Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロードバンド ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

はじめに

目的

対象読者

マニュアルの構成

関連資料

表記法

安全上の警告

用語および略語

マニュアルの入手方法

WWW

Documentation CD-ROM

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco.com

TAC

TAC Webサイト

Japan TAC Web サイト

TAC Escalation Center

はじめに

ここでは、このマニュアルの対象読者、目的、構成、および表記法について説明します。関連資料の一覧、テクニカル サポートの利用方法なども紹介します。

目的

このマニュアルでは、Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータの最初のハードウェア インストレーション手順および基本的な設定手順について説明します。ルータ ハードウェアを設置し、基本的なソフトウェア コンフィギュレーション ファイルを作成し、ルータを起動するまでの手順を扱います。このマニュアルで説明するインストレーション手順および基本的な設定手順の完了後、該当する付属マニュアルを使用して、システムをさらに細かく設定してください。マニュアルの一覧については、「関連資料」を参照してください。

対象読者

このマニュアルを使用するには、シスコのルータ ハードウェアおよびケーブル接続のほか、電子回路、配線手順についても十分理解している必要があります。基本的なネットワーク設定作業ができるほか、電子機器または電気機械の技術者としての知識と経験が望まれます。


警告 この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。



警告 必ず、インストレーション手順を読んでから、システムを電源に接続してください。


このマニュアルで使用するあらゆる警告に関する各国語版については、 付録E「適合規格および安全に関する情報」 を参照してください。

マニュアルの構成

このマニュアルの構成は、次のとおりです。

 

タイトル
説明

1

Cisco uBR10012ユニバーサル ブロードバンド ルータの概要

Cisco uBR10012の各コンポーネントの物理特性について説明し、システム機能の概要を示します。

2

インストレーションの準備

安全上の注意事項、必要な工具、設置場所の要件、インストレーションの 開始前に 必要な準備について説明します。

3

Cisco uBR10012ルータの設置

ルータ ハードウェアの設置、システム ケーブルの接続、システムの初回起動、およびシステム動作の確認手順について説明します。

4

インストレーションのトラブルシューティング

ハードウェア インストレーションに関連する基本的なトラブルシューティング手順について説明します。

5

Cisco uBR10012ルータのメンテナンス

Cisco uBR10012ルータの日常のメンテナンス、Field-Replaceable Unit(FRU)の取り外しおよび交換手順について説明します。

付録 A

技術仕様

Cisco uBR10012ルータの電気および物理仕様を説明します。

付録 B

ケーブル仕様

ルータのケーブルおよびピン割り当てに関する情報を記載します。

付録 C

周波数割り当て

ケーブル ネットワークの標準的な周波数割り当てチャネル プランを紹介します。

付録 D

ヘッドエンド プロビジョニング要件に関連する製造元

ヘッドエンド インストレーションに通常必要とされる補助装置のベンダーを一覧表示します。

付録 E

適合規格および安全に関する情報

製品の適合規格について説明します。

用語集

用語集

Cisco uBR10012ルータに関連する用語および略語について説明します。

索引

索引

このマニュアル全体の索引です。

関連資料

次に、Cisco uBR10012ルータ マニュアル セットに含まれるマニュアルの一覧を紹介します。

Cisco uBR10012ブロードバンド ルータ ハードウェア インストレーション ガイド 』(このマニュアル)

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ubr10012/hig/index.htm

次のURLにある『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router Software Configuration Guide

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ubr10012/scg/index.htm

その他のマニュアルは、下記から入手できます。

Cisco Documentation CD-ROMパッケージ(詳細は、マニュアルの入手方法を参照)。

Cisco.com(詳細については、Cisco.comを参照)。

フラッシュ メモリなど、Cisco uBR10012ルータのFRUの取り付け/取り外し手順については、次のURLにある各FRUの資料を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ubr10012/frus/index.htm

フラッシュ ディスクの使用方法については、次のURLにある『Using the Flash Disk』を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/core/7200vx/72vxfru/5819fdsk.htm

Cisco IOSソフトウェア コンフィギュレーションの詳細およびサポートについては、シスコ ハードウェアにインストールされているソフトウェア リリースに対応するCisco IOSソフトウェア コンフィギュレーション マニュアル セットから、モジュラ コンフィギュレーション マニュアルおよびコマンド リファレンスを参照してください(次のURLを参照)。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/software/

特に、次のマニュアルを参照してください。

Quality of Service(QoS;サービス品質)の設定については、『Quality of Service Solutions Configuration Guide』および『Quality of Service Solutions Command Reference』を参照してください。

暗号化については、『Security Configuration Guide』および『Security Command Reference』を参照してください。

インターフェイスについては、『Cisco IOS Interface Configuration Guide』および『Cisco IOS Interface Command Reference』を参照してください。

IPについては、『Network Protocols Configuration Guide, Part 1』および『Network Protocols Command Reference, Part 1』を参照してください。

Cisco uBR10012ルータ上のソフトウェア バージョンに対応するCisco IOSソフトウェア リリース ノートも参照してください。Cisco uBR10012ルータのリリース ノートは、次のURL上にあります。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ub10krns/index.htm

表記法


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ワンポイント・アドバイス 「時間の節約に役立つ操作」です。記述されている操作を実行すると時間を節約することができます。



ヒント 問題解決に役立つ情報です。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

安全上の警告

このマニュアルに関する各国語で記述された安全上の警告については、 付録E「適合規格および安全に関する情報」 を参照してください。


警告危険」の意味です。人身事故を予防するための注意事項が記述されています。機器の取り扱い作業を行うときは、電気回路の危険性に注意し、一般的な事故防止対策に留意してください。


用語および略語

このマニュアルの内容を十分に理解するには、次の用語および略語を知っておく必要があります。


) 用語および略語の総合的なリストについては、『Internetworking Terms and Acronyms』を参照してください。Cisco.comおよびDocumentation CD-ROMから入手できます。


ABR ― Available Bit Rate:アベイラブル ビット レート

AAL5 ― ATM Adaptation Layer 5:ATMアダプテーション レイヤ5

AWG ― American Wire Gauge

CoS ― Class of service:サービス クラス

CPE ― Customer Premises Equipment:顧客宅内機器

CRC ― Cyclic Redundancy Check:巡回冗長検査

CSU ― Channel Service Unit:チャネル サービス ユニット

CTS ― Clear To Send:送信可

DCD ― Data Carrier Detect:データ キャリア検知

DCE ― Data Communications Equipment:データ通信装置

DIMM ― Dual In-line Memory Module

DSR ― Data Set Ready:データ セット レディ

DSU ― Data Service Unit:データ サービス ユニット

DTE ― Data Terminal Equipment:データ端末装置

DTR ― Data Terminal Ready:データ端末動作可能

EMC ― Electromagnetic Compliance:電磁適合性

EMI ― Electromagnetic Interference:電磁波干渉

ESD ― Electrostatic Discharge:静電気放電

FRU ― Field-Replaceable Unit(シスコ認定サービス プロバイダーでなくても交換できるルータ コンポーネント)

FTP ― Foil Twisted-Pair:フォイル ツイストペア

HDLC ― High-Level Data Link Control:ハイレベル データリンク制御

IPSec ― IP Security Protocol

MAC ― Media Access Control:メディア アクセス制御

MB ― Megabyte:メガバイト

MM ― Multimode:マルチモード

nrt-VBR ― non-real time Variable Bit Rate:ノンリアルタイム可変ビット レート

NVRAM ― Nonvolatile Random-Access Memory:不揮発性RAM

OAM AIS ― Operation, Administration, and Maintenance Alarm Indication Signal:OAMアラーム表示信号

OIR ― Online Insertion and Removal:ホットスワップ

PCI ― Peripheral Component Interconnect

PCMCIA ― Personal Computer Memory Card International Association:パーソナル コンピュータ メモリ カード国際協会

PPP ― Point-to-Point Protocol:ポイントツーポイント プロトコル

QoS ― Quality of Service:サービス品質

rcp ― remote copy protocol

RFI ― Radio Frequency Interference:無線周波干渉

RIP ― Routing Information Protocol

RISC ― Reduced Instruction Set Computing:縮小命令セット コンピューティング

RTS ― Request To Send:送信要求

SDRAM ― Synchronous Dynamic Random-Access Memory:同期ダイナミックRAM

SIMM ― Single In-line Memory Module

SMI ― Single-Mode Intermediate reach:シングルモード中距離

SNMP ― Simple Network Management Protocol:簡易ネットワーク管理プロトコル

TCP/IP ― Transmission Control Protocol/Internet Protocol

TDM ― Time-Division Multiplexing:時分割多重

TFTP ― Trivial File Transfer Protocol:簡易ファイル転送プロトコル

UBR ― Unspecified Bit Rate:無規定ビット レート

UDP ― User Datagram Protocol

UNI ― User-Network Interface

UTP ― Unshielded Twisted-Pair:シールドなしツイストペア

VC ― Virtual Circuit:仮想回線

VPN ― Virtual Private Network:仮想私設網


) このマニュアルの最後の用語集も参照してください。


マニュアルの入手方法

ここでは、シスコ製品のマニュアルを入手する方法について説明します。

WWW

WWW上の次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com

http://www.cisco.com/jp

各国語版のマニュアルは、次のURLから入手できます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

Documentation CD-ROM

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、製品に付属のCisco Documentation CD-ROMパッケージでご利用いただけます。Documentation CD-ROMは毎月更新されるので、印刷資料よりも新しい情報が得られます。このCD-ROMパッケージは、単独または年間契約で入手することができます。

マニュアルの発注方法

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com登録ユーザの場合(Cisco Direct Customersに登録されている場合)、Networking Products MarketPlaceからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/cgi-bin/order/order_root.pl

Cisco.com登録ユーザの場合、Subscription StoreからオンラインでDocumentation CD-ROMを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/subscription

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

シスコシステムズでは、技術上のあらゆる問題の支援窓口としてCisco.comを運営しています。お客様およびパートナーは、Technical Assistance Center(TAC)Webサイトのオンライン ツールからマニュアル、トラブルシューティングに関するヒント、およびコンフィギュレーション例を入手できます。Cisco.comにご登録済みのお客様は、TAC Webサイトで提供するすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。Cisco.comへのご登録については、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

Cisco.com

Cisco.comは、いつでもどこからでも、シスコシステムズの情報、ネットワーキング ソリューション、サービス、プログラム、およびリソースにアクセスできる対話形式のネットワーク サービスです。

Cisco.comは統合インターネット アプリケーションであり、優れた使いやすいツールとして、広範囲の機能やサービスを通してお客様に次のような利点を提供します。

業務の円滑化と生産性の向上

オンライン サポートによる技術上の問題の解決

ソフトウェア パッケージのダウンロードおよびテスト

シスコのトレーニング資料および製品の発注

スキル査定、トレーニング、認定プログラムへのオンライン登録

また、Cisco.comに登録することにより、各ユーザに合った情報やサービスをご利用いただくことができます。Cisco.comには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

TAC

シスコの製品、テクノロジー、またはソリューションについて技術的な支援が必要な場合には、TACをご利用いただくことができます。TACでは、2種類のサポートを提供しています。TAC WebサイトとTAC Escalation Centerです。

TACへの問い合わせは、問題の緊急性に応じて分類されます。

プライオリティ レベル4(P4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要な場合。

プライオリティ レベル3(P3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下している。ネットワークが十分に機能していないが、ほとんどの業務運用は継続できる場合。

プライオリティ レベル2(P2) ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下したため業務に重大な影響があるにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

プライオリティ レベル1(P1) ― ネットワークがダウンし、すぐにサービスを回復しなければ業務に致命的な損害が発生するにもかかわらず、対応策が見つからない場合。

問題のプライオリティおよびサービス契約の内容に応じて、適切なTACサービスを選択してください。

TAC Webサイト

P3およびP4レベルの問題については、TAC Webサイトを利用して、お客様ご自身で問題を解決し、コストと時間を節約することができます。このサイトでは各種のオンライン ツール、ナレッジ ベース、およびソフトウェアを、いつでも必要なときに利用できます。TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/tac

シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラーは、TAC Webサイトのすべてのテクニカル サポート リソースをご利用いただけます。TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/register/

Cisco.com登録ユーザは、TAC Webサイトで技術上の問題を解決できなかった場合、TAC Case Openツールのオンライン サービスを利用することができます。TAC Case OpenツールのURLは次のとおりです。

http://www.cisco.com/tac/caseopen

インターネットでアクセスする場合には、TAC WebサイトでP3およびP4レベルの情報を参照することをお勧めします。

Japan TAC Web サイト

Japan TAC Web サイトでは、利用頻度の高い TAC Web サイト(http://www.cisco.com/tac)のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Web サイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Web サイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Web サイトにアクセスするには、Cisco.com のログインID とパスワードが必要です。ログイン ID とパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

TAC Escalation Center

TAC Escalation CenterではP1およびP2レベルの問題に対応しています。このレベルに分類されるのは、ネットワークの機能が著しく低下し、業務の運用に重大な影響がある場合です。TAC Escalation Centerにお問い合わせいただいたP1またはP2の問題には、TACエンジニアが対応します。

TACフリーダイヤルの国別電話番号は、次のURLを参照してください。

http://www.cisco.com/warp/public/687/Directory/DirTAC.shtml

ご連絡に先立って、お客様が契約しているシスコ サポート サービスがどのレベルの契約となっているか(たとえば、SMARTnet、SMARTnet Onsite、またはNetwork Supported Accounts [NSA;ネットワーク サポート アカウント]など)、お客様のネットワーク管理部門にご確認ください。また、お客様のサービス契約番号およびご使用の製品のシリアル番号をお手元にご用意ください。