Cisco ケーブル Wideband ソリューション デザイン インプリメンテーション ガイド Release 1.0 Cisco IOS Releases 12.3(21)BC and 12.3(21a)BC3
ワイドバンド コンポーネントのモニタ リングおよびトラブルシューティング
ワイドバンド コンポーネントのモニタリングおよびトラブルシューティング
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

ワイドバンド コンポーネントのモニタリングおよびトラブルシューティング

ワイドバンド コンポーネントのモニタリング

Wideband SIP のモニタリング

show diag

Wideband SPA のモニタリング

show hw-module bay oir

show diag

show controllers modular-cable

ワイドバンド チャネルのモニタリング

show interface wideband-cable

show hw-module bay

RF チャネルのモニタリング

show hw-module bay

ワイドバンド ケーブル モデムのモニタリング

show cable modem wideband

show cable modem summary

ワイドバンド コンポーネントのトラブルシューティング

Wideband SIP および Wideband SPA のトラブルシューティング

Wideband SIP および Wideband SPA の基本的なトラブルシューティングの実行

Wideband SPA のアクティブ ギガビット イーサネット ポートがアップしていることの確認

Wideband SPA が SPA/EQAM 間通信に対応するように正しく設定されていることの確認

Wideband SPA がエッジ QAM デバイスと通信できることの確認

ワイドバンド チャネルのトラブルシューティング

ワイドバンド チャネルがアップでパケットを送信していることの確認

ワイドバンド チャネルが正しく設定されていることの確認

ワイドバンド ケーブル モデムのトラブルシューティング

ワイドバンド ケーブル モデムに対する PING

ワイドバンド対応ケーブル モデムがワイドバンド モデムとして登録されていることの確認

ワイドバンド ケーブル モデムに関するその他の情報の確認

ワイドバンド コンポーネントのモニタリングおよびトラブルシューティング

この章では、Cisco ケーブル Wideband ソリューション Release 1.0 ワイドバンド コンポーネントのモニタリングおよびトラブルシューティングについて説明します。この章の内容は、次のとおりです。

「ワイドバンド コンポーネントのモニタリング」

「ワイドバンド コンポーネントのトラブルシューティング」

ワイドバンド コンポーネントのモニタリング

Cisco IOS コマンドライン インターフェイスには、次の目的で CMTS から発行できるコマンドが組み込まれています。

「Wideband SIP のモニタリング」

「Wideband SPA のモニタリング」

「ワイドバンド チャネルのモニタリング」

「RF チャネルのモニタリング」

「ワイドバンド ケーブル モデムのモニタリング」

シンタックス、使用方法、各コマンドの例については、 表5-1 のマニュアルを参照してください。


) Cisco uBR10012 ルータ、Cisco Wideband SIP、および Cisco Wideband SAP を設定するためのコマンドの多くは、現在、Cisco Command Lookup Tool(Cisco.com で利用可能)で検索できるコマンド セットには含まれていません。これらのコマンドの詳細については、表5-1 に記載されているマニュアルを参照してください。


 

表5-1 ワイドバンドのコマンド リファレンス マニュアル

マニュアル
説明しているコマンド

Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide

Wideband SIP および Wideband SPA 用のコマンド(RF およびワイドバンド チャネル用のコマンドを含む)

Cisco Broadband Cable Command Reference Guide

ケーブル モデムおよびワイドバンド ケーブル インターフェイス(ワイドバンド チャネル)用のコマンド

Cisco IOS Release 12.3 Commands Master Commands List

ケーブル固有ではない IOS Release 12.3 のコマンド

Wideband SIP のモニタリング

Cisco Wideband SIP のモニタリングに役立つコマンド: show diag

さらに、 show controllers jacket コマンドを使用すると、Wideband SIP レジスタ値が表示されます。 show controllers jacket は、シスコシステムズのテクニカルサポート スタッフが使用します。

show diag

Wideband SIP の電源が投入されているかどうかを確認するには、 show diag コマンドを使用します。 show diag の出力が表示されれば、Wideband SIP は電源が投入されています。 show diag コマンドは、Wideband SIP についてさまざまな情報を提供します。たとえば、Wideband SIP のハードウェア タイプが 2jacket-1 カードであることなどがわかります。

Router# show diag 1/0
 
Slot/Subslot 1/0:
2jacket-1 card, 0 ports
Card is full slot size
Card is analyzed
Card detected 16:46:44 ago
Card uptime 0 days, 16 hours, 46 minutes, 36 seconds
Card idle time 0 days, 14 hours, 22 minutes, 34 seconds
Voltage status: 3.3V Nominal 2.5V Nominal 1.5V Nominal 12V Nominal
EEPROM contents, slot 1/0:
Hardware Revision : 1.0
Top Assy. Part Number : 800-22843-04
Board Revision : 01
Deviation Number : 0-0
Fab Version : 04
PCB Serial Number : CSJ09030613
RMA Test History : 00
RMA Number : 0-0-0-0
RMA History : 00
CLEI Code :
...
 

show diag の出力が表示されない場合、Wideband SIP は電源が投入されていません。

Router# show diag 1/0 // Displays no output
Router#
 

Wideband SPA のモニタリング

Cisco Wideband SPA のモニタリングに役立つコマンド:

show hw-module bay oir

show diag

show controllers modular-cable

show hw-module bay oir

Wideband SPA の電源が投入されているかどうかを確認するには、 show hw-module bay oir コマンドを使用します。Operational Status が「ok」の場合、Wideband SPA は電源が投入されていて動作可能です。

Router#show hw-module bay 1/0/0 oir
 
Module Model Operational Status
------------- -------------------- ------------------------
bay 1/0/0 SPA-24XDS-SFP ok
 

show hw-module bay oir の出力で、Operational Status フィールドに「admin down」が表示された場合、Wideband SPA は管理者によってディセーブルにされています。

Router#show hw-module bay 1/0/0 oir
 
Module Model Operational Status
------------- -------------------- ------------------------
bay 1/0/0 SPA-24XDS-SFP admin down
 

show diag

Wideband SPA のハードウェアおよび診断情報を表示するには、 show diag コマンドを使用します。

Router# show diag 1/0/0
 
Slot/Subslot/Port 1/0/0:
24rfchannel-spa-1 card, 1 port + 1 redundant port
Card is half slot size
Card is analyzed
Card detected 16:47:55 ago
Card uptime: Not Supported
Card idle time: Not Supported
Voltage status: 3.3V (+3.291) NOMINAL 2.5V (+2.495) NOMINAL
1.2V (+1.201) NOMINAL 1.8V (+1.811) FIXED
EEPROM contents, slot 1/0/0:
Hardware Revision : 1.0
Boot Timeout : 500
PCB Serial Number : CSJ09379726
Part Number : 73-9597-03
Part Number Revision : 05
Fab Version : 03
RMA Test History : 00
RMA Number : 0-0-0-0
RMA History : 00
Deviation Number : 0
Product (FRU) Number : SPA-24XDS-SFP
Version Identifier (VID) : V01
Top Assy. Part Number : 68-2562-03
Board Revision : 05
CLEI Code :
MAC Address : 0019.06a5.d9b2
MAC Address block size : 1
Manufacturing Test Data : 00 00 00 00 00 00 00 00
Field Diagnostics Data : 00 00 00 00 00 00 00 00
Calibration Data : Minimum: 0 dBmV, Maximum: 0 dBmV
Calibration values :
Platform features : 00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00

show controllers modular-cable

Cisco IOS コマンドでは、Wideband SPA およびそのギガビット イーサネット ポートは、ユーザ設定が可能な標準インターフェイスとはみなされず、 show interfaces コマンドの出力には表示されません。Wideband SPA はコントローラであり、 show controller modular-cable コマンドを使用すると、SPA、SPA のギガビット イーサネット ポート、搭載 SFP、ワイドバンド チャネルなどの情報が表示されます。

次に、Cisco uBR10012 routerのスロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 に搭載された Wideband SPA に関する、 show controller modular-cable の出力例を示します。この出力では、Gigabit Ethernet Port Selected フィールドから、Port 0 が Wideband SPA 上でアクティブなギガビット イーサネット ポートであることがわかります。

Router# show controller modular-cable 1/0/0 brief
SPA 0 is present
status LED: [green]
Host 12V is enabled and is okay.
Power has been enabled to the SPA.
SPA reports power enabled and okay.
SPA reports it is okay and is NOT held in reset.
 
Gigabit Ethernet Port Selected : Port 1
Receive Interface : In Reset
Receive Interface : Disabled
Transmit Interface : Out of Reset
Transmit Interface : Enabled
Primary Receive Clock : Disabled
Backup Receive Clock : Disabled
SFP [Port 0] : 1000BASE-SX Present
Tx Enabled , LOS Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 0] : DOWN
 
SFP [Port 1] : 1000BASE-T Present
Tx Enabled , LOS Not Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 1] : UP
 
 
Wideband Channel information
Channel RF bitmap Police Info: Bytes Interval
0 0x3 0 0 ms
1 0xC 0 0 ms
2 0x30 0 0 ms
3 0xC0 0 0 ms
4 0x300 0 0 ms
5 0xC00 0 0 ms
6 0x3000 0 0 ms
7 0xC000 0 0 ms
8 0x30000 0 0 ms
9 0x0 0 0 ms
10 0x0 0 0 ms
11 0x0 0 0 ms
RF Channel information
Modulation corresponds to : QAM 256
Annex corresponds to : Annex B
Modulation Data :GE Interframe Gap = 12 , MPEG-TS Frames per pkt = 4
SPA IP address = 0.0.0.0 SPA MAC Addr = 0012.001A.888B
QAM Channel Rate Rate adjust State
0 0 1 Enabled
1 0 1 Enabled
2 0 1 Enabled
3 0 1 Enabled
4 0 1 Enabled
5 0 1 Enabled
6 0 1 Enabled
7 0 1 Enabled
8 0 1 Enabled
9 0 1 Enabled
10 0 1 Enabled
11 0 1 Enabled
12 0 1 Enabled
13 0 1 Enabled
14 0 1 Enabled
15 0 1 Enabled
16 0 1 Enabled
17 0 1 Enabled
18 0 1 Enabled
19 0 1 Enabled
20 0 1 Enabled
21 0 1 Enabled
22 0 1 Enabled
23 0 1 Enabled
Interrupt Counts
Idx Interrupt Register Interrupt Bit Total Count Masked:
69 blz_sp_int_stat_reg_0 spi_train_vld 24 YES
84 spa_brd_int_stat_reg sp_int_0 24 NO
85 spa_brd_int_stat_reg scc_int 2 NO
86 spa_brd_int_stat_reg phy1_int 1 NO
87 spa_brd_int_stat_reg phy0_int 1 NO
92 spa_brd_int_stat_reg temp1_int 2 NO
93 spa_brd_int_stat_reg temp0_int 2 NO
97 bm_int_stat_reg bm_spa_brd 26 NO

Wideband SPA ポートの SFP モジュール情報を表示するには、 sfp キーワードを指定して show controllers modular-cable コマンドを使用します。次に、ポート 1 に搭載された SFP モジュール情報の出力例を示します。

show controllers modular-cable 1/0/0 sfp port 1
 
SFP in port 1
SFP is present
SFP LOS is not detected
SFP TX FAULT is not detected
SFP TX is enabled
 
ID: SFP
Extended ID: 4
Connector: LC
SONET compliance: not specified
Gigabit Ethernet compliance: 1000BASE-SX
Fibre Channel link length: not specified
Fibre Channel transmitter technology: not specified
Fibre Channel transmission media: not specified
Fibre Channel speed: not specified
Encoding: 8B10B
Bit Rate: 1300 Mbps
50 micron-multimode fiber supported length: 550 m
62.5 micron-multimode fiber supported length: 270 m
Upper bit rate limit: not specified
Lower bit rate limit: not specified
Date code (yy/mm/dd): 05/02/23
Vendor name: CISCO-AGILENT
Vendor OUI: 12499
Vendor Part Number (PN): QFBR-5766LP Vendor Rev:
Vendor SN (SN): AGS090855CE
Options implemented:
LOS Signal
TX Fault Signal
TX Disable Signal
Enhanced options implemented: none
Diagnostic monitoring implemented: none
Idprom contents (hex):
0x00: 03 04 07 00 00 00 01 00 00 00 00 01 0D 00 00 00
0x10: 37 1B 00 00 43 49 53 43 4F 2D 41 47 49 4C 45 4E
0x20: 54 20 20 20 00 00 30 D3 51 46 42 52 2D 35 37 36
0x30: 36 4C 50 20 20 20 20 20 20 20 20 20 03 52 00 B5
0x40: 00 1A 00 00 41 47 53 30 39 30 38 35 35 43 45 20
0x50: 20 20 20 20 30 35 30 32 32 33 20 20 00 00 00 C4
0x60: 00 00 06 C9 F0 FA 7C 01 B3 C8 41 6B 39 04 FC 85
0x70: BB 20 9E 00 00 00 00 00 00 00 00 00 B4 94 52 CC
0x80: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
0x90: FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF FF
State: Initalized
Phased Initialization
Phase Reached: 4
Phase Exit Code: 0
Phase Read Offset: 0
...

ワイドバンド チャネルのモニタリング

ワイドバンド チャネルのモニタリングに役立つコマンド:

show interface wideband-cable

show hw-module bay

show interface wideband-cable

ワイドバンド ケーブル インターフェイス(ワイドバンド チャネル)情報を表示するには、 show interface wideband-cable コマンドを使用します。ワイドバンド チャネルはケーブル インターフェイスと類似しており、 show ip interfaces および show interfaces コマンドでワイドバンド チャネル情報も表示されます。

次に、スロット/サブスロット/ベイ 1/0/0 に搭載された Wideband SPA のワイドバンド チャネル 0 に関する、 show interface wideband-cable コマンドの出力例を示します。

Router# show interface wideband-cable 1/0/0:0
 
Wideband-Cable1/0/0:0 is up, line protocol is up
Hardware is Wideband CMTS Cable interface, address is 0012.001a.8896 (bia 0012.001a.8896)
MTU 1500 bytes, BW 74730 Kbit, def 74730 Kbit DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation MCNS, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:00:16, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
17470 packets output, 1810488 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 

ワイドバンド チャネル ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスおよびライン プロトコル ステータス

show interface wideband-cable コマンドか、またはケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスおよびライン プロトコル ステータスを表示する別の Cisco IOS コマンドで、ワイドバンド チャネル ケーブル インターフェイスを指定した場合、次の条件が当てはまります。

Wideband SIP に Wideband SPA が搭載されていて、両方とも電源が投入されている場合、ワイドバンド チャネル ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスは up になります。

ワイドバンド チャネルが 1 つ以上の RF チャネルと対応付けられていて、なおかつ RF チャネルに次のパラメータが設定されていた場合、ワイドバンド チャネル ケーブル インターフェイスのライン プロトコルは up になります。

RF チャネル周波数

エッジ QAM デバイスまたはネクストホップ ルータの MAC アドレス

エッジ QAM デバイスの IP アドレス

RF チャネルに使用する QAM の UDP ポート番号

ワイドバンド チャネル ケーブル インターフェイスのライン プロトコルが up の場合、データを正しく送信するために必要なワイドバンド チャネル設定情報がすべて存在しています。ただし、Wideband SPA の設定プロセスを完了するために、追加の設定情報が必要になることがあります。Wideband SPA の設定手順については、『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide 』を参照してください。

show hw-module bay

ワイドバンド チャネルの詳細情報を表示するには、 wideband-channel キーワードを指定して show hw-module bay コマンドを使用します。表示する情報のタイプを特定するために、次のいずれかのキーワードも指定する必要があります。

association -- ワイドバンドとナローバンド(従来の DOCSIS)チャネル間のアソシエーション情報を表示します。ワイドバンド チャネルと従来の DOCSIS ダウンストリーム チャネル間のアソシエーションは、 downstream cable コマンドを使用してファイバ ノードのプライマリ ダウンストリーム チャネルを設定するときに行われます。

config -- ワイドバンド チャネルの設定情報を表示します。

counters -- ワイドバンド チャネルの統計情報を表示します。

mapping -- RF チャネルとワイドバンド チャネルのマッピングを表示します。

ワイドバンドとナローバンド チャネル間のアソシエーション情報を表示するには、 association および wideband-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。 wideband-channel のうしろにワイドバンド チャネル番号を指定すると、そのチャネルについてのみ出力されます。次に、表示例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 association wideband-channel 0
 
WB BG Bundle NB NB chan Reserved Avail
channel ID num channel ID CIR CIR
Wideband-Cable1/0/0:0 24 123 Cable5/0/1 120 0 0

 

この例では、各ワイドバンド チャネルについて次の情報が表示されています。

WB channel -- ワイドバンド ケーブル インターフェイス(ワイドバンド チャネル)

BG ID -- ワイドバンド チャネルのボンディング グループ ID

Bundle num -- ワイドバンド チャネルが所属している仮想バンドル インターフェイスの番号

NB channel -- ワイドバンド チャネルに対応するプライマリ ダウンストリーム チャネル(ナローバンド チャネル、すなわち従来の DOCSIS チャネル)のスロット/サブスロット/ポート

NB channel ID -- プライマリ ダウンストリーム チャネルのチャネル ID

Reserved CIR -- 予約 Committed Information Rate(CIR; 認定情報レート)。ワイドバンド トラフィックに関しては現在、CIR はサポートされないので、予約 CIR は常に 0 です。

Avai CIR -- CIR の現在利用可能な部分。ワイドバンド トラフィックに関しては現在、CIR はサポートされないので、利用可能 CIR は常に 0 です。

ワイドバンド チャネルの設定情報を表示するには、 config および wideband-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。 wideband-channel のうしろにワイドバンド チャネル番号を指定しなかった場合は、すべてのワイドバンド チャネルについて出力されます。次に、表示例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 config wideband-channel
 
WB BG Bundle WB Host Primary
channel ID num Slot/Subslot BG
Wideband-Cable1/0/0:0 24 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:1 25 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:2 26 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:3 27 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:4 28 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:5 29 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:6 30 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:7 31 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:8 32 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:9 33 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:10 34 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:11 35 123 5/0 Yes
 

この例では、各ワイドバンド チャネルについて次の情報が表示されています。

BG ID -- ボンディング グループ ID

Bundle num -- ワイドバンド チャネルが所属している仮想バンドル インターフェイスの番号

WB Host Slot/Subslot -- ワイドバンド プロトコル動作対応として設定されているケーブル インターフェイス ラインカード。詳細については、『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide 』にある modular-host subslot コマンドの説明を参照してください。

Primary BG -- 「Yes」は、ワイドバンド チャネルがプライマリ ボンディング グループ(プライマリ ワイドバンド チャネル)であることを意味します。

ワイドバンド チャネルの統計情報を表示するには、 counters および wideband-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。

Router#show hw-module bay 1/0/0 counters wideband-channel 0
 
SPA WB channel Tx packets Tx octets
1/0/0 0 29069 4032392
 

ワイドバンド チャネルに設定されている RF チャネルを表示するには、 mapping および wideband-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。BW % カラムは、 cable rf-channel コマンドによってワイドバンド チャネルに割り当てられている、RF チャネルの帯域幅の割合です。

 
Router# show hw-module bay 1/0/0 mapping wideband-channel
 
SPA WB RF BW %
channel channel
1/0/0 0 0 100
1 100
1/0/0 1 2 100
3 100
1/0/0 2 4 100
5 100
1/0/0 3 6 100
7 100
1/0/0 4 8 100
9 100
1/0/0 5 10 100
11 100
1/0/0 6 12 100
13 100
1/0/0 7 14 100
15 100
1/0/0 8 16 100
17 100
1/0/0 9 18 100
19 100
1/0/0 10 20 100
21 100
1/0/0 11 22 100
23 100

RF チャネルのモニタリング

Wideband SPA 上の RF チャネルのモニタリングに役立つコマンド: show hw-module bay

show hw-module bay

ワイドバンド SPA 上の RF チャネル情報を表示するには、 rf-channel キーワードを指定して show hw-module bay コマンドを使用します。表示する情報のタイプを特定するために、次のいずれかのキーワードも指定する必要があります。

config -- RF チャネルの設定情報を表示します。

counters -- RF チャネルの統計情報を表示します。

mapping -- RF チャネルとワイドバンド チャネルのマッピングを表示します。

RF チャネルの設定情報を表示するには、 config および rf-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。 rf-channel のうしろに RF チャネル番号を指定すると、そのチャネルについてのみ出力されます。次に、スロット/サブスロット/ベイ 1/0/0 に搭載された Wideband SPA 上の RF チャネル 0 に関する出力例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 config rf-channel 0
 
SPA RF Freq Mod Annex IP Address MAC Address UDP
channel port
1/0/0 0 699000000 64qam B 192.168.200.30 0011.920e.a9ff 49152
 

この出力では、次のフィールドから RF チャネルに対応付けられている エッジ QAM デバイスの情報が得られます。

IP Address -- エッジ QAM デバイスの IP アドレス

MAC address -- ネクストホップまたはエッジ QAM デバイスの MAC アドレス

UDP ポート -- この RF チャネルに使用するエッジ QAM の UDP ポート番号

RF チャネルに送信された MPEG パケットを表示するには、 counters および rf-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。

Router#show hw-module bay 1/0/0 counters rf-channel 0
 
SPA RF channel MPEG packets tx
1/0/0 0 334815

ワイドバンド ケーブル モデムのモニタリング

ワイドバンド ケーブル モデムのモニタリングに役立つコマンド:

show cable modem wideband

show cable modem summary

コマンド引数でワイドバンド ケーブル モデムまたはワイドバンド ケーブル モデムに使用するケーブル インターフェイスを指定すると、その他さまざまな show cable コマンドでワイドバンド ケーブル モデム情報が表示されます。このようなコマンドの例を示します。

show cable modem vendor

show cable modem cnr

show cable modem errors

show cable modulation profile

show interface cable privacy

show cable modem wideband

登録済みまたは未登録のワイドバンド ケーブル モデム情報を表示するには、 show cable modem wideband コマンドを使用します。次に、表示例を示します。

Router# show cable modem wideband
 
MAC Address IP Address I/F MAC Prim WB DSID MD-DS-SG
State Sid Ch ID
0014.bfbe.3cc0 1.11.0.1 C5/0/1/U0 w-online(pt) 3 24 24 N/A
0016.92f0.90d6 1.11.0.4 C5/0/1/U0 w-online(pt) 5 24 272 1
0014.bfbe.3cb8 1.11.0.2 C6/0/1/U0 w-online(pt) 3 36 36 N/A
0016.92f0.90d8 1.11.0.3 C6/0/1/U0 w-online(pt) 5 36 274 1
 

show cable modem wideband コマンドでは、IP アドレスまたは MAC アドレスによって特定のワイドバンド ケーブルを指定できます。また、特定のケーブル インターフェイス上にある一連のワイドバンド ケーブル モデムを指定することもできます。

表5-2 で、 show cable modem wideband の出力に表示されるフィールドについて説明します。

 

表5-2 show cable modem wideband のフィールド

フィールド
説明

MAC Address

CM の MAC アドレス

IP Address

DHCP サーバが CM に割り当てた IP アドレス

I/F

この CM にアップストリームを提供するケーブル インターフェイス

MAC State

MAC レイヤの現在の状態。MAC ステート情報については、『 Cisco Broadband Cable Command Reference Guide 』の「 show cable modem wideband 」を参照してください。

Prim SID

この CM に割り当てられたプライマリ SID

WB Ch ID

プライマリ ワイドバンド チャネルの ID

DSID

ダウンストリーム サービス ID

MD-DS-SG

MAC ドメイン ダウンストリーム サービス グループ。ケーブル モデムにアクセスする単一 MAC ドメインのダウンストリーム チャネル

show cable modem wideband registered-traditional-docsis を指定した場合、このコマンドは DOCSIS 1.x または DOCSIS 2.0 モデムとして登録されている、ワイドバンド対応モデムを表示します。

show cable modem summary

ワイドバンド ケーブル モデムとして登録されているモデムを含め、ケーブル モデムの要約情報を表示するには、 show cable modem summary コマンドを使用します。

Router# show cable modem summary
Interface Cable Modem Description
Total Reg Unreg Offline Wideband initRC initD initIO initO
C5/0/1/U0 2 2 0 0 2 0 0 0 0
C6/0/1/U0 2 2 0 0 2 0 0 0 0
 
Router#
 

次に、ある範囲のケーブル インターフェイス(この場合、cable 5/1/1 ~ 5/1/2)上の一連のモデムに関する、要約情報および合計の表示例を示します。

 
Router# show cable modem summary c5/1/1 c5/1/2 total
 
Interface Cable Modem Description
Total Reg Unreg Offline Wideband initRC initD initIO initO
C5/1/1/U0 84 84 0 0 84 0 0 0 0
C5/1/1/U1 84 84 0 0 83 0 0 0 0
C5/1/1/U2 83 83 0 0 83 0 0 0 0
C5/1/1/U3 83 83 0 0 83 0 0 0 0
C5/1/2/U0 84 84 0 0 84 0 0 0 0
C5/1/2/U1 84 84 0 0 84 0 0 0 0
C5/1/2/U2 83 83 0 0 83 0 0 0 0
C5/1/2/U3 83 83 0 0 83 0 0 0 0
 
Total: 668 668 0 0 667 0 0 0 0
 
Router#
 

ワイドバンド コンポーネントのトラブルシューティング

ここでは、Cisco ケーブル Wideband ソリューションのワイドバンド コンポーネントのトラブルシューティングについて説明します。

「Wideband SIP および Wideband SPA のトラブルシューティング」

「ワイドバンド チャネルのトラブルシューティング」

「ワイドバンド ケーブル モデムのトラブルシューティング」

uBR10012 ルータの非ワイドバンド コンポーネントのトラブルシューティングについては、シスコ ケーブルの次のマニュアルを参照してください。

Cisco uBR10012 Universal Broadband Router Troubleshooting Guide

Cisco uBR10012 Universal Broadband Router Software Configuration Guide 』の「Troubleshooting the System」の章

Online Offline Diagnostics -- Field Diagnostics on Cisco uBR10012 Router User's Guide

Cisco ケーブル Wideband ソリューション で使用する他社製のコンポーネント(エッジ QAM デバイスなど)のトラブルシューティングについては、そのデバイスのベンダー マニュアルを参照してください。

Wideband SIP および Wideband SPA の基本的なトラブルシューティングの実行

Wideband SIP および Wideband SPA の基本的なトラブルシューティングを実行する手順は、次のとおりです。

 

作業
詳細または例

ステップ 1

show diag コマンドを使用して、Wideband SIP の電源が投入されているかどうかを確認します。

Router# show diag 1/0
 
Slot/Subslot 1/0:
2jacket-1 card , 0 ports
Card is full slot size
Card is analyzed
Card detected 0:3:16 ago
Card uptime 0 days, 0 hours, 3 minutes, 17 seconds
...
 

show diag の出力が表示されれば、Wideband SIP は電源が投入されています。 show diag の出力が表示されない場合、Wideband SIP は電源が投入されていません。

ステップ 2

Wideband SIP の FAIL LED が点灯していないことを確認します。

FAIL LED はデフォルトで点灯し、基本的なボード機能の確認後、ソフトウェアによって消灯されます。SIP の FAIL LED が点灯したままの場合、SIP を初期化できなかったか、またはエラーが検出されました。

ステップ 3

show hw-module bay oir コマンドを使用して、Wideband SPA の電源が投入されているかどうかを確認します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 oir
 
Module Model Operational Status
------------- ----------------- -----------------------
bay 1/0/0 SPA-24XDS-SFP ok
 

Operational Status が「ok」の場合、Wideband SPA は電源が投入されていて動作可能です。

Operational Status が「admin down」の場合、Wideband SPA は電源が投入されていません。

ステップ 4

Wideband SPA の STATUS LED がグリーンで点灯しているかどうかを確認します。

STATUS LED がグリーンの場合、SPA は動作可能です。

STATUS LED がオレンジの場合、SPA の電源は投入されていて良好です。現在 SPA を設定中です。

STATUS LED が消灯している場合、SPA の電源が投入されていません。

ステップ 5

ケーブルが一方または両方の SPA ギガビット イーサネット ポート の SFP に接続されていて、対応するリンクがアップの場合、Wideband SPA の 2 つの A/L(アクティブ ループバック)LED がグリーンで点灯しているかどうかを確認します。

A/L LED がグリーンの場合、ポートはイネーブルであり、リンクはアップしています。

A/L LED がオレンジの場合、ポートはイネーブルであり、リンクはダウンしています。

A/L LED が消灯している場合、ポートはイネーブルではありません。

Wideband SPA のアクティブ ギガビット イーサネット ポートがアップしていることの確認

Wideband SPA 上のギガビット イーサネット ポートは、ユーザ設定が可能な標準インターフェイスとはみなされず、 show interfaces コマンドの出力には表示されません。Wideband SPA は、アクティブと冗長用のギガビット イーサネット ポートを 1 つずつ備えたコントローラです。 show controller modular-cable コマンドを使用すると、SPA、SPA のギガビット イーサネット アクティブ ポート、搭載されている着脱可能小型フォーム ファクタ(SFP)モジュールなどの情報が表示されます。

次に、Cisco uBR10012 routerのスロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 に搭載された Wideband SPA に関する、 show controller modular-cable の出力例を示します。

Router# show controller modular-cable 1/0/0 brief
 
SPA 0 is present
status LED: [green]
Host 12V is enabled and is okay.
Power has been enabled to the SPA.
SPA reports power enabled and okay.
SPA reports it is okay and is NOT held in reset.
 
Gigabit Ethernet Port Selected : Port 1
Receive Interface : In Reset
Receive Interface : Disabled
Transmit Interface : Out of Reset
Transmit Interface : Enabled
Primary Receive Clock : Disabled
Backup Receive Clock : Disabled
SFP [Port 0] : 1000BASE-SX Present
Tx Enabled , LOS Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 0] : DOWN
 
SFP [Port 1] : 1000BASE-T Present
Tx Enabled , LOS Not Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 1] : UP
...
 

この出力で注意すべき点は、次のとおりです。

Gigabit Ethernet Port Selected フィールドには、アクティブ ギガビット イーサネット ポートが表示されます。

アクティブ ギガビット イーサネット ポートについては、SFP [Port 1] フィールドに搭載されている SFP のタイプが示されます。

アクティブ ギガビット イーサネット ポートについて、Link Status [Port 1] フィールドに、リンクがアップしているかどうかが表示されます。

Cisco Wideband SPA のデータ送信は単方向に限られ、アクティブ ギガビット イーサネット ポートに接続されたデバイスからデータを受信することはありません。

アクティブ ギガビット イーサネット ポート用のリンクがアップしている場合は、下記について確認します。

SFP モジュールが正しく搭載されていて、接続先デバイスの SFP モジュールと対応するかどうかを確認します。

Wideband SPA ポートへのケーブルが電源の投入されたデバイスに正しく接続されているかどうかを確認します。

Wideband SPA ポートに接続しているケーブルが折れ曲がっていないか、損傷していないかを確認します。

ハードウェア障害が発生していないことを確認します。詳細は、「Wideband SIP および Wideband SPA の基本的なトラブルシューティングの実行」を参照してください。

Wideband SPA のギガビット イーサネット ポートに搭載されている SFP モジュールについて、より詳細な情報を得るには、 sfp キーワードを指定して show controller modular-cable コマンドを使用します。

Wideband SPA が SPA/EQAM 間通信に対応するように正しく設定されていることの確認

Wideband SPA がエッジ QAM デバイスと通信できない場合は、 rf-channel コマンドで設定した RF チャネルがエッジ QAM デバイスで要求される値と一致しているかどうかを確認します。
show hw-module bay
コマンドを使用すると、RF チャネルに設定されている値を確認できます。次に、表示例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 config rf-channel 0 verbose
 
SPA : Wideband-Cable 1/0/0
RF channel number : 0
Frequency : 699000000 Hz
Modulation : 64qam
Annex : B
IP address of next hop : 192.168.200.30
MAC address of EQAM : 000c.3033.2cbf
UDP port number : 49152
EQAM headroom : 0
 

次の値について、正しいかどうか、また、エッジ QAM デバイス上で設定されている値と一致しているかどうかを確認します。

Frequency -- この RF チャネルに使用する中心周波数

IP address of next hop -- この RF チャネルに対応するエッジ QAM デバイスの IP アドレス

MAC address -- この RF チャネルに対応するネクストホップまたはエッジ QAM デバイスの MAC アドレス

UDP port -- この RF チャネルに対応する QAM 出力ポートの UDP ポート番号

上記の値のうち 1 つでも、エッジ QAM デバイス上で設定されている値と一致していないものがある場合、Wideband SPA はそのデバイスと正常に通信できません。

uBR10012 ルータでは、RF チャネルは rf-channel コマンドで設定します。エッジ QAM の値はデバイス固有であり、通常はエッジ QAM デバイスのセットアップ時に設定します。

Wideband SPA がエッジ QAM デバイスと通信できることの確認

ワイドバンド動作対応として正しく設定されている Wideband SPA がエッジ QAM デバイスと通信していることを確認するには、 counters および rf-channel キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。次の例では、Wideband SPA 上で MPEG パケットを送信しているのは、RF チャネル 0 ~ 3 だけです。

Router# show hw-module bay 1/0/0 counters rf-channel
 
SPA RF channel MPEG packets tx
1/0/0 0 3703146
1/0/0 1 3636531
1/0/0 2 3589760
1/0/0 3 3549859
1/0/0 4 0
1/0/0 5 0
1/0/0 6 0
1/0/0 7 0
1/0/0 8 0
1/0/0 9 0
1/0/0 10 0
1/0/0 11 0
1/0/0 12 0
1/0/0 13 0
1/0/0 14 0
1/0/0 15 0
1/0/0 16 0
1/0/0 17 0
1/0/0 18 0
1/0/0 19 0
1/0/0 20 0
1/0/0 21 0
1/0/0 22 0
1/0/0 23 0

ワイドバンド チャネルのトラブルシューティング

ここでは、ワイドバンド チャネルのトラブルシューティング技法について説明します。トピックは次のとおりです。

ワイドバンド チャネルがアップでパケットを送信していることの確認

ワイドバンド チャネルが正しく設定されていることの確認

ワイドバンド チャネルの設定については、『 Cisco uBR10012 Universal Broadband Router SIP and SPA Software Configuration Guide 』を参照してください。

ワイドバンド チャネルがアップでパケットを送信していることの確認

ワイドバンド チャネルがアップでパケットを送信しているかどうかを確認するには、 show interface wideband-cable コマンドを使用し、出力の先頭行と packets output フィールドを調べます。

Router# show interface wideband-cable 1/0/0:1
 
Wideband-Cable1/0/0:1 is up, line protocol is up
Hardware is Wideband CMTS Cable interface, address is 0012.001a.8897 (bia 0012.001a.8897)
MTU 1500 bytes, BW 74730 Kbit, DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation MCNS, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:00:09, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
24224 packets output, 1222002 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
 

ワイドバンド チャネルと関連ライン プロトコルがアップしているかどうかを判断する条件については、「show interface wideband-cable」を参照してください。

ワイドバンド チャネルが正しく設定されていることの確認

ワイドバンド チャネルが正しく設定されているかどうかを確認するには、 wideband-channel キーワードおよび association config 、または mapping キーワードを指定して、 show hw-module bay コマンドを使用します。次に、 association キーワードを指定した場合の出力例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 association wideband-channel 0
 
WB BG Bundle NB NB chan Reserved Avail
channel ID num channel ID CIR CIR
Wideband-Cable1/0/0:0 24 123 Cable5/0/1 120 0 0
 

この出力では、Bundle num フィールドに、ワイドバンド チャネルが所属する仮想バンドル インターフェイスが表示されます。この出力に含まれる各フィールドについては、「show hw-module bay」を参照してください。

ワイドバンド チャネルとプライマリ ダウンストリーム チャネル(NB チャネル)が同じ仮想バンドル インターフェイスに属していなければなりません。CMTS 実行コンフィギュレーション ファイルに、プライマリ ダウンストリーム チャネル(Cable5/0/1)の仮想バンドル(cable bundle)が指定されています。

interface Cable5/0/1
no ip address
load-interval 30
no cable packet-cache
cable bundle 123
cable downstream channel-id 120
...
 

downstream modular-cable rf-channel コマンドで、ファイバ ノード上のワイドバンド チャネルに使用できる RF チャネルを指定します。ワイドバンド チャネルがファイバ ノード上で使用可能にされていない RF チャネルを使用しようとすると、設定ミスマッチ エラーが発生します。この場合は、 show hw-module bay コマンドを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Router# show hw-module bay 1/0/0 association wideband-channel
 
WB BG Bundle NB NB chan Reserved Avail
channel ID num channel ID CIR CIR
Wideband-Cable1/0/0:0 RF channel mismatch with Fiber Node 1
 

次に、 config キーワードを指定した場合の、 show hw-module bay の出力例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 config wideband-channel
 
WB BG Bundle WB Host Primary
channel ID num Slot/Subslot BG
Wideband-Cable1/0/0:0 24 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:1 25 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:2 26 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:3 27 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:4 28 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:5 29 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:6 30 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:7 31 123 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:8 32 0 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:9 33 0 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:10 34 0 5/0 Yes
Wideband-Cable1/0/0:11 35 0 5/0 Yes
 

この出力では、使用する各ワイドバンド チャネルが仮想バンドル インターフェイスのメンバーとして設定されているはずです。チャネル 8 ~ 11 は仮想バンドル インターフェイスに属していません。

次に、 mapping キーワードを指定した場合の、 show hw-module bay の出力例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 mapping wideband-channel
 
SPA WB RF BW %
channel channel
1/0/0 0 0 100
1 100
1/0/0 1 2 100
3 100
1/0/0 2 4 100
5 100
1/0/0 3 6 100
7 100
1/0/0 4 8 100
9 100
1/0/0 5 10 100
11 100
1/0/0 6 12 100
13 100
1/0/0 7 14 100
15 100
1/0/0 8 16 100
17 100
1/0/0 9 18 100
19 100
1/0/0 10 20 100
21 100
1/0/0 11 22 100
23 100
 

チャネルボンディングされたワイドバンド チャネルは、ワイドバンド チャネルの設定に応じて、2 つ以上の RF チャネルと対応付けられます。 cable rf-channel コマンドで RF チャネルとワイドバンド チャネルが対応付けられます。ワイドバンド チャネルに使用する各 RF チャネルの帯域幅率(BW %)は、デフォルトで 100% ですが、 cable rf-channel コマンドで設定可能です。

ワイドバンド ケーブル モデムのトラブルシューティング

ここでは、ワイドバンド ケーブル モデムのトラブルシューティング技法について説明します。トピックは次のとおりです。

「ワイドバンド ケーブル モデムに対する PING」

「ワイドバンド対応ケーブル モデムがワイドバンド モデムとして登録されていることの確認」

「ワイドバンド ケーブル モデムに関するその他の情報の確認」

ワイドバンド ケーブル モデムに対する PING

DOCSIS MAC レイヤで CMTS からワイドバンド ケーブル モデムまたは任意の DOCSIS ケーブル CPE デバイスにアクセスできるかどうかを調べるには、MAC アドレスまたは IP アドレスのどちらかを指定して、 ping docsis コマンドを使用します。次に、表示例を示します。

Router# ping docsis 1.11.0.5
 
Queueing 5 MAC-layer station maintenance intervals, timeout is 25 msec:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5)
 

ping docsis コマンドは 1/64(IP PING の帯域幅)を使用し、IP アドレスをまだ取得していないケーブル モデムに作用します。これによって CATV 事業者は、登録を完了できないか、内部にバグがあるか、またはクラッシュが原因で応答がないケーブル モデムに ping を実行できます。

verbose キーワードを指定して ping docsis コマンドを使用した場合、出力には要求された電力調整、周波数、タイミング オフセット調整、および最適ヘッドエンド受信電力の測定に関するリアルタイム ビューおよびプロットが含まれます。

Router# ping docsis 1.11.0.5 verbose
 
Queueing 5 MAC-layer station maintenance intervals, timeout is 25 msec:
Reply from 0014.bfbe.3e3c: 46 ms, tadj=1, padj=0, fadj=34
Reply from 0014.bfbe.3e3c: 46 ms, tadj=0, padj=0, fadj=26
Reply from 0014.bfbe.3e3c: 50 ms, tadj=0, padj=0, fadj=29
Reply from 0014.bfbe.3e3c: 50 ms, tadj=1, padj=0, fadj=29
Reply from 0014.bfbe.3e3c: 50 ms, tadj=-1, padj=0, fadj=39
 
Success rate is 100 percent (5/5)
 

ping docsis コマンドの詳細については、『 Cisco Broadband Cable Command Reference Guide 』を参照してください。

ワイドバンド対応ケーブル モデムがワイドバンド モデムとして登録されていることの確認

ワイドバンド対応ケーブル モデムがワイドバンド モデムとして登録されているかどうかを確認するには、 show cable modem コマンドを使用します。次の例では、ワイドバンド ケーブル モデムの MAC アドレスが指定されています。

Router# show cable modem 0014.bfbe.3e70
 
MAC Address IP Address I/F MAC Prim RxPwr Timing Num BPI
State Sid (dBmv) Offset CPE Enb
0014.bfbe.3e70 1.11.0.3 C5/0/1/U0 w-online(pt) 1 0.00 1231 0 Y
 

ワイドバンド対応ケーブル モデムがワイドバンド モデムとして登録されている場合、MAC State フィールドに、w-online 値(wideband-online)の 1 つが示されます。例では w-online(pt) です。すべての MAC ステート値については、『 Cisco Broadband Cable Command Reference Guide 』にある show cable modem コマンドの説明を参照してください。

ワイドバンド対応モデムは、ワイドバンド チャネルが使用できない場合など、DOCSIS 2.0 モデムとして登録されることもあります。この場合、 show cable modem 出力の MAC State フィールドに、w-online 値の 1 つは示されません。

CMTS 上でワイドバンド モデムとして登録されている、一連のワイドバンド対応ケーブル モデムを判別するには、 show cable modem wideband コマンドを使用します。

Router# show cable modem wideband
 
MAC Address IP Address I/F MAC Prim BG DSID MD-DS-SG
State Sid ID
0014.bfbe.3e70 1.11.0.3 C5/0/1/U0 w-online(pt) 1 24 24 N/A
0014.bfbe.3e3c 1.11.0.4 C5/0/1/U0 w-online(pt) 2 24 24 N/A
0016.92fb.5742 1.11.0.6 C5/0/1/U0 w-online(pt) 3 24 256 1
0016.92fb.580e 1.11.0.7 C5/0/1/U0 w-online(pt) 4 24 264 1
0014.bfbe.3eaa 1.11.0.2 C6/0/1/U0 w-online(pt) 7 36 36 N/A
0016.92fb.57f8 1.11.0.5 C6/0/1/U0 w-online(pt) 8 36 298 1
0016.92fb.57f4 1.11.0.8 C6/0/1/U0 w-online(pt) 9 36 306 1
 

CMTS 上で DOCSIS 2.0 モデムとして登録されている、一連のワイドバンド対応ケーブル モデムを判別するには、 registered-traditional-docsis キーワードを指定して、 show cable modem wideband コマンドを使用します。

ワイドバンド ケーブル モデムに関するその他の情報の確認

ワイドバンド ケーブル モデムに関連するその他の情報を確認するには、あらゆるケーブル モデムの関連情報を表示する show コマンドを使用します。

show cable modem access-group -- 各 CM のアクセス グループ情報を表示します。

show cable modem classifiers -- 各 CM に使用されている分類機能の情報を表示します。

show cable modem cnr -- ケーブル インターフェイス ラインカードをハードウェア スペクトル管理機能とともに使用している CM の Carrier-to-Noise Ratio(CNR; 搬送波対雑音比)情報を表示します。

show cable modem connectivity -- 各 CM の接続情報を表示します。

show cable modem counters -- 各 CM のトラフィック カウンタを表示します。

show cable modem cpe -- 各 CM を使用している CPE デバイスの情報を表示します。show cable modem errors -- 各 CM のパケット エラー情報を表示します。

show cable modem flap -- 各 CM のフラップリスト情報を表示します。

show cable modem mac -- 各 CM の MAC レイヤ情報を表示します。

show cable modem offline -- オフラインの CM を一覧表示します。

show cable modem maintenance -- 各 CM の Station Maintenance エラー情報を表示します。

show cable modem offline -- オフラインの CM を一覧表示します。

show cable modem phy -- 各 CM の PHY レイヤ情報を表示します。

show cable modem qos -- 各 CM の QoS(Quality of Service)情報を表示します。

show cable modem registered -- 登録 CM を一覧表示します。

show cable modem remote-query -- remote-query 機能で収集された情報を表示します。

show cable modem rogue -- ダイナミック共有秘密認証検査に合格しなかったためにマーク付け、ロック、または拒否されたケーブル モデムの一覧を表示します。

show cable modem summary -- 各ケーブル インターフェイス上の CM について、要約情報を表示します。

show cable modem unregistered -- 未登録 CM を一覧表示します。

show cable modem vendor -- 各 CM のベンダー名および ID を表示します。

上記の各コマンドの詳細については、『 Cisco Broadband Cable Command Reference Guide 』を参照してください。