Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロードバンド ルータ SIP/SPA ハードウェア インストレーション ガイド
概要:Cisco uBR10012 ルータの SIP
概要:Cisco uBR10012 ルータの SIP
発行日;2012/01/12 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

概要:Cisco uBR10012 ルータの SIP

SIP の概要

ワイドバンド SIP および SPA の位置の特定

ワイドバンド SIP の位置の指定

ワイドバンド SPA の位置の指定

Cisco Wideband SIP の概要

Cisco Wideband SIP プロセッサ

Cisco Wideband SIP のLED

Cisco Wideband SIP の物理仕様

概要:Cisco uBR10012 ルータの SIP

この章では、Cisco uBR10012 ルータでサポートされる SPA Interface Processor(SIP; SPA インターフェイス プロセッサ)について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「SIP の概要」

「ワイドバンド SIP および SPA の位置の特定」

「Cisco Wideband SIP の概要」

SIP の概要

表2-1 に、Cisco uBR10012 ルータでサポートされている SIP の概要を示します。


) 「説明」欄の帯域幅は、Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)サブスロットあたりの個々の帯域幅ではなく、SIP の全サブスロットでサポートされる合計帯域幅を意味します。


 

表2-1 SIP の概要

SIP
製品番号
説明
SPA の最大数
Cisco IOS Release の最低要件

ワイドバンド SIP

UBR10-2XDS-SIP

ワイドバンド SPA 用の 2.5 Gbps(入力および出力帯域幅)SIP

2 1

12.3(21)BC

1.ワイドバンド SIP に搭載できるワイドバンド SPA は 2 つ以下です。

ワイドバンド SIP および SPA の位置の特定

ここでは、Cisco IOS の CLI(コマンドライン インターフェイス)を使用して、Cisco uBR10012 ルータに搭載されたワイドバンド SIP およびワイドバンド SPA の物理的な位置を指定し、それらのデバイスを設定またはモニタする方法を示します。

ワイドバンド SIP の位置の指定

Cisco IOS コマンドでは、ワイドバンド SIP は Cisco uBR10012 シャーシ内での位置によって指定されます。位置は次の形式で表記します。

slot / subslot

Cisco uBR10012 ルータでは、ワイドバンド SIP はフルハイトのラインカード スロット 2 つを占有します(スロット1/0 および 2/0、またはスロット 3/0 および 4/0 のいずれか)。Cisco IOS CLI では、ワイドバンド SIP の位置は次のように指定されます。

ワイドバンド SIP がスロット 1/0 および 2/0 を占有している場合、Cisco IOS CLI での位置はスロット/サブスロット 1/0 として指定されます。

ワイドバンド SIP がスロット 3/0 および 4/0 を占有している場合、Cisco IOS CLI での位置はスロット/サブスロット 3/0 として指定されます。


) uBR10012 ルータをワイドバンド CMTS として使用するときは、Half-Height Gigabit Ethernet(HHGE; ハーフハイト ギガビット イーサネット)ライン カードおよび対応するスロット スプリッタをスロット 3 またはスロット 4 に取り付ける必要があります。したがって、ワイドバンド SIP はスロット 1/0 および 2/0 に取り付けます。


図2-1 に、Cisco uBR10012 ルータのスロット番号を示します。

図2-1 Cisco uBR10012 ルータのスロット番号

 

Cisco IOS コマンドの中には、 show diag のように、ワイドバンド SIP に関する情報を表示できるものがあります。これらのコマンドでは、情報を必要としている SIP のシャーシ位置を指定する必要があります。たとえば、スロット/サブスロット 1/0 に装着されたワイドバンド SIP のステータスおよび情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

Router# show diag 1/0
 

SIP に使用できる Cisco IOS コマンドについては、『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide 』の「SIP and SPA Commands」の章を参照してください。

ワイドバンド SPA の位置の指定

Cisco IOS コマンドでは、ワイドバンド SPA は、次のように Cisco uBR10012 シャーシおよびワイドバンド SIP 内での位置によって指定されます。

slot / subslot / bay

bay 番号は、ワイドバンド SIP 内での各ワイドバンド SPA の位置を特定します。図2-2に、ワイドバンド SIP 内でのベイ番号を示します。ワイドバンド SPA はベイ 0 またはベイ 1 に取り付けることができます。したがって、Cisco uBR10012 ルータにおいて、ワイドバンド SIP を slot/subslot 1/0 に取り付けると、2 つのワイドバンド SPA の slot/subslot/bay 位置は、それぞれ 1/0/0 と 1/0/1 になります。

図2-2 ワイドバンド SIP 内でのワイドバンド SPA の ベイ 番号

 

ワイドバンド SPA は、それぞれ 2 つのギガビット イーサネット ポート(1 つはアクティブ、もう 1 つは冗長用)を備えています。アクティブ ポートは、ダウンストリーム トラフィックを 1 つまたは複数のエッジ QAM デバイスへ送信するために使用されます。Cisco IOS CLI では、ワイドバンド SPA 上の個々のギガビット イーサネット ポートを 指定することはありません

Cisco IOS コマンドの中には、 show diag のように、ワイドバンド SPAに関する情報を表示できるものがあります。これらのコマンドでは、情報を必要としている SPA のシャーシ位置を指定する必要があります。たとえば、スロット/サブスロット/ベイ 1/0/1 に装着されたワイドバンド SPA のステータスおよび情報を表示するには、次のコマンドを入力します。

Router# show diag 1/0/1
 

SPA に使用できる Cisco IOS コマンドについては、『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide 』の「SIP and SPA Commands」の章を参照してください。

Cisco Wideband SIP の概要

ここでは Cisco Wideband SIP について、次の内容を説明します。

「Cisco Wideband SIP プロセッサ」

「Cisco Wideband SIP のLED」

「Cisco Wideband SIP の物理仕様」


) Cisco Wideband SIP には、uBR10012 Performance Routing Engine 2(PRE2)が必要です。


Cisco Wideband SIP プロセッサ

表2-2 に、ワイドバンド SIP のプロセッサの説明を示します。

 

表2-2 ワイドバンド SIP のプロセッサ

タイプ
速度
説明

CPU

125 メガヘルツ(MHz)内部動作周波数

Motorola MPC8255 PowerQUICC II(Quad Integrated Communications Controller II)

Cisco Wideband SIP のLED

図2-3 に示すように、ワイドバンド SIP は 1 つの LED を備えています。図2-3 のワイドバンド SIP には、2 つのワイドバンド SPA と 2 つのブランク フィラー プレートが取り付けられています。

図2-3 ワイドバンド SIP の前面プレート

 

表2-3 に、ワイドバンド SIP の障害 LED の説明を示します。障害 LED はデフォルトで点灯し、基本的なボード機能の確認が完了するとソフトウェアによって消灯されます。障害 LED が点灯したままになっている場合は、プロセッサが正しく初期化されていません。

 

表2-3 ワイドバンド SIP の障害 LED

LED ラベル
状態
意味

FAIL

オレンジ

点灯

SIP でエラーが発生しているか、または SIP のソフトウェア機能の確認が進行中です。

消灯

消灯

SIP は電源がオンで、基本的な機能が確認され、正常に動作しています。

Cisco Wideband SIP の物理仕様

表2-4 に、ワイドバンド SIP の物理仕様を示します。

 

表2-4 ワイドバンド SIP の物理仕様

説明
仕様

物理寸法

SIP は、フルハイト スロット 2 つ(1/0 および 2/0 または 3/0 および 4/0 のいずれか)を占有し、Cisco uBR10012 ルータ内で動作できます。

出荷時重量

10 ポンド(4.54 kg)

動作温度

5 ~ 40°C(41 ~ 104°F)

短時間の動作温度は、 55°C(131°F)に制限され、Bellcore GR に準拠しています。

保管温度

-20 ~ 65°C(-4 ~ 149°F)

相対湿度

動作時 ― 定格:10 ~ 85%
動作時 ― 短時間:10 ~ 90%
保管時:5 ~ 95%