Cisco UCS 設置場所の準備ガイド
技術仕様
技術仕様
発行日;2013/04/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

技術仕様

この章では、Cisco UCS コンポーネントの技術仕様について説明します。内容は、次のとおりです。

Cisco UCS 機器の環境仕様

Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの環境仕様については、「表 3-1」を参照してください。 Cisco UCS 6100 ファブリック インターコネクトの環境仕様については、「表 3-2」を参照してください。

表 1 Cisco UCS 5108 ブレード シャーシの環境仕様 

説明

Cisco UCS 5108 ブレード シャーシ

動作温度

0 ~ 10,000 フィート(0 ~ 3000 m)

10,000 フィート(3,000 m)を超える場合

50~95°F(10~35°C)

10,000 フィートを超えた場合、1,000 フィートごとに 1°C(1.8°F)低下します

非動作時温度

0~40,000 フィート(0~12,190 m)

– 40~149°F(– 40~65°C)

相対湿度(非圧縮)

10 ~ 90 %

ノイズ(音響出力レベル1 )

通常の動作条件での 83 dBA

1 ISO 3744 に基づく。
表 2 Cisco UCS 6100 シリーズまたは UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの環境仕様

説明

Cisco UCS 6100 ファブリック インターコネクト

動作温度

0 ~ 10,000 フィート(0 ~ 3000 m)

10,000 フィート(3,000 m)を超える場合

50~95°F(10~35°C)

10,000 フィートを超えた場合、1,000 フィートごとに 1°C(1.8°F)低下します

非動作時温度

0~40,000 フィート(0~12,190 m)

– 40~149°F(– 40~65°C)

相対湿度(非圧縮)

10 ~ 90 %

ノイズ(音圧レベル 2 )

通常の動作条件での 68 dBA

2 ISO 7779 に基づく。

Cisco UCS 機器の物理仕様

Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシは、次のコンポーネントを含むパッケージで出荷されます。

  • 1 個のブレード シャーシ
  • 最大 8 個のハーフ幅または 4 個のフル幅のブレード サーバ
  • 最大 2 台のファブリック エクステンダ
  • 8 個のファン モジュール
  • 最大 4 個の AC または DC 電源装置
  • アクセサリ キット
  • ブレード サーバ、ファブリック エクステンダ、または電源装置が入っていないシャーシ スロット用のブランク パネル

Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトは、次のコンポーネントを含むパッケージで出荷されます。

  • 1 個のファブリック インターコネクトのシャーシ
  • 1 個の拡張モジュール
  • 最大 2 個の電源装置
  • 2 つのファン モジュール
  • アクセサリ キット
  • 取り付けられていない電源装置スロット用のブランク パネル

Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトは、次のコンポーネントを含むパッケージで出荷されます。

  • 1 個のファブリック インターコネクトのシャーシ
  • 1 個の拡張モジュール
  • 最大 2 個の電源装置
  • 2 つのファン モジュール
  • アクセサリ キット
  • 取り付けられていない電源装置スロット用のブランク パネル

これらのシステムを含むパッケージのサイズについては、「表 7」を参照してください。 これらのシャーシが開梱され、設置の準備ができた後のサイズについては、「表 8」を参照してください。

表 3 Cisco UCS 出荷パッケージ向けのサイズと重量

シャーシ

奥行

高さ

重量

Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ

25 インチ(63.5 cm)

40.0 インチ(101.6 cm)

33.5 インチ(85.1 cm)

最大 300 ポンド。 (136.1 kg)

Cisco UCS 6120 ファブリック インターコネクト

24 インチ(61.0 cm)

40.0 インチ(101.6 cm)

9.0 インチ(22.9 cm)

最大 40 ポンド。 (18.1 kg)

Cisco UCS 6248 Fabric Interconnect

24 インチ(61.0 cm)

40.0 インチ(101.6 cm)

9.0 インチ(22.9 cm)

最大 40 ポンド。 (18.1 kg)

表 8」には、開梱された Cisco UCS 機器の物理仕様を示します。

表 4 開梱された Cisco UCS 機器のサイズ

シャーシ

奥行

高さ

Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ

17.5 インチ(44.5 cm)

32.0 インチ(81.2 cm)

10.5 インチ(26.7 cm)(6 RU)

Cisco UCS 6120 ファブリック インターコネクト

17.3 インチ(43.9 cm)

30.0 インチ(76.2 cm)

1.72 インチ(4.4 cm)(1 RU)

Cisco UCS 6248 Fabric Interconnect

17.3 インチ(43.9 cm)

29.5 インチ(74.9 cm)

1.72 インチ(4.4 cm)(1 RU)

Cisco UCS 機器の各タイプのうち、Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ シリーズの重量と数量については、「表 9」を、Cisco 6100 ファブリック インターコネクトの重量と数量については、「表 10」を参照してください。 次の表には、Cisco UCS 機器またはインターフェイスと電源ケーブルを格納するラックの重量は含まれていません。 これらの重量については、コンポーネントのメーカーが提供する資料を参照してください。

表 5 Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシ コンポーネントの重量、数量

コンポーネント

ユニットあたりの重量

数量

シャーシ(空)

90 ポンド。 (40.8 kg)

1

B200 ブレード サーバ

13.5 ポンド(6.1 kg)

1 ~ 8

B230 ブレード サーバ

18.0 ポンド(8.16 kg)6

1 ~ 8

B250 ブレード サーバ

25 ポンド(11.34 kg)6

1 ~ 4

B440 ブレード サーバ

34.5 ポンド(15.65 kg)6

1 ~ 4

B22 M3 ブレード サーバ

13.5 ポンド(6.1 kg)6

1 ~ 8

B200 M3 ブレード サーバ

15.0 ポンド(6.8 kg)6

1 ~ 8

B420 M3 ブレード サーバ

34.5 ポンド(15.65 kg)6

1 ~ 4

ファブリック エクステンダ

2.5 ポンド。 (1.1 kg)

1 または 2

配電ユニット。

5 ポンド (2.3 kg)

1

ファン モジュール

1.8 ポンド。 (0.8 kg)

8

ハード ディスク ドライブ モジュール

0.8 ポンド。 (0.4 kg)

ブレード サーバ 1 台あたり 2 個

電源装置

7 ポンド。 (3.2 kg)

1 ~ 4

3 ここに示されているシステム重量は、フル構成のシステム用の見積もりであり、搭載されているペリフェラル デバイスによって異なります。
表 6 Cisco UCS ファブリック インターコネクトの重量

コンポーネント

ユニットあたりの重量

2 個の電源と 1 個の拡張モジュールが取り付けられた Cisco UCS 6120XP

35 ポンド。 (15.9 kg)

2 個の電源と 2 個の拡張モジュールが取り付けられた Cisco UCS 6140XP

50 ポンド。 (22.68 kg)

2 個の電源と 1 個の拡張モジュールが取り付けられた Cisco UCS 6248 UP

32 ポンド。 (14.51 kg)

2 個の電源、3 個の拡張モジュール、4 個のファン モジュールが取り付けられた Cisco UCS 6296 UP

50 ポンド(22.67 kg)

電力仕様

Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの電源装置の電力仕様

ブレード サーバに必要な電源装置の数を指定するには、各シングルスロット サーバに最大 550 W が給電され、個々のフル幅サーバに最大 1100 W が給電されている必要があります。 見積もりの詳細については、シスコの営業部門にお問い合わせください。

表 7 AC 入力電源装置の仕様

説明

仕様

AC 入力電圧

公称 200 ~ 240 VAC(範囲:180 ~ 264 VAC)

AC 入力周波数

公称 50 ~ 60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)

AC 入力電流

15.5 A @ 200 VAC

最大入力 VA

2790 VA @ 200 VAC

電源装置あたりの最大出力電力

2500 W @ 200~240 VAC(最大 4 個の電源装置)

最大突入電流

35 A < サブ サイクル期間

最大発熱量

8525 BTU

最大遅延時間

12 ミリ秒

電源装置の出力電圧

12 VDC

効率評価

Climate Savers ゴールド

表 8 DC 入力電源の仕様

項目

仕様

最小ソフトウェア要件

Cisco UCS Manager Release 2.0(1)

Capability Catalog Version 42

DC 入力電圧

-48~-60 VDC

DC 入力電流

62 A(最大)@ -48 VDC 入力

出力電力

2500 W

最小電圧での消費電流

62 A

最大電圧での消費電流

50 A

最大 KVA 定格

2.5

DC 入力端子ブロック

1/0 AWG サイズの銅線を収容する Panduit LCD4-14AF-L または同等品の 90 度の角度付きバレル型ラグ端子、2 つ穴タングを受け付けます。 コネクタ タングの幅は 0.82 インチ、スタッド穴の間隔は 5/8 インチ、穴のサイズは 1/4 インチです。

出力保持時間

8 ミリ秒

最大発熱量

8525 BTU/時

DC 配線は、各国の規定を満たす必要があり、必要な DC 配線を設置するには、ライセンスが付与された電気技師を使用することを推奨します。

ブレード サーバ シャーシ上の AC 電源装置コネクタは、IEC 320 C20 ソケットです。 AC 電源コンセントにブレード サーバの電源装置を接続するために使用する電源コードは、一方の端に IEC 320 C19 プラグ、もう一方の端には、国の AC 電源コンセント仕様に準拠するプラグを備えています。 ブレード サーバ シャーシの電源装置に発注するコードを指定するには、次の表を参照してください。 どの電源コードを発注する必要があるかを指定すると、その参照リンクをクリックして、電源コードのプラグがファシリティの電源コンセントに準拠していることを確認できます。

表 9 Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシで使用されている電源コード

ロケール

電源コード部品番号

コード セット定格

電源コードの参照図

オーストラリアおよびニュージーランド

CAB-AC-16A-AUS

16A、250 VAC

図 3

中国

CAB-AC-16A-CH

16A、250 VAC

図 4

ヨーロッパ大陸

CAB-AC-2500W-EU

16A、250 VAC

図 5

国際

CAB-AC-2500W-INT

16A、250 VAC

図 6

イスラエル

CAB-AC-2500W-ISRL

16A、250 VAC

図 7

日本および北米(非ロッキング型)200~240 VAC 動作

CAB-AC-2500W-US1

16A、250 VAC

図 8

日本および北米(ロッキング型)200 ~ 240 VAC 動作

CAB-AC-C6K-TWLK

16A、250 VAC

図 9

スイス

CAB-ACS-16

16A、250 VAC

図 11

配電ユニット(PDU)

CAB-C19-CBN

 

図 10

図 1. Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-16A-AUS 電源コード

図 2. Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-16A-CH 電源コード

図 3. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-2500W-EU 電源コード

図 4. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-2500W-INT 電源コード

図 5. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-2500W-ISRL 電源コード

図 6. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-2500W-US1 電源コード

図 7. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-AC-C6K-TWLK 電源コード

図 8. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-C19-CBN 電源コード

図 9. UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの CAB-ACS-16 電源コード

Cisco UCS 6100 ファブリック インターコネクトの電力仕様

基本操作には 1 個の電源装置が必要です。2 個の電源装置で冗長性が備わります。

表 10 Cisco UCS 6120XP 電源装置の電力仕様

説明

仕様

AC 入力電圧

90 ~ 264 VAC

AC 入力周波数

公称 50 ~ 60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)

AC 入力電流

7.5 A @ 90 VAC

最大入力 VA

675 VA @ 90 VAC

電源装置あたりの最大出力電力

550 W @ 12 V(最大 2 個の電源装置)

最大突入電流

35 A < サブ サイクル期間

最大発熱量

1876 BTU/時

最大遅延時間

12 ミリ秒

電源装置の出力電圧

12 VDC

表 11 Cisco UCS 6140XP 電源装置の電力仕様

説明

仕様

AC 入力電圧

90 ~ 264 VAC

AC 入力周波数

公称 50 ~ 60 Hz(範囲:47 ~ 63 Hz)

AC 入力電流

9.2 A @ 90 VAC

最大入力 VA

828 VA @ 90 VAC

電源装置あたりの最大出力電力

750 W @ 12 VDC(最大 2 個の電源装置)

最大突入電流

35 A < サブ サイクル期間

最大発熱量

2561 BTU/時

最大遅延時間

12 ミリ秒

電源装置の出力電圧

12 VDC

UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトのシャーシ上の AC 電源装置コネクタは、IEC C13 320 ソケットです。 AC 電源コンセントにファブリック インターコネクトの電源装置を接続するために使用する電源ケーブルは、一方の端に IEC 320 C14 プラグ、もう一方の端には、国の AC 電源コンセント仕様に準拠するプラグを備えています。 ファブリック インターコネクトの電源装置用に発注するケーブルを指定するには、「表 3-14」を参照してください。 どの電源コードを発注する必要があるかを指定すると、その参照リンクをクリックして、電源コードのプラグがファシリティの電源コンセントに準拠していることを確認できます。

表 12 UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトで使用されている電源コード

ロケール

電源コード部品番号

コード セット定格

電源コードの参照図

アルゼンチン

SFS-250V-10A-AR

10A、250 VAC

図 12

オーストラリアおよびニュージーランド

CAB-9K10A-AU

10A、250 VAC

図 13

中国

SFS-250V-10A-CN

10A、250 VAC

図 14

ヨーロッパ大陸

CAB-9K10A-EU

10A、250 VAC

図 15

南アフリカ、アラブ首長国連邦、インド

SFS-250V-10A-ID

16A、250 VAC

図 16

イスラエル

SFS-250V-10A-IS

10A、250 VAC

図 17

イタリア

CAB-9K10A-IT

10A、250 VAC

図 18

北米

CAB-AC-250V/13A

13A、250 VAC

図 19

北米

CAB-N5K6A-NA

13A、250 VAC

図 20

キャビネット ジャンパ電源コード

CAB-C13-C14-JMPR

13A、250 VAC

図 21

スイス

CAB-9K10A-SW

10A、250 VAC

図 22

英国

CAB-9K10A-UK

10A、250 VAC

図 23

図 10. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの SFS-250V-10A-AR 電源コード

図 11. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-9K10A-AU 電源コード

図 12. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの SFS-250V-10A-CN 電源コード

図 13. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-9K10A-EU 電源コード

図 14. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの SFS-250V-10A-ID 電源コード



図 15. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの SFS-250V-10A-IS 電源コード

図 16. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-9K10A-IT 電源コード

図 17. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-AC-250V/13A 電源コード

図 18. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-N5K6A-NA 電源コード

図 19. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-C13-C14-JMPR 電源コード

図 20. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-9K10A-SW 電源コード

図 21. Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの CAB-9K10A-UK 電源コード

Cisco UCS 6200 ファブリック インターコネクトの電力仕様

基本操作には 1 個の電源装置が必要です。2 個の電源装置で冗長性が備わります。

表 13 Cisco UCS 6248UP AC 電源(UCS-PSU-6248UP-AC=)の仕様

AC 電源のプロパティ

Cisco UCS 6248UP ファブリック インターコネクト

最大出力電力

750 W

入力電圧

90 ~ 264 VAC

周波数

50 ~ 60 Hz

効率

87 ~ 92 %(負荷 50 ~ 100 %)

RoHS 準拠

Yes

ホット スワップ可能

Yes

発熱量

2497 BTU/時(600 W)

基本操作には 1 個の電源装置が必要です。2 個の電源装置で冗長性が備わります。

表 14 Cisco UCS 6248UP DC 電源(UCS-PSU-6248UP-DC=)の仕様

DC 電源のプロパティ

Cisco UCS 6248UP ファブリック インターコネクト

最大出力電力

750 W

入力電圧

-40 ~ -72 VDC

最大電圧での DC 入力電流

25 A(最大)@ -40 VDC 入力

効率

88 ~ 92 %(負荷 50 ~ 100 %)

最大入力 KVA 定格

820

DC 入力端子ブロック

DC コネクタの交換品が必要な場合は、Phoenix Contact の部品番号 PC 5/ 2-STF-7,62、オーダー番号 1975697、またはその適切な同等品をご使用ください。 コネクタの情報は、以下で入手できます。

http:/​/​eshop.phoenixcontact.de/​phoenix/​treeViewClick.do?UID=1975697

出力保持時間

4 ミリ秒

RoHS 準拠

Yes

ホット スワップ可能

Yes

発熱量

2497 BTU/時(750 W)

各電源装置には個別の電源コードがあります。 IEC 60320 C19 コンセントの付いた配電ユニットへの接続には、標準の電源コードまたはジャンパ コードが使用できます。 キャビネット用のジャンパ電源コードは、標準の電源コードの代わりにオプションとして使用できます。

標準の電源コードには、電源モジュールとの接続側に IEC C19 コネクタが付いています。 オプションのジャンパ電源コードには、電源モジュールとの接続側に IEC C19 コネクタ、IEC C19 コンセントとの接続側に IEC C20 コネクタが付いています。


(注)  


使用できるのは、シャーシに付属の標準の電源コードまたはジャンパ電源コードだけです。


表 15 Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの電源コード

説明

長さ

電源コードの参照図

フィート

メートル

SFS-250V-10A-AR 電源コード、250 VAC 10 A IRAM 2073 プラグ アルゼンチン

8.2

2.5

図 24

CAB-9K10A-AU 250 VAC 10 A 3112 プラグ オーストラリア

8.2

2.5

図 25

SFS-250V-10A-CN 電源コード、250 VAC 10 A GB 2009 プラグ 中国

8.2

2.5

図 26

CAB-9K10A-EU 電源コード、250 VAC 10 A M 2511 プラグ 欧州

8.2

2.5

図 27

SFS-250V-10A-ID 電源コード、250 VAC 16A EL-208 プラグ 南アフリカ、アラブ首長国連邦、インド

8.2

2.5

図 28

SFS-250V-10A-IS 電源コード、250 VAC 10 A SI32 プラグ イスラエル

8.2

2.5

図 29

CAB-9K10A-IT 電源コード、250 VAC 10 A CEI 23-16 プラグ イタリア

8.2

2.5

図 30

CAB-9K10A-SW 電源コード、250 VAC 10 A MP232 プラグ スイス

8.2

2.5

図 31

CAB-9K10A-UK 電源コード、250 VAC 10 A BS1363 プラグ(13 A ヒューズ) 英国

8.2

2.5

図 32

CAB-AC-250V/13A 電源コード、250 VAC 13 A IEC60320 プラグ 北米

6.6

2.0

図 33

CAB-N5K6A-NA 電源コード、250 VAC 13 A NEMA 6-15 プラグ 北米

8.2

2.5

図 34

CAB-C13-C14-JMPR キャビネット ジャンパ電源コード 250 VAC 13 A、C13-C14 コネクタ

2.2

0.7

図 35

AC 電源コード図

図 22. SFS-250V-10A-AR

図 23. CAB-9K10A-AU

図 24. SFS-250V-10A-CN

図 25. CAB-9K10A-EU

図 26. SFS-250V-10A-ID

図 27. SFS-250V-10A-IS

図 28. CAB-9K10A-IT

図 29. CAB-9K10A-SW

図 30. CAB-9K10A-UK

図 31. CAB-AC-250V/13A

図 32. CAB-N5K6A-NA

次の図は、Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクト用のオプションのジャンパ電源コードでのプラグ コネクタを示します。 プラグは Cisco UCS 6200 シリーズ ファブリック インターコネクトの電源モジュールに差し込み、コネクタはキャビネットの PDU のコンセントに差し込みます。

図 33. CAB-C13-C14-JMPR、ジャンパ電源コード

電源コンフィギュレーション モード

電源モードを設定して、取り付けた各電源モジュール ユニットから供給される電力を合わせて利用したり、停電が発生した際の電源の冗長性を備えたりできます。

電源装置は並列出力内ですべて動作します。 可用性(グリッド冗長性)を最大にするように 2 種類の入力電源(グリッド)に接続する必要があります。 システムは、Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシの 2 個の電源装置(2+2 冗長性)および Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトの 1 個の電源装置(1+1 冗長性)で動作します。 詳細については、以下を参照してください。

ブレード サーバ シャーシ、およびファブリック インターコネクトのスペース

シャーシを設置し、モジュールを交換し、機器とのエアーフローを確保するためには、スペースを十分に確保する必要があります。 ブレード サーバ シャーシとファブリック インターコネクトでは、ブレードまたはファブリック インターコネクトの交換用に、前面に少なくとも 36.0 インチ(91.4 cm)のスペースが必要です。 また、コンポーネントの取り付けや交換用に、機器の背面に少なくとも 16 インチ(40.6 cm)のスペースが必要です。 シャーシ側面には交換するコンポーネントがないため、側面のスペースは必要はありません。 スペースまたは空のラック ユニットは機器間では必要ではありません。


(注)  


リフトのスペースがさらに必要な場合は、シャーシ前面の隙間を利用してその分のスペースを確保します。


ブレード サーバ シャーシとファブリック インターコネクトの場合、冷却空気を確保するためには、コンポーネントの設置と交換用のスペースがあれば十分です。 設置、交換、またはエアーフローに側面のスペースは必要ではありません。

ファシリティ冷却要件

Cisco UCS のコンポーネントは相当量の電力を消費し、大量の熱が発生します。 主要コンポーネントには、次の発熱量が必要です。

  • Cisco UCS 6120XP ファブリック インターコネクトは 1 時間あたり最大 1534 BTU を放散します。
  • Cisco UCS 6140XP ファブリック インターコネクトは 1 時間あたり最大 2561 BTU を放散します。
  • Cisco UCS 6248 ファブリック インターコネクト UP は 1 時間あたり最大 1998 BTU を放散します。
  • Cisco UCS 6296 ファブリック インターコネクト UP は 1 時間あたり最大 3163 BTU を放散します。
  • Cisco UCS 5108 ブレード サーバ シャーシは 1 時間あたり最大 1364 BTU を放散します。
  • それぞれのハーフ幅ブレード サーバは 1 時間あたり約 1350 BTU を放散します。
  • それぞれのフル幅ブレード サーバは 1 時間あたり約 2700 BTU を放散します。

シャーシのエアーフロー

Cisco UCS 5108 シャーシおよび Cisco UCS 6100 シリーズ ファブリック インターコネクトは、それぞれ冷却用に前面から背面へのエアーフローを使用し、両方のコンポーネントは、ホット アイル/コールド アイル環境で機能するように設計されています。

ケーブル管理は、過熱の問題を防ぐ重要な要素になる可能性があります。 「図 36」の「前」の図には、シャーシの背面をふさぎ、シャーシから高温の空気が排出できなくなってしまうケーブルを示します。 この状況により、ブレード サーバで DIMM が失敗し、内部温度が仕様を超えると、ランダムなサーバのシャットダウンが発生する可能性があります。 ケーブル タイおよびその他の配線手順を使用して、「後」の図に示すように、シャーシの背面を障害物がない状態にします。

図 34. ケーブル管理