Cisco UCS Mini 向け Cisco UCS Manager GUI ユーザ ガイド、リリース 3.0
システム関連ポリシーの設定
システム関連ポリシーの設定

システム関連ポリシーの設定

この章の内容は、次のとおりです。

ラック サーバ ディスカバリ ポリシーの設定

ラック サーバ ディスカバリ ポリシー

ラック サーバ ディスカバリ ポリシーは、新しいラックマウント サーバを追加したときのシステムの対処方法を決定します。 Cisco UCS Manager は、ラック サーバ ディスカバリ ポリシーの設定を使用して、ハード ディスク上のデータをスクラビングするかどうか、サーバ検出をただちに開始するかユーザの明示的な確認応答を待つ必要があるかを決定します。

Cisco UCS Manager では、正しく配線されておらず、ファブリック インターコネクトに接続されていないラックマウント サーバは検出できません。 サポート対象の Cisco UCS ラックマウント サーバを Cisco UCS Manager に統合する方法については、適切な『rack-mount server integration guide(ラックマウント サーバのインストール ガイド)』を参照してください。

ラック サーバ ディスカバリ ポリシーの設定

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
    ステップ 3   [Work] ペインの [Policies] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Global Policies] サブタブをクリックします。
    ステップ 5   [Rack Server Discovery Policy] 領域で、新しいラック サーバが追加されたときに実行させるアクションとスクラブ ポリシーを指定します。
    ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。

    MAC アドレス テーブルのエージング タイムの設定

    MAC アドレス テーブルのエージング タイム

    ポート間でパケットを効率的に切り替えるために、ファブリック インターコネクトは MAC アドレス テーブルを保持しています。 ファブリック インターコネクトは、受信したパケットの MAC ソース アドレスと、パケットが読み取られた関連ポートを使用して、MAC アドレス テーブルを動的に構築します。 ファブリック インターコネクトは、設定可能なエージング タイマーで定義されたエージング メカニズムを使用して、エントリが MAC アドレス テーブル内にとどまる期間を判断します。 アドレスの非アクティブ状態が所定の秒数続くと、そのアドレスは MAC アドレス テーブルから削除されます。

    MAC アドレス エントリ(MAC アドレスとその関連ポート)が MAC アドレス テーブルにとどまる時間(エージ)はユーザが設定できます。

    MAC アドレス テーブルのエージング タイムの設定

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] ノードを展開します。
      ステップ 3   [Work] ペインの [Policies] タブをクリックします。
      ステップ 4   [Global Policies] サブタブをクリックします。
      ステップ 5   [MAC Address Table Aging] 領域で、エージング タイムと期間を指定します。
      ステップ 6   [Save Changes] をクリックします。