Cisco uBR7200 ユニバーサル ブロードバンド ルータ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド 12.3BC 12.2BC 12.2CX 12.1EC
Cisco uBR7200 シリーズ対応 CNR の 概要
Cisco uBR7200 シリーズ対応 CNR の概要
発行日;2012/01/10 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

目次

Cisco uBR7200 シリーズ対応 CNR の概要

CNR について

CM DHCP 応答フィールド

DOCSIS DHCP のフィールド

DHCP リレー オプション(DOCSIS Option 82)

スクリプトの概要

双方向 CM のスクリプト

Telco リターン CM のスクリプト

スクリプトの配置

Windows NT

Solaris

CNR 内のスクリプトのアクティブ化

Cisco uBR7200 シリーズを設定してスクリプトを使用する方法

システム デフォルト ポリシーの設定

CM

PC

スコープ選択タグの作成

概要

Telco リターン

ネットワーク スコープの作成

CoS 用ポリシーまたは CM Cisco IOS イメージ アップグレード用ポリシーの作成

CNR でサブインターフェイスをサポートするための手順

Cisco uBR7200 シリーズ対応 CNR の概要

この章は、Cisco Network Registrar(CNR)マニュアルを補足するもので、Cisco uBR7200 シリーズおよび CMTS 管理に関するケーブル固有のその他の手順を示します。

CNR の詳細については、Cisco.com にある以下のマニュアルを参照してください。

『Cisco Network Registrar for the Cisco uBR7200 Series Universal Broadband Routers』

CNR and DHCP FAQs for Cable Environment

『Recommended CNR Settings and Management』

『Cable Technology Technical Tips』

CNR について

CNR は、現在 Windows NT または Solaris 2.6 で稼働中のダイナミック IP アドレス管理システムで、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)を使用して、広帯域ネットワーク上のケーブル インターフェイス、PC、およびその他のデバイスに IP アドバイスを割り当てます。CNR ツールには、ケーブル システム管理者が個々の DHCP オプションを定義および表示し、ネットワーク上の機器の ID またはタイプを定義し、機器を規定クラスまたはグループに割り当てることができるように、スクリプト拡張が含まれています。

CNR ツールを使用することで、ケーブル システム管理者は、提供するポリシーを指定できます。

統合 DHCP および DNS(ドメイン ネーム サーバ)サービス

ネットワーク サイズに応じた Time of Day(ToD)および Trivial File Transfer Protocol(TFTP)サーバ

DHCP セーフ フェールオーバーおよびダイナミック DNS 更新


) これは、CNR 3.0 以上でのみ使用可能です。


ケーブル システム管理者は、CNR ツールおよび「スクリプトの概要」の項で特定されている拡張スクリプトを使用して、各加入者サイトでサポートするサービスおよびコンフィギュレーションに基づいた、ネットワークおよび各ケーブル インターフェイス用の、スコープ(有効範囲)、ポリシー、およびオプションを指定できます。


) スコープは、TCP/IP アドレスを管理目的でグループ化したものを指します。スコープ内の全 IP アドレスは、同じサブネット上になければなりません。


ケーブル システム管理者は、標準オプションのすべてにシステム デフォルト ポリシーを定義し、ケーブル インターフェイスなど、特定のサブネットに関連するオプションについてはスコープ固有ポリシーを使用します。これによって、DHCP は IP アドレスで情報を送信できます。

スクリプト用には 7 つのエントリ ポイントがあります。

post-packet-decode

pre-client-lookup

post-client-lookup ― クライアント クラス プロセスの結果を調べて処置をとり、pre-packet-encode 拡張ポイントで使用できるようにデータ項目を環境ディクショナリに入れ、DHCP リレー オプションを含めます。

check-lease-acceptable

pre-packet-encode

post-sent-packet

pre-dns-add-forward

CM DHCP 応答フィールド

広帯域ネットワーク上の各ケーブル インターフェイスには、DHCP 応答内に次のフィールドが必要になります。

Cable Modem(CM; ケーブル モデム)の IP アドレス

CM のサブネット マスク


) ネットワーキングの経験が少ないケーブル オペレータの場合は、ネットワーク番号に基づいて推測を記入し、IP ネットワークがどのように分割されているかを示してください。


ケーブル インターフェイスを対象とした TFTP サーバ上の DOCSIS コンフィギュレーション ファイル名

タイムスタンプ エラーを記録するときに、ケーブル インターフェイスがローカル タイムの算出に使用する、Universal Coordinated Time(UTC; 協定世界時)からのケーブル インターフェイスのタイム オフセット

ケーブル インターフェイスが現在の時刻を入手するタイム サーバ アドレス

DOCSIS DHCP のフィールド

DOCSIS DHCP のオプション要件には次のものがあります。

TFTP ブートストラップ プロセスで使用する次のサーバの IP アドレス。これは siaddr フィールドに戻されます。

ケーブル インターフェイスが TFTP サーバからダウンロードする DOCSIS コンフィギュレーション ファイル。


) リレー エージェントを使用する別のネットワーク上に DHCP サーバがある場合は、DHCP 応答のゲートウェイ アドレス フィールドをリレー エージェントが設定しなければなりません。


セキュリティが必要な場合は、セキュリティ サーバの IP アドレスを設定する必要があります。

DHCP リレー オプション(DOCSIS Option 82)

DOCSIS Option 82 は、CPE デバイスまたは対応する「クライアント」からケーブル インターフェイスを区別するために、DHCPDISCOVER パケットを修正します。DOCSIS Option 82 は、次の 2 つのサブオプションからなります。

サブオプション 1、サーキット ID

Type 1 (1 byte)
Len 4 (1 byte)
Value (8 bytes)
<bit 31,30,....................0)
<xYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY>

MSB は、接続装置がケーブル インターフェイスかどうかを示します。

x=1 Cable Modem REQ
x=0 CPE device
 

(サブオプション 2 に示されているケーブル インターフェイス MAC アドレスを持ったケーブル インターフェイスの裏)

CMTS インターフェイスへの SNMP インデックスは、残りのビットで構成されています。

Y=0xYYYYYYY は CMTS インターフェイスへの SNMP インデックスです。

サブオプション 2、ケーブル インターフェイスの MAC アドレス

Type 2 (1 byte)
Len 6 (1 byte)
Value xxxx.xxxx.xxxx (6 bytes)
 

スクリプトの概要

ここでは、ケーブル インターフェイスのコンフィギュレーションに適用可能なスクリプトを示します。

双方向 CM のスクリプト

加入者サイトで双方向コンフィギュレーションをサポートする場合は、次のスクリプトを使用します。

Relay.tcl

SetRouter.tcl

Telco リターン CM のスクリプト

Telco リターンと双方向ケーブル インターフェイス コンフィギュレーションを同じケーブル インターフェイス カードまたはシャーシ上でサポートする場合は、次のスクリプトを使用します。

PostClientLookup.tcl

PrePacketEncode.tcl

スクリプトの配置

Windows NT

Windows NT 上で稼働中の CNR の場合は、適切なスクリプトを次のディレクトリに置いてください。

\program files\network registrar\extensions\dhcp\scripts\tcl

Solaris

Solaris 上で稼働中の CNR の場合は、適切なスクリプトを次のディレクトリに置いてください。

/opt/nwreg2/extensions/dhcp/scripts/tcl

CNR 内のスクリプトのアクティブ化

適切なディレクトリに置いたあと、次の手順でスクリプトをアクティブにします。


ステップ 1 テキスト エディタを開きます。

ステップ 2 nrcmd> コマンド プロンプトからスクリプトの 1 つを開きます。

ステップ 3 拡張ポイントを作成し、システムに付加します。


) スクリプトのコマンドラインを nrcmd> のコマンドラインへ、カット & ペーストするのが一番簡単な方法です。


ステップ 4 拡張ポイントを作成して付加したあと、dhcp リロードを実行します。

スクリプトはアクティブです。


 

Cisco uBR7200 シリーズを設定してスクリプトを使用する方法

各ケーブル インターフェイスは、BOOTP フォワーダとして設定し、リレー オプションをイネーブルにしておく必要があります。各ケーブル インターフェイスのプライマリおよびセカンダリ IP アドレスは、CNR ツールと同期していなければなりません。

システムに組み込まれたスクリプトと正しく通信できるようにするために、Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ上で次のコマンドを実装します。

Cisco IOS Release 11.3 ― コマンドはインターフェイス固有です。

cable relay-agent-option
 

Cisco uBR7200 シリーズ上で Option 82 をイネーブルにします。

Cisco IOS Release 12.0 ― コマンドは、次のようなグローバル オプションに変更されています。

ip dhcp relay info option
 

Cisco IOS Release 12.0 ~ 12.5 の場合は、次のコマンドを使用します。

no ip dhcp relay information option check
 

) ケーブル インターフェイス コンフィギュレーション モードで cable dhcp-giaddr コマンドを使用することによって、DHCPDISCOVER パケットおよび DHCPREQUEST パケットの GIADDR フィールドを変更し、パケットが DHCP サーバに転送される前に、リレー IP アドレスを提供することもできます。このコマンドは、CM にプライマリ アドレスを使用し、CM の背後のホストにセカンダリ アドレスを使用するといった、「ポリシー」オプションを設定する場合に使用します。


システム デフォルト ポリシーの設定

次の機器用に、下に示すオプションをシステム デフォルト ポリシーに追加します。

CM ― ネットワーク上でサポートするため

PC ― ネットワーク上の各ケーブル インターフェイスを支援するため

CM

CNR ツールのマニュアルの指示に従って、次のような設定情報を定義します。

tftp-server(IP アドレス) ― BOOTP を使用するケーブル インターフェイス用

time-server(IP アドレス)

time-offset(16 進値、東部標準時の場合は 1,440)

packet-siaddr(CNR の IP アドレス)

router(0.0.0.0 に設定)

boot-file(BOOTP を使用するケーブル インターフェイス用の .cm ファイルの名前)

packet-file-name(.cm ファイル名)

PC

CNR ツールのマニュアルの指示に従って、次のような設定情報を定義します。

domain-name

name-servers(DNS サーバの IP アドレス)

スコープ選択タグの作成

概要

スコープ選択タグを作成する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 スコープ selection tag createコマンドをスクリプトから nrcmd> コマンドラインへカット & ペーストします。


) これらの名前は、スクリプトに記載されているとおりでなければなりません。


ステップ 2 次に、選択タグを適切なスクリプトに付加します。

下に例を示します。

CM_Scope tagCablemodem
PC_Scope tagComputer
 


 

Telco リターン


) Telco リターン用に prepacketencode および postclientlookup .tcl スクリプトを使用している場合、Telco リターン スコープには選択タグは対応付けられません。



ステップ 1 タグ Telcocablemodem をプライマリのケーブル インターフェイス スコープに置き、代わりにそのプールからアドレスを取り出します。

ステップ 2 上記の手順に従いますが、Telco リターン ポリシーを使用します。これは Telco 固有コマンドが指定された別の .cm ファイルを持っています。


 

ネットワーク スコープの作成

次に、ネットワーク用にスコープを作成する例を示します。この例では、2 台の Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータがそれぞれ別の場所にあり、1 台の Cisco uBR7200 シリーズに搭載されたケーブル インターフェイス カードは、Telco リターン対応として設定されているものとします。

cm-toledo1_2-0 10.2.0.0 255.255.0.0 assignable 10.2.0.10-10.2.254.254 tagCablemodem tagTelcomodem Default GW=10.2.0.1 (assigned by scripts)
 
cm-toledo1_3-0 10.3.0.0 255.255.0.0 assignable 10.3.0.10-10.3.254.254 tagCablemodem tagTelcomodem Default GW=10.3.0.1 (assigned by scripts)
 
pc-toledo1_2-0 208.16.182.0 255.255.255.248 assignable 208.16.182.2-208.16.182.6 tagComputer Default GW=208.16.182.1 (assigned by scripts)
 
pc-toledo1_3-0 208.16.182.8 255.255.255.248 assignable 208.16.182.10-208.16.182.14 tagComputer Default GW=208.16.182.9 (assigned by scripts)
 
telco_return_2-0 192.168.1.0 255.255.255.0 (No assignable addresses, tag was put on cable modem primary scope to force telco-return cable modem to pull address from primary scope)
 
cm-arlington1_2-0 10.4.0.0 255.255.0.0 assignable 10.4.0.10-10.4.254.254 tagCablemodem Default GW=10.4.0.1 (assigned by scripts)
 
cm-arlington1_3-0 10.5.0.0 255.255.0.0 assignable 10.5.0.10-10.5.254.254 tagCablemodem Default GW=10.5.0.1 (assigned by scripts)
 
pc-arlington1_2-0 208.16.182.16 255.255.255.248 assignable 208.16.182.17-208.16.182.22 tagComputer Default GW=208.16.182.17 (assigned by scripts)
 
pc-toledo1_3-0 208.16.182.24 255.255.255.248 assignable 208.16.182.2-208.16.182.30 tagComputer Default GW=208.16.182.25 (assigned by scripts)

) .248 サブネット範囲内の最後の有効アドレスは、ブロードキャスト アドレスであることを記憶しておいてください。これは使用できません。


CoS 用ポリシーまたは CM Cisco IOS イメージ アップグレード用ポリシーの作成

Class of Service(CoS; サービス クラス)をサポートするには、下記を定義します。

スコープ選択タグ ― スコープ コンフィギュレーションの種類を記述した識別情報


) これは Option 82 の場合に必要です。


クライアント クラス ― クライアント グループが対応付けられているクラス


) スコープ選択タグは、クライアント クラスから除外されるか含まれるかどちらかです。


クライアント ― 特定の DHCP クライアントおよびそれぞれが属する定義済みクラス

CoS を割り当てるか、または Option 82 を使用する場合は、MAC アドレスでクライアント エントリを作成し、適切なポリシーを指します。クライアント ベースの MAC プロビジョニングを使用する場合は、クライアント エントリ [default - exclude] を追加し、クライアント タブのすべての機器(たとえば、ケーブル インターフェイスや PC)に MAC アドレスを入れ、適切なタグなど、使用するポリシーを選択します。


) CNR の詳細については、『Cisco Network Registrar for the Cisco uBR10000 Series Universal Broadband Router』を参照してください。


CNR でサブインターフェイスをサポートするための手順

CNR の設定は、サブインターフェイスを設定するかどうかで方法が異なります。例を示します。Cisco uBR7200 シリーズ上で ISP サブインターフェイスを 2 つ、管理用サブインターフェイスを 1 つ設定している場合、管理用サブインターフェイスが最初に設定されたサブインターフェイスでなければなりません。ケーブル インターフェイス 3(c3/0)を使用する場合、3 つのサブインターフェイスとして c3/0.1、c3/0.2、および c3/0.3 を作成し、管理用サブインターフェイスとして c3/0.1 を最初に設定します。


) Cisco uBR7200 シリーズには、CM を最初に初期化するときに、CM から DHCP パケットをルーティングするために、管理用サブインターフェイスが必要です。これは、Cisco uBR7200 シリーズでは、CNR からの DHCP 応答メッセージを収集することによって、CM に割り当てられた IP アドレスを認識するまで、CM の所属するサブインターフェイスが認識できないからです。


CNR でこのような設定を実行するには、次の作業が必要です。


ステップ 1 スコープ選択タグを 2 つ作成します。たとえば、isp1-cm-tag と isp2-cm-tag を作成します。

ステップ 2 mgmt-scope、isp1-cm-scope、isp2-cm-scope など、3 つのスコープを設定し、isp1-cm-scope および isp2-cm-scope でそれぞれ、プライマリ スコープとして mgmt-scope を定義します。

ステップ 3 さらに、ISP のそれぞれに対応する PC 用に、スコープを 2 つ(isp1-pc-scope および isp2-pc-scope)設定します。スコープ isp1-cm-scope には、スコープ選択タグとして isp1-cm-tag を設定します。スコープ isp2-cm-scope には、スコープ選択タグとして isp2-cm-tag を設定します。

ステップ 4 クライアント クラスを 2 つ設定します(isp1-client-class、isp2-client-class など)。

ステップ 5 ISP1 に属す CM の MAC アドレスを指定してクライアント エントリを作成し、それらのエントリを isp1-client-class に割り当てます。さらに、スコープ選択タグ isp1-cm-tag を割り当てます。

ステップ 6 ISP2 に属す CM 用のクライアント エントリを作成し、それらのエントリを isp2-client-class に割り当てます。さらに、スコープ選択タグ isp2-cm-tag を割り当てます。

ステップ 7 スコープ選択タグ ウィンドウからクライアント クラス処理をイネーブルにします。


) ソフトウェアは DHCP 応答を収集して、実際の所属先サブインターフェイスを判別するので、これらのサブインターフェイス上でオーバラップするアドレス範囲を設定することはできません。CNR はオーバラップするアドレス範囲スコープを指定して設定できますが、それらのスコープからアドレスを割り当てることはできません。