未登録モデムの総数

指定したインターフェイスまたはアップストリームのオフラインモデム総数、およびオフラインになる前の各モデムのステータス

show cable modem maintenance

ステーション メンテナンス エラー統計情報を表示するには、特権 EXEC モードで show cable modem maintenance コマンドを使用します。

CMTS によって CM がオフラインになっていることが検出されると(ステーション メンテナンス要求を 16 回試行しても応答がない場合)、CM にはオフライン マークが付けられます。CM がその後 24 時間以内にオンラインにならなかった場合は、CM および Service IDentifier(SID; サービス識別子)ステートがオフラインとしてマークされるだけではなく、CMTS レンジング リストから SID が即時に削除され、SID を完全に削除するためにエージング タイマーが起動します。

次に、出力フィールドについて説明します。

SM Exhausted Count 値は、ステーション メンテナンス要求に応答しなかったことが原因で、CM が削除された回数を表します。16 回にわたる周期的なレンジングの機会に、CM が RNG_REQ を返さなかった場合、そのモデムはステーション メンテナンス リストから削除されます。

SM Aborted Count 値は、無効な動作パラメータが原因で CM が削除された回数を表します。パワー レベルが許容範囲外である、またはタイミング オフセットが変化し続けているといった原因が考えられます。コマンド出力内の個々の時間は、発生時刻を示しています。

show cable qos profile

show interface cable

show interface cable sid

show cable modulation-profile

Cisco CMTS の変調プロファイル グループ情報を表示するには、特権 EXEC モードで show cable modulation-profile コマンドを使用します。

show cable modulation-profile コマンドには、変調プロファイル番号を表示する追加オプション番号機能が組み込まれています。

show cable modulation-profile コマンドは、以前の show cable burst-profile コマンドに完全に代わるものです。

 

ヘッドエンド CM によるダウンストリーム信号の確認

Cisco uBR924 ケーブル アクセス モデムを使用して、Cisco uBR7200 シリーズ ルータから発信されたダウンストリーム信号を確認することができます。Cisco uBR924 が、DOCSIS CM 仕様に従って設定されていることを確認してください。

Cisco uBR924 を使用して、Cisco uBR7200 シリーズ ルータから発信されたダウンストリーム信号を確認するには、次の作業を行います。


ステップ 1 Cisco uBR924 を稼働し、0 ~ +5 dBmV の入力信号を受信している状態で、show controller c0 tuner コマンドを使用します。

ステップ 2 出力を調べ、SNR 推定値変数に対応する値を確認します。この値が 35 dB 以上であれば、信号は最適化されています。値が 35 dB 未満の場合には、ケーブル ヘッドエンドのアップコンバータを調整してください。


 


ヒント ヘッドエンドに設置された CM の SNR 推定値は、35 ~ 39 dB でなければなりません。表示される実値は CM によって異なりますが、同じ CM で測定される値は常に一定になります。SNR を最大値にすることによって、CM の信頼性とサービス品質が最適化されます。


振幅の平均化

Cisco uBR7200 シリーズ CMTS では、平均化アルゴリズムを使用して、CNR が小さいために過度の電力調整(フラッピング)が行われている CM について、最適なパワーレベルを決定します。フラッピング CM が削除されるのを防ぐため、Cisco uBR7200 シリーズ CMTS は、設定可能な RNG-REQ メッセージ数を平均化してから、電力調整を行います。潜在的に不安定なリターンパスを補正することによって、Cisco uBR7200 シリーズ CMTS は、対象となる CM との接続を維持します。ただし、このような電力調整は、不安定なリターンパス接続を示していると解釈できます。

show cable flap-list コマンドおよび show cable modem コマンドが拡張され、Cisco uBR7200 シリーズ CMTS が電力調整を行っているパス、および送信パワーが最大値に達しているモデムを判別できるようになりました。このような状況は不安定なパスを示しているので、補正する必要があります。

show cable flap-list コマンドの出力例を示します。

Router# show cable flap-list
MAC Address Upstream Ins Hit Miss CRC P-Adj Flap Time
0010.7bb3.fd19 Cable5/0/U1 0 2792 281 0 *45 58 Jul 27 16:54:50
0010.7bb3.fcfc Cable5/0/U1 0 19 4 0 !43 43 Jul 27 16:55:01
0010.7bb3.fcdd Cable5/0/U1 0 19 4 0 *3 3 Jul 27 16:55:01
 

アスタリスク(*)は、CMTS がこのモデムに電力調整を適用していることを示しています。感嘆符(!)は、モデムの送信パワーが最大値に達していることを示しています。

次に、 show cable modem コマンドの出力例を示します。

Router# show cable modem
MAC Address IP Address I/F MAC Prim RxPwr Timing Num BPI
State Sid (db) Offset CPEs Enbld
0050.04f9.edf6 10.44.51.49 C7/1/U0 online 1 -0.50 3757 0 no
0050.04f9.efa0 10.44.51.48 C7/1/U0 online 2 -0.50 3757 0 no
0030.d002.41f5 10.44.51.147 C7/1/U0 online 3 -0.25 3829 0 no
0030.d002.4177 10.44.51.106 C7/1/U0 online 4 -0.50 3798 0 no
0030.d002.3f03 10.44.51.145 C7/1/U0 online 5 0.25 3827 0 no
0050.04f9.ee24 10.44.51.45 C7/1/U0 online 6 -1.00 3757 0 no
0030.d002.3efd 10.44.51.143 C7/1/U0 online 7 -0.25 3827 0 no
0030.d002.41f7 10.44.51.140 C7/1/U0 online 8 0.00 3814 0 no
0050.04f9.eb82 10.44.51.53 C7/1/U0 online 9 -0.50 3756 0 no
0050.f112.3327 10.44.51.154 C7/1/U0 online 10 0.25 3792 0 no
0030.d002.3f8f 10.44.51.141 C7/1/U0 online 11 0.00 3806 0 no
0001.64f9.1fb9 10.44.51.55 C7/1/U0 online 12 0.00 4483 0 no
0030.d002.417b 10.44.51.146 C7/1/U0 online 13 0.50 3812 0 no
0090.9600.6f7d 10.44.51.73 C7/1/U0 online 14 0.00 4071 0 no
0010.9501.ccbb 10.44.51.123 C7/1/U0 online 15 0.25 3691 0 no
 

show cable modem コマンドの出力にあるアスタリスク(*)は、CMTS がこの CM に電力調整を適用していることを示しています。感嘆符(!)は、CM の送信パワーが最大値に達していることを示しています。

ここでは、振幅の平均化に関連するコマンドについて説明します。

cable upstream power-adjust noise

cable upstream frequency-adjust averaging

電力調整のイネーブル化およびディセーブル化

電力調整機能をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで cable upstream power-adjust コマンドを使用します。

cable upstream n power-adjust { threshold [ threshold # ] | continue [ tolerable value ] | noise [ % of power adjustment ]}

電力調整をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

no cable upstream power-adjust

 
シンタックスの説明

構文
説明

n

アップストリーム ポート番号を指定します。

threshold #

電力調整しきい値を指定します。しきい値の範囲は 0 ~ 10 dB です。デフォルト値は 1 dB です。

tolerable value

RNG-RSP のステータスを CONTINUE または SUCCESS に設定するときの基準値を指定します。範囲は 2 ~ 15 dB です。デフォルト値は 2 dB です。

% of power adjustment

標準電力調整方式からノイズ電力調整方式へ切り替えるために必要な、電力調整パケットの割合を指定します。有効範囲は 10 ~ 100 % です。デフォルト値は 30 % です。

 


) デフォルトのしきい値は 1 dB です。デフォルトの tolerable value は 2 dB です。電力調整は 30 % です。



注意 システム動作にはデフォルトの設定値が適しています。振幅の平均化は自動的に行われる手順です。一般的に、値の調整をすることは推奨できません。ただし、フラッピング CM が発生した場合は、ケーブル プラントのクリーンナップを推奨します。


) 値の調整が必要になる場合もあります。

CM が最大電力レベルに達したためにレンジングが完了しない場合、tolerable value CONTINUE フィールドをデフォルトの 2 dB より大きい値に設定してください。ケーブル インターフェイス ラインカードの「C」バージョンで 10 dB より大きい値を設定したり、FPGA バージョンで 5 dB より大きい値を設定したりすることは、推奨できません。

フラップ リストに大量の電力調整が行われた CM が表示されているのに、CM が [noisy] とみなされていない場合、[noisy] の割合を引き下げてください。また、不必要に [noisy] とみなされる CM が多すぎる場合は、[noisy] の割合を引き上げてください。


電力調整に影響する周波数しきい値の設定

周波数しきい値を設定することによって電力調整方式を制御する場合は、インターフェイス コンフィギュレーション モードで cable upstream freq-adj averaging コマンドを使用します。電力調整をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

cable upstream n freq-adj averaging % of frequency adjustment

no cable upstream freq-adj averaging

 
シンタックスの説明

構文
説明

n

アップストリーム ポート番号を指定します。

averaging

調整方式を標準電力調整方式からノイズ電力調整方式へ切り替えるには、一定の割合の周波数調整パケットが必要であることを指定します。

% of frequency adjustment

標準電力調整方式からノイズ電力調整方式へ切り替えるために必要な、周波数調整パケットの割合を指定します。有効範囲は 10 ~ 100 % です。

 

周波数調整パケット カウントが 50 % に達したときに、電力調整方式を切り替える例を示します。

Router(config-if)# cable upstream 0 freq-adj averaging 50

 

ダウンストリーム テスト信号の設定

この機能に備わっているコンフィギュレーション コマンドを使用することにより、ダウンストリーム テスト信号を生成できます。現在、Pseudo Random Bit Stream(PRBS; 擬似ランダム ビット ストリーム)テスト信号と無変調搬送波テスト信号の両方がサポートされています。

PRBS テスト信号は、実際のデータ ストリームのように認識される、変調されたランダム データ パターンです。無変調テスト信号は、ダウンストリーム伝送上で搬送波のように認識される、連続する正弦波です。

PRBS および無変調搬送波テスト信号を生成するには、次の作業が必要です。

「無変調テスト信号の設定」

「PRBS テスト信号の設定」

「テスト信号出力の確認」

無変調テスト信号の設定

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config-if)# cable downstream if-output continuous-wave

ダウンストリーム チャネル上で無変調連続波信号を生成します。インターフェイスはシャットダウンされます。

ステップ 2

Router(config-if)# no cable downstream if-output

テスト信号の送信を中止します。


) 通常の動作が再開されるように、インターフェイスを再びイネーブルにすることを忘れないでください。


 

PRBS テスト信号の設定

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router(config-if)# cable downstream if-output prbs

ダウンストリーム チャネル上で、PRBS テスト信号を生成します。インターフェイスはシャットダウンされます。

ステップ 2

Router(config-if)# no cable downstream if-output

テスト信号の送信を中止します。


) 通常の動作が再開されるように、インターフェイスを再びイネーブルにすることを忘れないでください。


テスト信号出力の確認

連続波テスト信号の出力または PRBS テスト信号の出力を確認するには、ダウンストリーム チャネル上でスペクトル アナライザを使用します。ダウンストリーム搬送波はデフォルトでイネーブルです。

標準動作モードは、変調された信号出力で、インターフェイスはアクティブです。PRBS および連続波出力の場合は、選択したインターフェイスがシャットダウンされます。

no cable downstream if-output コマンドの機能は変更されていません。インターフェイスはシャットダウンされます。

応答のない CM への ping の実行

CM に対する ping の実行

Ping DOCSIS は、シスコの特許申請中の機能です。この機能により、ケーブル システム管理者は、Cisco uBR7200 シリーズ ルータとケーブル インターフェイス間のチャネルの状態を素早く診断することができます。1/64(IP ping の帯域)を使用し、IP アドレスを持たない CM にも適用できます。そのため、登録に失敗したり、内部バグがあったり、クラッシュのため応答できなかったりする CM に対して、ping を実行できます。

Ping DOCSIS の情報には、要求した電力調整のリアルタイム情報とプロット、および最適なヘッドエンド受信パワーの測定値が含まれています。これにより、ケーブル運営者は、ケーブル インターフェイスに対して、定期的なレンジング要求を決まった回数(ユーザ側で設定可能)だけ送るように要請できます。

特定のケーブル インターフェイスに ping を実行して、その CM がオンラインかどうかを調べるには、EXEC モードで次のコマンドを使用します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

Router# ping docsis addr

特定の MAC アドレスまたは IP アドレスを持つ CM に ping を発行し、その CM がオンラインかどうかを調べます。

 

ping の確認

ping docsis コマンドを実行すると、ping の宛先である CM から確認が返されます。

Queuing 5 MAC-layer station maintenance intervals, timeout is 25 msec:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5)

ヒント 問題がある場合は、ping の宛先となるケーブル インターフェイスの MAC アドレスまたは IP アドレスを正しく指定しているかどうかを確認してください。


ケーブル インターフェイス debug コマンドの使用方法

ケーブル インターフェイスのトラブルシューティングを実行するには、イネーブル(特権 EXEC)モードで次の debug コマンドを使用します。

 

コマンド
説明

ステップ 1

debug cable ?

使用できるすべての debug cable コマンドを表示します。

ステップ 2

undebug all

コンソールへのデバッグ情報の出力をすべて停止し、特定の debug コマンドを選択します。


) 以降の debug コマンドを参照してください。



注意 次に紹介するコマンドは、CM 数が増加するにしたがって、大量の出力を生成する可能性があります。数千個の CM で構成される負荷の大きいシステムの場合、これらの debug コマンドによってルータのパフォーマンスが大きく低下することがあります。

debug cable arp

ケーブル インターフェイスでの Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)要求のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable arp コマンドを使用します。ARP 要求のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable arp

このコマンドをアクティブにすると、すべてのケーブル ARP 要求メッセージがCisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable error(MAC プロトコル エラー用)

ケーブル MAC プロトコル内で発生するエラーを表示するには、特権 EXEC モードで debug cable error コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable error

no debug cable error

このコマンドをアクティブにすると、すべてのケーブル ARP 要求メッセージがCisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールにケーブル MAC プロトコルに関するエラーが表示されます。

debug cable keyman(ベースライン プライバシー アクティビティ用)

Key Encryption Key(KEK; 鍵暗号化鍵)および Traffic Encryption Key(TEK; トラフィック暗号化鍵)BPI 鍵管理のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable keyman コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable keyman

no debug cable keyman

このコマンドをアクティブにすると、KEK 鍵および TEK 鍵に関するすべての動作がCisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable mac-messages

ダウンストリーム RF 信号を生成して暗号化するケーブル MAC で生成されるメッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable mac-messages コマンドを使用します。ケーブル MAC メッセージのデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable mac-messages

no debug cable mac-messages

このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズのコンソールに、ケーブル MAC で生成されるメッセージが表示されます。

debug cable map

マップ デバッグ メッセージを表示するには、特権 EXEC モードで debug cable map コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable map sid [sid-num]

no debug cable map

debug cable phy

ケーブル PHY で生成されるメッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable phy コマンドを使用します。ケーブル PHY のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable phy

no debug cable phy

ケーブル PHY は、Cisco uBR7200 シリーズ ルータと HFC ネットワーク間のアップストリーム/ダウンストリーム アクティビティを制御する物理レイヤです。このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータ コンソールに、ケーブル PHY で生成されるメッセージが表示されます。

debug cable privacy(ベースライン プライバシー用)

ベースライン プライバシーのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable privacy コマンドを使用します。デバッグ出力をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable privacy

no debug cable privacy

debug cable qos

QoS のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable qos コマンドを使用します。QoS のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable qos

no debug cable qos

このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに、QoS パラメータ関連メッセージが表示されます。

debug cable range(レンジングメッセージ用)

HFC ネットワーク上の ケーブル インターフェイスからのレンジング メッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable range コマンドを使用します。ケーブル インターフェイス レンジングのデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable range

no debug cable range

このコマンドをアクティブにすると、ケーブル インターフェイスがアップストリーム周波数を要求または変更したときに生成されるレンジング メッセージが、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable receive(アップストリーム メッセージ用)

ケーブル インターフェイスからのアップストリーム メッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable receive コマンドを使用します。アップストリーム メッセージのデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable receive

no debug cable receive

このコマンドをアクティブにすると、ケーブル インターフェイスによって生成され、Cisco uBR7200 シリーズ ルータに送信されるメッセージがすべて、このルータのコンソールに表示されます。

debug cable reg(モデム登録要求用)

HFC ネットワーク上のケーブル インターフェイスからの登録要求のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable reg コマンドを使用します。ケーブル登録のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable reg

no debug cable reg

このコマンドをアクティブにすると、ケーブル インターフェイスがネットワークへの接続要求時に生成するメッセージがCisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable reset(リセット メッセージ用)

HFC ネットワーク上のケーブル インターフェイスからのリセット メッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable reset コマンドを使用します。リセット メッセージのデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable reset

no debug cable reset

このコマンドをアクティブにすると、ケーブル インターフェイスによって生成されるリセット メッセージがCisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable specmgmt(スペクトル管理用)

HFC ネットワーク上のスペクトル管理(周波数アジリティ)のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable specmgmt コマンドを使用します。ケーブルスペクトル管理のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable specmgmt

no debug cable specmgmt

このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに、スペクトル グループの動作に関するメッセージが表示されます。スペクトル グループ アクティビティは、スペクトル グループに対する追加または変更の場合もあれば、スペクトル グループによって制御される周波数またはパワー レベルの変更の場合もあります。

debug cable startalloc(チャネル割り当て用)

HFC ネットワーク上のチャネル割り当てのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable startalloc コマンドを使用します。ケーブル チャネル割り当てのデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable startalloc

no debug cable startalloc

このコマンドをアクティブにすると、HFC ネットワーク上のケーブル インターフェイスに対してチャネルが割り当てられた時に生成されるメッセージが、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに表示されます。

debug cable transmit(CMTS 伝送用)

HFC ネットワークでのCisco uBR7200 シリーズ ルータからの伝送のデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable transmit コマンドを使用します。ケーブル伝送のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable transmit

no debug cable transmit

このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに、ヘッドエンドで生成されるメッセージが表示されます。

debug cable ucc(アップストリーム チャネル変更メッセージ用)

ケーブル インターフェイスが新しいチャネルを要求したとき、またはケーブル インターフェイスに新しいチャネルが割り当てられたときに生成される、Upstream Channel Change(UCC; アップストリーム チャネル変更)メッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable ucc コマンドを使用します。ケーブル UCC のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable ucc

no debug cable ucc

このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに、UCC に関するメッセージが表示されます。

debug cable ucd(アップストリーム チャネル ディスクリプタ メッセージ用)

Upstream Channel Descriptor(UCD; アップストリーム チャネル ディスクリプタ)メッセージのデバッグをアクティブにするには、特権 EXEC モードで debug cable ucd コマンドを使用します。ケーブル UCD のデバッグを非アクティブにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug cable ucd

no debug cable ucd

UCD メッセージは、アップストリーム チャネル特性に関する情報が含まれて HFC ネットワーク上の CM に送信されます。拡張アップストリーム チャネルを使用するように設定された CM は、この UCD メッセージに基づいて、使用すべき拡張アップストリーム チャネルを識別して選択します。このコマンドをアクティブにすると、Cisco uBR7200 シリーズ ルータのコンソールに UCD に関するメッセージが表示されます。