Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド リリース 3.1
ファームウェア アップグレード
ファームウェア アップグレード

ファームウェア アップグレード

ファームウェア アップグレード

Cisco UCS Manager リリース 3.1 以降、シスコは Cisco UCS Manager のリリースごとに次の各プラットフォームに対応した統合 Cisco UCS Manager ソフトウェアおよびファームウェア アップグレードをリリースしています。
  • Cisco UCS 6300 シリーズ Fabric Interconnect と Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ サーバ

  • Cisco UCS 6200 シリーズ Fabric Interconnect と Cisco UCS B シリーズ、C シリーズ、および M シリーズ サーバ

  • Cisco UCS 6324 Fabric Interconnect と Cisco UCS B シリーズおよび C シリーズ サーバ(別名 UCS Mini)

サービス プロファイル内のパッケージである自動インストール機能により、ファームウェア自動同期サーバ ポリシーを使用して、またはエンドポイントで直接、ファームウェアをアップグレードできます。ファームウェアのガイドラインとインストール方法の詳細については、『Cisco UCSファームウェア管理ガイド』を参照してください。

コンポーネントのファームウェア バージョンの確認

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] ノードを展開します。
    ステップ 3   [Work] ペインの [Firmware Management] タブをクリックします。
    ステップ 4   [Installed Firmware] タブで、各コンポーネントに対して一覧表示されたファームウェア バージョンを確認します。 ファームウェアのガイドラインとインストール方法の詳細については、『Cisco UCS ファームウェア管理ガイド』を参照してください。