Cisco UCS Mini 向け Cisco UCS Manager GUI ユーザ ガイド、リリース 3.0
サービス プロファイルの設定
サービス プロファイルの設定

目次

サービス プロファイルの設定

この章の内容は、次のとおりです.

サーバ ID を上書きするサービス プロファイル

このタイプのサービス プロファイルにより、柔軟性と制御性が最大化されます。 このプロファイルを使用すると、アソシエーション時にサーバに設定された ID 値を上書きし、Cisco UCS Manager で設定されたリソース プールとポリシーを使用して一部の管理タスクを自動化できます。

このサービス プロファイルは、あるサーバとの関連付けを解除して、別のサーバに関連付けることができます。 この再アソシエーションは手動で行うこともできますし、自動サーバ プール ポリシーを通じて行うこともできます。 UUID や MAC アドレスなど、新しいサーバの工場出荷時の設定は、サービス プロファイルでの設定で上書きされます。 その結果、サーバでの変更はネットワークには透過的に行われます。 新しいサーバの使用を開始するために、ネットワークでコンポーネントやアプリケーションを再設定する必要はありません。

このプロファイルにより、次のようなリソース プールやポリシーを通じて、システム リソースを利用し、管理できるようになります。

  • MAC アドレスのプール、WWN アドレス、UUID などの仮想 ID 情報

  • イーサネットおよびファイバ チャネル アダプタ プロファイル ポリシー

  • ファームウェア パッケージ ポリシー

  • オペレーティング システム ブート順序ポリシー

サービス プロファイルに電源管理ポリシー、サーバ プール資格情報ポリシー、または特定のハードウェア設定が必要な別のポリシーが含まれていない場合は、そのサービス プロファイルを Cisco UCS ドメインのどのタイプのサーバにも使用できます。

これらのサービス プロファイルは、ラックマウント サーバまたはブレード サーバのどちらかに関連付けることができます。 サービス プロファイルの移行の可否は、サービス プロファイルの移行制限を選択するかどうかによって決まります。


(注)  


移行を制限しない場合は、既存のサービス プロファイルを移行する前に、Cisco UCS Manager による新規サーバに対する互換性チェックは実行されません。 両方のサーバのハードウェアが類似していない場合、アソシエーションが失敗することがあります。


サーバ ID を継承するサービス プロファイル

このハードウェアベースのサービス プロファイルは使用も作成も簡単です。 このプロファイルは、サーバのデフォルト値を使用して、ラックマウント型サーバの管理を模倣します。 これは特定のサーバに関連付けられているため、別のサーバへの移動や移行はできません。

このサービス プロファイルを使用するために、プールや設定ポリシーを作成する必要はありません。

このサービス プロファイルは、アソシエーション時に存在する次のような ID 情報および設定情報を継承し、適用します。

  • 2 つの NIC の MAC アドレス

  • 統合ネットワーク アダプタまたは仮想インターフェイス カードについては、2 つの HBA の WWN アドレス

  • BIOS バージョン

  • サーバの UUID

重要:

このプロファイルをサーバに関連付ける前に、製造元でサーバのハードウェアに設定された値が変更された場合、このサービス プロファイルを通じて継承されたサーバの ID および設定情報は、この値とは異なる可能性があります。

サービス プロファイル テンプレート

サービス プロファイル テンプレートを使用して、vNIC や vHBA の個数などの同じ基本パラメータ、および同じプールから取得された ID 情報を使ってすばやく複数のサービス プロファイルを作成できます。


ヒント


既存のサービス プロファイルに類似した値を持つ 1 つのサービス プロファイルだけが必要な場合は、Cisco UCS Manager GUI でサービス プロファイルを複製できます。


たとえば、データベース ソフトウェアをホストするサーバの設定に、類似した値を持つ数個のサービス プロファイル が必要である場合、手動、または既存のサービス プロファイルから、サービス プロファイル テンプレートを作成できます。 その後、このテンプレートを使用して、サービス プロファイルを作成します。

Cisco UCS は、次のタイプのサービス プロファイル テンプレートをサポートしています。

初期テンプレート

初期テンプレートから作成されたサービス プロファイルはテンプレートのプロパティをすべて継承します。 初期のサービス プロファイル テンプレートから作成されたサービス プロファイルはテンプレートにバインドされます。 ただし、初期のテンプレートに対して行われた変更は、バインドされたサービス プロファイルに自動的に伝播されません。 バインドされたサービス プロファイルに変更を伝播したい場合は、そのサービス プロファイルをアンバインドしてから、再び初期テンプレートにバインドします。

アップデート テンプレート

アップデート テンプレートから作成されたサービス プロファイルはテンプレートのプロパティをすべて継承し、そのテンプレートへの接続をそのまま保持します。 アップデート テンプレートを変更すると、このテンプレートから作成されたサービス プロファイルが自動的にアップデートされます。

サービス プロファイルに関するガイドラインおよび推奨事項

サービス プロファイルまたはサービス プロファイル テンプレートに含まれるポリシー(ローカル ディスク設定ポリシーなど)やプールに固有のガイドラインと推奨事項に加え、以下のガイドラインと推奨事項にも留意する必要があります。これらの事項は、サービス プロファイルとサーバを関連付ける機能に影響します。

ラックマウント サーバで設定できる vNIC 数の制限

Cisco UCS Manager と統合されているラックマウント サーバでは、サポート対象のアダプタ(Cisco UCS P81E 仮想インターフェイスカード(N2XX-ACPCI01)など)ごとに最大 56 の vNIC を設定できます。

ラックマウント サーバの電力制限はサポート対象外

電力制限はラック サーバではサポートされません。 ラックマウント サーバに関連付けられているサービス プロファイルに電力制御ポリシーを含めた場合、そのポリシーは実行されません。

vNIC に関する QoS ポリシーのガイドライン

QoS ポリシーのプライオリティ設定が fc(ファイバ チャネル システム クラス)ではない場合にのみ、そのポリシーを vNIC に割り当てることができます。 QoS ポリシーのプライオリティに他のシステム クラスを設定できます。

vHBA に関する QoS ポリシーのガイドライン

QoS ポリシーのプライオリティ設定が fc(ファイバ チャネル システム クラス)である場合にのみ、そのポリシーを vHBA に割り当てることができます。

QoS ポリシーのホスト制御設定は vNIC にのみ適用されます。 vHBA には影響しません。

サービス プロファイルの作成

[Expert] ウィザードを使用したサービス プロファイルの作成

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
    ステップ 3   サービス プロファイルを作成する組織のノードを展開します。

    システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

    ステップ 4   組織を右クリックし、[Create Service Profile (expert)] を選択します。
    ステップ 5   [Identify Service Profile] パネルで、サービス プロファイルの [Name]、[UUID assignment] を指定して、[Next] をクリックします。

    このサービス プロファイルに任意で説明を設定できます。 UUID が使用できない場合、このパネルから UUID 接尾辞プールを作成することもできます。

    (注)     

    サービス プロファイルを手早く作成する場合は、名前を指定した後で [Finish] をクリックして構いません。 Cisco UCS Manager は、指定された名前とすべてのデフォルト値を使用して新しいサービス プロファイルを作成します。

    ステップ 6   (任意)[Networking] パネルで、[Dynamic vNIC Connection Policy] と [LAN Connectivity] のセクションに必要な情報を指定して、[Next] をクリックします。

    このパネルからダイナミック vNIC 接続ポリシーおよび LAN 接続ポリシーを作成できます。

    ステップ 7   (任意)[Storage] パネルで、[Local Storage Policy]、[SAN Connectivity]、[WWNN]、[VSAN] などの、SAN 構成情報を指定して、[Next] をクリックします。

    このパネルからローカル ディスク設定ポリシーおよび SAN 接続ポリシーを作成できます。

    ステップ 8   (任意)[Zoning] パネルで、必要なゾーン分割情報を指定して [Next] をクリックします。

    このパネルから vHBA イニシエータ グループを作成できます。

    ステップ 9   (任意)[vNIC/vHBA Placement] パネルで、配置方法と PCI 順序を指定して [Next] をクリックします。

    このパネルから配置ポリシーを作成できます。

    ステップ 10   (任意)[Server Boot Order] パネルで、ドロップダウン リストから [Boot Policy] を指定して [Next] をクリックします。

    このパネルからブート ポリシーを作成できます。

    ステップ 11   (任意)[Maintenance Policy] パネルで、メンテナンス ポリシーを指定して [Next] をクリックします。

    このパネルから、新しいメンテナンス ポリシーを作成してメンテナンス スケジュールを指定できます。

    ステップ 12   (任意)[Server Assignment] パネルで、ドロップダウン リストから [Server Assignment] を、また、サーバ割り当てに適用する電源状態を指定して [Next] をクリックします。

    このパネルからサーバ プールまたはホスト ファームウェア パッケージを作成できます。

    ステップ 13   (任意)[Operational Policies] パネルで、[BIOS Configuration]、[External IPMI Management Configuration]、[Management IP Address]、[Monitoring Configuration(Thresholds)]、[Power Control Policy Configuration]、[Scrub Policy] などのシステムの動作情報を指定して [Finish] をクリックします。
    (注)      アウトバンド IPv4 アドレス、またはインバンドの IPv4 か IPv6 のアドレスをセットアップするには、それぞれのタブをクリックして、必須フィールドに値を入力します。

    これらの各設定に必要なポリシーが見つからない場合は、このパネルで作成できます。


    サーバ ID を継承するサービス プロファイルの作成

    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
      ステップ 3   サービス プロファイルを作成する組織のノードを展開します。

      システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

      ステップ 4   組織を右クリックし、[Create Service Profile] を選択します。
      ステップ 5   [Create Service Profile] ダイアログボックスの [Naming] 領域で、次のフィールドに値を入力します。
      1. [Name] フィールドに、サービス プロファイルの識別に使用できる一意の名前を入力します。

        この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

      2. [Description] フィールドに、このサービス プロファイルの説明を入力します。
      ステップ 6   [Create Service Profile] ダイアログボックスの [vNICs] 領域で、プライマリおよびセカンダリの vNIC を選択します。
      ステップ 7   [Create Service Profile] ダイアログボックスの [vHBAs] 領域で、プライマリおよびセカンダリの vHBA を選択します。
      ステップ 8   [Create Service Profile] ダイアログボックスの [Boot Order] 領域で、プライマリおよびセカンダリのブート デバイスを選択します。
      ステップ 9   (任意)[Server Association (optional)] 領域の [Select] カラムで、サーバのオプション ボタンをクリックして、このサービスとこのサーバを関連付けます。
      ステップ 10   [OK] をクリックします。

      ブレード サーバのハードウェア ベースのサービス プロファイルの作成

      ハードウェア ベースの サービス プロファイルを別のサーバに移動することはできません。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] を展開します。
        ステップ 3   ハードウェア ベースのサービス プロファイルを作成するサーバを選択します。
        ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
        ステップ 5   [Actions] 領域で [Create Service Profile] をクリックします。
        ステップ 6   [Create Service Profile for Server] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
        1. [Create Service Profile in Organization] ドロップダウン リスト から、サービス プロファイルを作成する組織を選択します。
        2. オプション ボタンをクリックします。
        3. [Name] フィールドに、サービス プロファイルの一意の名前を入力します。

          この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

        4. Cisco UCS Manager でサービス プロファイルの vNIC を作成する場合、[Create Default vNICs] チェックボックスをオンにします。
        5. Cisco UCS Manager でサービス プロファイルの vHBA を作成する場合、[Create Default vHBAs] チェックボックスをオンにします。
        6. [OK] をクリックします。

        Cisco UCS Manager がサーバの ID および設定情報を継承して適用し、サービス プロファイルを作成してからサーバに関連付けます。


        ラックマウント サーバのハードウェア ベースのサービス プロファイルの作成

        ハードウェア ベースの サービス プロファイルを別のサーバに移動することはできません。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
          ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Rack Mounts] > [Servers] を展開します。
          ステップ 3   ハードウェア ベースのサービス プロファイルを作成するサーバを選択します。
          ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Actions] 領域で [Create Service Profile] をクリックします。
          ステップ 6   [Create Service Profile for Server] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
          1. [Create Service Profile in Organization] ドロップダウン リスト から、サービス プロファイルを作成する組織を選択します。
          2. オプション ボタンをクリックします。
          3. [Name] フィールドに、サービス プロファイルの一意の名前を入力します。

            この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

          4. Cisco UCS Manager でサービス プロファイルの vNIC を作成する場合、[Create Default vNICs] チェックボックスをオンにします。
          5. Cisco UCS Manager でサービス プロファイルの vHBA を作成する場合、[Create Default vHBAs] チェックボックスをオンにします。
          6. [OK] をクリックします。

          Cisco UCS Manager がサーバの ID および設定情報を継承して適用し、サービス プロファイルを作成してからサーバに関連付けます。


          サービス プロファイル テンプレートの使用

          サービス プロファイル テンプレートの作成

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
            ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profile Templates] を展開します。
            ステップ 3   サービス プロファイル テンプレートを作成する組織のノードを展開します。

            システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

            ステップ 4   組織を右クリックし、[Create Service Profile Template] を選択します。
            ステップ 5   [Identify Service Profile Template] パネルで、サービス プロファイルの [Name]、[Type]、[UUID Assignment] を指定し、[Next] をクリックします。

            このサービス プロファイル テンプレートの説明を任意に設定できます。

            (注)     

            サービス プロファイル テンプレートを手早く作成するには、名前を指定した後で、[Finish] をクリックして構いません。 Cisco UCS Manager は、指定された名前とすべてのシステム デフォルト値で新しいサービス プロファイル テンプレートを作成します。

            ステップ 6   (任意)[Networking] パネルで、[Dynamic vNIC Connection Policy] と [LAN Connectivity] セクションに必要な情報を指定して、[Next] をクリックします。

            このパネルからダイナミック vNIC 接続ポリシーおよび LAN 接続ポリシーを作成できます。

            ステップ 7   (任意)[Storage] パネルで、SAN 構成情報([Local Storage Policy]、[SAN Connectivity]、[WWNN]、[vHBAs] など)を指定して、[Next] をクリックします。

            このパネルからローカル ディスク設定ポリシーおよび SAN 接続ポリシーを作成できます。

            ステップ 8   (任意)[Zoning] パネルで、必要なゾーン分割情報を指定して [Next] をクリックします。

            このパネルから vHBA イニシエータ グループを作成できます。

            ステップ 9   (任意)[vNIC/vHBA Placement] パネルで、配置方法と PCI 順序を指定して [Next] をクリックします。

            このパネルから配置ポリシーを作成できます。

            ステップ 10   (任意)[Server Boot Order] パネルで、ドロップダウン リストから [Boot Policy] を指定して [Next] をクリックします。

            このパネルからブート ポリシーを作成できます。

            ステップ 11   (任意)[Maintenance Policy] パネルで、メンテナンス ポリシーを指定して [Next] をクリックします。

            このパネルから、新しいメンテナンス ポリシーを作成してメンテナンス スケジュールを指定できます。

            ステップ 12   (任意)[Server Assignment] パネルで、ドロップダウン リストの [Pool Assignment] と、割り当てに適用する電源状態からプールを指定して、[Next] をクリックします。

            このパネルからサーバ プールまたはホスト ファームウェア パッケージを作成できます。

            ステップ 13   (任意)[Operational Policies] パネルで、[BIOS Configuration]、[External IPMI Management Configuration]、[Management IP Address]、[Monitoring Configuration (Thresholds)]、[Power Control Policy Configuration]、[Scrub Policy] などのシステムの動作情報を指定して [Finish] をクリックします。
            (注)      アウトバンド IPv4 アドレス、またはインバンドの IPv4 か IPv6 のアドレスをセットアップするには、それぞれのタブをクリックして、必須フィールドに値を入力します。

            これらの各設定に必要なポリシーが見つからない場合は、このパネルで作成できます。


            サービス プロファイル テンプレートから 1 つ以上のサービス プロファイルの作成

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
              ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profile Templates] を展開します。
              ステップ 3   サービス プロファイルのベースとして使用するサービス プロファイル テンプレートを含む組織のノードを展開します。

              システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

              ステップ 4   プロファイルの作成元となるサービス プロファイル テンプレートを右クリックし、[Create Service Profiles From Template] を選択します。
              ステップ 5   [Create Service Profiles From Template] ダイアログボックスで、必要なフィールドに値を入力します。
              ステップ 6   [OK] をクリックします。

              ブレード サーバのテンプレート ベースのサービス プロファイルの作成

              はじめる前に

              Cisco UCS Manager には、適切な値の設定された正規のサービス プロファイル テンプレートが存在する必要があります。

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
                ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Servers] を展開します。
                ステップ 3   テンプレート ベースのサービス プロファイルを作成するサーバを選択します。
                ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                ステップ 5   [Actions] 領域で [Create Service Profile] をクリックします。
                ステップ 6   [Create Service Profile for Server] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                1. オプション ボタンをクリックします。
                2. [Name] フィールドに、サービス プロファイルの一意の名前を入力します。

                  この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

                3. ドロップダウンリストで、このサーバに関連付けるサービス プロファイルの作成元となるテンプレートを選択します。
                  (注)     

                  ドロップダウン リストには、選択したブレード サーバと互換性のあるサービス プロファイル テンプレートだけが表示されます。

                4. [OK] をクリックします。

                ラックマウント サーバのテンプレート ベースのサービス プロファイルの作成

                はじめる前に

                Cisco UCS Manager には、適切な値の設定された正規のサービス プロファイル テンプレートが存在する必要があります。

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Rack Mounts] > [Servers] を展開します。
                  ステップ 3   テンプレート ベースのサービス プロファイルを作成するサーバを選択します。
                  ステップ 4   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                  ステップ 5   [Actions] 領域で [Create Service Profile] をクリックします。
                  ステップ 6   [Create Service Profile for Server] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                  1. オプション ボタンをクリックします。
                  2. [Name] フィールドに、サービス プロファイルの一意の名前を入力します。

                    この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

                  3. ドロップダウンリストで、このサーバに関連付けるサービス プロファイルの作成元となるテンプレートを選択します。
                  4. [OK] をクリックします。

                  サービス プロファイルからのサービス プロファイル テンプレートの作成

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                    ステップ 3   テンプレートのベースとして使用するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。

                    システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                    ステップ 4   テンプレートの作成元となるサービス プロファイルを右クリックし、[Create a Service Profile Template] を選択します。
                    ステップ 5   [Create Template From Service Profile] ダイアログボックスで、必須フィールドに値を入力します。
                    ステップ 6   [OK] をクリックします。

                    サービス プロファイルの管理

                    サービス プロファイルのクローン化

                    手順
                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                      ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                      ステップ 3   サービス プロファイルを作成する組織のノードを展開します。

                      システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                      ステップ 4   クローンするサービス プロファイルを右クリックし、[Create a Clone] を選択します。
                      ステップ 5   [Create Clone From Service Profile] ダイアログボックスで次の作業を行います。
                      1. 新しいプロファイルに使用する名前を [Clone Name] フィールドに入力します。

                        この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

                        この名前は、サービス プロファイルを作成する組織またはサブ組織内で一意である必要があります。

                      2. [OK] をクリックします。
                      ステップ 6   作成したサービス プロファイルに移動し、すべてのオプションが正しいことを確認します。

                      サービス プロファイルとサーバまたはサーバ プールの関連付け

                      作成時にサービス プロファイルとブレード サーバまたはサーバ プールを関連付けなかった場合、またはサービス プロファイルを関連付けるブレード サーバまたはサーバ プールを変更する場合には、次の手順を実行します。

                      手順
                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                        ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                        ステップ 3   新しいサーバまたはサーバ プールに関連付けるサービス プロファイルが含まれている組織のノードを展開します。

                        システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                        ステップ 4   サーバに関連付けるサービス プロファイルを右クリックし、[Associate Service Profile] をします。
                        ステップ 5   [Associate Service Profile] ダイアログボックスで、次のいずれかのオプションを選択します。
                        オプション 説明

                        サーバ プール

                        ドロップダウン リストからサーバ プールを選択します。 Cisco UCS Manager で、サービス プロファイルにこのプールのサーバが割り当てられます。

                        ステップ 7 に進みます。

                        Server

                        ナビゲーション ツリーで適切な使用可能サーバに移動し、サービス プロファイルに割り当てるサーバを選択します。

                        ステップ 7 に進みます。

                        Custom Server

                        サービス プロファイルに割り当てられるサーバが含まれるシャーシおよびスロットを指定します。 サーバがスロット内に存在しない場合、またはそれ以外の理由で使用できない場合、サービス プロファイルは、サーバが使用できるようになったらサーバに関連付けられます。

                        ステップ 6 に進みます。

                        ステップ 6   [Custom Server] を選択した場合は、次の手順を実行します。
                        1. [Chassis Id] フィールドに、選択したサーバが配置されるシャーシの番号を入力します。
                        2. [Server Id] フィールドで、選択したサーバが配置されているスロットの番号を入力します。
                        ステップ 7   サービス プロファイルがサーバに関連付けられた後にそのサービス プロファイルの移行を制限する場合は、[Restrict Migration] チェックボックスをオンにします。

                        移行を制限しない場合は、既存のサービス プロファイルを移行する前に、Cisco UCS Manager による新規サーバに対する互換性チェックは実行されません。 両方のサーバのハードウェアが類似していない場合、アソシエーションが失敗することがあります。

                        ステップ 8   [OK] をクリックします。

                        サービス プロファイルとサーバまたはサーバ プールの関連付け解除

                        サービス プロファイルの関連付けを解除すると、Cisco UCS Manager はサーバのオペレーティング システムのシャットダウンを試みます。 ある程度の時間が経過してもオペレーティング システムがシャットダウンされない場合は、Cisco UCS Manager により、サーバが強制的にシャットダウンされます。

                        手順
                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                          ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                          ステップ 3   サーバまたはサーバ プールとの関連付けを解除するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。

                          システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                          ステップ 4   サーバとの関連付けを解除するサービス プロファイルを右クリックし、[Disassociate Service Profile] を選択します。
                          ステップ 5   [Disassociate Service Profile] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックしてサービス プロファイルの関連付けを解除することを確認します。
                          ステップ 6   (任意)サーバのステータスおよび有限状態マシン(FSM)をモニタして、アソシエーションの解除が完了したことを確認します。

                          サービス プロファイルからのインバンド設定の削除

                          この手順では、サービス プロファイルからインバンド管理 IP アドレスの設定を削除します。 このアクションがグレー表示されている場合、インバンド設定は設定されていません。

                          手順
                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                            ステップ 2   [Servers] タブの [Servers] > [Service Profiles] > [Service_Profile_Name] を展開します。
                            ステップ 3   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
                            ステップ 4   [Actions] 領域で、[Delete Inband Configuration] をクリックします。
                            ステップ 5   [Delete] の確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

                            サービス プロファイルのインバンド管理 IP アドレスの設定が削除されます。


                            サービス プロファイルの名前の変更

                            サービス プロファイルの名前を変更すると、次のことが起こります。

                            • サービス プロファイルの以前の名前を参照するイベント ログと監査ログは、その名前のまま保持されます。

                            • 名前変更の操作を記録する、新しい監査データが作成されます。

                            • サービス プロファイルの以前の名前で生じたすべての障害データは、新しいサービス プロファイル名に転送されます。


                            (注)  


                            保留中の変更があるサービス プロファイルの名前は変更できません。


                            手順
                              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                              ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                              ステップ 3   名前を変更するサービス プロファイルを含む組織のノードを展開します。

                              システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                              ステップ 4   名前を変更するサービス プロファイルをクリックします。
                              ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                              ステップ 6   [Actions] 領域で、[Rename Service Profile] をクリックします。
                              ステップ 7   [Rename Service Profile] ダイアログボックスで、[New Name] フィールドにサービス プロファイルの新しい名前を入力します。

                              この名前には、2 ~ 32 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。この名前は、同じ組織内のすべてのサービス プロファイルおよびサービス プロファイル テンプレートで一意であることが必要です。

                              ステップ 8   [OK] をクリックします。

                              サービス プロファイルの UUID の変更

                              手順
                                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                ステップ 3   UUID を変更したいサービス プロファイルを含む組織のノードを展開します。

                                システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                ステップ 4   関連付けられたサーバの UUID を変更する必要のあるサービス プロファイルを選択します。
                                ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                ステップ 6   [Actions] 領域で、[Change UUID] をクリックします。
                                ステップ 7   [UUID Assignment] ドロップダウン リストで、次のいずれかの手順を実行します。
                                オプション 説明

                                Select (pool default used by default)

                                デフォルトの UUID 接尾辞プールから UUID を割り当てます。

                                ステップ 9 に進みます。

                                製造元によってサーバに割り当てられた UUID を使用します。

                                このオプションを選択した場合、UUID はサービス プロファイルがサーバと関連付けられるまで割り当てられません。 この時点で、UUID は製造元によってサーバに割り当てられた UUID 値に設定されます。 サービス プロファイルを後で別のサーバに移動すると、UUID は新しいサーバに一致するように変更されます。

                                ステップ 9 に進みます。

                                手動で割り当てる UUID を使用します。

                                ステップ 8 に進みます。

                                Pools Pool_Name

                                ドロップダウン リストの下部のリストから選択する UUID 接尾辞プールから UUID を割り当てます。

                                各プール名の後には、プール内で利用可能な UUID の数および UUID の合計数を示す、括弧に囲まれた 2 つの数字が表示されます。

                                ステップ 9 に進みます。

                                ステップ 8   (任意) オプションを選択した場合は、次の手順を実行します。
                                1. [UUID] フィールドに、このサービス プロファイルを使用するサーバに割り当てる有効な UUID を入力します。
                                2. 選択した UUID が使用可能であることを確認するには、[here] リンクをクリックします。
                                ステップ 9   [OK] をクリックします。

                                サービス プロファイルのブート順序の変更

                                手順
                                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                  ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                  ステップ 3   ブート順序を変更するサービス プロファイルを含む組織のノードを展開します。

                                  システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                  ステップ 4   ブート順序を変更するサービス プロファイルをクリックします。
                                  ステップ 5   [Work] ペインで [Boot Order] タブをクリックします。
                                  ステップ 6   [Modify Boot Policy] をクリックして既存のブート ポリシーを変更します。
                                  ステップ 7   [Modify Boot Policy] ダイアログボックスで、[Boot Policy] ドロップダウン リストから次のいずれかを選択します。
                                  オプション 説明

                                  Select Boot Policy to use

                                  このサービス プロファイルにデフォルトのブート ポリシーを割り当てます。

                                  ステップ 14 に進みます。

                                  Create a Specific Boot Policy

                                  このサービス プロファイル テンプレートだけがアクセスできるローカル ブート ポリシーを作成できます。

                                  ステップ 8 に進みます。

                                  [Boot Policies Policy_Name]

                                  サービス プロファイルに既存のブート ポリシーを割り当てます。 このオプションを選択した場合、Cisco UCS Manager でポリシーの詳細が表示されます。

                                  既存のポリシーを使用するのではなく、すべてのサービス プロファイルがアクセスできるポリシーを作成する場合は、[Create Boot Policy] をクリックし、ステップ 2 に進みます。 それ以外の場合はステップ 14 に進みます。

                                  ステップ 8   ブート ポリシーの作成を選択した場合は、[Create Boot Policy] ダイアログボックスにポリシーの一意の名前と説明を入力します。

                                  この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

                                  ステップ 9   (任意)ブート順序の変更後にこのブート ポリシーを使用するすべてのサーバをリブートするには、[Reboot on Boot Order Change] チェックボックスをオンにします。

                                  Cisco UCS Manager GUI で、[Reboot on Boot Order Change] チェックボックスがブート ポリシーについて選択されており、CD-ROM またはフロッピーがブート順の最後のデバイスの場合に、デバイスを取り外すか、装着すると、ブート順に直接効力がなく、サーバがリブートされません。

                                  ステップ 10   (任意)必要に応じて、[Enforce vNIC/vHBA/iSCSI Name] チェックボックスをオンにします。
                                  • オンにした場合、Cisco UCS Manager は設定エラーを表示し、[Boot Order] テーブルにリストされた 1 つ以上の vNIC、vHBA、iSCSI、vNIC がサーバ プロファイル内のサーバ設定に一致するかどうかをレポートします。

                                  • オフにした場合、Cisco UCS Manager は、サービス プロファイルから(ブート オプションに応じて)vNIC、vHBA、iSCSI、または vNIC を使用します。

                                  ステップ 11   ローカル ディスク、仮想 CD-ROM、または仮想フロッピーをブート順序に追加するには、次の手順を実行します。
                                  1. 下矢印をクリックして [Local Devices] 領域を展開します。
                                  2. 次のリンクのいずれかをクリックして、デバイスを [Boot Order] テーブルに追加します。
                                    • [Add Local Disk] または
                                      • Add Local LUN
                                      • Add SD Card
                                      • Add Internal USB
                                      • Add External USB
                                    • [Add CD/DVD] または
                                      • Add Local CD/DVD
                                      • Add Local Remote CD/DVD
                                  3. 別のブート デバイスを [Boot Order] テーブルに追加するか、[OK] をクリックして作業を終了します。
                                  ステップ 12   LAN ブートをブート順序に追加するには、次の手順を実行します。
                                  1. 下矢印をクリックして [vNICs] 領域を展開します。
                                  2. [Add LAN Boot] リンクをクリックします。
                                  3. [Add LAN Boot] ダイアログボックスで、LAN ブートに使用する vNIC の名前を [vNIC] フィールドに入力して、[OK] をクリックします。
                                  4. 別のデバイスを [Boot Order] テーブルに追加するか、[OK] をクリックして作業を終了します。
                                  ステップ 13   SAN ブートをブート順序に追加するには、次の手順を実行します。
                                  1. 下矢印をクリックして [vHBAs] 領域を展開します。
                                  2. [Add SAN Boot] リンクをクリックします。
                                  3. [Add San Boot] ダイアログ ボックスで、vHBA とタイプを指定して、[OK] をクリックします。
                                  4. この vHBA がブート可能な SAN イメージを参照する場合は [Add SAN Boot Target] リンク をクリックし、[Add SAN Boot Target] ダイアログボックス で、ブート ターゲット LUN、ブート ターゲット WWPN、およびタイプを指定して、[OK] をクリックします。
                                  5. 別のブート デバイスを [Boot Order] テーブルに追加するか、[OK] をクリックして作業を終了します。
                                  ステップ 14   [OK] をクリックします。

                                  サービス プロファイル用の vNIC の作成

                                  手順
                                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                    ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                    ステップ 3   vNIC を作成するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                                    ステップ 4   vNIC を作成するサービス プロファイルを展開します。
                                    ステップ 5   [vNICs] ノードを右クリックし、[Create vNICs] を選択します。
                                    ステップ 6   [Create vNIC] ダイアログボックスで、必須フィールドに値を入力します。
                                    ステップ 7   [OK] をクリックします。

                                    サービス プロファイルからの vNIC の削除

                                    手順
                                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                      ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                      ステップ 3   vNIC を削除するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                                      ステップ 4   vNIC を削除するサービス プロファイルを展開します。
                                      ステップ 5   vNIC ノードを展開します。
                                      ステップ 6   削除する vNIC を右クリックし、[Delete] を選択します。
                                      ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                      サービス プロファイル用の vHBA の作成

                                      手順
                                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                        ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                        ステップ 3   vHBA を作成するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                                        ステップ 4   vHBA を作成するサービス プロファイルを展開します。
                                        ステップ 5   [vHBAs] ノードを右クリックし、[Create vHBAs] を選択します。
                                        ステップ 6   [Create vHBAs] ダイアログボックスで、必須フィールドに値を入力します。
                                        ステップ 7   [OK] をクリックします。

                                        vHBA に対する WWPN の変更

                                        手順
                                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                          ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                          ステップ 3   WWPN を変更する サービス プロファイル を含む組織のノードを展開します。
                                          ステップ 4   [Service_Profile_Name] > [vHBAs] を展開します。
                                          ステップ 5   WWPN を変更する vHBA をクリックします。
                                          ステップ 6   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                          ステップ 7   [Actions] 領域で、[Change World Wide Name] をクリックします。
                                          ステップ 8   [Change World Wide Port Name] ダイアログボックスで、必須フィールドに入力します。
                                          ステップ 9   [OK] をクリックします。

                                          vHBA の永続的なバインディングのクリア

                                          手順
                                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                            ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                            ステップ 3   vHBA を変更する サービス プロファイル を含む組織のノードを展開します。
                                            ステップ 4   [Service_Profile_Name] > [vHBAs] を展開します。
                                            ステップ 5   永続的なバインディングをクリアする vHBA をクリックします。
                                            ステップ 6   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                            ステップ 7   [Actions] 領域で、[Clear Persistent Binding] をクリックします。
                                            ステップ 8   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                            サービス プロファイルからの vHBA の削除

                                            手順
                                              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                              ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                              ステップ 3   vHBA を削除するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。
                                              ステップ 4   vHBA を削除するサービス プロファイルを展開します。
                                              ステップ 5   [vHBAs] ノードを展開します。
                                              ステップ 6   削除する vHBA を右クリックし、[Delete] を選択します。
                                              ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                              サービス プロファイルへの vHBA イニシエータ グループの追加

                                              手順
                                                ステップ 1   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                ステップ 2   vHBA イニシエータ グループを追加するサービス プロファイルを含む組織のノードを展開します。

                                                システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                ステップ 3   vHBA イニシエータ グループを追加するサービス プロファイルを選択します。
                                                ステップ 4   [Work] ペインで、[Storage] > [vHBA Initiator Groups] をクリックします。
                                                ステップ 5   [Select vHBA Initiator Groups] テーブルテーブルの右のアイコン バーで、[+] をクリックします。
                                                ステップ 6   [Create vHBA Initiator Group] ダイアログ ボックスで、名前と説明を設定するには、次のフィールドに入力します。
                                                名前 説明

                                                [Name] フィールド

                                                vHBA イニシエータ グループの名前。

                                                この名前には、1 ~ 16 文字の英数字を使用できます。 -(ハイフン)、_(アンダースコア)、:(コロン)、および . (ピリオド)は使用できますが、それ以外の特殊文字とスペースは使用できません。また、オブジェクトが保存された後で、この名前を変更することはできません。

                                                [Description] フィールド

                                                グループの説明。

                                                256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

                                                ステップ 7   [Select vHBA Initiators][Select vHBA Initiators] テーブルテーブルで、vHBA イニシエータ グループに含める各 vHBA の [Select] 列のチェック ボックスをオンにします。
                                                ステップ 8   イニシエータ グループにストレージ接続ポリシーを追加するには、次のオプションの 1 つを選択します。
                                                • [Storage Connection Policy] ドロップダウン リストドロップダウン リストから既存のストレージ接続ポリシーを選択します。 ステップ 10 に進みます。

                                                • Cisco UCS ドメイン内の他の vHBA のイニシエータ グループで使用可能な新しいストレージ接続ポリシーを作成する場合は、[Create Storage Connection Policy] リンクのリンクをクリックします。 詳細については、ファイバ チャネル ストレージ接続ポリシーの作成を参照してください。 ストレージ接続ポリシーを作成した後、ステップ 10 に進みます。

                                                • この vHBA のイニシエータ グループにのみ利用可能なストレージ接続ポリシーを作成するには、[Specific Storage Connection Policy] オプションオプションを選択します。 ステップ 9 に進みます。

                                                ステップ 9   この vHBA のイニシエータ グループにのみ利用可能なストレージ接続ポリシーを作成するには、[Specific Storage Connection Policy] 領域領域で、次のフィールドを入力します。
                                                名前 説明

                                                [説明] フィールド

                                                ポリシーの説明。 ポリシーが使用される場所と条件についての情報を含めることを推奨します。

                                                256 文字以下で入力します。 次を除く任意の文字またはスペースを使用できます。`(アクセント記号)、\(円記号)、^(カラット)、"(二重引用符)、=(等号)、>(大なり)、<(小なり)、または'(一重引用符)は使用できません。

                                                [Zoning Type] フィールド

                                                次のいずれかになります。

                                                • [None]:Cisco UCS Manager はファイバ チャネル ゾーン分割を設定しません。

                                                • [Single Initiator Single Target]:Cisco UCS Manager は、vHBA とストレージ ポートの組み合わせごとに 1 つのゾーンを自動作成します。 各ゾーンには 2 つのメンバが含まれます。 ゾーンの数がサポートされる最大数を超える見込みがない場合は、このタイプのゾーン分割を設定することをお勧めします。

                                                • [Single Initiator Multiple Targets]:Cisco UCS Manager は、vHBA ごとに 1 つゾーンを自動作成します。 ゾーンの数がサポートされている最大値に到達またはそれを超えると予想される場合は、このタイプのゾーン分割を設定することを推奨します。

                                                [FC Target Endpoints] テーブル

                                                このポリシーに関連付けられたファイバ チャネル ターゲット エンドポイント このテーブルには、次のカラムとボタンがあります。

                                                • [WWPN] カラム:エンドポイントに関連付けられたワールド ワイド ポート名。

                                                • [Path] カラム:エンドポイントへのパス。

                                                • [VSAN] カラム:エンドポイントに関連付けられた VSAN。

                                                • [Add] ボタン:新しい FC ターゲット エンドポイントを作成します。

                                                • [Delete] ボタン:選択したエンドポイントを削除します。

                                                • [Properties] ボタン:選択したエンドポイントのすべてのプロパティを表示します。

                                                ステップ 10   [OK] をクリックします。
                                                ステップ 11   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                                サービス プロファイル テンプレートへのサービス プロファイルのバインディング

                                                サービス プロファイルをサービス プロファイル テンプレートにバインドすることができます。 サービス プロファイルをテンプレートにバインドした場合、Cisco UCS Manager により、サービス プロファイル テンプレートで定義された値を使ってサービス プロファイルが設定されます。 既存のサービス プロファイル設定がテンプレートと一致しない場合、Cisco UCS Manager により、サービス プロファイルが再設定されます。 バインドされたサービス プロファイルの設定は、関連付けられたテンプレートを使用してのみ変更できます。

                                                手順
                                                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                  ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                  ステップ 3   バインドする サービス プロファイル が含まれている組織のノードを展開します。

                                                  システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                  ステップ 4   バインドする サービス プロファイル をクリックします。
                                                  ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                  ステップ 6   [Actions] 領域で、[Bind to a Template] をクリックします。
                                                  ステップ 7   [Bind to a Service Profile Template] ダイアログボックスで、次の手順を実行します。
                                                  1. [Service Profile Template] ドロップダウン リストから、サービス プロファイル にバインドするテンプレートを選択します。
                                                  2. [OK] をクリックします。

                                                  サービス プロファイル テンプレートからのサービス プロファイルのバインド解除

                                                  手順
                                                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                    ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                    ステップ 3   バインドを解除する サービス プロファイル が含まれている組織のノードを展開します。

                                                    システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                    ステップ 4   バインドを解除する サービス プロファイル をクリックします。
                                                    ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                    ステップ 6   [Actions] 領域で [Unbind from the Template] をクリックします。
                                                    ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                                    サービス プロファイルの削除

                                                    手順
                                                      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                      ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] > [Organization_Name] を展開します。
                                                      ステップ 3   削除するサービス プロファイルを右クリックし、[Delete] を選択します。
                                                      ステップ 4   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
                                                      ステップ 5   [OK] をクリックします。

                                                      サービス プロファイル テンプレートの管理

                                                      サービス プロファイル テンプレートとサーバ プールの関連付け

                                                      作成時にサービス プロファイル テンプレートとサーバ プールを関連付けなかった場合、またはこのテンプレートから作成されたサービス プロファイルに関連付けるサーバ プールを変更する場合には、次の手順を実行します。

                                                      手順
                                                        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                        ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profile Templates] を展開します。
                                                        ステップ 3   サーバ プールに関連付けるサービス プロファイルが含まれている組織のノードを展開します。

                                                        システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                        ステップ 4   サーバ プールに関連付けるサービス プロファイル テンプレートを右クリックして、[Associate with Server Pool] を選択します。

                                                        [Associate with Server Pool] ダイアログボックスが開きます。

                                                        ステップ 5   [Pool Assignment] ドロップダウン リストの [Server Pool] セクションから、サーバ プールを選択します。

                                                        [Assign Later] を選択すると、サービス プロファイル テンプレートはサーバ プールに関連付けられません。

                                                        ステップ 6   (任意)[Select Qualification] ドロップダウン リストから、このテンプレートで作成したサービス プロファイルに関連付けられているサーバに適用するサーバ プール ポリシー資格情報を選択します。
                                                        ステップ 7   [OK] をクリックします。

                                                        サーバ プールからのサービス プロファイル テンプレートの関連付け解除

                                                        手順
                                                          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                          ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profile Templates] を展開します。
                                                          ステップ 3   サーバ プールとの関連付けを解除するサービス プロファイルが含まれる組織のノードを展開します。

                                                          システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                          ステップ 4   サーバ プールとの関連付けを解除するサービス プロファイル テンプレートを右クリックし、[Disassociate Template] を選択します。
                                                          ステップ 5   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                                                          サービス プロファイル テンプレートの UUID の変更

                                                          手順
                                                            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                            ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profile Templates] を展開します。
                                                            ステップ 3   UUID を変更するサービス プロファイル テンプレートを含む組織のノードを展開します。

                                                            システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                            ステップ 4   UUID 割り当てを変更するサービス プロファイル テンプレートを選択します。
                                                            ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                            ステップ 6   [Actions] 領域で、[Change UUID] をクリックします。
                                                            ステップ 7   [UUID Assignment] ドロップダウン リストから、次のいずれかを選択します。
                                                            オプション 説明

                                                            Select (pool default used by default)

                                                            デフォルトの UUID 接尾辞プールから UUID を割り当てます。

                                                            製造元によってサーバに割り当てられた UUID を使用します。

                                                            このオプションを選択した場合、UUID はサービス プロファイルがサーバと関連付けられるまで割り当てられません。 この時点で、UUID は製造元によってサーバに割り当てられた UUID 値に設定されます。 サービス プロファイルを後で別のサーバに移動すると、UUID は新しいサーバに一致するように変更されます。

                                                            Pools Pool_Name

                                                            ドロップダウン リストの下部のリストから選択する UUID 接尾辞プールから UUID を割り当てます。

                                                            各プール名の後には、プール内で利用可能な UUID の数および UUID の合計数を示す、括弧に囲まれた 2 つの数字が表示されます。

                                                            ステップ 8   [OK] をクリックします。

                                                            サービス プロファイルに割り当てられた UUID の、サービス プロファイル テンプレートのプールからのリセット

                                                            更新中のサービス プロファイル テンプレートに割り当てられている UUID サフィックス プールを変更しても、Cisco UCS Manager により、そのテンプレートにより作成されたサービス プロファイルに割り当てられている UUID は変更されません。 Cisco UCS Manager を使用して、新しくサービス プロファイルに割り当てられたプールから UUID を割り当て、これを関連付けられたサーバに反映させるには、UUID をリセットする必要があります。 サービス プロファイルおよび関連付けられたサーバに割り当てられている UUID は、次の状況でのみリセットできます。

                                                            • サービス プロファイルが更新中のサービス プロファイル テンプレートから作成されていて、UUID 接尾辞プールから割り当てられた UUID が含まれている。

                                                            • UUID 接尾辞プール名がサービス プロファイルで指定されている。 たとえば、プール名が空でない場合です。

                                                            • UUID の値が 0 でない(サーバ ハードウェアに由来しない)。

                                                            手順
                                                              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                              ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                              ステップ 3   UUID をリセットするサービス プロファイルがインクルードされた組織に対応するノードを展開します。

                                                              システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                              ステップ 4   関連付けられたサーバの UUID を別の UUID 接尾辞プールにリセットする必要があるサービス プロファイルを選択します。
                                                              ステップ 5   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                              ステップ 6   [Actions] 領域で [Reset UUID] をクリックします。

                                                              この処理が表示されない場合、そのサービス プロファイルの UUID 設定は UUID のリセット要件を満たしていません。

                                                              ステップ 7   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
                                                              ステップ 8   [OK] をクリックします。

                                                              vNIC に割り当てられた MAC アドレスの、サービス プロファイル テンプレートのプールからのリセット

                                                              更新中のサービス プロファイル テンプレートに割り当てられている MAC プールを変更しても、Cisco UCS Manager より、そのテンプレートにより作成されたサービス プロファイルに割り当てられている MAC アドレスは変更されません。 Cisco UCS Manager を使用して、新しくサービス プロファイルに割り当てられたプールから MAC アドレスを割り当て、これを関連付けられたサーバに反映させるには、MAC アドレスをリセットする必要があります。 サービス プロファイルおよび関連付けられたサーバに割り当てられている MAC アドレスは、次の状況でのみリセットできます。

                                                              • サービス プロファイルが更新中のサービス プロファイル テンプレートから作成されていて、MAC プールから MAC アドレスが割り当てられている。

                                                              • MAC プール名がサービス プロファイルで指定されている。 たとえば、プール名が空でない場合です。

                                                              • MAC アドレスの値が 0 でない(サーバ ハードウェアに由来しない)。

                                                              手順
                                                                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                                ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                                ステップ 3   MAC アドレスをリセットするサービス プロファイル がインクルードされた組織に対応するノードを展開します。

                                                                システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                                ステップ 4   [Service_Profile_Name] > [vNICs] の順に展開します。
                                                                ステップ 5   リセットする MAC アドレスに対応する vNIC をクリックします。
                                                                ステップ 6   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                                ステップ 7   [Actions] 領域で [Reset MAC Address] をクリックします。
                                                                ステップ 8   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
                                                                ステップ 9   [OK] をクリックします。

                                                                vHBA に割り当てられた WWPN の、サービス プロファイル テンプレートのプールからのリセット

                                                                更新中のサービス プロファイル テンプレートに割り当てられている WWPN プールを変更しても、Cisco UCS Manager により、そのテンプレートにより作成されたサービス プロファイルに割り当てられている WWPN は変更されません。 Cisco UCS Manager を使用して、新しくサービス プロファイルに割り当てられたプールから WWPN を割り当て、これを関連付けられたサーバに反映させるには、WWPN をリセットする必要があります。 サービス プロファイルおよび関連付けられたサーバに割り当てられている WWPN は、次の状況でのみリセットできます。

                                                                • サービス プロファイルが更新中のサービス プロファイル テンプレートから作成されていて、WWPN プールから WWPN が割り当てられている。

                                                                • WWPN プール名がサービス プロファイルで指定されている。 たとえば、プール名が空でない場合です。

                                                                • WWPN の値が 0 でない(サーバ ハードウェアに由来しない)。

                                                                手順
                                                                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                                  ステップ 2   [Servers] タブで、[Servers] > [Service Profiles] を展開します。
                                                                  ステップ 3   WWPN をリセットするサービス プロファイルがインクルードされた組織に対応するノードを展開します。

                                                                  システムにマルチテナント機能が備えられていない場合は、[root] ノードを展開します。

                                                                  ステップ 4   [Service_Profile_Name] > [vHBAs] を展開します。
                                                                  ステップ 5   リセットする WWPN に対応する vHBA をクリックします。
                                                                  ステップ 6   [Work] ペインの [General] タブをクリックします。
                                                                  ステップ 7   [Actions] 領域で [Reset WWPN] をクリックします。
                                                                  ステップ 8   Cisco UCS Manager GUI に確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。
                                                                  ステップ 9   [OK] をクリックします。

                                                                  サービス プロファイル テンプレートからのインバンド設定の削除

                                                                  この手順では、サービス プロファイル テンプレートからインバンド管理 IP アドレスの設定を削除します。 このアクションがグレー表示されている場合、インバンド設定は設定されていません。

                                                                  手順
                                                                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Servers] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 2   [Servers] タブの [Servers] > [Service Profile Template] > [Service_Profile_Template_Name] を展開します。
                                                                    ステップ 3   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
                                                                    ステップ 4   [Actions] 領域で、[Delete Inband Configuration] をクリックします。
                                                                    ステップ 5   [Delete] の確認ダイアログボックスで [Yes] をクリックします。

                                                                    サービス プロファイル テンプレートのインバンド管理 IP アドレスの設定が削除されます。


                                                                    次の作業