ビデオ : Cisco Digital Media Player

Cisco Digital Media Player 用 リ モート コントローラ クイッ ク ス タート ガイド

クイック スタート
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2009/03/17 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Digital Media Player 用

要件および制約事項

概要:バッテリ

バッテリの交換

主要なボタンの使用方法

その他のボタンの使用方法

赤外線(IR)信号周波数コード

製品ドキュメント、サポート、およびセキュリティ

クイック スタート

Cisco Digital Media Player 用
リモート コントローラ クイック スタート ガイド

78-18580-02-J

 

概念

Cisco Digital Media System(Cisco DMS; Cisco デジタル メディア システム)は、このガイドで説明する対象物を含む製品およびテクノロジー ファミリです。Digital Media Player(DMP; デジタル メディア プレーヤー)は、堅牢で、IP アドレスを設定可能な小型ネットワーク デバイスで、デジタル サイネージ コンテンツやエンタープライズ TV コンテンツを DMP ディスプレイ(LCD プロフェッショナル シリーズ ディスプレイ、または視聴者にメディアを表示する直結のテレビ画面、モニタ、またはプロジェクタ)に配信します(これらにはアナログ式またはデジタル式、標準画質または高画質があります)。 DMP を保護ケースに入れておくと、いたずらや盗難を防ぐことができます。保護ケースは別売りです。Digital Media Player Device Manager(DMPDM; デジタル メディア プレーヤー デバイス マネージャ)は、Web ベースのグラフィカル ユーザ インターフェイスで、初期セットアップ時の DMP の設定、DMP の管理、および DMP ディスプレイへのメディア配信を行うことができます。DMPDM は、管理対象の DMP 上で動作します。システム管理者、コンテンツ マネージャ、およびグラフィック デザイナは、DMM-DSM と呼ばれる Digital Media Manager(DMM; デジタル メディア マネージャ)ソフトウェア モジュールを使用して、DMP デバイスのネットワークの集中管理、サイネージ用のアセットの構成と編集、レイアウトの設計、および DMP ディスプレイへのメディア配信を行います。別にライセンスされる DMM-ETV ソフトウェア モジュールの機能を利用すると、IP ネットワーク上での VoD 配信やテレビ番組のライブ配信、Electronic Program Guide(EPG; 電子プログラム ガイド)の設定、EPG データ プロバイダー サービスへの登録の管理、および DMP 用リモート コントローラ(別売り)のプログラムを簡単に行うことができます。

詳細情報

DMS 製品および関連テクノロジーの詳細について、およびシスコ全般については、次の URL を参照してください。

要件および制約事項

Cisco DMP 4400G デバイス、および 2008 年 7 月以降の Cisco DMP 4305G デバイスは、リモート コントローラ(別売り)と互換性があります。リモート コントローラの機能を利用するには、DMP でリリース 5.0 以上のファームウェアを使用し、Cisco DMM アプライアンスでリリース 5.0 以上の DMM ソフトウェアを使用する必要があります。それよりも前のリリースの Cisco DMS からアップグレードする場合は、Cisco.com アカウントにログインし、 http://tools.cisco.com/support/downloads/pub/Redirect.x?mdfid=281723656 から必要なソフトウェアとファームウェアをダウンロードできます。

このガイドで説明する DMM 機能(リモート コントローラから使用可能な機能)のほとんどはライセンスされる機能です。これらの機能は、DMM アプライアンスにインストールして設定し、DMP 上で有効にする必要があります。ライセンスを与えてインストールできる DMM 機能については、 http://www.cisco.com/go/dms を参照してください。

各 DMP リモート コントローラの製品キットには、このガイド( Cisco Digital Media Player 用リモート コントローラ クイック スタート ガイド )の印刷版が同梱されています。また、このガイドは Cisco.com で参照することもできます。

ライセンス不要の 4 つのボタン

リモート コントローラには、ライセンスによる制約事項がなく、機能が制限されていないボタンが 4 つあります。 Mute Power Show IP 、および Volume ボタンです。 「その他のボタンの使用方法」 を参照してください。

概要:バッテリ


注意 DMP リモート コントローラのバッテリには、安全上の重要な警告、注意事項、およびガイドラインが適用されます。『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco Digital Media Player Remote Control』の「Statement 330 -- Lithium Battery Warning」を参照してください。各 DMP の製品キットには、このガイドの印刷版が同梱されています。また、このガイドは Cisco.com で参照することもできます。

DMP リモート コントローラはバッテリを使用します。パナソニックや東芝など大手メーカー製の標準的な 3V CR2025 リチウム バッテリです。実際のメーカーの名称はバッテリの表面に記載されています。

バッテリの充電が切れたり、バッテリを取り外したりすると、バッテリを再度取り付けるまで、DMP リモート コントローラを使用できません。

バッテリのリサイクルまたは処分については、次の指示に従う必要があります。

メーカーのガイドライン

処分およびリサイクルに関する地方自治体の決まり

バッテリを取り外したり、交換したりしても、リモート コントローラの設定は消去されません。

バッテリの交換

DMP リモート コントローラのリチウム バッテリを交換する必要がある場合は、次の手順に従います。


ステップ 1 ボタンが配置されている面を下にして、平らな場所にリモート コントローラを置きます。

ステップ 2 次の 2 つのことを同時に行って、ロックされた "BATT" クリップを解除して取り外します。

つまむようにしてクリップのロックを解除します。

クリップをリモート コントローラからずらすようにして取り外します。

 

ステップ 3 古くなったバッテリをクリップから取り外すには、バッテリをクリップの開きの方に回します。

ステップ 4 新しいバッテリをプラス極(+)記号が上になるように挿入します。

ステップ 5 クリップをリモート コントローラに滑らせるようにして取り付けます。


 

主要なボタンの使用方法

一般的には、DMP リモート コントローラの中央にある Menu、Enter、↑、↓、←、および → の 6 つのボタンを使用します。これらはいずれも重要なボタンで、次のような機能を持ちます。

ボタン
シナリオ
機能

Menu

ビデオ再生中

メイン メニューを開きます。

カテゴリ
ライブ チャネル
メイン メニュー

--

電子プログラム ガイド

メイン メニューを開きます。

Enter

ビデオ再生中

フルスクリーン時

フルスクリーン モードを停止します。再生は中断されず続行します。

非フルスクリーン時

フルスクリーン モードを開始します。再生は中断されず続行します。

非再生時

選択されているプログラムまたはチャネルを開いて再生します。

カテゴリ

選択されているカテゴリを開きます。

ライブ チャネル

フルスクリーン モードのオン/オフを切り替えます。

メイン メニュー

選択されているプログラムまたはチャネルを開きます。

電子プログラム ガイド

フルスクリーン時

フルスクリーン モードを停止します。再生は中断されず続行します。

非フルスクリーン時

選択されているプログラムがすでに再生中の場合は、フルスクリーン モードを開始します。そうでない場合は、選択されているプログラムを開いて再生します。

↑、↓

ビデオ再生中

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

再生を停止します。ビデオ リスト内を上または下に移動します。

非再生時

ビデオ リスト内を上または下に移動します。

カテゴリ

カテゴリ リスト内を上または下に移動します。

ライブ チャネル

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

チャネル リスト内を上または下に移動します。チャネルが選択されると、サムネールを表示します。

メイン メニュー

--

電子プログラム ガイド

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

プログラム リスト内を上または下に移動します。

←、→

ビデオ再生中

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

の場合、再生を停止して親カテゴリを開きます。 の場合は機能しません。

非再生時

カテゴリ
ライブ チャネル

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

の場合、再生を停止して親カテゴリを開きます。 の場合は機能しません。

メイン メニュー

押されたボタンに応じて、カテゴリ リスト内を左または右に移動します。

電子プログラム ガイド

フルスクリーン時

--

非フルスクリーン時

押されたボタンに応じて、プログラム リスト内を左または右に移動します。1

1.電子プログラム ガイドの左端のプログラムがすでに選択されている場合に を押すと、4 時間前のプログラムが表示されます。

電子プログラム ガイドの右端のプログラムがすでに選択されている場合に を押すと、4 時間後のプログラムが表示されます。

その他のボタンの使用方法

前の表で説明した主要な 6 つのボタン以外にも 18 個のボタンがあります。

ボタン
シナリオ
機能

Power

--

DMP を再起動します。

Mute

--

オーディオ音量を、DMP の現在のオーディオ音量レベルから 0 (ゼロ)にするか、0 から元のオーディオ音量レベルに戻します。2

Show IP

--

DMP に割り当てられている IP アドレスを DMP ディスプレイに表示します。

Play

ビデオ再生中

フルスクリーン時

ビデオを最初から再生し直します。

非フルスクリーン時

ビデオを最初から再生し直します。

非再生時

選択されているプログラムまたはチャネルを開いて再生します。

カテゴリ

選択されているカテゴリを開きます。

ライブ チャネル

フルスクリーン モードのオン/オフを切り替えます。

メイン メニュー

選択されているプログラムまたはチャネルを開いて再生します。

電子プログラム ガイド

フルスクリーン モードのオン/オフを切り替えます。

Pause

--

このボタンは、今後の DMP リリースに追加される機能のために予約されています。

Stop

ビデオ再生中

フルスクリーン時

ビデオ再生を停止し、フルスクリーン モードを停止します。

非フルスクリーン時

ビデオ再生を停止します。

非再生時

--

カテゴリ
ライブ チャネル
メイン メニュー
電子プログラム ガイド

Rewind

--

これらのボタンは、今後の DMP リリースに追加される機能のために予約されています。

Fast Forward

Input

Exit

ビデオ再生中

フルスクリーン時

フルスクリーン モードを停止します。再生は中断されず続行します。

非フルスクリーン時

ビデオ再生を停止して親カテゴリを開きます。

非再生時

親カテゴリを開きます。

カテゴリ
ライブ チャネル

ビデオ再生を停止して親カテゴリを開きます。

メイン メニュー

--

電子プログラム ガイド

--

+/-
VOL

--

DMP のオーディオ音量を増減します。1

+/-
CH

--

ライブ TV の視聴中は、すぐにチャネルを変更します。チャネル リスト内を上または下に移動します。

赤、
緑、
黄、

--

これらのボタンは、今後の DMP リリースに追加される機能のために予約されています。

2.DMP にセットするオーディオ音量レベルと、他の接続デバイスにセットするオーディオ音量レベルが異なる場合や、競合する場合があります。そのようなデバイスを消音する場合に、必ずしも他のデバイスもすべて消音する必要はありません。誤って大音量になるようなことがないように、音量設定は注意して行います。

赤外線(IR)信号周波数コード

リモート コントローラの各ボタンには、特定の IR 信号周波数が関連付けられています。これらの周波数を 16 進数で表現すると、次のようになります。

0xff000090

Power

0xec130090

0xf9060090

Play

0xeb140090

0xfd020090

Pause

0xbf400090

Volume Up

0xfc030090

Stop

0xbe410090

Volume Down

0xfa050090

Fast Forward

0xb8470090

Menu

0xfb040090

Rewind

0xbd420090

Channel Up

0xfe010090

Mute

0xbc430090

Channel Down

0xef100090

Input

0xb7480090

Show IP

0xee110090

Exit

0xaf500090

0xed120090

Enter

0xad520090

0xea150090

0xab540090

0xe9160090

0xa9560090

製品ドキュメント、サポート、およびセキュリティ

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、マニュアルに関するフィードバックの提供、セキュリティ ガイドライン、および推奨エイリアスや一般的なシスコのマニュアルについては、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧が示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html