Cisco UCS Manager サーバ管理ガイド リリース 3.1
サーバ ライセンスの管理
サーバ ライセンスの管理

サーバ ライセンスの管理

ライセンス

Cisco UCS ファブリック インターコネクトにはいくつかのポート ライセンスが付属しています。これらはプレインストールされ、ハードウェアとともに出荷されます。ファブリック インターコネクトは、完全ライセンスまたは部分ライセンスで購入できます。また、納入後に追加ライセンスを購入することもできます。

次の 4 つの新しいライセンスは 6300 シリーズ FI 向けに追加され、6332 および 6332-16UP FI でのみ有効です。
  • 40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG:40 GB イーサネット ポート用ライセンス

  • 40G_ETH_C_PORT_ACTIVATION_PKG:ラック サーバに直接接続された(C ダイレクト)40 GB イーサネット ポート用ライセンス

  • 10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG:ラック サーバに直接接続された(C ダイレクト)6332-16UP の最初の 16 個の 10 GB ユニファイド ポート用ライセンス

  • 10G_PORT_ACTIVATION_PKG:6332-16UP の最初の 16 個の 10 GB ユニファイド ポート用ライセンス


    (注)  


    10G_PORT_ACTIVATION_PKG および 10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG ライセンスは 6332-16UP FI でのみ有効で、それらにだけインストールできます。


各ファブリック インターコネクトは、少なくとも次のカウントされたライセンスがプリインストールされた状態で出荷されます。

ファブリック インターコネクト

デフォルトの基本ライセンス

Cisco UCS 6248(ユニファイド ポート)

拡張モジュールの最初の 12 個の有効なイーサネット ポートおよび任意のファイバ チャネル ポート用。

Cisco UCS 6296(ユニファイド ポート)

拡張モジュールの最初の 18 個の有効なイーサネット ポートおよび任意のファイバ チャネル ポート用。

Cisco UCS 6324

4 個の非ブレークアウト ポート専用。ライセンスを含まない 5 番目のポートは、さらに 4 個の 10 GB ポートに分割されます。

Cisco UCS 6332 16UP

4 個の 40 GB ポートと 8 個の 10 GBポート用。
(注)     

最初の 16 個のポートは 10 GB です。残りは 40 GBです。

Cisco UCS 6332

8 個の 40 GB ポート用。

ポート ライセンスの使用

ポート ライセンスは物理ポートにバインドされません。ライセンスされているポートをディセーブルにすると、そのライセンスは次にイネーブルにされたポートで使用するために保持されます。追加の固定ポートを使用するには、それらのポート用のライセンスを購入し、インストールする必要があります。タイプ(ファイバ、イーサネット)に関係なく、ポートがイネーブルの場合は、すべてのポートがライセンスを使用します。

6332 および 6332-16UP プラットフォームで使用可能なブレークアウト対応ポートの場合は、ポートがブレークアウト ポートで、そのポートが引き続き 40 GB ライセンスを 1 つだけ使用する場合でも、40 GB のライセンスがメイン ポートに適用されたままになります。


(注)  


ポートの初期設定でそれをイネーブルにし、ライセンスを使用します。


重要:

製品の世代間でライセンスを移動させることはできません。6200 シリーズ ファブリック インターコネクト用に購入したライセンスを使用して 6300 シリーズ ファブリック インターコネクトのポートをイネーブルにすることはできません。その逆も同様です。

Cisco UCS 6324 Fabric Interconnect にはポート ライセンスが付属します。このライセンスはプレインストールされ、ハードウェアと共に出荷されます。このライセンスは 8 個の 40 GB ユニファイド ポートに対応し、サポートされているあらゆる用途に使用できます。C ダイレクト ポート ライセンスは猶予期間にプレインストールされ、Cisco UCS ラック サーバで使用できます。

猶予期間

ライセンスがインストールされていないポートを使用しようとすると、Cisco UCS は 120 日間の猶予期間を開始します。猶予期間は、最初にライセンスなしでポートを使用した時点から測定され、有効なライセンス ファイルがインストールされると一時停止されます。猶予期間中に使用された時間数はシステムに保存されます。

(注)  


各物理ポートには固有の猶予期間があります。1 つのポートで猶予期間を開始しても、すべてのポートの猶予期間が開始するわけではありません。


ライセンスされているポートの設定を解除すると、そのライセンスは、猶予期間内で機能しているポートに移行されます。複数のポートが猶予期間内で動作している場合、ライセンスは猶予期間の終了が最も近いポートに移動されます。

High Availability コンフィギュレーション

フェールオーバー中の不整合を避けるため、クラスタ内の両方のファブリック インターコネクトに同数のライセンスされたポートを用意することを推奨します。均衡が保たれていない状態でフェールオーバーが発生すると、Cisco UCS は欠けているライセンスを有効化して、フェールオーバー ノードで使用される各ポートに対して猶予期間を開始します。

C ダイレクト ラックのライセンスのサポート

Cisco UCS ファブリック インターコネクトは、デフォルトの数のポート ライセンスが工場で付与され、ハードウェアと一緒に出荷されます。C ダイレクト サポートは、ラック サーバに接続されたポートにのみ適用可能です。10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG および 40G_ETH_C_PORT_ACTIVATION _PKG は、既存のライセンス機能と同じプロパティがすべて設定された既存のライセンス パッケージに追加されます。[Subordinate Quantity] プロパティは、ラック サーバに接続されたポートを追跡するために、10G_PORT_ACTIVATION_PKG および 40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG に追加されます。

Cisco UCS Manager GUI の [License] タブに、新しいライセンスとそのライセンスの [Subordinate Quantity] が表示されます。scope license の下で show feature コマンドおよび show usage コマンドを使用して、ライセンス機能、ベンダー バージョン タイプ、各ライセンスの猶予期間を表示することもできます。

ラック サーバに接続されたポートは、ライセンスが使用可能であるか、またはライセンスが使用中でない場合に、既存の 10G_PORT_ACTIVATION_PKG および 40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG を使用できます。それ以外の場合は、10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG および 40G_ETH_C_PORT_ACTIVATION を購入してライセンスの猶予期間を無効にする必要があります。

10 GB ポートでの変更はありません。10G_PORT_ACTIVATION_PKG および 10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG ライセンス パッケージには、ETH_PORT_ACTIVATION_PKG および ETH_PORT_C_ACTIVATION_PKG ライセンス機能と同じプロパティがすべて含まれています。

設定と制約事項

  • C ダイレクト ラック ライセンス機能は、CIMC ポートではなく、FI に直接接続されたラック サーバ ポートを構成します。10G_C_PORT_ACTIVATION_PKG および 40G_ETH_C_PORT_ACTIVATION_PKG のデフォルトの数量は常に 0 です。

  • 40 GB ポートまたは 40 GB ブレークアウト ポート配下のブレークアウト ポートが接続なしで有効な場合、このポートには 40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG(使用可能な場合)に基づいてライセンスが割り当てられます。このポートがタイムラグの後にダイレクト コネクト ラック サーバに接続されると、ライセンスの完全な再割り当てがトリガーされ、このポートは、次のライセンス割り当てシナリオのいずれかで処理されます。

    40 GB ブレークアウト ポート配下のブレークアウト ポートがイネーブルで、そのポートがダイレクト コネクト ラック サーバに接続され、40G_C_PORT_ACTIVATION_PKG ライセンス ファイルが FI にインストールされている場合は、次のライセンス割り当てが行われます。
    • ブレークアウト ポート配下の他のポートがイネーブルでない場合は、40G_C_PORT_ACTIVATION_PKG に基づいて親の 40 GB ポートにライセンスが割り当てられ、このライセンスの使用済み数量が増分されます。

    • 他のポートが有効で、1 つ以上のポートがダイレクト コネクト ラック サーバに接続されていない場合は、ポートが使用されていない場合でも、40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG に基づいて親の 40 GB ポートにライセンスが割り当てられ、このライセンスの使用済み数量が増分されます。

  • 40 GB ブレークアウト ポート配下のブレークアウト ポートがイネーブルで、そのポートがダイレクト コネクト ラック サーバに接続され、40G_C_PORT_ACTIVATION_PKG ライセンス ファイルが FI にインストールされていない場合は、次のライセンス割り当てが行われます。

    • ブレークアウト ポート配下のポートがイネーブルでない場合は、40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG に基づいて親の 40 GB ポートにライセンスが割り当てられます。ライセンスが 40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG で使用可能な場合は、下位の数量が増分されます。ライセンスが使用可能でない場合は、この機能の使用済み数量が増分され、ポート全体が猶予期間に入ります。

    • 他のポートがイネーブルで、1 つ以上のポートがダイレクトコネクト ラック サーバに接続されていない場合は、ポートが使用されていない場合でも、40G_ETH_PORT_ACTIVATION_PKG に基づいて親の 40 GB ポートにライセンスが割り当てられ、このライセンスの使用済み数量が増分されます。

ファブリック インターコネクトのホスト ID の入手方法

ホスト ID はシリアル番号とも呼ばれます。

手順
    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Equipment] タブをクリックします。
    ステップ 2   [Equipment] タブの [Equipment] > [Fabric Interconnects] を展開します。
    ステップ 3   ホスト ID を取得するファブリック インターコネクトのノードをクリックします。
    ステップ 4   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
    ステップ 5   [Properties] 領域の [Serial Number (SN)] フィールドにホスト ID が表示されます。

    次の作業

    シスコから必要なライセンスを入手します。

    ライセンスの取得


    (注)  


    このプロセスは、このマニュアルのリリース後に変更される場合があります。このマニュアルの手順が 1 つ以上当てはまらない場合は、シスコの担当者にライセンス ファイルの入手方法をお問い合わせください。


    はじめる前に

    次を入手します。

    • ファブリック インターコネクトのホスト ID またはシリアル番号

    • ファブリック インターコネクトまたは拡張モジュールの権利証明書またはその他の購入証明書

    手順
      ステップ 1   権利証明書またはその他の購入証明書から、製品認証キー(PAK)を取得します。
      ステップ 2   権利証明書またはその他の購入証明書で Web サイトの URL を確認します。
      ステップ 3   ファブリック インターコネクトの Web サイト URL にアクセスし、シリアル番号と PAK を入力します。

      シスコからライセンス ファイルが電子メールで送信されます。ライセンス ファイルは、要求されたファブリック インターコネクトでの使用だけを許可するようデジタル署名されています。Cisco UCS Manager がライセンス ファイルにアクセスすると、要求された機能も有効になります。


      次の作業

      ファブリック インターコネクトにライセンスをインストールします。

      ローカル ファイル システムからファブリック インターコネクトへのライセンスのダウンロード


      (注)  


      クラスタ構成の場合、マッチング ペアの両方のファブリック インターコネクトにライセンスをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。 個々のライセンスは、ダウンロードを開始するために使用するファブリック インターコネクトのみにダウンロードされます。


      はじめる前に

      シスコから必要なライセンスを入手します。

      手順
        ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
        ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
        ステップ 3   ライセンスをダウンロードするファブリック インターコネクトのノードをクリックします。
        ステップ 4   [Work] ペインの [Download Tasks] タブをクリックします。
        ステップ 5   [Download License] をクリックします。
        ステップ 6   [Download License] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] フィールドの [Local File System] オプション ボタンをクリックします。
        ステップ 7   [Filename] フィールドに、ライセンス ファイルのフル パスと名前を入力します。

        パス名またはファイル名ではスペースは使用できません。たとえば、c:\Path\Folder_Name\License.lic は有効なパスですが、c:\Path\Folder Name\License.lic は「Folder Name」内にスペースがあるため無効です。

        ライセンス ファイルが配置されているフォルダへの正確なパスがわからない場合は、[Browse] をクリックしてファイルに移動します。

        ステップ 8   [OK] をクリックします。

        Cisco UCS Manager GUI によってファブリック インターコネクトへのライセンスのダウンロードが開始されます。

        ステップ 9   (任意)[Download Tasks] タブで、ダウンロードのステータスをモニタします。
        (注)     

        Cisco UCS Manager によって、ブートフラッシュの領域が不足していることが報告された場合は、[Packages] タブで古いバンドルを削除して、領域を解放します。ブートフラッシュの空き領域を表示するには、[Equipment] タブのファブリック インターコネクトにナビゲートし、[General] タブの [Local Storage Information] 領域を展開します。

        ステップ 10   必要なライセンスがすべてファブリック インターコネクトにダウンロードされるまで、このタスクを繰り返します。

        次の作業

        すべてのダウンロード タスクが完了した後、ライセンスをインストールします。

        リモート ロケーションからファブリック インターコネクトへのライセンスのダウンロード


        (注)  


        クラスタ構成の場合、マッチング ペアの両方のファブリック インターコネクトにライセンスをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。 個々のライセンスは、ダウンロードを開始するために使用するファブリック インターコネクトのみにダウンロードされます。


        はじめる前に

        シスコから必要なライセンスを入手します。

        手順
          ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
          ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
          ステップ 3   ライセンスをダウンロードするファブリック インターコネクトのノードをクリックします。
          ステップ 4   [Work] ペインの [Download Tasks] タブをクリックします。
          ステップ 5   [Download License] をクリックします。
          ステップ 6   [Download License] ダイアログボックスで、[Location of the Image File] フィールドの [Remote File System] オプション ボタンをクリックします。
          ステップ 7   プロトコルを指定し、必要な情報を入力します。

          パス名またはファイル名にスペースを含めることはできません。たとえば、c:\Path\Folder_Name\License.lic は有効なパスですが、c:\Path\Folder Name\License.lic は「Folder Name」内にスペースがあるため無効です。

          (注)     

          IPv4 または IPv6 アドレスではなくホスト名を使用する場合、 で DNS サーバを設定する必要があります。 Cisco UCS ドメインCisco UCS Central に登録されていないか、DNS 管理が [Local] に設定されている場合は、Cisco UCS Manager で DNS サーバを設定します。 Cisco UCS ドメイン Cisco UCS Central に登録されていないか、DNS 管理が [Global] に設定されている場合は、Cisco UCS Central で DNS サーバを設定します。

          ステップ 8   [OK] をクリックします。

          Cisco UCS Manager GUI によってファブリック インターコネクトへのライセンスのダウンロードが開始されます。

          ステップ 9   (任意)[Download Tasks] タブで、ダウンロードのステータスをモニタします。
          (注)     

          Cisco UCS Manager によって、ブートフラッシュの領域が不足していることが報告された場合は、[Packages] タブで古いバンドルを削除して、領域を解放します。ブートフラッシュの空き領域を表示するには、[Equipment] タブのファブリック インターコネクトにナビゲートし、[General] タブの [Local Storage Information] 領域を展開します。

          ステップ 10   必要なライセンスがすべてファブリック インターコネクトにダウンロードされるまで、このタスクを繰り返します。

          次の作業

          すべてのダウンロード タスクが完了した後、ライセンスをインストールします。

          ライセンスのインストール

          はじめる前に

          シスコから必要なライセンスを入手します。

          手順
            ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
            ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
            ステップ 3   [Work] ペインの [Downloaded License Files] タブをクリックします。
            ステップ 4   テーブルからインストールするライセンスを選択します。
            (注)     

            新しいポート ライセンスをインストールする場合、ダウンタイムは不要で、トラフィックへの影響はありません。

            ステップ 5   [Install License] ボタンをクリックします。
            ステップ 6   [Install License] ダイアログボックスで、[Yes] をクリックします。

            Cisco UCS Manager GUIによってライセンスがインストールされ、未ライセンスのポートまたは機能がアクティブ化されます。


            ファブリック インターコネクトにインストールされているライセンスの表示

            手順
              ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
              ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
              ステップ 3   [Work] ペインで、[Installed Licenses] タブをクリックし、ファブリック インターコネクトにインストールされているすべてのライセンスの詳細を表示します。
              ステップ 4   表内のライセンスをクリックし、[Contents] タブにライセンスの詳細を表示します。

              ファイル内の個々のライセンスの詳細を表示するには、ライセンス ファイルを展開する必要があります。


              ポートまたは機能に使用できる猶予期間の決定

              手順
                ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
                ステップ 3   [Work] ペインで、[General] タブをクリックします。
                ステップ 4   動作状態、適用された猶予期間など機能の詳細を表示するには、テーブル中でその機能をクリックします。

                ライセンスの失効日の決定

                手順
                  ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                  ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
                  ステップ 3   [Work] ペインで [Installed Licenses] タブをクリックします。
                  ステップ 4   テーブル内のライセンスをクリックして、ライセンスの詳細を下の [Contents] タブに表示します。
                  ステップ 5   [Contents] タブでライセンス ファイルを展開して、ファイル内のすべてのライセンスを表示します。
                  ステップ 6   [Expiry] 列でライセンスの失効日を参照します。

                  ライセンスのアンインストール


                  (注)  


                  使用中の永続ライセンスはアンインストールできません。 未使用の永久ライセンスだけをアンインストールできます。 使用中の永続ライセンスを削除しようとすると、Cisco UCS Manager はその要求を拒否し、エラー メッセージを表示します。


                  はじめる前に

                  Cisco UCS Manager の設定をバックアップします。

                  手順
                    ステップ 1   [Navigation] ペインの [Admin] タブをクリックします。
                    ステップ 2   [Admin] タブの [All] > [License Management] を展開します。
                    ステップ 3   [Work] ペインで [Installed Licenses] タブをクリックします。
                    ステップ 4   テーブルからアンインストールするライセンスを選択します。
                    ステップ 5   [Clear License] ボタンをクリックします。
                    ステップ 6   確認ダイアログボックスが表示されたら、[Yes] をクリックします。

                    Cisco UCS Manager はライセンスを非アクティブ化し、ライセンスのリストからそのライセンスを削除し、ファブリック インターコネクトからライセンスを削除します。 ポートは、ライセンスなしモードに移行します。 クラスタ構成の場合は、他のファブリック インターコネクトからもライセンスをアンインストールする必要があります。