Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロード バンド ルータ SIP and SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - For Cisco IOS Release 12.3(23) BC
Wideband SPA の設定
Wideband SPA の設定
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Wideband SPA の設定

設定作業

Wideband SPA の概要と用語

ボンディング グループのワイドバンド チャネル

ナローバンド チャネル

ワイドバンド ケーブル インターフェイス

モジュラ ケーブル インターフェイス

プライマリ対応ダウンストリーム チャネル

CGD を介した拡張 MAC ドメインのサポート

ファイバ ノードの設定

ワイドバンド ケーブル モデム

Linksys WCM300-NA、WCM300-EURO、および WCM300-JP モデム

Scientific Atlanta DPC2505 および EPC2505 モデム

Wideband SPA の場所の指定

ナローバンド チャネルの指定

ワイドバンド チャネルの指定

ワイドバンドチャネルおよびモジュラ ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスと回線プロトコル ステータス

Wideband SIP と Wideband SPA の事前プロビジョニング

Wideband SPA のコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業の実行

Wideband SPA の一般的な設定値の設定

ナローバンド チャネルの設定

ワイドバンド チャネルの設定

CGD の設定

設定値の任意設定

CMTS の自動リセット モードのイネーブル化

cable bonding-group-id コマンドを使用したプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルの設定

ナローバンドおよびワイドバンド ケーブル モデムによるプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

設定の確認

Wideband SPA 設定の確認

RF チャネル設定の確認

ファイバ ノードの設定の確認

設定例

Wideband SPA コントローラの設定例

ワイドバンド チャネルの設定例

仮想バンドルの設定例

ケーブル ファイバ ノードの設定例

CGD の設定例

モジュラ ケーブル インターフェイスの設定例

ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例

設定例

ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例

モジュラ ケーブル インターフェイスの設定

Wideband SPA の設定

この章では、Cisco uBR10012 ルータの Wideband Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)を設定する方法について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「Wideband SPA の概要と用語」

「Wideband SPA 設定の確認」

「設定例」

この章で使用するコマンドの詳細については、新規コマンドおよび変更されたコマンドについて説明している第 11 章「SIP および SPA コマンド」を参照してから、『 Cisco Broadband Cable Command Reference Guide 』を参照してください。

これらのマニュアルに記載されていないコマンドについては、Cisco IOS Release 12.3 のコマンド リファレンスおよびマスター インデックスのマニュアルを参照してください。これらのマニュアルへのアクセス方法については、「関連資料」を参照してください。


) このマニュアルの SIP および SPA の設定情報と SIP および SPA のコマンドは、Cisco IOS Release 12.3(23)BC に固有です。Cisco IOS Releases 12.3(21)BC および 12.3(21a) BC3 に固有の SIP および SPA の設定情報と SIP および SPA のコマンドの詳細については、第 11 章「SIP および SPA コマンド」を参照してください。


「Wideband SPA のコントローラ コンフィギュレーション モードの開始」

「ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業の実行」

設定作業

ここでは、Wideband SPA を設定する方法について説明します。具体的な内容は、次のとおりです。

「Wideband SPA の概要と用語」

「ワイドバンド ケーブル モデム」

「Wideband SPA の場所の指定」

「ナローバンド チャネルの指定」

「ワイドバンド チャネルの指定」

「Wideband SIP と Wideband SPA の事前プロビジョニング」

「Wideband SPA のコントローラ コンフィギュレーション モードの開始」

「ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業の実行」

「Wideband SPA 設定の確認」

「RF チャネル設定の確認」

「ファイバ ノードの設定の確認」

「Wideband SPA コントローラの設定例」

「ワイドバンド チャネルの設定例」

「仮想バンドルの設定例」

「ケーブル ファイバ ノードの設定例」

「CGD の設定例」

「モジュラ ケーブル インターフェイスの設定例」

「ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例」

Wideband SPA の概要と用語

Wideband SPA は、DOCSIS Network フォーマット化をダウンストリーム データ パケットに提供する、シングル幅、ハーフハイトの SPA です。Wideband SPA は、ダウンストリーム データ トラフィック専用です。Cisco Wideband SPA は、Cisco IOS 機能の DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding および DOCSIS M-CMTS ネットワーク アーキテクチャの主要なコンポーネントです。

各 Wideband SPA は、Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロードバンド ルータの Wideband SPA Interface Processor(SIP; SPA インターフェイス プロセッサ)のベイに設置されます。スロットの制約事項については、「Wideband SIP および Wideband SPA の場所の識別」を参照してください。各 Wideband SPA は、1 つまたは複数の外部エッジ QAM デバイスへのトラフィック送信に使用されるアクティブおよび冗長ギガビット イーサネット ポートを 1 つずつ備えています。

Cisco uBR10012 ルータは、最大 2 つの Wideband SPA をサポートできます。設定に応じて、各 Wideband SPA は最大 24 の radio frequency(RF; 無線周波数)チャネルをサポートします。2 つの Wideband SPA を搭載した Cisco uBR10012 ルータは、合計 48 までの RF チャネルをサポートします。


) Annex A および 256 QAM では、Wideband SPA ごとにフル レートで最大 18 の RF チャネルを、フル レート未満で最大 24 の RF チャネルをサポートします。その他の場合、Wideband SPA は最大 24 の RF チャネルをサポートします。


ここでは、Wideband SPA の設定に使用する次の用語について説明します。

「ボンディング グループのワイドバンド チャネル」

「ナローバンド チャネル」

「モジュラ ケーブル インターフェイス」

「プライマリ対応ダウンストリーム チャネル」

「CGD を介した拡張 MAC ドメインのサポート」

「ファイバ ノードの設定」

ボンディング グループのワイドバンド チャネル

ワイドバンド チャネル または ボンディング グループ は、ワイドバンド MPEG-TS パケットが伝送される 1 つまたは複数の物理的な RF チャネルの論理グループです。複数の RF チャネルを集約または「チャネル ボンディング」することによって、ワイドバンド チャネルでは 1 つのナローバンド チャネルに比べて、より多くの帯域幅容量をダウンストリーム データ トラフィックに使用できます。Wideband SPA の設定時、各ワイドバンド チャネルは 1 つまたは複数の RF チャネルに関連付けられます。各 Wideband SPA は、32 のワイドバンド チャネルをサポートしています。

ナローバンド チャネル

ナローバンド チャネルは、1 つの RF チャネルを含む標準の DOCSIS 1.x/2.0 プロトコル ダウンストリーム チャネルである非ボンディング チャネルを論理的に表したものです。

ワイドバンド ケーブル インターフェイス

ワイドバンド ケーブル インターフェイス は、ボンディング グループのチャネルを論理的に表したもので、次のコマンドを使用して設定されています。

interface wideband-cable slot/subslot/bay:wideband channel

このコマンドの意味は、次のとおりです。

slot は、Wideband SIP が装着されたスロットを示します。

subslot は、Wideband SIP が装着されたサブスロットを示します。

bay は、Wideband SPA が装着されている Wideband SIP のベイを示します。

wideband channel は、SPA のワイドバンド チャネルを示します。

モジュラ ケーブル インターフェイス

モジュラ ケーブル インターフェイスは、非ボンディングデータ トラフィックを SPA ダウンストリーム チャネル上で伝送するダウンストリーム チャネルの機能を論理的に表したもので、次のコマンドを使用して設定されています。

interface modular-cable slot/subslot/bay:narrowband channel

このコマンドの意味は、次のとおりです。

slot は、Wideband SIP が装着されたスロットを示します。

subslot は、Wideband SIP が装着されたサブスロットを示します。

bay は、Wideband SPA が装着されている Wideband SIP のベイを示します。

narrowband channel は、SPA のナローバンド チャネルを示します。

Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding 機能は、DOCSIS 1.x/2.0 テクノロジーと並行して展開できます。CMTS は非ワイドバンドのインターフェイスで DOCSIS 1.x/ 2.0 モデムをサポートし、ワイドバンド ケーブル モデムはワイドバンド ポートで高速スループットを配信します。

プライマリ対応ダウンストリーム チャネル

SPA ダウンストリーム チャネルは、Channel Grouping Domain(CGD)設定を介してプライマリ対応になっています。プライマリ対応ダウンストリーム チャネルは、ナローバンド トラフィックとワイドバンド トラフィックを伝送できます。RF チャネルが Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイスからの 1 つまたは複数のアップストリーム チャネルに関連付けられている場合、RF チャネルはプライマリ対応とみなされます。この RF チャネルは SYNC メッセージ、Mini-slot Allocation Packet(MAP)メッセージ、および Upstream Channel Discriptor(UCD; アップストリーム チャネル ディスクリプタ)を含めた DOCSIS media access control(MAC; メディア アクセス制御)management message(MMM; MAC 管理メッセージ)を伝送できます。このような RF チャネル ダウンストリームは、プライマリ対応ダウンストリームと呼ばれます。EQAM デバイスおよび Cisco uBR10k DTCC とインターフェイスをとる DOCSIS Timing Interface(DTI)サーバを使用して、DOCSIS MAC レイヤ メッセージを同期化します。単一のプライマリ対応ダウンストリーム チャネルによって示されたインターフェイスは、RF チャネルのナローバンド部分を示します。

SPA ダウンストリーム チャネルは、プライマリ対応であってもなくても、常にボンディング データ トラフィックを伝送するボンディング チャネルの一部になることができます。

RF チャネルは、関連するモジュラ ケーブル インターフェイスとワイドバンド インターフェイスで共有できます。各 RF チャネルの帯域幅をモジュラ ケーブル インターフェイスとワイドバンド インターフェイスの間で静的に分割するように設定できます。各 RF チャネルの帯域幅は、ワイドバンド チャネル、ナローバンド チャネル、または両方を組み合わせたものに使用できます。

プライマリ ダウンストリーム チャネルは、ナローバンド チャネルとして、またはワイドバンド チャネルの一部として使用されているプライマリ対応チャネルです。SPA DS チャネルは、単一の MAC ドメインに対してはプライマリ対応ダウンストリーム チャネルとしてのみ機能している場合がありますが、同じ SPA DS チャネルが、複数の MAC ドメイン用の 1 つまたは複数のボンディング チャネル(ワイドバンド インターフェイス)の一部である場合があります。1 つのMAC ドメインのプライマリ ダウンストリーム チャネルは、別の MAC ドメインの非プライマリ ダウンストリーム チャネルとして機能します。プライマリ ダウンストリーム チャネルの使用可能な総帯域幅(96%)は、プライマリ対応ダウンストリーム チャネルと非プライマリ対応ダウンストリーム チャネルの間で分割されます。残りの 4% は DOCSIS MAP および SYNC 帯域幅のために予約されます。

CGD を介した拡張 MAC ドメインのサポート

CGD は、アップストリーム チャネルの共通セットと関連付けられた、プライマリ対応ダウンストリーム チャネルの集まりです。CGD は必ず、すべてのダウンストリームおよびアップストリーム チャネルが所属する MAC ドメインのコンテキスト内に指定されます。Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードの MAC ドメインに対してローカルであるダウンストリーム チャネルは常にプライマリ対応ですが、SPA DS チャネルは明示的な CGD 設定によってプライマリ対応にする必要があります。CGD は、MAC ドメイン内のアップストリーム チャネルのサブセットをプライマリ対応ダウンストリーム チャネル(ローカル ダウンストリーム チャネルを含む)に関連付ける柔軟性を提供します。アップストリーム チャネルがダウンストリーム チャネルと関連付けられている場合、この情報は、そのダウンストリーム チャネルを経由して送信される MAP および UCD メッセージに含まれます。

複数の CGD 設定が同じ MAC ドメインに含まれることがあります。これにより MAC ドメインは、共通または異なるアップストリーム チャネル セットに関連付けられたさまざまなプライマリ対応ダウンストリーム チャネルを含めることができます。

ファイバ ノードの設定

ケーブル ネットワークでは、 ファイバ ノード はファイバ トランクとケーブル設備の同軸部分の間のインターフェイスのポイントです。ケーブル モデムは 1 つのファイバ ノードだけに物理的に接続されています。ファイバ ノード ソフトウェアの設定は、ケーブル ネットワークの物理トポロジを反映したものであり、チャネル ボンディングの DOCSIS MACレイヤ メッセージを最適化するために必要です。Cisco IOS command-line interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)コマンドを使用してファイバ ノードを設定する場合、ファイバ ノードは次の内容を定義するソフトウェア メカニズムになります。

ファイバ ノードに流れるダウンストリーム RF チャネルのセット

ファイバ ノードに対する最低 1 つのプライマリ ダウンストリーム チャネル

ファイバ ノードに接続され、アップストリーム チャネルとして使用可能なケーブル インターフェイス ラインカードのアップストリーム チャネル ポートのセット

ファイバ ノードは、最低 1 つのプライマリ ダウンストリーム チャネルに関連付けられます。ファイバ ノードは、複数のプライマリ ダウンストリーム チャネルに関連付けることができますが、1 つのプライマリ ダウンストリーム チャネルだけが任意の時点に使用されます。各プライマリ対応ダウンストリーム チャネルを、最大 8 つのファイバ ノードに関連付けることができます。ファイバ ノードに所属するチャネルはすべて、別々の重ならない周波数で設定されます。

ワイドバンド ケーブル モデム

ワイドバンド チャネルに集約できる RF チャネルの数は、ワイドバンド ケーブル モデムの容量によって決まります。Cisco Cable Wideband Solution Release 2.0 は DOCSIS 3.0 準拠のマルチチャネル モデム(次の Linksys モデムおよび Scientific Atlanta モデムを含む)をサポートしています。

「Linksys WCM300-NA、WCM300-EURO、および WCM300-JP モデム」

「Scientific Atlanta DPC2505 および EPC2505 モデム」

Linksys WCM300-NA、WCM300-EURO、および WCM300-JP モデム

ワイドバンド チャネルでは、Linksys WCM300-NA(EuroDOCSIS の WCM300-EURO および Japanese DOCSIS の WCM300-JP)ワイドバンド ケーブル モデムは、チャネルごとに 6 MHz による最大 8 つの異なるダウンストリーム RF チャネルの、またはチャネルごとに 6 MHz による 6 つの異なるダウンストリーム RF チャネルの 50 MHz キャプチャ ウィンドウでの受信をサポートします。これらの 8 つの RF チャネルのほか、Linksys WCM300 モデムは 1 つのプライマリ ダウンストリーム チャネル(従来の DOCSIS チャネル)の受信をサポートしています。

Linksys WCM300 ワイドバンド ケーブル モデムのソフトウェアは、最大 8 つのワイドバンド(ボンディング)ダウンストリーム チャネルの取得をサポートします。

1 つの プライマリ ボンディング チャネル は、ワイドバンド ケーブル モデムがすべてのユニキャスト データと一部のマルチキャスト データを受信するワイドバンド チャネルです。

セカンダリ ボンディング チャネル (最大 2 つ)は、ワイドバンド ケーブル モデムが共通のマルチキャスト データ ストリームを受信するワイドバンド チャネルです。セカンダリ ボンディング チャネルとは、プライマリ ボンディング チャネルで使用できない、ブロードキャスト ビデオなどのマルチキャスト データを受信するためのものです。

DOCSIS コンフィギュレーション ファイルおよび cable bonding-group-id コマンドを使用すると、選択および取得する、モデム用のプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルを定義できます。ケーブル モデムは、CMTS に対するプライマリ ボンディング チャネルとセカンダリ ボンディング チャネルを、ケーブル モデム登録時に識別します。

Linksys WCM300 モデムがプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルを選択する方法の詳細については、『 Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Solution Design and Implementation Guide 』Release 2.0 を参照してください。

Scientific Atlanta DPC2505 および EPC2505 モデム

Cisco uBR10012 CMTS で使用する場合、Scientific Atlanta DPC2505 および EPC2505(EuroDOCSIS 用)ワイドバンド ケーブル モデムは、1 つのワイドバンド チャネルの受信をサポートします。このチャネルは、チャネルごとに 6 MHz または 8 MHz による SPA からの最大 3 つのボンディング ダウンストリーム RF チャネルで構成されます。Wideband SPA からの RF チャネルの 1 つは、プライマリ ダウンストリーム チャネルとして機能します。

Scientific Atlanta DPC2505 は DOCSIS 3.0 準拠で、このモードで使用できます(たとえば、モデムが非ワイドバンド Cisco CMTS または非 Cisco CMTS に接続されている場合)。このモデムも既存の DOCSIS 1.x ネットワークと下位互換性があります。

Wideband SPA の場所の指定

Wideband SPA の場所の指定については、「Wideband SIP および Wideband SPA の場所の識別」を参照してください。

ナローバンド チャネルの指定

モジュラ ケーブル インターフェイスは、SPA の 1 つのダウンストリーム RF チャネルに関連付けられたナローバンド インターフェイスです。同じ RF チャネルが 完全に独立したボンディング グループと関連付けられていれば、このボンディング グループと RF 帯域幅を共有できます。

Cisco IOS コマンドラインでは、次の interface コマンド構文を使用して、ナローバンド チャネルを指定します。

interface modular-cable slot / subslot / bay:nb-channel-number

モジュラ ケーブル インターフェイスは、ケーブル インターフェイスのダウンストリーム部分と類似しており、 show ip interface show interfaces show interface modular-cable 、show running-config などのコマンドの出力に表示されます。

次に、モジュラ ケーブル インターフェイスの show interface コマンドの出力例を示します。

Router# show interfaces

Modular-Cable1/0/0:1 is up, line protocol is up
Hardware is CMTS MC interface, address is 0011.9221.84be (bia 0011.9221.84be)
MTU 1500 bytes, BW 539 Kbit, DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation MCNS, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 1w3d, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
40 packets output, 9968 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
...

) SPA を装着した場合、24 のモジュラ ケーブル インターフェイスがその SPA に作成されます。これらのインターフェイスは設定されるまで非表示であり、show ip interfaceshow interfacesshow interface modular-cable、および show running-config などのコマンドの出力には表示されません。モジュラ ケーブル インターフェイスの回線プロトコルがアップである場合の状態の詳細については、「ワイドバンドチャネルおよびモジュラ ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスと回線プロトコル ステータス」 を参照してください。


ワイドバンド チャネルの指定

Cisco IOS コマンドラインでは、次の interface コマンド構文を使用して、ワイドバンド チャネルを指定します。

interface wideband-cable slot / subslot / bay:wb-channel-number

ワイドバンド チャネルはケーブル インターフェイスに類似しており、 show ip interface show interfaces show interface wideband-cable などのコマンドの出力に表示されます。

例:

Router# show interfaces
...
Wideband-Cable1/0/0:0 is up, line protocol is up
Hardware is Wideband CMTS Cable interface, address is 0012.001a.8896 (bia 0012.001a.8896)
MTU 1500 bytes, BW 74730 Kbit, def 74730 Kbit DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation MCNS, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:00:09, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
17033 packets output, 1765690 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
...

ワイドバンドチャネルおよびモジュラ ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスと回線プロトコル ステータス

show interface wideband-cable コマンドでワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスを表示する場合、または show interface modular-cable コマンドでモジュラ ケーブル インターフェイスを表示する場合など、Cisco IOS コマンドでケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスと回線プロトコル ステータスを表示する場合には、次の内容が適用されます。

Wideband SPA が Wideband SIP に設置され、SIP と SPA の両方の電源がオンの場合、ケーブル インターフェイスのハードウェア ステータスはアップ状態になります。

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスの回線プロトコルは、次の状況でアップ状態になります。

インターフェイスが管理上のアップ状態である。

インターフェイスを最低 1 つの RF チャネルに関連付けられている。

SPA のギガビット イーサネット ポートが接続されている。

RF チャネルに次のパラメータが設定されている。

RF チャネル周波数

ネクストホップ インターフェイスまたはエッジ QAM デバイスの MAC アドレス

エッジ QAM デバイスの IP アドレス

RF チャネルに使用される QAM デバイスの UDP ポート番号または DEPI リモート セッション ID

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスの回線プロトコルがアップの場合、データの送信に必要なすべてのワイドバンドチャネルの設定情報が存在します。ただし、Wideband SPA 設定プロセスを完了するのに、他の設定情報が必要になる場合があります。設定手順については、「ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業の実行」を参照してください。

モジュラ ケーブル インターフェイスの回線プロトコルは、次の状況でアップ状態になります。

インターフェイスが管理上のアップ状態である。

Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードからのアップストリーム チャネルを、所定のケーブル MAC ドメインのモジュラ ケーブル インターフェイス ダウンストリーム チャネルに関連付けられている。

インターフェイスに割り当てられた総帯域幅が 1% 以上である。

対応する SPA のモジュラ ケーブル コントローラでモジュラ ホストが設定されている。

モジュラ ケーブル インターフェイスがプライマリ対応チャネルである場合、このチャネルに DEPI リモート ID が設定されている。この場合、UDP ポート番号を設定しないでください。


) 非プライマリ対応で、ワイドバンド インターフェイスで使用される RF チャネルは、DEPI リモート ID または UDP ポート番号のいずれかを使用できます。このインターフェイスの回線プロトコルとステータスは常にダウン状態です。


RF チャネルに次のパラメータが設定されている。

RF チャネル周波数

ネクストホップ インターフェイスまたはエッジ QAM デバイスの MAC アドレス

エッジ QAM デバイスの IP アドレス

RF チャネルに使用される QAM デバイスの UDP ポート番号または DEPI リモート ID

SPA のギガビット イーサネット ポートが接続されている。

Wideband SIP と Wideband SPA の事前プロビジョニング

事前プロビジョニングは、Wideband SIP と Wideband SPA のオプションの設定作業です。Cisco uBR10012 ルータの事前プロビジョニングでは、物理的に存在しなくても Wideband SIP と Wideband SPA を設定できます。

Wideband SIP と Wideband SPA の事前プロビジョニングについては、「オプションの設定作業」を参照してください。

Wideband SPA のコントローラ コンフィギュレーション モードの開始

Wideband SPA は Cisco IOS ソフトウェアでコントローラとして表示されます。 card コマンドを使用、または Wideband SIP に Wideband SPA を物理的に挿入することによって Wideband SPA を事前プロビジョニングすることで、コントローラ コンフィギュレーションをイネーブルにします。

次に、card コマンドの例を示します。

card 1/0 2jacket-1

card 1/0/0 24rfchannel-spa-1

Wideband SPA のコントローラ コンフィギュレーション モードを開始するには、 controller modular-cable コマンド( slot/subslot/bay で Wideband SPA の場所を指定)を使用します。

controller modular-cable slot/subslot/bay

ほとんどの Wideband SPA 設定作業は、コントローラ コンフィギュレーション モードで実行されます。

ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業の実行

ワイドバンド関連の必要な設定作業およびオプションの設定作業は、次のカテゴリに分類されます。

「Wideband SPA の一般的な設定値の設定」

「ナローバンド チャネルの設定」

「ワイドバンド チャネルの設定」

「CGD の設定」

Wideband SPA の一般的な設定値の設定

一部の Wideband SPA 設定項目は、SPA のすべての RF チャネルに影響します。これらの一般的な Wideband SPA の設定値は、次のようにコントローラ コンフィギュレーション モードで設定されます。


) Cisco IOS Release12.3(21)BC では、SPA ごとに Annex と変調パラメータがグローバルに設定されています。Cisco IOS Release 12.3(23)BC では、RF チャネルごとに Annex と変調パラメータが設定されています。


ip-address コマンドを使用して、Wideband SPA FPGA の IP アドレスを設定します。 ip-address コマンドを使用して Wideband SPA コントローラに割り当てられた IP アドレスは、SPA によって転送されるパケットの送信元 IP アドレスとして使用されます。

modular-host コマンドを使用して、DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding で使用されるモジュラホスト Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードを指定します。Wideband SPA 自体は、DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding オペレーションをサポートしていません。

これらの一般的な Wideband SPA の設定値を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# controller modular-cable slot/subslot / bay

例:

Router(config)# controller modular-cable 1/0/1

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始して、Wideband SPA コントローラを設定します。

ステップ 3

Router(config-controller)# ip-address ip-address

例:

Router(config-controller)# ip-address 192.168.200.31

Wideband SPA FPGA の IP アドレスを設定します。

ステップ 4

Router(config-controller)# modular-host subslot slot/subslot

例:

Router(config-controller)# modular-host subslot 7/0

DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding に使用されるモジュラホスト ラインカード(Cisco uBR10-MC5X20S-D ケーブル インターフェイス ラインカードなど)を指定します。

前述の手順に示したワイドバンド関連の各コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」を参照してください。

ナローバンド チャネルの設定

ここでは、Wideband SPA のナローバンド チャネルを設定する方法について説明します。

ナローバンドの RF チャネルの設定

ここでは、ナローバンド機能の RF チャネルを設定する方法について説明します。

RF チャネル コマンドを使用して、RF チャネルの特性を設定します。RF チャネルごとに、次の設定項目を指定する 必要があります。

RF チャネルに関連付けられたナローバンド チャネル

周波数

Annex

変調

インターリーブ深度

IP アドレス

MAC アドレス

UDP ポートまたは DEPI リモート ID

これらの必須設定項目のほか、任意で各 RF チャネルに説明を加えることができます。


rf-channel で設定された RF チャネル値がエッジ QAM デバイスに設定された値に一致することを必ず確認してください。周波数、IP アドレス、MAC アドレス、および UDP ポートと DEPI リモート ID は、エッジ QAM デバイスに設定された値に一致する必要があります。いずれかの値が正しくないと、Wideband SPA はエッジ QAM デバイスと正常に通信できません。


1. rf-channel rf-port description description コマンドを使用して、RF チャネルの説明を指定します。

2. rf-channel rf-port frequency freq [ annex { A | B } modulation { 64 | 256 }[interleave-depth { 8 | 12 | 16 | 32 | 64 | 128 } ]] コマンドを使用して、RF チャネルの周波数、Annex、変調、およびインターリーブ深度を指定します。

3. rf-channel rf-port ip-address ip-address mac-address mac-address { udp-port portnum | depi-remote-id session-id } コマンドを使用して、 RF チャネルの IP アドレス、MAC アドレス、UDP ポートおよび DEPI リモート ID を指定します。

4. rf-channel rf-port network delay delay コマンドを使用して、 RF チャネルの ネットワーク遅延を指定します。


) Wideband SPA の各 RF チャネルは、エッジ QAM デバイスの特定の QAM ポートにマッピングできます。異なる Wideband SPA からのトラフィックを同一の QAM ポートで混在させることはできません。


5. 任意で rf-channel rf-port cable downstream channel-id channel-id コマンドを使用して、ダウンストリーム チャネル ID を RF チャネルに割り当てます。

デフォルトでは、Cisco IOS ソフトウェアが RF チャネルに一意のダウンストリーム チャネル ID を割り当てます。割り当てられた RF チャネル ID を変更する必要がある場合、
rf-channel cable downstream channel-id コマンドを使用します。

ナローバンドの RF チャネルを設定する手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# controller modular-cable slot/subslot / bay

例:

Router(config)# controller modular-cable 1/0/1

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始して、Wideband SPA コントローラを設定します。

ステップ 3

Router(config-controller)# rf-channel rf-port frequency freq [annex { A | B } modulation { 64 | 256 } [ interleave-depth { 8 | 12 | 16 | 32 | 64 | 128 }]]

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 frequency 699000000

RF チャネルの周波数、Annex、変調、およびインターリーブ深度を設定します。 rf-port 番号は、RF チャネル番号です。一部のキーワードはオプションです。

ステップ 4

Router(config-controller)# rf-channel rf-port ip-address ip-address mac-address mac-address {udp-port portnum | depi-remote-id session-id}

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 ip-address 192.168.200.30 mac-address 0011.920e.a9ff udp-port 49152

次の内容を指定します。

この RF チャネルのエッジ QAM デバイスの IP アドレス

この RF チャネルのエッジ QAM デバイスまたはネクストホップ インターフェイスの MAC アドレス

この RF チャネルで使用されるエッジ QAM デバイスの UDP ポート番号

この RF チャネルで使用されるエッジ QAM デバイスの DEPI リモート ID


) プライマリ対応モジュラ ケーブル インターフェイスは DEPI リモート ID を使用する必要があります。非プライマリ対応モジュラ ケーブル インターフェイスは UDP ポート番号か DEPI リモート ID のいずれかを使用できます。


ステップ 5

Router(config-controller)# rf-channel rf-port description description

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 description Used for WB channel 0

(任意)RF チャネルの説明を指定します。

ステップ 6

Router(config-controller)# rf-channel rf-port cable downstream channel-id channel-id

例:

Router(config-controll er)# rf-channel 1 cable downstream channel-id 121

(任意)ダウンストリーム チャネル ID を RF チャネルに割り当てます。Cisco IOS ソフトウェアは RF チャネルに一意のダウンストリーム チャネル ID を自動的に割り当てます。 rf-channel cable downstream channel-id コマンドを使用して、デフォルトのチャネル ID を変更します。

ステップ 7

Router(config-controller)# exit

例:

Router(config-controller)# exit
Router(config)#

コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 8

Router(config)# interface modular-cable slot/subslot / bay: nb-channel

例:

Router(config)# interface modular-cable 1/0/1:5

Wideband SPA のナローバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 9

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent 50

このインターフェイスに割り当てる帯域幅の割合を指定します。

ステップ 10

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

前述の手順に示したナローバンドの RF チャネル設定で使用する各コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」 を参照してください。

モジュラ ケーブルおよびワイドバンド ケーブル インターフェイスへの RF チャネル帯域幅の割り当て

RF チャネルの設定時、RF チャネルからの帯域幅はモジュラ ケーブル インターフェイスとワイドバンド ケーブル インターフェイスの間で静的に分割されます。

モジュラ ケーブル インターフェイスへの帯域幅の割り当て

cable rf-bandwidth-percent percent_value コマンドを使用して RF チャネル帯域幅をモジュラ ケーブル インターフェイスに割り当てます。RF チャネルがプライマリ対応である場合、RF チャネルに割り当てられた帯域幅の合計(モジュラ ケーブル インターフェイスとワイドバンド インターフェイスの両方を含む)は 96% を越えてはなりません。RF チャネル帯域幅の残りの 4% は、この RF チャネルをプライマリ対応ダウンストリーム チャネルとして使用する MAP および他の MAC 管理メッセージ トラフィック用に予約されています。

モジュラ ケーブル インターフェイスのデフォルトの帯域幅の割合はゼロに設定されています。帯域幅が割り当てられていない場合、RF チャネルをプライマリ対応チャネルとして使用することはできません。この RF チャネル帯域幅の 100% をワイドバンド インターフェイスに使用できます。

ワイドバンド ケーブル インターフェイスへの帯域幅の割り当て

RF チャネルをワイドバンド インターフェイスにのみ設定する場合、合計で 100% の帯域幅を割り当てることができます。

表8-1 に、RF チャネルに割り当てられた帯域幅の合計が 100% を超えないかぎり、1 つの RF チャネルを複数のワイドバンド チャネルに関連付けることができる例を示します。

 

表8-1 非プライマリ対応 RF チャネルへの帯域幅の割り当て

RF チャネル
ワイドバンド チャネル
帯域幅の割り当て

10

0

30%

10

1

30%

10

2

40%

帯域幅の割合の合計: 100%

表8-2 に、RF チャネルに割り当てられた帯域幅の合計が 96% を超えないかぎり、プライマリ対応 RF チャネルを複数のナローバンド チャネルと複数のワイドバンド チャネルに関連付けることができる例を示します。残りの 4% は MAP および MAC 管理トラフィックに使用します。

 

表8-2 プライマリ対応 RF チャネルへの帯域幅の割り当て

ナローバンド チャネル 10
ワイドバンド チャネル 0
ワイドバンド チャネル 1
ワイドバンド チャネル 2
帯域幅の
割合の合計
RF チャネル 10 から割り当てられた帯域幅

35%

20%

25%

16%

(4% は MMM 用に予約)

96%

モジュラ ケーブル インターフェイスの設定

interface modular-cable slot/subslot/bay:narrowband channel コマンドを使用して、ナローバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

このモードから、ナローバンド インターフェイスに帯域幅の割合を割り当てることができます。

cable rf-bandwidth-percent percent_value コマンドを使用して、帯域幅の割合をモジュラ ケーブル インターフェイスに割り当てます。

モジュラ ケーブル インターフェイスを設定する手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface modular-cable slot/subslot / bay: nb-channel

例:

Router(config)# interface modular-cable 1/0/1:5

Wideband SPA のナローバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent 50

このインターフェイスに割り当てる帯域幅の割合を指定します。

ステップ 3

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ナローバンドのファイバ ノードの設定

ファイバ ノードの設定は主にワイドバンドを設定するために使用されます。ナローバンドのファイバ ノードの設定は任意です。 cable fiber-node コマンドを使用してファイバ ノードを設定します。

ファイバ ノードの設定の詳細については、「SIP および SPA コマンド」 cable fiber-node コマンドを参照してください。

ワイドバンド チャネルの設定

ここでは、ワイドバンド機能の RF チャネルを設定する方法について説明します。

ワイドバンドの RF チャネルの設定

ワイドバンド チャネルは、1 つまたは複数の物理 RF チャネルの論理グループです。複数の RF チャネルを集約または「チャネル ボンディング」することによって、ワイドバンド チャネルでは 1 つの RF チャネルに比べて、より多くの帯域幅容量をダウンストリーム トラフィックに使用できます。

ワイドバンド チャネルに集約できる RF チャネルの数は、ワイドバンド ケーブル モデムの容量によって決まります。

Linksys WCM300-NA(EuroDOCSIS の WCM300-EURO と Japanese DOCSIS の WCM300-JP)ワイドバンド ケーブル モデムは、チャネルごとに 6 MHz による最大 8 つのダウンストリーム RF チャネルで構成された、またはチャネルごとに 8 MHz による最大 6 つのダウンストリーム RF チャネルで構成されたワイドバンド チャネルを受信できます。このモデムでは、チャネルは 50 MHz キャプチャ ウィンドウで受信する必要があります。

Scientific Atlanta DPC2505(EuroDOCSIS の EPC2505 と Japanese DOCSIS の WCM300-JP)ワイドバンド ケーブル モデムは、チャネルごとに 6 MHz または 8 MHz による最大 3 つのダウンストリーム RF チャネルで構成されたワイドバンド チャネルを受信できます。

1. RF チャネル コマンドを使用して、RF チャネルの特性を設定します。RF チャネルの設定の詳細については、「ナローバンドの RF チャネルの設定」を参照してください。

2. cable rf-channel コマンドを使用して、RF チャネルをワイドバンド チャネルに関連付けます。任意でこのコマンドを使用して、RF チャネルの帯域幅の割合をワイドバンド チャネルに割り当てることができます。一部またはすべての RF チャネルの帯域幅をワイドバンド チャネルに割り当てることができます。RF チャネルに割り当てられた帯域幅の合計が 100% を超えないかぎり、RF チャネルを同じ Wideband SPA の複数のワイドバンド チャネルに関連付けることができます。

ワイドバンドの RF チャネルを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# controller modular-cable slot/subslot / bay

例:

Router(config)# controller modular-cable 1/0/1

コントローラ コンフィギュレーション モードを開始して、Wideband SPA コントローラを設定します。

ステップ 3

Router(config-controller)# rf-channel rf-port frequency freq [annex { A | B } modulation { 64 | 256 } [ interleave-depth { 8 | 12 | 16 | 32 | 64 | 128 }]]

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 frequency 699000000

RF チャネルの周波数、Annex、変調、およびインターリーブ深度を設定します。 rf-port 番号は、RF チャネル番号です。一部のキーワードはオプションです。

ステップ 4

Router(config-controller)# rf-channel rf-port ip-address ip-address mac-address mac-address {udp-port portnum | depi-remote-id session-id}

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 ip-address 192.168.200.30 mac-address 0011.920e.a9ff udp-port 49152

次の内容を指定します。

この RF チャネルのエッジ QAM デバイスの IP アドレス

この RF チャネルのエッジ QAM デバイスまたはネクストホップ インターフェイスの MAC アドレス

この RF チャネルで使用されるエッジ QAM デバイスの UDP ポート番号

この RF チャネルで使用されるエッジ QAM デバイスの DEPI リモート ID


) プライマリ対応モジュラ ケーブル インターフェイスは DEPI リモート ID を使用する必要があります。非プライマリ対応モジュラ ケーブル インターフェイスは UDP ポート番号か DEPI リモート ID のいずれかを使用できます。


ステップ 5

Router(config-controller)# rf-channel rf-port description description

例:

Router(config-controller)# rf-channel 1 description Used for WB channel 0

(任意)RF チャネルの説明を指定します。

ステップ 6

Router(config-controller)# rf-channel rf-port cable downstream channel-id channel-id

例:

Router(config-controll er)# rf-channel 1 cable downstream channel-id 121

(任意)ダウンストリーム チャネル ID を RF チャネルに割り当てます。Cisco IOS ソフトウェアは RF チャネルに一意のダウンストリーム チャネル ID を自動的に割り当てます。 rf-channel cable downstream channel-id コマンドを使用して、デフォルトのチャネル ID を変更します。

ステップ 7

Router(config-controller)# exit

例:

Router(config-controller)# exit
Router(config)#

コントローラ コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 8

Router(config)# interface modular-cable slot/subslot / bay: nb-channel

例:

Router(config)# interface modular-cable 1/0/1:5

Wideband SPA のナローバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 9

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent
50

このインターフェイスに割り当てる帯域幅の割合を指定します。

ステップ 10

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスの設定

interface wideband-cable slot/subslot/bay:wideband channel コマンドを使用して、ワイドバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

このモードから、ワイドバンド インターフェイスに追加されるケーブル RF チャネルごとの帯域幅割合を指定できます。各ワイドバンド ケーブル インターフェイスはボンディング グループを表し、SPA ごとに最大 32 のボンディング グループを作成できます。デフォルトでは、Cisco IOS ソフトウェアは、ボンディング グループ ID を各ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスに自動的に割り当てます。

cable bonding-group-id コマンドを使用して、ワイドバンド ケーブル インターフェイスのボンディング グループ ID を設定します。

cable bundle コマンドを使用して、モジュラ ケーブル インターフェイスをケーブル バンドルに追加します。

cable rf-channel rf-port [ bandwidth-percent bw-percent ] コマンドを使用して、RF チャネルをワイドバンド チャネルに関連付け、RF チャネルの帯域幅の割合をワイドバンド チャネルに割り当てます。

ワイドバンド ケーブル インターフェイスを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface wideband-cable slot/subslot / bay: wb-channel

例:

Router(config)# interface wideband-cable 1/0/1:5

Wideband SPA のワイドバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-if)# cable bundle n

例:

Router(config-if)# cable bundle 1

モジュラ ケーブル インターフェイスをケーブル バンドルに追加します。

ステップ 3

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 0 bandwidth-percent 50

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 4

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 1 bandwidth-percent 75

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 5

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 5

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。


) ここで示す例では、帯域幅割合の値を指定していません。これは、この RF チャネルに RF チャネル帯域幅が 100% 割り当てられていることを示します。


ステップ 6

Router(config-if)# cable bonding-group-id n

例:

Router(config-if)# cable bonding-group-id 1

ボンディング グループ ID をこのワイドバンド ケーブルワイドバンド ケーブル インターフェイスに割り当てます。

ステップ 7

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

仮想バンドルの設定

ファイバ ノードを有効なステートにするには、ファイバ ノードの RF チャネルを使用するワイドバンドおよびモジュラ ケーブル インターフェイスはすべて、同じ仮想バンドル インターフェイスに所属する必要があります。CLI 設定を使用して、ワイドバンド インターフェイスの仮想バンドル番号を割り当てる必要があります。MAC ドメインのバンドル メンバーシップ、すなわち、Cisco uBR10-MC5X20 ラインカード ホスト インターフェイスは、CGD 設定経由でモジュラ ケーブル インターフェイスによって継承されます。

同じ仮想バンドルに所属するワイドバンド ケーブル インターフェイス

ここでは、同じ仮想バンドルに所属するワイドバンド ケーブル インターフェイスの例を示します。

次の例では、ファイバ ノード 1 には Wideband SPA1/0/0 の RF チャネル 0 ~ 3 が含まれます。これらの RF チャネルは 2 つのワイドバンド インターフェイスによって使用されます。

interface Wideband-Cable1/0/0:12
no ip address
cable bundle 1
cable bonding-group-id 36
cable rf-channel 0 bandwidth-percent 90
cable rf-channel 1 bandwidth-percent 50
cable rf-channel 2
end

 

interface Wideband-Cable1/0/0:13
no ip address
cable bundle 1
cable bonding-group-id 37
cable rf-channel 1 bandwidth-percent 50
cable rf-channel 2
cable rf-channel 3
end

 

この場合、2 つのワイドバンド チャネルが同じ RF チャネルを共有し、ワイドバンド インターフェイスが同じ仮想バンドル内にあるので、ファイバ ノードのステートは有効になります。

同じ仮想バンドルに所属するモジュラ ケーブル インターフェイス

前述の例では、Wideband SPA 1/0/0 の RF チャネル 0 がプライマリ対応チャネルとして設定され、Cisco uBR10-MC5X20 ラインカード ホスト インターフェイス 6/0/1 に関連付けられている場合、モジュラ ケーブル インターフェイス 1/0/0:0 はこのホスト インターフェイスのバンドル メンバーシップを継承します。このバンドル番号は 2 つのワイドバンド インターフェイス(インターフェイス Wideband-Cable 1/0/0:12 とインターフェイス Wideband-Cable 1/0/0:13)と同じである必要があります。同じでないと、RF チャネル 0 ~ 3 を含んだファイバ ノード 1 は無効なステートになります。

ワイドバンドまたはモジュラ ケーブル インターフェイスに所属する RF チャネルをファイバ ノードに追加したら、これらのインターフェイスの仮想バンドル番号は変更できません。仮想バンドル番号を変更するには、変更を行う前にファイバ ノードから RF チャネルを削除する必要があります。

ファイバ ノードのすべてのワイドバンド チャネルと関連するすべてのプライマリ ダウンストリーム チャネルは、同一の仮想バンドル インターフェイスに所属する必要があります。同一の仮想バンドルのメンバーとしてワイドバンド チャネルとプライマリ ダウンストリーム チャネルを設定するための作業は、次のとおりです。

1. 仮想バンドル インターフェイスを定義します。

2. cable bundle コマンドを使用して、仮想バンドル メンバーとしてワイドバンド チャネルを追加します。


) Cisco IOS の最新リリースでは、これまでケーブル バンドルに使用されていたマスタースレーブ モデルが仮想バンドル メンバーを使用した仮想バンドル インターフェイスに変更されました。仮想バンドル モデルは、Cisco IOS Release 12.3(21)BC 以降のリリースで使用されています。


2 つのワイドバンド ケーブル インターフェイスと CGD ホスト インターフェイスを同一の仮想バンドルのメンバーとして設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# interface bundle n

例:

Router(config)# interface bundle 1

仮想バンドルを定義できるようにインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-if)# ip address address mask

例:

Router(config-if)# ip address 172.25.1.1 255.255.255.0

仮想バンドルの IP アドレスとサブネット マスクを設定します。

ステップ 4

Router(config-if)# ip pim sparse-mode

例:

Router(config-if)# ip pim sparse-mode

(任意)マルチキャストの場合、仮想バンドルの希薄モード Protocol Independent Multicast(PIM)をイネーブルにします。

ステップ 5

Router(config-if)# cable helper-address address

例:

Router(config-if)# cable helper-address 10.0.0.0

(任意)仮想バンドルの場合、外部 Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバの IP アドレスを指定します。

ステップ 6

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 7

Router(config)# interface wideband-cable slot/subslot / bay: wb-channel

例:

Router(config)# interface wideband-cable 1/0/0:12

Wideband SPA のワイドバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

Router(config-if)# cable bundle n

例:

Router(config)# cable bundle 1

モジュラ ケーブル インターフェイスをケーブル バンドルに追加します。

ステップ 9

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent [percent_value]

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 0 bandwidth-percent 90

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 10

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent percent_value

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 1 bandwidth-percent 50

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 11

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent [percent_value]

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 2

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。


) ここで示す例では、帯域幅割合の値を指定していません。これは、この RF チャネルに RF チャネル帯域幅が 100% 割り当てられていることを示します。


ステップ 12

Router(config-if)# cable bonding-group-id n

例:

Router(config-if)# cable bonding-group-id 36

ボンディング グループ ID をこのワイドバンド ケーブル インターフェイスに割り当てます。

ステップ 13

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 14

Router(config)# interface wideband-cable slot/subslot / bay: wb-channel

例:

Router(config)# interface wideband-cable 1/0/00:13:00

Wideband SPA のワイドバンド チャネルのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 15

Router(config-if)# cable bundle n
slot/subslot/bay: wb-channel

例:

Router(config)# cable bundle 1

モジュラ ケーブル インターフェイスをケーブル バンドルに追加します。

ステップ 16

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent [percent_value]

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 1 bandwidth-percent 50

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 17

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent [percent_value]

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 2

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 18

Router(config-if)# cable rf-channel n bandwidth-percent [percent_value]

例:

Router(config-if)# cable rf-channel 3

RF チャネルをこのワイドバンド インターフェイスに追加し、このチャネルに割り当てる RF チャネル帯域幅を指定します。

ステップ 19

Router(config-if)# cable bonding-group-id n

例:

Router(config-if)# cable bonding-group-id 36

ボンディング グループ ID をこのワイドバンド ケーブル インターフェイスに割り当てます。

ステップ 20

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

ステップ 21

Router(config)# interface cable slot/subslot / port

例:

Router(config)# interface cable 6/0/1

CGD ホスト ラインカードのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 22

Router(config-if)# cable bundle n

例:

Router(config-if)# cable bundle 1

仮想バンドルのメンバーとしてワイドバンド チャネルを追加します。

ステップ 23

Router(config-if)# downstream modular-cable slot / subslot / port rf-channel list_of_channels [ upstream list_of_upstreams]

例:

Router(config-if)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 0 upstream 1

ホスト ラインカードからのアップストリーム チャネルに関連付ける SPA からプライマリ対応チャネルを指定します。

ステップ 24

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

前述の例は、ファイバ ノードのワイドバンド チャネルおよび関連するすべてのプライマリ ダウンストリーム チャネルを仮想バンドル メンバーとして設定する場合に使用する基本的なコマンドを示しています。実際の構成では、仮想インターフェイス バンドルに追加のコマンドが使用される可能性があります。仮想インターフェイス バンドルの詳細については、『 Cisco CMTS Feature Guide 』を参照してください。

ワイドバンドのファイバ ノードの設定

ワイドバンド チャネルに使用するファイバ ノードの場合、cable fiber-node コマンドを使用してケーブル ファイバ ノードを設定する必要があります。ケーブル ファイバ ノードの設定では、ダウンストリーム インターフェイスが同じ仮想バンドル インターフェイスのメンバーでない場合、ダウンストリーム インターフェイスを同じファイバ ノードに結合することはできません。

ケーブル ネットワークでは、ファイバ ノードはファイバ トランクと同軸配信間のインターフェイスのポイントです。ケーブル モデムは 1 つのファイバ ノードだけに物理的に接続されています。ファイバ ノード ソフトウェアの設定は、ケーブル ネットワークの物理トポロジを反映しています。ワイドバンド チャネルを設定する場合、ファイバ ノードは、物理ファイバ ノードに流れるダウンストリームとアップストリーム チャネルのセットを定義するソフトウェア メカニズムになります。

ワイドバンド チャネルが正常に稼働するには、各ファイバ ノードを次のように設定する必要があります。

1. cable fiber-node コマンドを使用して、ファイバ ノードを作成し、ケーブル ファイバノード コンフィギュレーション モードを開始します。

2. downstream cable コマンドを使用して、ファイバ ノードに 1 つまたは複数の Cisco
uBR10-MC5X20 ラインカード ダウンストリーム チャネルを関連付けます。ファイバ ノードごとに最低 1 つのプライマリ ダウンストリームがあります。このファイバ ノードのプライマリ ダウンストリーム チャネルが SPA ダウンストリームから割り当てられている場合、このコマンドは任意です。

3. upstream コマンドを使用して、ファイバ ノードに接続されるアップストリーム チャネル ポートを指定します。

4. downstream modular-cable rf-channel コマンドを使用して、SPA からの 1 つまたは複数の SPA RF チャネルまたはプライマリ対応 RF チャネルをファイバ ノードに関連付けます。

5. 任意で、 description コマンドを使用して、ファイバ ノードの説明を指定します。

各ファイバ ノードでは、プライマリ ダウンストリーム チャネルは SYNC、MAP、および他の MAC レイヤ管理メッセージの伝送に使用され、関連するアップストリーム チャネルが MAC 管理メッセージに使用されます。EQAM デバイスおよび Cisco uBR10K DTCC とインターフェイスをとる DTI サーバを使用して、DOCSIS MAC レイヤ メッセージを同期化します。

Cisco IOS Release 12.3(21)BC では、Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードの従来の DOCSIS ダウンストリーム チャネルであるプライマリ ダウンストリーム チャネルは、MAC 管理メッセージとシグナリング メッセージの伝送に使用され、関連する従来の DOCSIS アップストリーム チャネルがリターン データ トラフィックとシグナリングに使用されます。

Cisco IOS Release 12.3(23)BC 以降では、SPA からの RF チャネルまたは uBR10-MC5X20 ダウンストリーム チャネルのいずれかがファイバ ノードのプライマリ チャネルとして機能できます。ファイバ ノードに Cisco uBR10-MC5X20 ダウンストリーム チャネルがない場合、 downstream modular-cable rf-channel コマンドで指定された最低 1 つの RF チャネルがプライマリ対応ダウンストリーム チャネルになっていることを確認してください。

設定可能なケーブル ファイバ ノードの最大数は、各 CMTS で 256 に制限されています。

ファイバ ノードを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# cable fiber-node fiber-node-id

例:

Router(config)# cable fiber-node 1

指定されたファイバ ノードのケーブル ファイバノード コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-fiber-node)# downstream cable slot / subslot / port

例:

Router(config-fiber-node)# downstream cable 6/0/0

(任意)ファイバ ノードに Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからプライマリ ダウンストリーム チャネルを割り当てます。このファイバ ノードのプライマリ ダウンストリーム チャネルが SPA ダウンストリームから割り当てられている場合、このコマンドは必要ありません。

ステップ 4

Router(config-fiber-node)# upstream cable slot/subslot connector list-of-ports

例:

Router(config-fiber-node)# upstream cable 6/0 connector 0-3

ファイバ ノードに接続されるアップストリーム ポートを指定します。

ステップ 5

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable slot / subslot / bay rf-channel list-of- channels

例:

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 0-1

指定された Wideband SPA に対して、ファイバ ノードのワイドバンド チャネルで使用できる RF チャネル、またはプライマリ対応チャネルとして使用するチャネルを指定します。

ステップ 6

Router(config-fiber-node)# description description

例:

Router(config-fiber-node)# description Branch Office 105

(任意)ファイバ ノードに関する情報を記述したコメントを指定します。

ステップ 7

Router(config-fiber-node)# exit

例:

Router(config-fiber-node)# exit
Router(config)#

ケーブル ファイバノード コンフィギュレーション モードを終了します。


) 前述の例は、Wideband SPA の 24 の RF チャネルすべてがワイドバンド チャネルに使用されるように 1 つのファイバ ノードを設定する方法を示します。実際の構成では、ファイバ ノードで使用される RF チャネルの数は、ファイバ ノードにプロビジョニングされているワイドバンド チャネルの数、およびワイドバンド チャネルに必要な帯域幅の容量(RF チャネルの数)によって変わります。


前述の手順に示したワイドバンド関連の各コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」を参照してください。

CGD の設定

CGD は、ケーブル インターフェイスのアップストリーム セットに関連付けられたプライマリ対応ダウンストリーム セットです。ダウンストリーム チャネルは 1 つまたは複数のアップストリームで共有されます。CGD はケーブル インターフェイスによって表示され、Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードから単一のダウンストリームと、SPA から 1 つまたは複数のアップストリームに関連付けられた 1 つまたは複数のダウンストリームを持つことができます。各 CGD は MAC ドメインの一部です。各 MAC ドメインをイネーブルまたはディセーブルにでき、自動的に割り当てられた一意の MAC アドレスによって特定できます。

CGD は次を使用して、作成されます。

単一の Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのアップストリーム チャネル 1 ~ 8

Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからの単一のダウンストリーム(このダウンストリームは任意でディセーブルにできます)

1 つまたは複数の SPA からのダウンストリーム チャネル 0 ~ 24

図8-1 に、CGD を示します。

この例では、次のように設定されています。

インターフェイス ケーブル 5/0/0 は、CGD ホスト ダウンストリーム チャネルとして機能します。

Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのアップストリーム チャネル 0 ~ 3 は、デフォルトでは、CGD ホスト ダウンストリーム チャネルに関連付けられています。

スロット 1、サブスロット 0、およびベイ 0 に装着された SPA からのダウンストリーム RF チャネル 0 および 1 は、Cisco uBR10-MC5X20 アップストリーム チャネル 0 および 1 に関連付けられています。

スロット 1、サブスロット 0、およびベイ 0 に装着された SPA からのダウンストリーム RF チャネル 1 および 3 は、Cisco uBR10-MC5X20 アップストリーム チャネル 2 および 3 に関連付けられています。

図8-1 CGD を介した MAC ドメインのサポートの設定

 

この例では、次のように設定されています。

インターフェイス ケーブル 5/0/0 は、CGD ホスト ダウンストリーム チャネルとして機能します。

Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのアップストリーム チャネル 0 ~ 3 は、デフォルトでは、CGD ホスト ダウンストリーム チャネルに関連付けられています。

スロット 1、サブスロット 0、およびベイ 0 に装着された SPA からのダウンストリーム RF チャネル 0 および 1 は、Cisco uBR10-MC5X20 アップストリーム チャネル 0 および 1 に関連付けられています。

スロット 1、サブスロット 0、およびベイ 0 に装着された SPA からのダウンストリーム RF チャネル 1 および 3 は、Cisco uBR10-MC5X20 アップストリーム チャネル 2 および 3 に関連付けられています。


) Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのダウンストリーム チャネルは、MAC ドメインまたはプライマリ ダウンストリーム チャネルのいずれかとして機能できます。


CGD により、1 つまたは複数の CGD でロード バランシング グループを作成できます。デフォルトではロード バランシング グループを CGD 内でイネーブルにできます。

前述の CGD を設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface cable slot/subslot / port

例:

Router(config)# interface cable 5/0/0

CGD ホスト ラインカード スロット 5、サブスロット 0、ポート 0 のインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config-if)# downstream modular-cable slot / subslot / port rf-channel list_of_channels [upstream list_of_upstreams ]

例:

Router(config-if)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 0-1 upstream 0-1

SPA スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 からのダウンストリーム RF チャネル 0 および 1 を、ホスト ラインカードからのアップストリーム チャネル 0 および 1 に関連付けます。

ステップ 3

Router(config-if)# downstream modular-cable slot/subslot/port rf-channel list_of_channels [ upstream list_of_upstreams]

例:

Router(config-if)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 1 3 upstream 2-3

SPA スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 からのダウンストリーム RF チャネル 1 および 3 を、ホスト ラインカードからのアップストリーム チャネル 2 および 3 に関連付けます。


downstream modular-cable slot/subslot/port rf-channel コマンドが MAC ドメイン設定に指定されている場合、Cisco IOS ソフトウェアは、ケーブル バンドルをモジュラ ケーブル インターフェイスに自動的に割り当てます。


ステップ 4

Router(config-if)# exit

例:

Router(config-if)# exit
Router(config)#

インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

LBG

Load Balancing Group(LBG; ロード バランシング グループ)は、CMTS が CMTS の特定されたアップストリームおよびダウンストリーム チャネルのセットに、登録済みケーブル モデムのサービス フローを割り当てる方法を制御するオペレータ設定の管理対象オブジェクトです。

オペレータは LBG に次のアトリビュートを設定します。

CMTS 内で一意の LBG インデックス

同じ MAC ドメイン ケーブル モデム サービス グループ(MD-CM-SG)のダウンストリームおよびアップストリーム チャネルのセット

任意で LBG を「Restricted」LBG として設定する Boolean

ケーブル モデムまたはその個別サービス フローが移動可能かどうか、および移動可能なタイミングを決定するポリシー

移動するケーブル モデムおよびサービス フローを選択するために CMTS が使用できるプライオリティ値

ロード バランシングの詳細については、『Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding Solution Design and Implementation Guide』Release 2.0 を参照してください。

Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードからのダウンストリームと SPA ダウンストリームが設定されたファイバ ノードのプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

ファイバ ノードに、Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードからのプライマリ ダウンストリームと、ワイドバンド チャネルの一部である SPA からのプライマリ ダウンストリームが設定されている場合、プライマリ ダウンストリーム チャネルの選択は、設定によって実装および実行されるダウンストリーム チャネル選択ポリシー(ケーブル モデムが移動可能なタイミングを決定する)によって異なります。Scientific Atlanta DPC2505(EuroDOCSIS の EPC2505)が 3 チャネル ボンディングを実行するようにファイバ ノードを設定できます。ただし、これも、ケーブル モデムが移動可能なタイミングを決定する実装されたダウンストリーム チャネル選択ポリシーによって異なります。

Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードからのプライマリ ダウンストリームと SPA からのプライマリ ダウンストリームをファイバ ノードに設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# cable fiber-node fiber-node-id

例:

Router(config)# cable fiber-node 1

指定されたファイバ ノードのケーブル ファイバノード コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-fiber-node)# downstream cable slot/subslot/port

例:

Router(config-fiber-node)# downstream cable 6/0/0

ファイバ ノードに Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからプライマリ ダウンストリーム チャネルを割り当てます。

ステップ 4

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable slot/subslot/bay rf-channel list-of- channels

例:

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 0-3

指定された Wideband SPA に対して、ファイバ ノードのワイドバンド チャネルで使用できる RF チャネル、またはプライマリ対応チャネルとして使用するチャネルを指定します。

ステップ 5

Router(config-fiber-node)# downstream cable slot/subslot/port

例:

Router(config-fiber-node)# downstream cable 6/0/1

ファイバ ノードに Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからプライマリ ダウンストリーム チャネルを割り当てます。

ステップ 6

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable slot/subslot/bay rf-channel list-of- channels

例:

Router(config-fiber-node)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 4-7

指定された Wideband SPA に対して、ファイバ ノードのワイドバンド チャネルで使用できる RF チャネル、またはプライマリ対応チャネルとして使用するチャネルを指定します。

ステップ 7

Router(config-fiber-node)# upstream cable slot/subslot connector list-of-ports

例:

Router(config-fiber-node)# upstream cable 6/0 connector 0-7

ファイバ ノードに接続されるアップストリーム ポートを指定します。

ステップ 8

Router(config-fiber-node)# exit

例:

Router(config-fiber-node)# exit
Router(config)#

ケーブル ファイバノード コンフィギュレーション モードを終了します。

2 チャネル ボンディング グループと 3 チャネル ボンディング グループへのモデムの 割り当て

3 チャネル モデムがファイバ ノードに接続されている場合、モデムを 2 チャネル ボンディング グループか 3 チャネル ボンディング グループに割り当てることができます。モデムが Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードのダウンストリーム チャネルをスキャンし、プライマリ ダウンストリームとして取得する場合、CMTS は 2 チャネル ボンディング グループのみをモデムに割り当てることができます。モデムがプライマリ対応 SPA ダウンストリームをスキャンし、プライマリ ダウンストリームとして取得する場合、かつ、プライマリ対応ダウンストリームを含んだ 3 チャネル ボンディング グループをこのモデムに割り当てるように CMTS が設定されている場合、モデムは 3 チャネル ボンディングを実行します。CMTS が 2 チャネル ボンディング グループをモデムに割り当てる場合、モデムは 2 チャネル ボンディングを実行します。

ダウンストリーム チャネル選択ポリシーが実装されている場合、3 チャネル モデムは強制的に 3 チャネル ボンディングを実行します。

前述の手順に示したワイドバンド関連の各コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」を参照してください。

プライマリ対応ダウンストリーム チャネル選択の詳細については、『Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Solution Design and Implementation Guide』Release 2.0 を参照してください。

設定値の任意設定

次のワイドバンド関連の設定作業は、任意です。

「CMTS の自動リセット モードのイネーブル化」

「cable bonding-group-id コマンドを使用したプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルの設定」

「ナローバンドおよびワイドバンド ケーブル モデムによるプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択」

CMTS の自動リセット モードのイネーブル化

cable wideband auto-reset コマンドを使用して、CMTS のワイドバンド自動リセット モードをイネーブルにします。ワイドバンド自動リセット モードがイネーブルの場合、従来の DOCSIS モデムとしてケーブル インターフェイスに登録されたワイドバンド ケーブル モデムは、ケーブル インターフェイスがワイドバンド対応になると、自動リセットされます。ワイドバンド ケーブル モデムが自動リセットされると、従来の DOCSIS ケーブル モデムとしての登録が CMTS から解除され、ただちにワイドバンド ケーブル モデムとしての再登録が試みられます。

完全に設定されたワイドバンド CMTS では、ケーブル インターフェイス ラインカード ブート順序またはラインカード活性挿抜(online insertion and removal; OIR)などの理由で、ワイドバンド ケーブル モデムを従来の DOCSIS モデムとして登録できます。ワイドバンド ケーブル モデムの登録を遅らせることなく、ワイドバンド ケーブル モデムは従来の DOCSIS モデムとして登録を許可されます。ケーブル インターフェイスがワイドバンド対応になると、従来の DOCSIS モデムとして登録されているワイドバンド ケーブル モデムは、自動リセット モードをイネーブルにした状態で CMTS ルータでリセットされます。これらのモデムは、インターフェイスが初めてワイドバンド対応になった場合にだけリセットされます。そのあとでワイドバンド ケーブル モデムとしての登録が失敗した場合には、再度リセットされません。

ワイドバンドの構成では、通常、ワイドバンド自動リセット モードをイネーブルにします。ワイドバンド自動リセット モードをイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# cable wideband auto-reset

例:

Router(config)# cable wideband auto-reset

CMTS のワイドバンド自動リセット モードをイネーブルにします。

cable wideband auto-reset コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」を参照してください。

cable bonding-group-id コマンドを使用したプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルの設定

cable bonding-group-id コマンドを使用したプライマリおよびセカンダリ ボンディング(ワイドバンド)チャネルの設定は、Linksys WCM300-NA、WCM300-EURO、および WCM300-JP ケーブル モデムで受信するチャネルにのみ適用されます。


cable bonding-group-id コマンドは、Scientific Atlanta DPC2505(EuroDOCSIS の EPC2505)ワイドバンド ケーブル モデムで受信されるワイドバンド チャネルには使用されません


Linksys WCM300 ワイドバンド ケーブル モデムで使用するワイドバンド チャネルの場合、ワイドバンド チャネルは、プライマリ ボンディング チャネルまたはセカンダリ ボンディング チャネルとして設定されます。 cable bonding-group-id コマンドは、ワイドバンド チャネルがプライマリ ボンディング チャネルかセカンダリ ボンディング チャネルのどちらであるかを決定します。

プライマリ ボンディング グループはプライマリ ボンディング チャネルです。
cable bonding-group-id コマンドを入力したときに secondary キーワードを使用しないと、プライマリ ボンディング グループになります。
例:

cable bonding-group-id 105
 

セカンダリ ボンディング グループはセカンダリ ボンディング チャネルです。
cable bonding-group-id コマンドを入力したときに secondary キーワードを使用すると、セカンダリ ボンディング グループになります。
例:

cable bonding-group-id 105 secondary
 

プライマリ ボンディング チャネルは、Linksys WCM300 ケーブル モデムが最初に登録し、ユニキャスト データを受信するワイドバンド チャネルです。

プライマリ ボンディング チャネルへの参加のほかに、Linksys WCM300 ケーブル モデムはマルチキャスト データ ストリームを受信するため、最大 2 つのセカンダリ ボンディング チャネルに同時に参加できます。ワイドバンド ケーブル モデムは、DOCSIS コンフィギュレーション ファイルから Type-Length-Value(TLV)符号化を使用して取得するセカンダリ ボンディング チャネルを選択します。

ワイドバンド チャネルが、DOCSIS コンフィギュレーション ファイルでプライマリまたはセカンダリ ボンディング チャネルとして指定されている場合、このチャネルを CMTS のアクティブ実行コンフィギュレーション ファイルでもプライマリまたはセカンダリ ボンディング チャネルとして同一に指定する必要があります。

ワイドバンド チャネルがプライマリ ボンディング チャネルになるよう設定されている、またはデフォルトではプライマリ ボンディング チャネルである場合、ワイドバンド ケーブル モデムはこのチャネルをセカンダリ ボンディング チャネルの 1 つとして登録することはありません。

ワイドバンド チャネルがセカンダリ ボンディング チャネルになるよう設定されている場合、ワイドバンド ケーブル モデムはこのチャネルをプライマリ ボンディング チャネルとして登録することはありません。

Linksys WCM300 ワイドバンド ケーブル モデムがプライマリおよびセカンダリ ボンディング チャネルを選択する方法の詳細については、『 Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding Solution Design and Implementation Guide 』Release 2.0 を参照してください。

ワイドバンド チャネルをプライマリまたはセカンダリ ボンディング チャネルに指定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

例:

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(config)# interface wideband-cable slot/subslot/bay:wb-channel-number

例:

Router(config)# interface wideband-cable 1/0/0:5

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

Router(config-if)# cable bonding-group-id id-num [ secondary ]

例:

Router(config-if)# cable bonding-group-id 105

ボンディング グループ ID を指定し、ワイドバンド チャネルがプライマリ ボンディング グループまたはセカンダリ ボンディング グループかを指定します。 secondary キーワードを省略すると、グループはプライマリ ボンディング グループになります。


ヒント ワイドバンド チャネルが Wideband SPA で定義されている場合、Cisco IOS ソフトウェアはワイドバンド チャネルをプライマリ ボンディング グループ(プライマリ ボンディング チャネル)として設定し、デフォルト ID をそのボンディング グループに割り当てます。ワイドバンド チャネルをセカンダリ ボンディング チャネルとして使用する場合、secondary キーワードを指定して cable bonding-group-id コマンドを使用して、チャネルがセカンダリ ボンディング チャネルになるよう指定します。


cable bonding-group id コマンドの詳細については、「SIP および SPA コマンド」 を参照してください。

ナローバンドおよびワイドバンド ケーブル モデムによるプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

SPA からの各プライマリ ダウンストリーム チャネルをナローバンド トラフィックとワイドバンド トラフィックを伝送するように設定できます。各 SPA RF チャネルは、関連するモジュラ ケーブル インターフェイスとワイドバンド インターフェイスで共有できます。使用するワイドバンド対応モデムのタイプに応じて、高速のスループット データを配信するため、同じ SPA からの 2 ~ 8 つの RF チャネルのボンディングをサポートします。ここでは、モデムが MAC 管理トラフィックに使用するプライマリ ダウンストリーム チャネルを選択する方法について説明します。

ワイドバンド ケーブル モデムのプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

ワイドバンド対応ケーブル モデムまたはボンディング サービスを備えたモデムでは、次のコマンドを使用して、RF チャネルのワイドバンド チャネルのセット(ダウンストリーム ボンディング グループ)の一部であるプライマリ対応チャネルに強制的に登録します。

cable service attribute ds-bonded downstream-type bonding-enabled [ enforce ]

このコマンドを使用して、ダウンストリーム ボンディング対応モデムをボンディング プライマリ対応ダウンストリーム チャネルで初期化します。


) ワイドバンド ケーブル モデムのプライマリ チャネル選択をイネーブルにしても、システム内の既存のモデムに影響を与えません。


ナローバンド モデムのプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

ナローバンド モデムのプライマリ ダウンストリーム チャネル選択を実行すると、特定のダウンストリーム チャネル タイプのナローバンド モデムを制限する柔軟性を提供します。

ナローバンド モデムのプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択は、次の方法のいずれかで実行できます。

次のコマンドを使用して、初期化時に INIT-RNG-REQ で CMTS にアクセスする非ボンディング対応モデムを、指定されたダウンストリーム周波数にリダイレクトできます。

cable service attribute non-ds-bonded legacy-ranging downstream-type frequency Hz

次のコマンドを使用すると、非ボンディング対応モデムを CMTS の DOCSIS 1.0 /2.0(非ボンディング)ダウンストリーム チャネルにのみ強制的に登録できます。

cable service attribute non-ds-bonded downstream-type bonding-disabled

両方のオプションを同時に設定できます。ケーブル モデムがナローバンド モデムであり、レガシー初期レンジングで CMTS にアクセスする場合、特定のダウンストリーム チャネル周波数に基づいてモデムを登録するオプションにより、ナローバンド チャネル上でのみモデムの登録を許可するオプションが無効になります。


) ワイドバンド モデムのプライマリ ダウンストリーム チャネル選択をイネーブルにしても、システム内の既存のモデムに影響を与えません。



frequency キーワード オプションを使用し、周波数を変更した場合、新しい周波数設定により、周波数の変更後に初期化しようとする新しいモデムのみが影響を受けます。既存のモデムでダウンストリーム チャネル選択ポリシーを実行するには、clear cable modem コマンドを使用して、各モデムをグローバルに、または個別のプライマリ ダウンストリーム チャネル レベルで、手動でリセットする必要があります。


音声対応サービスのプライマリ ダウンストリーム チャネルの選択

デフォルトでは、SPA および Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードのプライマリ対応ナローバンド ダウンストリーム チャネルはすべて音声対応です。

音声サービスを Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードのダウンストリーム チャネルにのみ制限するには、次のコマンドを使用します。

cable service attribute voice-enabled downstream-type HA-capable

音声サービスに 対するシステム可用性を高めるには、Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードのダウンストリーム チャネルを音声対応として設定して、音声対応サービスを Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードからのダウンストリームにのみ制限できます。CMTS は音声モデムを同じロード バランシング グループのホスティング Cisco uBR10-MC5X20 ケーブル インターフェイス ラインカードのダウンストリーム チャネルに登録または移動しようと試みます。

プライマリ ダウンストリーム チャネル選択の詳細については、『Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Solution Design and Implementation Guide』Release 2.0 を参照してください。

設定の確認

ここでは、設定作業が正しく実行されたことを確認するのに使用できる Cisco IOS コマンドの一部を示します。

「Wideband SPA 設定の確認」

「RF チャネル設定の確認」

「ファイバ ノードの設定の確認」

Wideband SPA とワイドバンド チャネルの監視の詳細については、『 Cisco DOCSIS 3.0 Downstream Channel Bonding Solution Design and Implementation Guide 』を参照してください。

Wideband SPA 設定の確認

show running-configuration コマンドを使用してルータの設定を表示するほか、各種のコマンドを使用して、次の内容を含む Wideband SPA に関する情報を表示できます。

Wideband SPA の設定

Wideband チャネルと RF チャネル

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイス

ワイドバンドチャネル ケーブル インターフェイスの show interface wideband-cable 出力の例については、「show diag コマンドおよび show interface wideband-cable コマンドの例」を参照してください。Wideband SIP および Wideband SPA で使用できるその他の show コマンドについては、「SIP および SPA コマンド」を参照してください。

Cisco IOS コマンドを使用する場合、Wideband SPA およびギガビット イーサネット ポートは標準のユーザ設定可能なインターフェイスであると認識されないので、 show interfaces コマンドの出力には表示されません。Wideband SPA はコントローラで、 show controller modular-cable コマンドは SPA、ギガビット イーサネット ポート、および設置された SFP モジュールなどに関する情報を表示します。

次に、Cisco uBR10012 ルータのスロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 にある Wideband SPA に対する show controller modular-cable の出力例を示します。出力の [Gigabit Ethernet Port Selected] フィールドは、Port 1 が Wideband SPA のアクティブ ポートであることを示しています。

Router# show controller modular-cable 1/0/0 brief
SPA 0 is present
status LED: [green]
Host 12V is enabled and is okay.
Power has been enabled to the SPA.
SPA reports power enabled and okay.
SPA reports it is okay and is NOT held in reset.
 
Gigabit Ethernet Port Selected : Port 1
Receive Interface : In Reset
Receive Interface : Disabled
Transmit Interface : Out of Reset
Transmit Interface : Enabled
Primary Receive Clock : Disabled
Backup Receive Clock : Disabled
SFP [Port 0] : 1000BASE-SX Present
Tx Enabled , LOS Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 0] : DOWN
 
SFP [Port 1] : 1000BASE-T Present
Tx Enabled , LOS Not Detected , TxFault Not Detected
Link Status [Port 1] : UP
 
 
Wideband Channel information
Channel RF bitmap Police Info: Bytes Interval
0 0x3 0 0 ms
1 0xC 0 0 ms
2 0x30 0 0 ms
3 0xC0 0 0 ms
4 0x300 0 0 ms
5 0xC00 0 0 ms
6 0x3000 0 0 ms
7 0xC000 0 0 ms
8 0x30000 0 0 ms
9 0x0 0 0 ms
10 0x0 0 0 ms
11 0x0 0 0 ms
12 0x0 0 0 ms
13 0x0 0 0 ms
14 0x0 0 0 ms
15 0x0 0 0 ms
16 0x0 0 0 ms
17 0x0 0 0 ms
18 0x0 0 0 ms
19 0x0 0 0 ms
20 0x0 0 0 ms
21 0x0 0 0 ms
22 0x0 0 0 ms
23 0x0 0 0 ms
24 0x0 0 0 ms
25 0x0 0 0 ms
26 0x0 0 0 ms
27 0x0 0 0 ms
28 0x0 0 0 ms
29 0x0 0 0 ms
30 0x0 0 0 ms
31 0x0 0 0 ms
RF Channel information
Modulation corresponds to : QAM 256
Annex corresponds to : Annex B
Modulation Data :GE Interframe Gap = 12 , MPEG-TS Frames per pkt = 4
SPA IP address = 0.0.0.0 SPA MAC Addr = 0012.001A.888B
QAM Channel Rate Rate adjust State
0 0 1 Enabled
1 0 1 Enabled
2 0 1 Enabled
3 0 1 Enabled
4 0 1 Enabled
5 0 1 Enabled
6 0 1 Enabled
7 0 1 Enabled
8 0 1 Enabled
9 0 1 Enabled
10 0 1 Enabled
11 0 1 Enabled
12 0 1 Enabled
13 0 1 Enabled
14 0 1 Enabled
15 0 1 Enabled
16 0 1 Enabled
17 0 1 Enabled
18 0 1 Enabled
19 0 1 Enabled
20 0 1 Enabled
21 0 1 Enabled
22 0 1 Enabled
23 0 1 Enabled
Interrupt Counts
Idx Interrupt Register Interrupt Bit Total Count Masked:
69 blz_sp_int_stat_reg_0 spi_train_vld 24 YES
84 spa_brd_int_stat_reg sp_int_0 24 NO
85 spa_brd_int_stat_reg scc_int 2 NO
86 spa_brd_int_stat_reg phy1_int 1 NO
87 spa_brd_int_stat_reg phy0_int 1 NO
92 spa_brd_int_stat_reg temp1_int 2 NO
93 spa_brd_int_stat_reg temp0_int 2 NO
97 bm_int_stat_reg bm_spa_brd 26 NO
 

RF チャネル設定の確認

次に、Cisco uBR10012 ルータのスロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 にある Wideband SPA の RF チャネル 0 に対する show hw-module bay の出力例を示します。

Router# show hw-module bay 1/0/0 config rf-channel 0 verbose
 
SPA : Modular-Cable 1/0/0
RF channel number : 0
Frequency : 699000000 Hz
Modulation : 256qam
Annex : B
IP address of next hop : 10.30.4.110
MAC address of EQAM : 0090.f001.06ec
UDP port number : 49192
EQAM headroom : 0
 

ファイバ ノードの設定の確認

次に、ケーブル ファイバ ノード 1 に対する show cable fiber-node の出力例を示します。

Router# show cable fiber-node 1
Fiber-Node 1 (prim_rfch = 0x400, bg_rfch = 0x3, status = 0x1)
MDD Status: Valid
 

設定例

ここでは、次の設定例を示します。

「Wideband SPA コントローラの設定例」

「ワイドバンド チャネルの設定例」

「仮想バンドルの設定例」

「ケーブル ファイバ ノードの設定例」

「CGD の設定例」

「モジュラ ケーブル インターフェイスの設定例」

「ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例」

「設定例」

Wideband SPA コントローラの設定例

次の例は、スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 にある Wideband SPA のコントローラの設定を示します。RF チャネル 0 ~ 17 だけが設定され、ワイドバンド チャネルに関連付けられています。

controller Modular-Cable 1/0/0
annex B modulation 256qam 0 23
modular-host subslot 5/0
rf-channel 0 cable downstream channel-id 24
rf-channel 0 frequency 699000000
rf-channel 0 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49192
rf-channel 1 cable downstream channel-id 25
rf-channel 1 frequency 705000000
rf-channel 1 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49193
rf-channel 2 cable downstream channel-id 26
rf-channel 2 frequency 711000000
rf-channel 2 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49194
rf-channel 3 cable downstream channel-id 27
rf-channel 3 frequency 717000000
rf-channel 3 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49195
rf-channel 4 cable downstream channel-id 28
rf-channel 4 frequency 723000000
rf-channel 4 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49196
rf-channel 5 cable downstream channel-id 29
rf-channel 5 frequency 729000000
rf-channel 5 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49197
rf-channel 6 cable downstream channel-id 30
rf-channel 6 frequency 735000000
rf-channel 6 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49198
rf-channel 7 cable downstream channel-id 31
rf-channel 7 frequency 741000000
rf-channel 7 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49199
rf-channel 8 cable downstream channel-id 32
rf-channel 8 frequency 747000000
rf-channel 8 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49200
rf-channel 9 cable downstream channel-id 33
rf-channel 9 frequency 753000000
rf-channel 9 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49201
rf-channel 10 cable downstream channel-id 34
rf-channel 10 frequency 759000000
rf-channel 10 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49202
rf-channel 11 cable downstream channel-id 35
rf-channel 11 frequency 765000000
rf-channel 11 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49203
rf-channel 12 cable downstream channel-id 36
rf-channel 12 frequency 771000000
rf-channel 12 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49204
rf-channel 13 cable downstream channel-id 37
rf-channel 13 frequency 777000000
rf-channel 13 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49205
rf-channel 14 cable downstream channel-id 38
rf-channel 14 frequency 783000000
rf-channel 14 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49206
rf-channel 15 cable downstream channel-id 39
rf-channel 15 frequency 789000000
rf-channel 15 ip-address 10.30.4.110 mac-address 0090.f001.06ec udp-port 49207
rf-channel 16 cable downstream channel-id 40
rf-channel 16 frequency 795000000
rf-channel 16 ip-address 10.30.4.100 mac-address 0090.f00b.0037 udp-port 49172
rf-channel 17 cable downstream channel-id 41
rf-channel 17 frequency 801000000
rf-channel 17 ip-address 10.30.4.100 mac-address 0090.f00b.0037 udp-port 49173
rf-channel 18 cable downstream channel-id 42
rf-channel 19 cable downstream channel-id 43
rf-channel 20 cable downstream channel-id 44
rf-channel 21 cable downstream channel-id 45
rf-channel 22 cable downstream channel-id 46
rf-channel 23 cable downstream channel-id 47

ワイドバンド チャネルの設定例

次の例は、ワイドバンド チャネルの設定内容を示します。この例では、ワイドバンド チャネル Wideband-Cable1/0/0:0 は、仮想バンドル インターフェイス 1 のメンバーです。

interface Wideband-Cable1/0/0:0
no ip address
load-interval 30
cable bundle 1
cable bonding-group-id 24
cable rf-channel 0
cable rf-channel 1

仮想バンドルの設定例

ワイドバンド チャネルとファイバ ノード上でそのワイドバンド チャネルに関連付けられたプライマリ チャネルは、同一の仮想バンドル インターフェイスに所属する必要があります。次の例は、仮想バンドル インターフェイス 1 の設定内容を示します。

interface Bundle1
ip address 10.11.68.200 255.255.0.0
ip pim sparse-mode
cable match address 102 downstream Wideband-Cable1/0/0:1 bpi-enable
cable arp filter request-send 3 2
cable arp filter reply-accept 3 2

ケーブル ファイバ ノードの設定例

次の例は、ケーブル ファイバ ノード 1 の設定内容を示します。

cable fiber-node 1
downstream Cable5/0/1
downstream Modular-Cable 1/0/0 rf-channel 0 - 3
upstream cable 5/0 connector 4
upstream cable 5/0 connector 5
 

CGD の設定例

次の例は、スロット/サブスロット/ポート 5/0/1 に設置されたプライマリ ダウンストリーム チャネルの設定内容を示します。この例では、プライマリ ダウンストリーム チャネルは、ワイドバンド チャネル Wideband-Cable1/0/0:0 などファイバ ノードのワイドバンド チャネルと同様に、仮想バンドル インターフェイス(ケーブル バンドル)1 のメンバーです。

interface Cable5/0/1
no ip address
load-interval 30
downstream Modular-Cable 1/0/0 rf-channel 0 - 3 upstream 0-2
no cable packet-cache
cable bundle 1
cable downstream channel-id 120
cable downstream annex B
cable downstream modulation 256qam
cable downstream interleave-depth 32
cable downstream frequency 561000000
no cable downstream rf-shutdown
cable downstream rf-power 50
cable upstream max-ports 4
cable upstream 0 connector 4
cable upstream 0 frequency 11400000
cable upstream 0 docsis-mode tdma
cable upstream 0 channel-width 1600000 1600000
cable upstream 0 minislot-size 4
cable upstream 0 power-level 0
cable upstream 0 range-backoff 3 6
cable upstream 0 modulation-profile 21
no cable upstream 0 shutdown
cable upstream 1 connector 5
cable upstream 1 frequency 13000000
cable upstream 1 docsis-mode tdma
cable upstream 1 channel-width 1600000 1600000
cable upstream 1 minislot-size 4
cable upstream 1 power-level 0
cable upstream 1 range-backoff 3 6
cable upstream 1 modulation-profile 21
no cable upstream 1 shutdown
cable upstream 2 connector 6
cable upstream 2 frequency 14600000
cable upstream 2 docsis-mode tdma
cable upstream 2 channel-width 1600000 1600000
cable upstream 2 minislot-size 4
cable upstream 2 power-level 0
cable upstream 2 range-backoff 3 6
cable upstream 2 modulation-profile 21
no cable upstream 2 shutdown
cable upstream 3 connector 7
cable upstream 3 frequency 16200000
cable upstream 3 docsis-mode tdma
cable upstream 3 channel-width 1600000 1600000
cable upstream 3 minislot-size 4
cable upstream 3 power-level 0
cable upstream 3 range-backoff 3 6
cable upstream 3 modulation-profile 21
no cable upstream 3 shutdown

モジュラ ケーブル インターフェイスの設定例

次の例は、モジュラ ケーブル インターフェイスの設定内容を示します。この例では、モジュラ ケーブル インターフェイス スロット/サブスロット/ポート:ナローバンド チャネル 1/0/0:2 が設定されています。 cable rf-bandwidth-percent コマンドは、帯域幅の 40% をこのインターフェイス用に予約するように指定します。

interface Modular-Cable 1/0/0:2
no ip address
cable bundle 1

cable rf-bandwidth-percent 40

ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例

次の例は、Cisco uBR10-MC5X20 ローカル ダウンストリームをプライマリ ダウンストリームとして使用する 3 チャネル ワイドバンド ケーブル インターフェイスを示します。この例では、cable rf-channel 2、cable rf-channel 3、および cable rf-channel 4 が、ワイドバンド ケーブル インターフェイス スロット/サブスロット/ポート:ワイドバンド チャネル 1/0/0:0 に追加されます。このワイドバンド インターフェイスは、2 チャネル ボンディングと同様に 3 チャネル ボンディングにも対応します。

interface Wideband-Cable 1/0/0:0
no ip address
load-interval 30
cable bundle 1
cable bonding-group-id 25
cable rf-channel 2 bandwidth-percent 20
cable rf-channel 3 bandwidth-percent 30
cable rf-channel 4
 

次の例は、ファイバ ノードの設定で downstream cable コマンドを使用し、uBR10-MC5X20 ダウンストリームをプライマリ対応ダウンストリーム チャネルとして割り当てる例を示します。

Router# configure terminal
Router(config)# cable fiber-node 5
Router(config-fiber-node)#
downstream cable 6/0/0
downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 2
upstream cable 5/0 connector 0
 

次の例は、プライマリ対応チャネルとして SPA RF チャネル 0 を使用するワイドバンド インターフェイスを示します。インターフェイスは 3 チャネル ボンディングに対応します。

Router#
Router# configure terminal
Router (config)# interface cable 5/1/0
Router(config-if)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 0 upstream 0-1 4-5
 
interface Wideband-Cable 1/0/0:1
no ip address
load-interval 30
cable bundle 1
cable bonding-group-id 25
cable rf-channel 0
cable rf-channel 1
cable rf-channel 2
 

次の例は、SPA RF チャネルでナローバンド モデムを登録するモジュラ対応インターフェイスを示します。

Router# configure terminal
Router (config)# interface cable 5/1/0
Router(config-if)# downstream modular-cable 1/0/0 rf-channel 2 upstream 0-1 4-5
 
interface Modular-Cable 1/0/0:2
no ip address
cable bundle 1
cable rf-bandwidth-percent 40

設定例

図8-2 に示す設定は、ワイドバンドおよびモジュラ ケーブル インターフェイスの実装例を表します。

図8-2 ケーブル インターフェイスの設定例

 

ワイドバンド ケーブル インターフェイスの設定例

チャネル ボンディング:スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 に装着された SPA からの 3 つの RF チャネル(RF0、RF1、および RF2)はボンディングされ、ワイドバンド ケーブル インターフェイス 1/0/0:0 を形成します。

RF チャネル 0 の総帯域幅の 50% はこのワイドバンド インターフェイス用に予約されます。

RF チャネル 1 の総帯域幅の 75% はこのワイドバンド インターフェイス用に予約されます。

RF チャネル 2 の帯域幅の 100% はこのワイドバンド インターフェイス用に予約されます。

プライマリ ダウンストリーム チャネル:RF チャネル 0 は、Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのアップストリーム 0、コネクタ 0 に関連付けられており、SYNC、MAP、および MAC 管理トラフィックに使用するプライマリ ダウンストリーム チャネルとして機能します。

ワイドバンド インターフェイスは次のように設定されています。

Router(config)# interface wideband-cable 1/0/0:0
Router(config-if)# cable bundle 1
Router(config-if)# cable rf-channel 0 bandwidth-percent 50
Router(config-if)# cable rf-channel 1 bandwidth-percent 75
Router(config-if)# cable rf-channel 2
Router(config-if)# cable bonding-group-id 1
Router(config-if)# exit

モジュラ ケーブル インターフェイスの設定

RF チャネル 0 はナローバンド チャネルであり、Cisco uBR10-MC5X20 ラインカードからのアップストリーム 0、コネクタ 0 に関連付けられています。

モジュラ ケーブル インターフェイスは次のように設定されています。

Router(config)# interface modular-cable 1/0/0:0
Router(config-if)# cable rf-bandwidth-percent 50
Router(config-if)# exit