Windows 用 Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバ インストレーション ガイド
概要
概要
発行日;2013/01/23   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

概要

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco UCS 仮想インターフェイス カード ドライバの概要

Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)ドライバは、サポートされるオペレーティング システムと Cisco UCS 仮想インターフェイス カード(VIC)との間の通信を容易にします。

Cisco UCS VIC ドライバ ISO バンドルには、eNIC ドライバと fNIC ドライバが含まれます。 eNIC は Cisco UCS VIC イーサネット NIC 用のドライバです。 fNIC はイーサネット HBA 上の Cisco UCS VIC ファイバ チャネル用のドライバです。

Windows の場合、サーバが Microsoft iSCSI イニシエータを使用してシスコ VIC イーサネット インターフェイスから起動されたときの Windows のクラッシュ ダンプをサポートする iSCSI のクラッシュ ダンプ ドライバも ISO バンドルに含まれています。

サポート対象ハードウェアおよびソフトウェア

サポートされているハードウェアおよびソフトウェアの完全なリストについては、次の URL にあるこのリリースの『Hardware and Software Interoperability Matrix』を参照してください。http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps10477/​prod_​technical_​reference_​list.html