Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド リリース 3.1
コンピュート カートリッジ ハードウェア管理
コンピュート カートリッジ ハードウェア管理

コンピュート カートリッジ ハードウェア管理

このパートの構成は、次のとおりです。

コンピュート カートリッジ

コンピュート カートリッジは最大 2 つの Cisco UCS サーバで構成されます。それぞれのサーバは、サーバ固有の CIMC インスタンスを使用して個別に管理することが可能であり、独自のメモリと CPU が搭載されています。カートリッジに I/O アダプタやローカル ストレージは内蔵されていません。

カートリッジの除去

次の手順を実行する前に、カートリッジをシャーシから物理的に取り外します。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Cartridge] を展開します。
    ステップ 3   構成データベースから削除するカートリッジを選択します。
    ステップ 4   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
    ステップ 5   [Actions] 領域で、[Remove Cartridge] をクリックし、[OK] をクリックします。 Cisco UCS Manager が、カートリッジに関するすべてのデータを構成データベースから削除します。これで、カートリッジ スロットが新しいカートリッジ ハードウェアを挿入するために使用できる状態になります。

    シャーシのカートリッジ スロットの確認

    カートリッジを別のカートリッジに交換した場合、または同じシャーシあるいは異なるシャーシの新しいスロットに再配置した場合は、カートリッジのスロットが不一致の状態になり、[Re-acknowledge Slot] アクションが有効になります。カートリッジのスロットが不一致の状態になったら、次の手順に従ってカートリッジのスロットの確認を行います。


    (注)  


    2 つのカートリッジを交換した場合は、いずれか一方のカートリッジを確認することで、両方のスロットのスロット状態が自動的に解決されます。


    手順
      ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
      ステップ 2   [Equipment] タブで、[Equipment] > [Chassis] > [Chassis Number] > [Cartridge] を展開します。
      ステップ 3   再確認するカートリッジを選択します。
      ステップ 4   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
      ステップ 5   [Actions] 領域で、[Re-acknowledge Slot] をクリックし、[OK] をクリックします。