ビデオ : Cisco uBR10000 ???? ?????? ??????? ???

Cisco uBR10-MC5X20S/U/H Cable Interface Line Card の ケーブリング手順(UCH2 使用) クイック スタート ガイド

発行日;2012/01/20 | 英語版ドキュメント(2011/11/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco uBR10-MC5X20S/U/H Cable Interface Line Card のケーブリング手順(UCH2 使用)クイック スタート ガイド

機能の説明

ケーブルの取り付け

UCH の取り付け

UCH の取り外し

ケーブルの取り外し

トラブルシューティング

関連資料

 

マニュアルについてのご意見は、 ここ をクリックするか http://forums.cisco.com/eforum/servlet/viewsflash?cmd=showform&pollid=rtgdoc01!rtgdoc にアクセスしてください。

Cisco uBR10-MC5X20S/U/H Cable Interface Line Card のケーブリング手順(UCH2 使用)クイック スタート ガイド


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。



注意 ラインカードの取り付け時には、静電気防止用リスト ストラップまたはアンクル ストラップを使用してください。

機能の説明

Cisco uBR10-MC5X20S の、U および H ケーブル インターフェイス ラインカードでは、75 Ω 高精度ビデオ同軸ケーブルおよび 75 Ω MCX コネクタを使用して CMTS に接続します。

このクイック スタート ガイドでは、ケーブルおよび第 2 世代ユニバーサル ケーブル ホルダー(UCH2)の取り付け/取り外し手順について説明します。

図1 に、Cisco uBR10012 ルータに搭載されたカードを示します。

図1 Cisco uBR10-MC5X20S/U/H カード

 

ケーブルは、ケーブル セットとスペアの F コネクタからなる付属キットに含まれています。

MC5X20 デュアルシールド ケーブル キットの内容:

10 バンドル MCX-「F」接続用 3 m ケーブル× 2

5 バンドル MCX-「F」接続用 3 m ケーブル× 1

スペア用 F コネクタ× 28

MC5X20 クワッドシールド ケーブル キットの内容:

5 バンドル MCX-「F」接続用 3 m ケーブル× 5

スペア用 F コネクタ× 5

ケーブル キットに UCH は含まれていません。UCH はラインカード アクセサリ キットおよびスペア カードに含まれています。または、スペアとして UCH2 をご利用いただけます。


) ヨーロッパ市場に限り、Cisco uBR10-MC5X20H にはクワッドシールド ケーブル キットを使用する必要があります。


ケーブルの取り付けには次の工具が必要です。

1/4 インチ マイナス ドライバおよび T-10 トルクス ドライバ

工具の製造元と製品番号 」も参照してください。

ケーブルの取り付け

あらゆる Cisco uBR10-MC5X20S/U/H ラインカード ケーブルの接続に、UCH を使用する必要があります。UCH を使用しなかった場合、ラインカード コネクタが修復不能な損傷を受け、RF 出力が低下またはまったく得られなくなる可能性があります。


ステップ1 上部のネジを緩め、留め具をスライドさせて開きます(ラインカードに UCH2 がすでに取り付けられている場合は、ドライバで留め具をスライドさせて開きます。図5 を参照してください)。

ステップ2 ケーブルから ESD キャップを取り外し、UCH2 の穴に差し込みます。図2 を参照してください。

表1 および表2 に示すように、ケーブルを UCH に取り付けることを推奨します。


注意 クワッドシールド ケーブルを使用する場合は、
MCX コネクタの両端に包装用のフィルムが残っていないことを確認してください。

表1 ポート -- デュアルシールド ケーブルの色

US0-US9

US0 ~ US9 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、バイオレット、オレンジ、ブラック、グレー、ブラウン

US10-US19

US10 ― グレー、US11 ― ブラウン、US12 ~ US19 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、バイオレット、オレンジ、ブラック

DS0-DS4

DS0 ~ DS4 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー

表2 ポート -- クワッドシールド ケーブルの色

US0-US9

US0 ~ US9 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、レッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー

US10-US19

US10 ~ US19 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー、レッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー

DS0-DS4

DS0 ~ DS4 ― それぞれレッド、ホワイト、ブルー、グリーン、イエロー

ステップ3 UCH にケーブルを最後まで差し込みます(ステップ5 で留め具を閉めるまで、ケーブルは穴の中で緩んだ状態です)。


注意 ケーブルを捻らないでください。

図2 ケーブルの UCH2 への取り付け

 

ステップ4 ケーブルごとにこの手順を繰り返します。

ステップ5 ケーブルがしっかりと UCH2 に差し込まれていることを確認し、留め具をスライドさせて完全に閉めます(ケーブルの差し込みが不十分な場合または不適切な場合は、留め具が閉まりません)。

ステップ6 T-10 トルクス ドライバで留め具のネジを締めます(最大トルク ― 10 インチ ポンド)。


 

UCH の取り付け

UCH にケーブルを取り付けたら、次の手順に従って、ラインカードが ESD による損傷を受けないようにしてください。


) 作業を進める前に、ラインカードの DS ポートを保護しているステッカーを取り外してください。



ステップ1 静電気防止用リスト ストラップまたはアンクル ストラップを使用してアースされていることを確認してください。

ステップ2 シャーシのアース ポイントにジャンパ ケーブルを取り付けます。

ステップ3 ジャンパ ケーブルを、各ケーブルの中央コネクタに一瞬接触させて、蓄積した可能性のある静電気を除去します。

ステップ4 赤い線が前面プレートの赤い三角形と同じ側になるように UCH2 を持ってきます。

図3 UCH の取り付け

 

ステップ5 端のピンを前面プレートのピン穴に合わせ、UCH を前面プレートの適切な位置に合わせます。

ステップ6 ケーブルと UCH の位置がずれないように押さえながら、指で主ネジを締めます。ケーブルを直角に曲げないでください。

ステップ7 マイナス ドライバを使用して、主ネジを 10 インチ ポンドで締めます(最大トルク ― 15 インチ ポンド)。


注意 20 インチ ポンドを超える回転力で主ネジを締めると、主ネジが損傷することがあります。

UCH が完全にはめ込まれると、シュラウドの半円から金属部分が見え、赤と黒の線は完全に隠れます。図3 を参照してください。


 

UCH の取り外し


ステップ1 静電気防止用リスト ストラップまたはアンクル ストラップを使用してアースされていることを確認してください。

ステップ2 前面プレートから外れるまで、主ネジを緩めます(左回り)。

ステップ3 前面プレートから UCH をまっすぐにゆっくりと引き抜きます。


) UCH がカードから抜けづらい場合は、完全に前面プレートから外れるまで主ネジを緩めてください。


図4 UCH の取り外し

 


 

ケーブルの取り外し


ステップ1 T-10 トルクス ドライバを使用して、ケーブルを取り外す側の留め具を緩めます。

ステップ2 手でスライドさせて留め具を開きます。留め具が固い場合や手で開きにくい場合はマイナス ドライバを使用します。図5 を参照してください(留め具を完全に開かないと、ケーブルを外せません)。


注意 ケーブルが曲がらないように注意してください。

ステップ3 ケーブルを穴から慎重に引き抜きます。

図5 留め具の開き方

 


 

トラブルシューティング

次の項目を確認します。

1. 主ネジが固定されていることを確認します。

2. シュラウドが前面プレートにぴったり付いていることを確認します(切り込み部分が閉じている)。

3. ケーブルが正しい位置で UCH に固定されていることを確認します。

ダウンストリームの RF 出力を測定する場合は、次の静電気防止手順に従って、製品が損傷しないようにしてください。

1. ケーブルを接続する前に、機器およびシャーシが適切にアースされているかどうかを確認します。

2. 使用するすべてのテスト機器とテスト対象装置間に共通のアースがあるかどうかを確認します。

3. 静電気の蓄積を制限するために、テスト ケーブルはできるだけ短くします。

4. テスト対象装置にテスト ケーブルを接続する前に、テスト ケーブルの中央ピンを瞬間的にアースして、蓄積されている可能性のある静電気を除去します。

詳細については、TAC に問い合わせてください。

http://www.cisco.com/tac

工具の製造元と製品番号

 

表3 工具の製品番号

シスコ

MC5X20 デュアルシールド
MC5X20 クワッドシールド
UCH2

CAB-RFSW520TPMF=
CAB-RFSW520QTPMF=
CAB-520-UCH2

White Sands Engineering, Inc.

F および MCX 圧着工具

PN-ACT-483

MCX コネクタ ストリップ:
デュアルシールド ケーブル
クワッドシールド ケーブル


PN-CPT-7538-125
PN-CPT-7538-200Q

デュアルシールド F コネクタ ストリッパ

クワッドシールド F コネクタ ストリッパ

CPT-7538

CPT-7538Q

75 Ω 高精度小型ビデオ ケーブル:
デュアルシールド シングル ケーブル
クワッドシールド 5 本パック


PN-WS940

PN-WS386

MCX 固定ピン コネクタ:
デュアルシールド ケーブル
クワッドシールド ケーブル


PN-MCXFP
PN-MCXFPQ

F コネクタ:
デュアルシールド ケーブル
クワッドシールド ケーブル


PN-ASFP
PN-ASFPQ

関連資料

Cisco uBR10-MC5X20S/U/H Cable Interface Line Card for the Cisco uBR10012 Router

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ubr10012/frus/index.htm

シスコのケーブルの詳細

http://www.cisco.com/warp/public/44/jump/cable.shtml