スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Cisco Nexus 1010 ソフトウェア インスト レーション アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SP1(2)

Cisco Nexus 1010 ソフトウェア インストレーション アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SP1(2)
発行日;2012/01/21 | 英語版ドキュメント(2011/07/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Nexus 1010 ソフトウェア インストレーション アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SP1(2)

対象読者

ソフトウェアについて

前提条件

注意事項および制約事項

Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認

ソフトウェアの再インストール

ソフトウェアのアップグレード

その他の関連資料

ソフトウェア インストールおよびアップグレード機能の履歴

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

このマニュアルは、 に示されているマニュアルと併せてご利用ください。

Cisco Nexus 1010 ソフトウェア インストレーション アップグレード ガイド リリース 4.2(1) SP1(2)

OL-24455-01-J

 

このマニュアルでは、Cisco Nexus 1010 ソフトウェアを再インストールまたはアップグレードする方法について説明します。内容は次のとおりです。

「対象読者」

「ソフトウェアについて」

「前提条件」

「注意事項および制約事項」

「Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認」

「ソフトウェアの再インストール」

「ソフトウェアのアップグレード」

「その他の関連資料」

「ソフトウェア インストールおよびアップグレード機能の履歴」

「関連資料」

Cisco Nexus 1010 システムの概要と、インストール後のソフトウェアの設定手順については、『 Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(2) 』を参照してください。

対象読者

このマニュアルの対象読者は、Cisco Nexus 1000V の知識と Cisco Nexus 1000V Virtual Supervisor Module(VSM)のインストール、アップグレード、および管理の経験があるネットワーク管理者です。

ソフトウェアについて

Cisco Nexus 1010 ソフトウェアは、次のコンポーネントを含む ISO イメージとして事前にインストールされます。

Cisco Nexus 1010 キックスタート イメージ
これは、シェルフおよび冗長グループ コンフィギュレーションを管理する Cisco Nexus 1010 Manager 仮想マシン用のイメージです。

ハイパーバイザと Cisco Nexus 1010 エージェント

Cisco Nexus 1010 でディスク破損が発生した場合は、CD からイメージをコピーすることによりシステムを修復できます。

ソフトウェアをアップグレードする場合、稼動データは永続情報を失わずに保持されます。

前提条件

Cisco Nexus 1010 Release 4.2(1)SP1(2) のインストールまたはアップグレードを行う前に、次のことを確認または実行する必要があります。

CIMC ソフトウェア バージョン 1.2(1b) がインストール済みであること。このバージョンの CIMC がインストール済みであることを確認する手順は、「Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認」を参照してください。

インストール済みの CIMC ソフトウェアのバージョンがこれよりも前、つまり 1.2(1a) である場合は、アップグレードまたはインストールに失敗します。

注意事項および制約事項

ソフトウェアを再インストールまたはアップグレードする場合は、次のガイドラインと制約事項に従ってください。


注意 ソフトウェアを再インストールする場合、以前のすべての設定は上書きされ、失われます。

ソフトウェアをアップグレードする唯一の方法は、 install nexus1010 コマンドを実行することです。

アップグレードは、設定を保存し、ソフトウェアをリロードするまで反映されません。

ブート変数は、 install コマンドの実行時にシステムによって設定されます。ブート変数を手動で設定することは絶対に避けてください。

Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認

ここでは、バージョン 1.2(1b) の Cisco Integrated Management Controller(CIMC)インターフェイス ソフトウェアが Cisco Nexus 1010 にインストールされていることを確認する手順を説明します。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

CIMC ソフトウェア バージョン 1.2(1b) にアップグレード済みであること。

詳細については、『 CIMC Firmware Management on UCS C-Series Servers を参照してください。

CIMC ソフトウェア バージョン 1.2(1b) がインストールされている場合は、製品 ID N1K-C1010 が show hardware コマンドの出力に表示されます。ここで説明する手順には、この確認作業が含まれています。

CLI または Web ブラウザから Cisco Nexus 1010 にログイン済みであること。


ステップ 1 Cisco Nexus 1010 から、次のいずれかを実行して製品 ID(PID)を表示します。

CLI で、 show hardware コマンドを実行して出力を表示します。
「Switch Hardware ID information」の下にある PID を探します。

Web ブラウザで、[Server Summary] ウィンドウを開いてサーバ プロパティを表示します。例については、図 1-1を参照してください。

例:

DOCS-CPPA# show hardware
Cisco Nexus Operating System (NX-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2010, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained in this software are owned by other third parties and used and distributed under license. Certain components of this software are licensed under the GNU General Public License (GPL) version 2.0 or the GNU
Lesser General Public License (LGPL) Version 2.1. A copy of each
such license is available at http://www.opensource.org/licenses/gpl-2.0.php and
http://www.opensource.org/licenses/lgpl-2.1.php
 
Software
loader: version unavailable [last: image booted through mgmt0]
kickstart: version 4.0(4)SP1(1)
system: version 4.0(4)SP1(1) [gdb]
kickstart image file is:
kickstart compile time: 4/19/2010 1:00:00
system image file is: bootflash:/nexus-1010-mzg.4.0.4.SP1.1.bin
system compile time: 4/19/2010 1:00:00 [04/19/2010 13:07:00]
 
Hardware
Cisco Nexus 1010 Chassis ("Cisco Nexus1010 Chassis")
with 14666752 kB of memory.
Device name: DOCS-CPPA
bootflash: 3897832 kB
Disk Storage capacity for VM virtual disks: 346428 GB
Number of physical 1Gbps ethernet ports: 6
Number of CPU Cores: 8
CPU Cores details:
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
model name : Intel(R) Xeon(R) CPU E5504 @ 2.00GHz
 
Kernel uptime is 116 day(s), 19 hour(s), 43 minute(s), 7 second(s)
 
plugin
Core Plugin, Ethernet Plugin
--------------------------------
Switch hardware ID information
--------------------------------
 
Switch is booted up
Switch type is : Nexus 1010 Chassis
Model number is Nexus 1010
Manufacture date is 03/29/2010
PID-VID-SN: N1K-C1010-A-1383802872129225113
UUID is D5A54100-D9A2-11DE-B0C7-6BFCF373D92E
 
--------------------------------
Chassis has 2 Module slots
--------------------------------
 
Module1 ok
Module type is : Cisco Nexus1010 Chassis
0 submodules are present
Model number is Nexus 1010
H/W version is .
Manufacture Date is Year 0 Week 3
Serial number is T023D7AF101
 
Module2 ok
Module type is : Cisco Nexus1010 Chassis
0 submodules are present
Model number is Nexus 1010
H/W version is .
Manufacture Date is Year 0 Week 3
Serial number is T023D7AF181

図 1-1 CIMC のウィンドウに表示される PID の値

 

 

ステップ 2 次のいずれかを行います。

表示された PID が N1K-C1010 の場合は、Cisco Nexus 1010 Release 4.2(1)SP1(2) のインストールまたはアップグレードに進みます。

表示された PID が N1K-C1010 でない場合は、Release 4.2(1)SP1(2) のインストールまたはアップグレードに進まないでください。代わりに、RMA プロセスを使用して Cisco Nexus 1010 を置き換える必要があります。


 

ソフトウェアの再インストール

システム ディスクが破損した場合にソフトウェア CD からソフトウェアを再インストールする手順を次に示します。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

Cisco Nexus 1010 の製品 ID(PID)が次のとおりであることを、「Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認」に従って確認済みであること。

N1K-C1010


注意 Cisco Nexus 1010 Release 4.2(1)SP1(2) のインストールまたはアップグレードができるのは、製品 ID(PID)が N1K-C1010 である場合に限られます。


注意 データ消失の可能性
ソフトウェアを再インストールする場合、以前のすべての設定は上書きされ、失われます。

手順の詳細


ステップ 1 ターミナル サーバから Cisco Nexus 1010 のシリアル ポートに接続します。

ステップ 2 インストール CD を DVD-RW ドライブに挿入します。

ステップ 3 Cisco Nexus 1010 で電源ボタンを押します。

Cisco Nexus 1010 がリブートし、管理ソフトウェア設定プロセスが開始します。

ソフトウェアを設定する場合は、『 Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(2) 』を参照してください。


 

ソフトウェアのアップグレード

稼動データと永続情報を保持しながら Cisco Nexus 1010 ソフトウェアをアップグレードする手順を次に示します。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

Cisco Nexus 1010 の製品 ID(PID)が次のとおりであることを、「Cisco CIMC ソフトウェアのバージョンの確認」に従って確認済みであること。

N1K-C1010


注意 Cisco Nexus 1010 Release 4.2(1)SP1(2) のインストールまたはアップグレードができるのは、製品 ID(PID)が N1K-C1010 である場合に限られます。

Cisco Nexus 1010 の冗長ペアのアクティブ スイッチ上でソフトウェアをアップグレードすると、スタンバイ スイッチが自動的にアップグレードされます。

VSM が使用可能である状態を維持するには、ここで説明する手順に従って冗長 VSB モジュールを別々にリロードします。

外部サーバの実行コンフィギュレーションのバックアップ コピーをすでに保存していること。

新しい Cisco Nexus 1010 ソフトウェア ファイルのコピーを次の Cisco.com ソフトウェア ダウンロード サイトから外部サーバに保存済みであること。

www.cisco.com/go/1000vdownload

手順の詳細


ステップ 1 Cisco Nexus 1010 で、コンフィギュレーションが未保存の場合は実行コンフィギュレーションからスタートアップにコピーします。コンフィギュレーションがリロード後も保持されるようにするためです。

copy running-config startup-config

例:

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
switch#
 

ステップ 2 新しいソフトウェア イメージを外部サーバから次のディレクトリにコピーします。

bootflash: \repository

copy scp://user@path/filename bootflash:filename

例:

n1010# copy scp://user@linux-box.cisco.com/home/user/nexus-1010.4.2.1.SP1.1.2.iso bootflash:repository
Enter vrf (If no input, current vrf 'default' is considered):
user@linux-box.cisco.com's password:
nexus-1010.4.2.1.SP1.1.2.iso 100% 258234 10.3KB/s 00:15
n1010#
 

ステップ 3 新しいイメージをインストールします。

install nexus1010 full_path_to_filename

スイッチでは次のことが起こります。

新しいソフトウェア イメージが bootflash にコピーされます。

bootflash 変数が新しいシステムとキックスタート イメージの名前で更新されます。

新しいイメージと bootflash 変数の情報が実行コンフィギュレーションに保存されます。

例:

switch# install nexus1010 bootflash:repository/nexus-1010.4.2.1.SP1.1.2.iso
 

ステップ 4 スタートアップ コンフィギュレーションに新しいブート パラメータを保存します。

switch# copy running-config startup-config
[########################################] 100%
 

注意 実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーしない場合、新しいブート パラメータはステップ 5 でソフトウェアをリロードしたときに保存されません。

ステップ 5 セカンダリ モジュール上で、ソフトウェアをリロードしてソフトウェア イメージを新しいイメージ ファイルで更新します。

reload

ソフトウェア イメージは、bootflash 変数で指定されたバージョンに置き換えられます。
未保存のコンフィギュレーションはすべて失われます。

例:

switch# reload module 2
This command will reboot the system. (y/n)? [n] y
2009 Oct 30 21:51:34 s1 %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_RESET: Manual system restart
from Command Line Interface
switch#
 

ステップ 6 VSB がセカンダリ VSB 上でリブートするまで待ちます。

ステップ 7 各モジュールの CLI から、両方の VSB が HA モードであることを確認します。

show system redundancy status

例:

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: secondary
operational: secondary
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
This supervisor (sup-2)
-----------------------
Redundancy state: Standby
Supervisor state: Standby
Internal state: Standby with HA active
Other supervisor (sup-1)
------------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: HA active
Internal state: HA active
switch#
---- ----
 

ステップ 8 アクティブ VSB 上で、スタンバイへの手動スイッチオーバーを開始します。

system switchover

例:

n1000v# system switchover
----------------------------
2009 Mar 31 04:21:56 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-HASWITCHOVER_PRE_START:
This supervisor is becoming active (pre-start phase).
2009 Mar 31 04:21:56 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-HASWITCHOVER_START:
This supervisor is becoming active.
2009 Mar 31 04:21:57 n1000v %$ VDC-1 %$ %SYSMGR-2-SWITCHOVER_OVER: Switchover completed.
2009 Mar 31 04:22:03 n1000v %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-MOD_REMOVE: Module 1 removed (Serial number )
 

ステップ 9 プライマリ モジュール上で、ソフトウェアをリロードしてソフトウェア イメージを新しいイメージ ファイルで更新します。

reload

ソフトウェア イメージは、bootflash 変数で指定されたバージョンに置き換えられます。未保存のコンフィギュレーションはすべて失われます。

例:

switch# reload module 1
This command will reboot the system. (y/n)? [n] y
2009 Oct 30 21:51:34 s1 %$ VDC-1 %$ %PLATFORM-2-PFM_SYSTEM_RESET: Manual system restart
from Command Line Interface
switch#
 

ステップ 10 VSB がセカンダリ VSB 上でリブートするまで待ちます。

ステップ 11 各モジュールの CLI から、両方の VSB が HA モードであることを確認します。

show system redundancy status

例:

switch# show system redundancy status
Redundancy role
---------------
administrative: primary
operational: primary
Redundancy mode
---------------
administrative: HA
operational: None
This supervisor (sup-1)
-----------------------
Redundancy state: Active
Supervisor state: Active
Internal state: Active with HA standby
Other supervisor (sup-2)
------------------------
Redundancy state: standby
Supervisor state: HA standby
Internal state: HA standby
switch#
---- ----
 

ステップ 12 新しいソフトウェアがロードされたことを確認します。

show module

switch# show module
Mod Ports Module-Type Model Status
--- ----- -------------------------------- ------------------ ------------
1 0 Cisco Nexus1010 Chassis Nexus1010 active *
2 0 Cisco Nexus1010 Chassis Nexus1010 ha-standby
 
Mod Sw Hw
--- --------------- ------
1 4.2(1)SP1(2) 0.0
2 4.2(1)SP1(2) 0.0
 
Mod MAC-Address(es) Serial-Num
--- -------------------------------------- ----------
1 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
2 00-19-07-6c-5a-a8 to 00-19-07-6c-62-a8 NA
 
Mod Server-IP Server-UUID Server-Name
--- --------------- ------------------------------------ --------------------
1 172.23.231.113 NA NA
2 172.23.231.113 NA NA
 
 
* this terminal session
switch#
 


 

その他の関連資料

 

関連事項
マニュアル タイトル

ハードウェアの設置

Cisco Nexus 1010 Virtual Services Appliance Installation Guide

Cisco Nexus 1010 ソフトウェアの設定

Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(2)

Cisco Nexus 1010 コマンド

『Cisco Nexus 1010 Command Reference, Release 4.2(1)SP1(2)

CIMC 管理

CIMC Firmware Management on UCS C-Series Servers

ソフトウェア インストールおよびアップグレード機能の履歴

ここでは、ソフトウェア インストールおよびアップグレードのリリース履歴について説明します。

 

機能名
リリース
機能情報

ソフトウェアの再インストールまたはアップグレード

4.0(4)SP1(1)

この機能が導入されました。

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000 とともに使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

コンフィギュレーション ガイド

Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Getting Started Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V High Availability and Redundancy Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Interface Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Layer 2 Switching Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Quality of Service Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(2)

プログラミング ガイド

Cisco Nexus 1000V XML API User Guide, Release 4.2(1)SV1(4)

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。

このマニュアルは、「関連資料」 に示されているマニュアルと併せてご利用ください。