Cisco UCS Manager VM-FEX for VMware CLI コンフィギュレーション ガイド
Cisco VEM ソフトウェア バンドル の取り付け
Cisco VEM ソフトウェア バンドル の取り付け
発行日;2012/10/24   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco VEM ソフトウェア バンドル の取り付け

この章の内容は、次のとおりです。

Cisco VEM ソフトウェア バンドルインストールの概要

VM-FEX 機能を Cisco UCS で使用するには、Cisco UCS サーバに Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードをインストールし、VMware ESX の正しいソフトウェア バージョンと Cisco VEM ソフトウェア バンドルをそれにインストールする必要があります。 インストールするソフトウェアは、標準モードまたはハイパフォーマンス モードのどちらで VM-FEX 機能を使用するかによって異なります。 詳細については、Cisco VEM ソフトウェア バンドル の前提条件を参照してください。

Cisco VEM ソフトウェア バンドル の前提条件

Cisco VEM ソフトウェア バンドルをインストールする前に、次の前提条件を満たしていることを確認してください。

  • ハイパーバイザ ホストとして使用するサーバに Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードをインストールする必要があります。 Cisco UCS M81KR 仮想インターフェイス カードのインストールについての詳細は、『Cisco UCS 5108 Server Chassis Hardware Installation Guide』を参照してください。
  • Cisco UCS Manager ホストに、正しいバージョンの VMware ESX または ESXi ソフトウェアをインストールする必要があります。 標準モードの VM-FEX の場合、VMware ESX バージョン 4.0、Update 1 以降のバージョンのソフトウェアをインストールする必要があります。 標準モードとハイパフォーマンス モードの VM-FEX の場合、VMware ESXi 5.0 以降のバージョンのソフトウェアをインストールする必要があります。 これらの VMware ソフトウェア バージョンのインストールの詳細については、ESX または ESXi 4.0 の Update 3、ESX または ESXi 4.1 の Update 1、および互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルへのホストのアップグレードまたはESXi 5.0 および互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルへのホストのアップグレードを参照してください。
  • ハイパーバイザ ホストで、正しいバージョンの Cisco VEM ソフトウェア バンドルをインストールする必要があります。 インストールする Cisco VEM ソフトウェア バンドルは、ハイパーバイザ ホストにインストールした VMware ESX または ESXi のバージョンによって異なります。 VMware ESX ソフトウェアと Cisco VEM ソフトウェア バンドル の互換性のあるバージョンの詳細については、Cisco UCS Manager の起動ページ[Cisco Virtual Machine Fabric Extender(VM-FEX)Downloads] リンクをクリックするか、『Hardware and Software Interoperability Matrix for B Series Servers』を参照してください。

    (注)  


    VEM ソフトウェア バンドルは、もう 1 つの製品である Cisco Nexus 1000V スイッチのコンポーネントでもあります。 VEM バンドルのインストール中にこの製品についての言及があっても、懸念する必要がありません。 この言及は単に表面的なものであり、VM-FEX のインストールおよび実装の結果に影響が及ぼされることはありません。


  • Cisco VEM ソフトウェア バンドルを取得する必要があります。 バンドルをダウンロードするには、Cisco UCS Manager の起動ページの [ Cisco Virtual Machine Fabric Extender (VM-FEX) Downloads] リンクをクリックします。
  • インストール警告に注意する必要があります。 詳細については、『Release Notes for Cisco UCS Managerを参照してください。

VUM を使用したCisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレード

VMware vSphere Update Manager(VUM)を使用して Cisco VEM ソフトウェア バンドルをインストールするには、VMware vSphere クライアントにログインして、VM-FEX ドライバ VIB またはバンドルを cisco.com からローカルにコピーし、VUM にインポートする必要があります。

VUM の設定の詳細については、VMware の製品マニュアルを参照してください。

ESX または ESXi 4.0 の Update 3、ESX または ESXi 4.1 の Update 1、および互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルへのホストのアップグレード

この手順を使用して、ESX または ESXi 4.0 の Update 3、または 4.1 の Update 1 にホストをアップグレードし、同時に Cisco VEM ソフトウェア バンドルをアップグレードすることができます。


(注)  


VMware VUM を使用してこの手順を実行することもできます。 詳細については、VUM を使用したCisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレード と VMware のマニュアルを参照してください。
はじめる前に
  • ESX または ESXi ホスト ソフトウェアおよび Cisco VEM ソフトウェア バンドル/tmp ディレクトリにコピーしておきます。 ESX または ESXi バージョン、および Cisco UCS リリースの正しい Cisco VEM ソフトウェア バンドルを判別するには、『Hardware and Software Interoperability Matrix for B Series Servers』を参照してください。
手順
    ステップ 1   VM の電源をオフにするか、別のホストにすべての VM を移行します。
    ステップ 2   vSwitch に vmk0 管理インターフェイスを移行します。
    ステップ 3   パススルー スイッチング(PTS)モードからホストを削除します。
    ステップ 4   ESX または ESXi 4.0 の Update 1、または ESX または ESXi 4.0 の Update 3 からアップグレードする場合は、パススルー スイッチング(PTS)をイネーブルにする VIB をアンインストールします。 それ以外の場合は、ステップ 6 に進みます。
    1. 次のコマンドを入力して、Cisco VEM VIB を識別します。 esxupdate query --vib-view | grep cross_cisco | grep installed

      出力が表示され、削除する VIB パッケージが示されます。

    2. 次のコマンドを入力して VIB を削除します。

      esxupdate -b VIB_package remove



      例:
      [root@serialport -]# esxupdate query --vib-view  |  grep cross_cisco | grep installed
      [root@serialport -]# cross_cisco-vem-v100-esx_4.0.4.1.1.31-1.11.11 installed 2010-03-11T10:02:29.076573-05:00
      [root@serialport -]# esxupdate -b cross_cisco-vem-v100-esx_4.0.4.1.1.31-1.11.11 remove
    ステップ 5   ESX または ESXi 4.0 の Update 1 から、ESX または ESXi 4.0 の Update 3 にホストをアップグレードする場合、ESX または ESXi Patch 04(ESX400-201001001.zip)と ESX または ESXi Patch 05(ESX400-201003001.zi)がまだインストールされていない場合は、それらを /tmp ディレクトリにコピーしてインストールします。 それ以外の場合は、ステップ 6 に進みます。

    vihostupdate --install --bundle "[path to VMware Update offline patch]" --server [vsphere host IP address]"



    例:
    [root@serialport -]# vihostupdate --install --bundle "/tmp/Patch04/ESX400-201002001.zip" --server 10.10.10.1
    [root@serialport -]# vihostupdate --install --bundle "/tmp/Patch05/BuiltByVMware/ESX/20100330/ESX400-201003001.zip" --server 10.10.10.1
    
    ステップ 6   ESX または ESXi ホスト ソフトウェアと Cisco VEM ソフトウェア バンドルがコピーされたディレクトリに移動します。

    例:
    [root@serialport -]# cd tmp
    [root@serialport tmp]#
    
    ステップ 7   ホストをメンテナンス モードにします。
    ステップ 8   vihostupdate コマンドを入力します。

    vihostupdate --install --bundle "[path to VMware Update offline bundle]", "[path to Cisco updated VEM offline bundle] --server [vsphere host IP address]"



    例:

    次に、クライアントから vihostupdate コマンドを使用して ESX 4.0、Update 3 にアップグレードする方法を示します。

    [root@serialport tmp]# vihostupdate --install --bundle "/tmp/update-from-esx4.0-4.0_update03.zip", "/root/UPGRADE/BL/VEM400-201101406.zip --server 10.10.10.1
    Enter username: root
    Enter password:
    Please wait installation in progress  …
    The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
    [root@serialport tmp]#
    


    例:

    次に、クライアントから vihostupdate コマンドを使用して ESX 4.1、Update 1 にアップグレードする方法を示します。

    [root@serialport tmp]# vihostupdate --install --bundle "/tmp/update-from-esx4.1-4.1_update01.zip" , "/root/UPGRADE/BL/VEM410-201101407.zip" --server 10.10.10.1
    Enter username: root
    Enter password:
    Please wait patch installation is in progress ...
    The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
    
    ステップ 9   ホストをリブートします。
    ステップ 10   インストールが成功したことを確認します。 インストールが正常に完了すると、正しい ESX または ESXi バージョンと正しい Cisco VEM ソフトウェア バンドルがインストールされたことが示されます。

    例:

    次に、正しい Cisco VEM ソフトウェア バンドルがインストールされたことを確認する例を示します。

    [root@serialport tmp]# esxupdate query --vib-view | grep cross_cisco | grep installed
    cross_cisco-vem-v130-esx_4.2.1.1.4.0.0-1.20.1                      installed     2011-08-18T00:01:07.104096+00:00 
    [root@serialport tmp]# vmkload_mod -l | grep vem
    vem-v130-svs-mux    0x418035e73000    0x4000      0x417ff6d1fc40    0x1000        56 Yes    
    vem-v130-pts        0x418035e77000    0x16000     0x417ff6d193c0    0x1000        57 Yes    
    

    次に、ESX 4.0 の Update 3 がインストールされたことを確認する例を示します。

    [root@serialport tmp]# vmware -v
    VMware ESX 4.0.0 build-398348
    [root@serialport tmp]#
    
    次に、ESX 4.1 の Update 1 がインストールされたことを確認する例を示します。
    [root@serialport tmp]# vmware -v
    VMware ESX 4.1.0 build-348481
    [root@serialport tmp]#
    ステップ 11   メンテナンス モードからホストを削除します。
    ステップ 12   ホストをパススルー スイッチング(PTS)モードにします。
    ステップ 13   vmk0 管理インターフェイスをホストに移行します。
    ステップ 14   VM の電源をオンにするか、元のホストにすべての VM を移行します。

    ESXi 5.0 および互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルへのホストのアップグレード

    CD、DVD、または USB ドライブからインタラクティブなアップグレードを使用するか、VMware vSphere Update Manager(VUM)(オンライン アップグレードとも呼ばれる)を使用することで、互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルを持つ ESXi 5.0 にホストをアップグレードできます。

    はじめる前に

    ESXi 5.0 ホストのソフトウェアと Cisco VEM ソフトウェア バンドルを /tmp ディレクトリにコピーしておきます。 使用する適切な Cisco VEM ソフトウェア バンドルを判別するには、『Hardware and Software Interoperability Matrix for B Series Servers』を参照してください。

    手順
      ステップ 1   Cisco UCS をリリース 1.4 にアップグレードし、ESX または ESXi ホストを次のリリースのいずれかにアップグレードします。
        • リリース 4.0、Update 3(Cisco VEM ソフトウェア バンドル v130-4.2.1.1.4.0.0-1.20.1.vib 付き)(VUM が使用された場合は v129-4.2.1.1.4.0.0-1.20.1.vib)
        • リリース 4.1、Update 1(Cisco VEM ソフトウェア バンドル v130-4.2.1.1.4.0.0-2.0.1.vib 付き)(VUM が使用された場合は v129-4.2.1.1.4.0.0-2.0.1.vib)

      詳細については、ESX または ESXi 4.0 の Update 3、ESX または ESXi 4.1 の Update 1、および互換性のある Cisco VEM ソフトウェア バンドルへのホストのアップグレードを参照してください。

      ステップ 2   Cisco UCSをリリース 2.0 にアップグレードします。

      詳細については、『Upgrading Cisco UCS from Release 1.4 to Release 2.0』を参照してください。

      ステップ 3   VM-FEX for VMwareにはカスタム .vib ファイルが必要な Cisco VEM があるため、Cisco VEM ソフトウェア バンドルを含む、カスタム ESX をインストールできる ISO ファイルを作成します。 このカスタム ESX をインストールできる ISO ファイルは ESXi 5.0 ホストのアップグレードの一部としてインストールされます。

      詳細は、vSphere 5.0 に関する VMware の『vSphere Upgrade』マニュアルにある「Upgrading Hosts That Have Third-Party Custom VIBs」セクションを参照してください。

      ステップ 4   ホストを ESXi 5.0 にアップグレードし、カスタム ESX をインストールできる ISO ファイルをインストールします。

      詳細については、vSphere 5.0 に関する VMware の『vSphere Upgrade』マニュアルを参照してください。

      (注)     

      VUM を使用して ESXi 5.0 にホストをアップグレードすることもできます。 詳細については、VUM を使用したCisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレード と VMware のマニュアルを参照してください。


      ESX または ESXi ホストでの Cisco VEM ソフトウェアバンドルのインストールまたはアップグレード

      次の手順に従って、Cisco VEM ソフトウェア バンドルをホストにインストールします。


      (注)  


      VMware VUM を使用してこの手順を実行することもできます。 詳細については、VUM を使用したCisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレード と VMware のマニュアルを参照してください。
      はじめる前に
      • ESX または ESXi ホスト ソフトウェアおよび Cisco VEM ソフトウェア バンドル/tmp ディレクトリにコピーしておきます。 ESX または ESXi バージョン、および Cisco UCS リリースの正しい Cisco VEM ソフトウェア バンドルを判別するには、『Hardware and Software Interoperability Matrix for B Series Servers』を参照してください。
      手順
        ステップ 1   ESX または ESXi ホスト ソフトウェアと Cisco VEM ソフトウェア バンドルがコピーされたディレクトリに移動します。

        例:
        [root@serialport -]# cd tmp
        [root@serialport tmp]#
        
        ステップ 2   ホストが ESXi リリース 5 にある場合は、ステップ 3 に進みます。 ホストが ESX または ESXi リリース 4.0 または 4.1 にある場合、次のいずれかを実行します。
        • クライアントからリモートでこのインストールまたはアップグレードを実行する場合は、ホストをメンテナンス モードにして、vihostupdate コマンドを入力します。

          vihostupdate --install --bundle [path to desired offline Cisco VEM software bundle] --server [vsphere host IP address]



        例:

        次の例は、Cisco VEM ソフトウェア バンドルをリモートからインストールまたはアップグレードする例を示します。

        [root@serialport ~]# vihostupdate --install --bundle VEM400-201108405.zip  --server 192.0.2.1
        Enter username: root
        Enter password:
        Please wait patch installation is in progress ...
        Host updated successfully.
        
        
        • ESX ホストまたは ESXi ホストのローカルでこのインストールまたはアップグレードを実行する場合は、各ホストに個別にログインして、/tmp ディレクトリから esxupdate コマンドを使用して VEM ソフトウェアをインストールします。 ソフトウェアが手動でホストにロードされ、カーネル モジュールがロードされ、実行中のシステム上で VEM Agent が起動します。

          esxupdate --bundle [VMware offline update bundle] update



        例:

        次に、Cisco VEM ソフトウェア バンドルをホストでローカルにインストールまたはアップグレードする例を示します。

        ~ # esxupdate -b cross_cisco-vem-v132-4.2.1.1.4.1.0-1.20.4.vib update
        cross_cisco-vem-v132-4.2.1.1.4.1.0-1.20.4.vib                     ############################################################################################ [100%]
        
        Unpacking cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-1.20.4.vib       ############################################################################################ [100%]
        
        Installing packages :cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-1.2.. ############################################################################################ [100%]
        
        Running [/usr/sbin/vmkmod-install.sh]...
        ok.
        
        
        ステップ 3   ホストが ESXi リリース 5.0 にある場合、次のいずれかを実行します。
        • クライアントからリモートでこのインストールまたはアップグレードを実行する場合は、ホストをメンテナンス モードにして、次のように esxcli コマンドを入力します。

          esxcli --server Server-IP-Address software vib install --viburl URL-Path-to-vib



        例:

        次に、クライアントからリモートでこのインストールまたはアップグレードを行う方法を示します。

        # esxcli --server 30.20.41.197 software vib install --viburl http://192.0.2.1/cross_cisco-vem-v132-4.2.1.1.4.1.0-3.0.4.vib
        Enter username: root
        Enter password: 
        Installation Result
           Message: Operation finished successfully.
           Reboot Required: false
           VIBs Installed: Cisco_bootbank_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-3.0.4
           VIBs Removed: 
           VIBs Skipped:
        
        • ホストでローカルにこのインストールまたはアップグレードを行う場合、各ホストに別個にログインして、/tmp ディレクトリから次のコマンドを入力します。

          esxcli software vib install -v /vib-file



        例:

        次に、このインストールまたはアップグレードをホストでローカルに行う方法を示します。

        # esxcli software vib install -v /cross_cisco-vem-v132-4.2.1.1.4.1.0-3.0.4.vib
        Installation Result
           Message: Operation finished successfully.
           Reboot Required: false
           VIBs Installed: Cisco_bootbank_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-3.0.4
           VIBs Removed: 
           VIBs Skipped:
        
        ステップ 4   (任意)次のコマンドを使用して、Cisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレードが ESX または ESXi 4.0、4.1 または 5.0 のホストで正常に完了したことを確認します。

        esxcli software vib get | grep name

        vmkload_mod -l |grep pts



        例:

        次に、Cisco VEM ソフトウェア バンドルのインストールまたはアップグレードが ESX 4.1 ホストで正常に完了したことを確認する方法を示します。

        ~ # esxupdate query --v |grep cisco
        cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-2.0.4                        installed     2011-09-04T20:03:24.794110+00:00
        ~ # vmkload_mod -l |grep pts
        mptsas                   2    256
        vem-v132-pts             0    132
        ~ #
        #
        

        Cisco VEM ソフトウェア バンドルのアンインストール

        ホストからCisco VEM ソフトウェア バンドルをアンインストールするには、次の手順に従います。 使用するコマンドによって、ホストからソフトウェアが削除され、カーネル モジュールが取り除かれて、実行中のシステムで VEM Agent が停止されます。

        はじめる前に
        • ホストがどの DVS にも属していないことを確認します。確認するには、次に示すアクティブ ポートをすべて DVS から削除します。
          • VMware カーネル NIC
          • 仮想スイッチ インターフェイス
          • 仮想 NIC
        • セキュア シェル(SSH)を使用して ESX または ESXi ホストにリモートでログインしておきます。
        手順
          ステップ 1   ホストが ESXi リリース 5.0 にある場合は、ステップ 2 に進みます。 ホストが ESX または ESXi のリリース 4.0 または 4.1 にある場合、esxupdate remove -b VEM_name コマンドを使用して Cisco VEM ソフトウェア バンドルをアンインストールします。

          例:

          次に、ESX または ESXi のリリース 4.1 にあるホストから Cisco VEM ソフトウェア バンドルを削除する例を示します。

          [root@serialport ~]# esxupdate remove -b cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-2.0.4
          Removing cisco-vem-v132-esx                                    ####################################################################################### [100%]
          
          Running [/usr/sbin/vmkmod-install.sh]...
          ok.
          [root@serialport ~]# esxupdate query --v |grep cisco
          cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-2.0.4                                      uninstalled   2011-09-05T09:04:51.096141-07:00
          [root@serialport ~]#
          
          
          ステップ 2   ESXi 5.0 ホストの場合、esxcli software vib remove -n --maintenance-mode [Cisco VEM bundle software name] コマンドを使用して Cisco VEM ソフトウェア バンドルをアンインストールします。

          例:

          次に、ESXi リリース 5.0 にあるホストから Cisco VEM ソフトウェア バンドルを削除する例を示します。

          # esxcli software vib remove --maintenance-mode -n cisco-vem-v132-esx
          Removal Result
             Message: Operation finished successfully.
             Reboot Required: false
             VIBs Installed: 
             VIBs Removed: Cisco_bootbank_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-3.0.4
             VIBs Skipped: 
          
          ステップ 3   ホストが ESXi リリース 5.0 にある場合、ステップ 4 に進みます。 ホストが ESX または ESXi のリリース 4.0 または 4.1 にある場合、 esxupdate query --v |grep cisco コマンドの出力を確認して、ソフトウェアが正常にアンインストールされたことを確認します。

          例:

          次に、ESX または ESXi のリリース 4.1 にあるホストから Cisco VEM ソフトウェア バンドル が正常にアンインストールされたことを確認する方法を示します。

          [root@serialport ~]# esxupdate query --v |grep cisco
          cross_cisco-vem-v132-esx_4.2.1.1.4.1.0-2.0.4                                      uninstalled   2011-09-05T09:04:51.096141-07:00
          [root@serialport ~]#
          
          ステップ 4   ESXi 5.0 ホストの場合、 esxcli software vib get | grep cisco コマンドの出力を確認して、アンインストールが正常に行われたことを確認します。

          例:
          ~ # esxcli software vib get |grep cisco
          ~ #
          
          ステップ 5   システムをリブートします。