Cisco uBR10012 ユニバーサル ブロード バンド ルータ SIP and SPA ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド - For Cisco IOS Release 12.3(23) BC
Wideband SPA の概要
Wideband SPA の概要
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

Wideband SPA の概要

リリース履歴

サポートされる機能

制約事項

サポートされる MIB

Wideband SPA 情報の表示

show diag コマンドおよび show interface wideband-cable コマンドの例

Wideband SPA の概要

この章では、Cisco uBR10012 ルータの Wideband SPA について、リリース履歴、および機能と MIB(management information base; 管理情報ベース)サポートの概要を示します。

この章の内容は、次のとおりです。

「リリース履歴」

「サポートされる機能」

「制約事項」

「サポートされる MIB」

「Wideband SPA 情報の表示」

リリース履歴

 

Cisco IOS リリース
変更内容

Release 12.3(23)BC

プライマリ対応 SPA ダウンストリーム チャネルのサポートが追加されました。

Release 12.3(21)BC

次の SPA のサポートが Cisco uBR10012 ルータの Cisco Wideband SIP に追加されました。

Cisco 1-Gbps Wideband SPA(このマニュアルでは、Cisco Wideband SPA または Wideband SPA と言及します)

サポートされる機能

Wideband SIP を搭載した Cisco uBR10012 ルータは、最大 2 つの Wideband SPA をサポートできます。次に、各 Wideband SPA でサポートされている重要なハードウェア機能とソフトウェア機能の一部を示します。

Wideband SPA ごとに最大 32 のチャネルボンディング ワイドバンド チャネル

Wideband SPA ごとに最大 24 の radio frequency(RF; 無線周波数)チャネル(Annex B)または 18 の RF チャネル(Annex A)

DOCSIS Network サポート用の Cisco Wideband Cable

エッジ QAM デバイスへのリンクに対する 2 つのギガビット イーサネット ポート(1 つは冗長構成用)

従来の DOCSIS 1.x/2.0 アップストリーム チャネル

プライマリ対応 SPA ダウンストリーム チャネル

プライマリ対応 SPA ダウンストリーム チャネルでの DOCSIS 1.x/2.0 モデムのサポート

プライマリ対応 SPA ダウンストリーム チャネルでの DOCSIS 1.x/2.0 モデムとレガシー機能のサポート

Channel Grouping Domain(CGD)を介した拡張 MAC ドメイン

64 QAM および 256 QAM のサポート

6 MHz および 8 MHz のサポート

Baseline Privacy Interface(BPI; ベースライン プライバシー インターフェイス)/BPI+ 暗号化

シングル幅、ハーフハイト SPA フォーム ファクタ

ギガビット イーサネット ポートに装着される Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)モジュール

SX、LX/LH、および ZX 光ファイバ(1000BASE-SX、1000BASE-LX/LH、1000BASE-ZX)に対する SFP モジュールのサポート

ワイドバンドチャネルの設定、プロビジョニング、およびメンテナンスの Cisco IOS コマンド セット

ワイドバンド チャネル ハードウェアのモニタリング、トラブルシューティング、およびデバッグの Cisco IOS コマンド セット

MIB サポート

活性挿抜(online insertion and removal; OIR)

制約事項

次の制約事項が Cisco IOS Release 12.3(23)BC の Cisco Wideband SPA に適用されます。

音声コール サービス フローは、ワイドバンド インターフェイスでのみ設定可能です。

CIR のサポート、および音声用ダウンストリーム低遅延サービス フローを含めたフル DOCSIS QoS は、ワイドバンド インターフェイスでのみ設定可能です。

ダイナミック サービスはワイドバンド インターフェイスでのみ設定可能です。

ワイドバンド インターフェイスは、同じ SPA からの RF チャネルのみを使用できます。

Scientific Atlanta DPC2505 および EPC2505 ワイドバンド ケーブル モデムは、プライマリ ダウンストリーム チャネルのマルチキャスト トラフィックだけをサポートします。これらのモデムは、ワイドバンド ダウンストリーム チャネルのマルチキャスト トラフィックをサポートしていません。

サポートされる MIB

Cisco uBR10012 ルータ、Cisco Wideband SIP、および Wideband SPA では、次の MIB が Cisco IOS Release 12.3(23)BC 以降でサポートされています。

次の MIB が Cisco IOS Release 12.3(23)BC に追加されました。

DOCS-DSG-IF-MIB

DTI-MIB

次の MIB が Cisco IOS Release 12.3(23)BC で変更されました。

CISCO-CABLE-SPECTRUM-MIB

CISCO-DOCS-EXT-MIB

DOCS-IF-MIB

DOCS-BPI-PLUS-MIB

ENTITY-MIB

IF-MIB

次の MIB が Cisco IOS Release12.3(23)BC で引き続きサポートされています。

CISCO-CABLE-WIDEBAND-MIB

CISCO-VENDORTYPE-OID-MIB

Cisco uBR10012 ルータにおける MIB サポートの詳細については、次の URL にある『 Cisco CMTS Universal Broadband Router MIB Specifications Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/product/cable/ubr10k/ubr10012/ubrmib5/index.htm

エッジ QAM デバイスまたはワイドバンド ケーブル モデムに関連する MIB の詳細については、ベンダーのマニュアルを参照してください。

選択されたプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに対応する MIB を検索し、ダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http://tools.cisco.com/ITDIT/MIBS/servlet/index

Cisco MIB Locator が必要な MIB 情報をサポートしていない場合、次の URL にある Cisco MIB ページからサポートされている MIB のリストを入手することもできます。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmfk/mibs.shtml

Cisco MIB Locator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウント情報を忘れた、または紛失した場合は、cco-locksmith@cisco.com に空の E メールを送信してください。送信された E メール アドレスが Cisco.com に登録されているかどうかが自動的に確認されます。確認されると、アカウントの詳細と新規のランダム パスワードが E メールで通知されます。承認されたユーザは次の URL から、表示される指示に従って、Cisco.com のアカウントを確立できます。

http://www.cisco.com/register

Wideband SPA 情報の表示

ご使用の Cisco uBR10012 ルータに設置されている SPA のタイプを確認するには、 show diag コマンドを使用します。 表7-1 に、Wideband SPA の show diag コマンド出力に表示されるカード タイプを示します。


) Cisco IOS コマンドを使用する場合、Wideband SPA ギガビット イーサネット ポートは標準のユーザ設定可能なインターフェイスではないので、show interfaces コマンドの出力には表示されません。

ge_phy キーワードを指定して show controllers modular-cable コマンドを使用すると、Wideband SPA ギガビット イーサネット ポートの情報を取得できます。このコマンドの詳細については、第 11 章の show controllers modular-cable コマンドを参照してください。


 

表7-1 show コマンドで表示される SPA カードの説明

SPA
show diag コマンドの説明

Wideband SPA

24rfchannel-spa-1

各 Wideband SPA の 12 のワイドバンド チャネルはケーブル インターフェイスに類似しており、 show interfaces などのコマンド出力に表示されます。

show hw-module bay コマンドは、Wideband SPA の RF チャネルとワイドバンド チャネルに関するさまざまな情報を表示します。このコマンドの詳細については、 show hw-module bay oirを参照してください。

show diag コマンドおよび show interface wideband-cable コマンドの例

次に、スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 に Wideband SPA が設置された Cisco uBR10012 ルータに対する show diag コマンドの出力例を示します。

 
Router# show diag 1/0/0
 
Slot/Subslot/Port 1/0/0:
24rfchannel-spa-1 card, 1 port + 1 redundant port
Card is half slot size
Card is analyzed
Card detected 16:47:55 ago
Card uptime: Not Supported
Card idle time: Not Supported
Voltage status: 3.3V (+3.291) NOMINAL 2.5V (+2.495) NOMINAL
1.2V (+1.201) NOMINAL 1.8V (+1.811) FIXED
EEPROM contents, slot 1/0/0:
Hardware Revision : 1.0
Boot Timeout : 500
PCB Serial Number : CSJ09379726
Part Number : 73-9597-03
Part Number Revision : 05
Fab Version : 03
RMA Test History : 00
RMA Number : 0-0-0-0
RMA History : 00
Deviation Number : 0
Product (FRU) Number : SPA-24XDS-SFP
Version Identifier (VID) : V01
Top Assy. Part Number : 68-2562-03
Board Revision : 05
CLEI Code :
MAC Address : 0019.06a5.d9b2
MAC Address block size : 1
Manufacturing Test Data : 00 00 00 00 00 00 00 00
Field Diagnostics Data : 00 00 00 00 00 00 00 00
Calibration Data : Minimum: 0 dBmV, Maximum: 0 dBmV
Calibration values :
Platform features : 00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00
 

次の show interface wideband-cable コマンドは、スロット 1、サブスロット 0、ベイ 0 に設置された Wideband SPA のワイドバンド チャネル 1 のケーブル インターフェイスに関する情報を表示します。

 
Router# show interface wideband-cable 1/0/0:1
 
Wideband-Cable1/0/0:1 is up, line protocol is up
Hardware is Wideband CMTS Cable interface, address is 0012.001a.8897 (bia 0012.001a.8897)
MTU 1500 bytes, BW 74730 Kbit, DLY 1000 usec,
reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
Encapsulation MCNS, loopback not set
Keepalive set (10 sec)
ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
Last input never, output 00:00:09, output hang never
Last clearing of "show interface" counters never
Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
Queueing strategy: fifo
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
24224 packets output, 1222002 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out