ESX 用 Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバ インストレーション ガイド
Cisco UCS VIC ドライバのダウンロードとインストール
Cisco UCS VIC ドライバのダウンロードとインストール
発行日;2013/01/23   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco UCS VIC ドライバのダウンロードとインストール

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco UCS VIC ドライバのダウンロード

ISO イメージ バンドルの入手

手順
    ステップ 1   Web ブラウザで、http:/​/​www.cisco.comを開きます。
    ステップ 2   [Support] の下で、[Download Software] をクリックします。
    ステップ 3   [Unified Computing and Servers] をクリックします。
    ステップ 4   プロンプトが表示された場合は、Cisco.com ユーザ名およびパスワードを入力して、ログインします。

    Unified Computing System(UCS)ドライバをダウンロードするには、サインインする必要があります。

    ステップ 5   サーバを選択します。

    Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバと Cisco UCS C シリーズ ラックマウント UCS 管理サーバ ソフトウェアの両方の Cisco UCS ドライバが利用可能です。

    ステップ 6   [Unified Computing System (UCS) Drivers] をクリックします。
    ステップ 7   [Release Notes] ボタンをクリックして、リリース ノートの最新バージョンをダウンロードします。
    ステップ 8   ダウンロードする各ドライバ ISO に対して、次の作業を行います。
    1. ダウンロードするリリースのリンクをクリックします。

      デフォルトでは最新のリリース バージョンが選択されます。

    2. ダウンロード方式を選択し、ドライバのダウンロードを実行します。プロンプトに従います。
      Download Now

      ソフトウェアを即時ダウンロードします。

      Add to Cart

      後でダウンロードするドライバ ISO をカートに追加します。

    ステップ 9   Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバをインストールする前にリリース ノートをお読みください。

    Cisco UCS VIC ドライバのインストール

    取り付け方法

    Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバ(ESX 用)の場合、次のようにインストールできます。

    • 新しい ESX OS のインストール時。
    • サービス コンソールまたはコマンド プロンプトを使用した OS のインストール後。

    Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバ をインストールし、更新するために管理者権限が必要となります。

    OS インストール中の ESX ドライバのインストール

    仮想メディアのイメージは、物理メディアの代わりとして、次の手順で使用される場合があります。

    手順
      ステップ 1   ホスト マシンの DVD ドライブに ESX のインストール DVD を挿入します。
      ステップ 2   ESX ホストを再起動します。
      ステップ 3   ライセンス契約の条項を受け入れます。
      ステップ 4   キーボード タイプを選択します。
      ステップ 5   カスタム ドライバのプロンプトが表示されたら、[Yes] をクリックしてカスタム ドライバをインストールします。
      ステップ 6   ESX のインストール DVD を取り出し、[Add] をクリックします。
      ステップ 7   追加の eNIC または fNIC ドライバ CD を ESX ホストの DVD ドライバに入れ、[Next] をクリックします。
      ステップ 8   システム ドライバをロードするには、[Yes] をクリックします。
      ステップ 9   ESX のインストールを完了します。

      ドライバがインストールされると、ドライバ CD を取り出し、ESX のインストール DVD を挿入するよう求められます。


      ドライバが適切にロードされると、次のメッセージの 1 つが、リブート後にコンソール画面に表示されます。

      Kernel module enic was loaded, but has no signature attached.

      Kernel module fnic was loaded, but has no signature attached.

      既存の ESX ドライバの更新

      ドライバ ISO イメージから ESX ホストにコピーされたオフライン バンドルをインストールするには、この手順を使用できます。

      手順
        ステップ 1   ESX ホストに ISO イメージの内容を展開します。
        ステップ 2   インストールされる eNIC または fNIC ドライバを含む offline-bundle.zip ファイルを探します。
        ステップ 3   [DataStore Browser] を使用して、offline-bundle.zip ファイルを ESX ホストのデータストアにアップロードします。
        ステップ 4   root のような管理者権限を持つアカウントを使用して ESX ホストにログインします。
        ステップ 5   /vmfs/volumes/datastorename/に移動し、offline-bundle.zip ファイルを見つけます。
        ステップ 6   esxupdate update --nosigcheck --olderversion --maintenancemode --bundle offline-bundle.zip コマンドを実行します。

        olderversion は変数ではありません。 olderversion はそのままの形のコマンドで、既存の古いバージョンを新しいドライバで置き換えることを示します。

        (注)     

        ESX ドライバは未署名です。 nosigcheck オプションを使用しないと、インストールは失敗します。

        ステップ 7   ESX ホストをリブートします。

        ドライバが適切にロードされると、次のメッセージの 1 つが、リブート後にコンソール画面に表示されます。

        Kernel module enic was loaded, but has no signature attached.

        Kernel module fnic was loaded, but has no signature attached.

        次に、既存の ESX ドライバを最新バージョンに更新する例を示します。

        UCS-A# esxupdate update --nosigcheck --olderversion --maintenancemode --bundle fnic-1.4.0.195-esx400-release.zip